日別アーカイブ: 2017年5月15日

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ氏、韓国に緊急警告 北朝鮮との対話路線に“黙っていろ!”

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ氏、韓国に緊急警告 北朝鮮との対話路線に“黙っていろ!”

記事要約:トランプ大統領が韓国の文在寅大統領が北に「対話」とか述べていることに対してかなり怒っているらしい。そりゃ、今は中国と米国で経済制裁を進めている最中に後ろから対話が重要だとか、あろうことか同盟国から言われるんだよな。しかも、当事者である。本当に韓国は米国を銃で撃ちかねないぐらい現実を理解していない。

文在寅大統領が今すぐにでも北朝鮮へ行って将軍様に土下座したいのはわかるが、その前にやることがあるだろう。まずは手土産に太陽政策と開業工業団地の再開である。これで韓国のロッテのチョコパイやミサイル開発資金を北朝鮮に提供するのだ。ということで文在寅大統領はさっさと赤化してもらえないだろうか。北朝鮮に味方したいなら態度をはっきりさせてくれないか。いつでも切る準備はしておくが。

アメリカも外堀を固めている最中だと思うが韓国の文在寅大統領が北支援に走る前にさっさと終わらせたほうがいいんじゃないか。民主党からはTHAAD配備は中止にするべきという主張もあるし、文在寅大統領は議会に丸投げしそうな感じだしな。自分で責任はとらないそうだ。本当、決断力もない無能だな大統領だな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ氏、韓国に緊急警告 北朝鮮との対話路線に“黙っていろ!”

ドナルド・トランプ米大統領が、「北朝鮮に近すぎる」とされる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に緊急警告を発した。文氏が、北朝鮮との対話に意欲を示していることに、不快感をあらわにしたのだ。

米国が世界最強の軍事力で圧力をかけながら、北朝鮮の「核・ミサイル開発」の完全放棄に取り組んでいるなか、文氏が国際的な連携を崩すことに強烈なクギをさしたようだ。

「北朝鮮情勢は韓国や日本、中国にとっても非常に危険だ」「対話するのは構わないが、『適切な環境』に基づかなければならない」

トランプ氏は12日に放映されたNBCテレビのインタビューで、文氏にこうメッセージを送った。「適切な環境」については、「1カ月か2カ月すれば、きちんとした答えを言うことができるだろう」と語った。

つまり、「いま、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を屈服させるために、日本や中国と連携して強烈な圧力をかけている。『極左・従北』派はしばらく黙っていろ!」という意味だ。

文氏は、同国で最も「極左」とされた盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の民情担当首席秘書官(司直の総括役)や、秘書室長(政権ナンバー2)を務めた人物である。

就任式の演説でも、「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌(ピョンヤン)にも行く」と語った。この「従北」姿勢が、アジアの平和と安定を脅かしかねないのだ。

北朝鮮は1950年代から核開発を始めた。90年代には、核開発を凍結させる見返りに経済的支援を約束させるなど、米国を手玉に取りつつ、ひそかに開発を続けた。2006年に初の核実験を強行。12年には、北朝鮮憲法に「核保有国」だと明記した。

官邸周辺は「日米韓は北朝鮮にだまされ続けてきた。核・ミサイルという現実的な脅威が目の前にあるなか、文氏の『従北』姿勢は、北朝鮮の時間稼ぎに利用される。どちらの味方なのか分からなくなる。単純な対話路線では危機は排除できない。東アジアと世界の危機を高めるだけだ」と語っている。

(http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705151100004-n1.htm)

韓国経済、〔日韓慰安婦合意〕日韓の慰安婦合意を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査

韓国経済、〔日韓慰安婦合意〕日韓の慰安婦合意を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査

記事要約:これ読売新聞に載っていたのだが日韓慰安婦合意を巡る再交渉の世論調査で61%が再交渉を不要だと答えていることがわかった。この数値を見て管理人はお話にならないと思った。どう考えても80%ぐらいないとダメだろう。しかも、応じるべきは25%とかある。最終的、不可逆的解決という言葉の意味を25%の日本人も理解してないのか?

