韓国経済、〔全力でお断りします〕日本が全額負担するなら日韓海底トンネルに賛成する?=韓国ネット「日本だけが得をする」「日本に負担させるべき」[

韓国経済、〔全力でお断りします〕日本が全額負担するなら日韓海底トンネルに賛成する?=韓国ネット「日本だけが得をする」「日本に負担させるべき」

記事要約:いい加減してもらえないだろうか。韓国とは縁を切りたがっている日本が日韓海底トンネルに賛成するはずないだろう。何が全額負担だ。そもそも金もらっても大反対だ。もし、このようなふざけた行為が現実になれば管理人は全力で反対するからな。犯罪者を態々、入れやすくする理由なんてどこにもない。

どうして韓国は日本が本気で嫌がっているのに気づかないのか。頼むからそっとしておいてくれと思うのに、一々、絡んでくる。本当、もう一度戦争でもしないと韓国は日本が韓国が大嫌いだということを自覚できないのか。日本人が大人しすぎるからダメなのか。なんで嫌いな相手がこうもよって来るのだ。不愉快にもほどがある。

賛成も反対も勝手に盛り上がるな。日本人は大反対なのだからな。どうして嫌いだというのにわかってくれないのか。嫌いな国に旅行したいとか。海底トンネル掘りたいとか。本当、ため息が出るわ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~216回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔全力でお断りします〕日本が全額負担するなら日韓海底トンネルに賛成する?=韓国ネット「日本だけが得をする」「日本に負担させるべき」

2017年5月1日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、日韓海底トンネルに関する意見を問うスレッドが立った。

日韓海底トンネル問題は1980年代初めに日本の民間団体を中心に初めて提案され、これまで賛否両論の議論が交わされてきた。

現在は韓国の釜山市が西釜山発展に向けた戦略として、日韓海底トンネルの妥当性を分析する研究を進めている。

しかし、韓国内では海底トンネルで日本とつながると、大陸に通じる始発・終着駅という釜山市の長所が消え、経由地に転落してしまうのではないかと懸念する声も出ている。

スレッドを立てたユーザーは「日韓海底トンネルの建設費を日本が全額負担するなら、賛成する?」と問いかけているが、これに対する他のネットユーザーの回答は「反対」が目立った。

反対の理由としては

「日本だけが得をする」
「島国と事実上の島国を連結するメリットは?」
「利用料も日本に負担させるべき」
「今のままでいい。韓国は何も困っていない」

などがみられた。

一方、賛成の理由としては

「終着駅の効果がよく分からない」
「日本がいいとこ取りさせてくれると言うのに、断る理由はない。パナマがパナマ運河で生計を立てていることを考えると、韓国にとって悪い話ではない」
「日韓海底トンネルができたら釜山市は大もうけ」

などの声が寄せられている。

Record china 配信日時:2017年5月2日(翻訳・編集/堂本)

外部リンク[html]:www.recordchina.co.jp

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
東風

うんと将来に万一日本と大陸とを鉄道でつなぐ場合は、宗谷海峡をはさんでサハリンと北海道、間宮海峡をはさんでサハリンとロシアとを結ぶのが良いと思う。そこからアムール川を南下し、シベリア鉄道につなげれば欧州とも鉄路でつながる。特亜3か国をまたぐのはリスクが高すぎて、絶対ダメだ!

あおり

あほな事言うなそんなもんぜんぜんいらんわ、ばかたれ         下品ですみません。

通行人

あぁ,日本海に海底プレートの溝が無いのが悲しい…

酔って候

これから赤化統一を目指す国となぜ陸続きにならなくてはいけないのでしょう。

ところで、1980年代に、日本の建設会社が、対馬まで橋で繋ぎ、対馬から先をトンネルで繋ぐ、という構想を立てたことがあるらしいです。
採算を度外視すれば、対馬まで橋で繋ぐことはアリかも知れません。