韓国経済、〔THAAD配備の経済報復〕韓国ロッテ、THAAD報復による上半期の売上損失が960億円超の見通し=韓国ネット「どうせ稼いだ金は日本に行くのだから…」

韓国経済、〔THAAD配備の経済報復〕韓国ロッテ、THAAD報復による上半期の売上損失が960億円超の見通し=韓国ネット「どうせ稼いだ金は日本に行くのだから…」

記事要約:日本ではロッテはただの菓子会社として認知されていない。だから、東芝のような半導体技術が他国に吸収されるといった懸念もなく、韓国のロッテがTHAAD配備の経済報復で960億円ほどの損失になろうが、ぶっちゃけるとどうでもいい。

お菓子メーカーが潰れようが、潰れまいが、それはロッテが選んだ道だしな。せいぜい、潰れてもお菓子の製造技術が他国に知れ渡るぐらいで脅威にはなり得ない。そもそもお菓子の成分なんてすぐに分析できるし、韓国には似たような商品がいくらでもあるからな。

なので、日本人として言えることは好きにやれば良いということだ。朴槿恵前大統領と取引して社長か、会長かの逮捕は免れたわけだから、この程度の売上損失は覚悟していたことだろう。韓国のロッテは大財閥なので上半期で1000億円ぐらいの損失じゃびくともしない。1兆円ぐらいの損失になってから騒ぎ出すレベルというところだ。だいたい中国市場失うぐらいで1000億円なんて安いもんだろう。韓国市場はあるのだから。さて、韓国ネットユーザーの声にでも突っ込もうか。

>「ロッテは韓国企業なのか?日本企業じゃないのか?」

これよく間違えている人が多いが、ロッテは日本企業である。なぜなら、ロッテの一番上の支配構造に位置するのはロッテホールディングスという持ち株会社である。つまり、韓国のロッテグループは日本のロッテHDの海外法人ということになる。だから、正解は日本企業ということだ。

ただし、ロッテは韓国の売上が全95%を占めており、日本のお菓子会社は数パーセントしかないわけだ。だから、全ての中国市場を失おうがロッテ財閥にとってはたいした痛手にはならないのだ。だいたい、ロッテワールドタワーを建てるのにいくらかかっているか。

調べたらロッテワールドタワーはなかったのだが、第2ロッテワールドタワーの建設は3兆5000億ウォン+その他15%ぐらいらしい。つまり、およそ4000億円ほどかかったことになる。これだけの建設費を払えるわけだから、1000億円の損失なんてたいしたことないだろう。

>「日本にとっては悪いニュースだろうね」

先ほど述べた通り、お菓子会社の1つが潰れようがたいしたことないよな。

>「どうせ稼いだ金は日本に行くのだろうから、損失が大きくても韓国には関係ない」

日本に行くかは知らないが、そのお金でロッテワールドタワーを建てたり、拡張していたんじゃないのか。

>ロッテを故意に韓国企業として見ていない意見が多く寄せられた

いや、ロッテは日本企業だと。故意も何もないじゃないか。

>「政府の外交力不足の結果だ」

そもそも、韓国にまともな外交力なんて最近、見たことないんだが・・・。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~216回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔THAAD配備の経済報復〕韓国ロッテ、THAAD報復による上半期の売上損失が960億円超の見通し=韓国ネット「どうせ稼いだ金は日本に行くのだから…」

2017年4月15日、韓国・聯合ニュースによると、ロッテが2月末に自社所有のゴルフ場を高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備場所として提供した後に中国から受けた報復措置によって、ロッテの上半期の売上高損失が1兆ウォン(約960億円)を上回るとみられている。

ロッテは2月27日、慶尚北道(キョンサンプクト)星州郡(ソンジュグン)のロッテスカイヒル星州カントリークラブをTHAAD配備用地として提供する案を最終的に承認し、韓国国防部と敷地対等交換契約を結んだ。しかし、これに反発した中国による「報復」で、ロッテの暫定集計の結果、3月のグループ全体の売上高損失が2500億ウォン(約240億円)となった。

中国内にあるロッテのスーパーマーケット「ロッテマート」99店舗の約90%(87店舗)が、中国当局の強制営業停止処分(74店舗)と不買運動などによる自主休業(13店舗)で閉店、残りの10店舗余りも中国人客の足が途絶えており、事実上、中国ロッテマートはほぼ全てが閉店状態だという。

昨年の中国現地でのロッテマートの売上高は1兆1290億ウォン(約1080億円)、月に約940億ウォン(約90億円)になるため、現在ロッテマートの1カ月の売り上げ損失だけで、ほぼ1000億ウォン(約96億円)に達することになる。残りの約1500億ウォンは、中国政府による韓国への団体旅行商品の販売禁止によるもので、韓国のロッテ免税店が受けた売上損失や、ロッテ食品系列会社の中国への輸出額の減少などによるものだ。

ロッテは、中国のTHAAD報復が続けば、今年3~6月の前半4カ月だけでも累積売高上損失が1兆ウォン(2500億ウォンの4カ月分)を上回ると見ている。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「ロッテは韓国企業なのか?日本企業じゃないのか?」「韓国とは関係ない」「日本にとっては悪いニュースだろうね」「どうせ稼いだ金は日本に行くのだろうから、損失が大きくても韓国には関係ない」など、ロッテを故意に韓国企業として見ていない意見が多く寄せられた。その一方で、「韓国国民として心配だ」「政府の外交力不足の結果だ」と指摘する声もあった。

(http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175351)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
捕手(日本人)

 日本人からは韓国企業と嫌われ、韓国人からは日本企業と嫌われる。
なんだか蝙蝠外交でアメリカと中国両方から嫌われる韓国みたいだな。
どちらにも良い顔しようとするからどちらからも嫌われる、自業自得という所まで一緒。
もしロッテがこの窮地をうまく立ち回ることが出来れば、その手法を韓国政府が朴ってみるっていうのはどうだろう?

ボーダー

森永製菓の創業者は安部昭恵さんの曾祖父で、現在の森永の代表取締役とは叔父さんと姪の関係に当たるそーです。
安部総理はロッテから法人税を徴収してるのに、昭惠夫人はロッテの製品を買わないのは血統に係る仁義なのである。

ボーダーの曾祖父は水飲み百姓で、日露戦争に従軍したんだが、鴨緑江を渡って満州へ向かう途中で疲れてしまい、黒砂糖の飴玉を少しずつしゃぶって疲れを癒したらしい。
生きて帰れた事を感謝して、それ以来我が家は黒飴党なんだ。

ジャック

ロッテ自身がどっちの国の企業のつもりでいるんでしょうね、そもそも。
お家騒動がどうなったのかもいまいち理解しておりませんで……。
弟さんが実権を握ったところで、この問題が出てきたのでしたっけ。
これから正真正銘の韓国企業になるものとばかり思っていましたが、
これで、もうずっと日本企業としてやっていく(居座る?)ことになるでしょうか。

しかしボーダーさんの「黒飴」、いいお話だなぁ……。
その黒飴が曾祖父様にとっての征露丸だったのですね。