韓国経済、トランプの安保チームはめちゃくちゃだ。韓半島問題で韓国が排除される「コリアパッシング」は想像できない

韓国経済、トランプの安保チームはめちゃくちゃだ。韓半島問題で韓国が排除される「コリアパッシング」は想像できない

記事要約:相変わらず、まだ何も理解できてないらしい。重要な情報をいつ裏切るかもわからない韓国に誰が公開するというのか。そもそも次は赤化とか言われている韓国の大統領選挙が控えているのにアメリカがこのまま黙って見過ごすわけないんだよな。

しかし、韓国市民というのは朴槿恵前大統領の弾劾罷免を見る限りでは思い込んだら一直線なので感情をコントロールするのは難しい。内部からの工作だけでは失敗するかもしれない。そこでシリアと北朝鮮を使うことで朝鮮半島有事を盛り上げて、赤化を阻止する作戦に出た。作戦は見事に決まって赤化の動きは確実に抑えられるようになってきた。

だが、まだ甘いと思う。なんせ韓国人だからな。むしろ、支持率が拮抗しているなら浮動票という読めないものが勝敗を決める。その浮動票は直前まで固まらないわけだが、むしろ、まだまだ勝負の行方はわからない。それを占う上でも朝鮮半島有事は非常に重要だ。北朝鮮だけではなく、韓国の運命さえ決める。

でも、その運命の選択肢において韓国人に決定権があるとは限らない。というよりはないんだな。仮にこのまま北朝鮮がミサイル飛ばせば、THAAD配備への賛成世論が高まる。むしろ、北朝鮮は傀儡政権ができそうなのになんで自分たちでそれを壊そうとしているのかが理解できない。でも、朝鮮人がやることなんてわかるわけもない。

>米国が真の同盟国であれば、韓国との事前協議なしに北朝鮮を攻撃してはならない。米国の軍事的行動に反対するという明確な立場を明らかにしなければならない。大統領選挙候補も安保不安を払拭できるような外交・安保構想を明らかにすべき。

そうだな、そっくりそのままお返ししようか。別に真でなくても普通で良いのだが、普通の同盟国は同盟国が警戒している敵側の「軍事パレード」に大統領が参加したりしない。上から目線でまだものをいっているところが凄いな。そんな外交・安保構想ができるほど今回の問題は単純じゃない。いや、ある意味、単純か。日本と同じように同盟国のアメリカ側につけばいいだけだ。

>今こそ、米国と中国に向かって言うことを言いながら、韓半島の安保を守る方策を出す時である。韓半島問題で韓国が排除される、いわゆる「コリアパッシング」は想像できないことである。

うん、全くその通りだ。言いたいことを言えばいじゃないか。それを聞くかどうかは本人次第だがな。言うのは自由だ。でも、決めるのも向こうの自由だ。韓国は何一つできないと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~216回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、トランプの安保チームはめちゃくちゃだ。韓半島問題で韓国が排除される「コリアパッシング」は想像できない

掴み所がないトランプ、韓国が中心を取らなければならない

ドナルド・トランプ米国大統領政府の大韓半島外交安保政策とその執行過程は見当がつかない。新政府発足後2ヶ月間、韓半島政策に対する検討を終えたと言うが、その内容は五里霧中だ。トランプが最優先課題に挙げた北朝鮮の核問題をめぐり、米・中首脳が対座したにもかかわらず解決策は出なかった。

トランプの外交安保政策を執行するチームはめちゃくちゃそのものだ。外交司令塔であるレックス・ティラーソン国務長官は、トランプ大統領の実勢側近たちに押されて存在感すらない。トランプの外交安保政策を至近距離で補佐するマイケル・フリン国家安全保障補佐官は落馬し、昨日はキャサリン・マクファーランド副補佐官も辞任した。不確実性がトランプの外交安保政策といっても過言ではない。

米国はミサイル発射など北朝鮮の挑発があり、オーストラリアへ向かっていた米核空母カールビンソン号の航路を韓半島に向けて戦略資産を相次いで投入している。軍事行動を含むすべてのオプションを検討するようにトランプの指示が下されたという。

北朝鮮が6回目の核実験などを強行する場合、どのようなことが起きるか分からない状況だ。このような重大な時期に韓国の役割は見えない。トランプは、韓半島問題に言及し、韓国を主な当事者と指称したことがない。

北朝鮮の核に対する中国の役割を強調し、日本でのみ相談した。韓国外交安保当局はトランプ大統領が米中首脳会談後、ファン・ギョアン大統領権限代行に電話で「サードの米国の立場を中国に伝えた」と明らかにしたことに安堵する様子だ。しかし、20分間通話しながらどのような密度の協議が行われたのか疑問である。韓国の意思を効果的に伝えるチャンネルがあるかさえ疑わしい。

トランプの外交安保政策が霧の中ほど、韓国が中心を捉えて対応を主導しなければならない。韓国政府は米国の対北朝鮮強硬一辺倒政策に便乗することはやめ、韓国の立場を明確に伝えなければならない。対北圧迫と北朝鮮との対話も促さなければならない。

米国が真の同盟国であれば、韓国との事前協議なしに北朝鮮を攻撃してはならない。米国の軍事的行動に反対するという明確な立場を明らかにしなければならない。大統領選挙候補も安保不安を払拭できるような外交・安保構想を明らかにすべき。

今こそ、米国と中国に向かって言うことを言いながら、韓半島の安保を守る方策を出す時である。韓半島問題で韓国が排除される、いわゆる「コリアパッシング」は想像できないことである。

ソース:京郷新聞 2017.04.10 20:58:22(機械翻訳)

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201704102055015)

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types