10億円を自分たちの税金で払っておいて再交渉に応じるとか、どこまでお花畑なんだろうか。この25%も決して少数ではない。日本人が変わらなければ日本が良くなるはずはない。いつまでも話し合いがどうとか、平和的な解決とかお人好しなことをいっていたら、自分たちがミサイルや核で狙われてるという。

日本人の覚醒を促す管理人だが、その道のりは本当に遠い。25%もこんなレベルでは先が思いやられる。いつまで韓国に欺されたら気が済むんだろうか。しかも、日韓慰安婦合意すら本来は必要ないものだ。韓国側がさっさと破棄してくれるのを管理人は待っている。さすがに安倍内閣はそこまで愚かではないので再交渉に応じるわけないが、もう少し、日本人は身の回りに起きていることだけではなく、周辺国の情報に気を配るべきだな。

民主党が政権をとったときの黒歴史もそうだったが、日本人以外の国はおひとよしではないことを痛感しない限りダメか。でも、ここまで韓国に舐められてまだ再交渉とか言うのだから、相当、平和ぼけが蔓延しているとしかいいようがない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔日韓慰安婦合意〕日韓の慰安婦合意を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査

読売新聞社の全国世論調査で、韓国の文在寅ムンジェイン大統領が、大統領選挙の期間中、慰安婦問題を巡る日韓合意の再交渉を求めていたことについて聞くと、日本政府が再交渉に「応じるべきではない」と答えた人は61%に上り、「応じるべきだ」の25%を大きく上回った。

慰安婦問題を巡る日韓合意は、「最終的かつ不可逆的な解決」を定めている。
今回の調査では、再交渉に対する日本国民の拒否感の強さが浮き彫りとなった。

今後の日韓関係については、「変わらない」58%が最多で、「悪くなる」23%、「良くなる」8%。北朝鮮との対話を重視する文氏の方針が、核やミサイル問題の解決につながると「思わない」人は65%に上り、「思う」は23%だった。

(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170514-OYT1T50136.html?from=ytop_main3)

韓国経済、韓国で大気汚染対策に「人工雨」降らせる計画が浮上

韓国経済、韓国で大気汚染対策に「人工雨」降らせる計画が浮上

記事要約:大気汚染対策として人工的に雨を降らせる案が韓国で浮上しているようだ。環境汚染の対策に人口雨が効果あるのか管理人は知らないのだが、環境汚染の原因を取り除かないと意味がないんじゃないか。でも、原因が中国の黄砂やPM2.5、PM10じゃだめか。

しかし、雨を降らせるということは周辺国に雨が降らなくなるんだよな。これは中学の理科か高校の地学か、雲のでき方を考えればその答えにたどり着く。雲というのは大気中に水蒸気と塵、氷の粒が集まって作られる。これが気圧の関係で冷やされたり、温められたりして雲ができる。

人工的に雨を降らすということはいうなれば、その水蒸気と塵を周辺から集めてくるわけだから、他の地域には雲がなくなってしまうわけだ。そもそも、地図上から大陸の高気圧が韓国に停滞していたら雨は降らないじゃないか。

これからのシーズンで季節風が韓国に吹けば雨は降るだろうが、その場合、人口雨を降らせば北朝鮮や中国辺りは干ばつに見舞われるんじゃないか。つまり、雨を定期的に降らせることはできても、それは周辺の地域を干からびさせてしまう。後、天候を無理に変えるのはやめたほうがいい。いきなりの豪雨とか、干ばつとかにならないともかぎらないからな。

しかし、なんで韓国人はこんなあほな気象庁の言い分を鵜呑みにしているんだろうか。おかしいと思わないのか。韓国の地形の地図を見ればわかるとおり、都市の周辺には山間部や海上がある。その辺りは清浄なのにどうして韓国の都市だけ黄砂やPM2.5が狙い撃ちにできるのか。黄砂が山を越えてくるなら周辺の山だって環境汚染が進んでないとおかしいんだよな。だから答えは明白。韓国の都市が環境汚染に勤しんでいるのだ。

>中国から飛来する微細粒子状物質が50%を占めるとされる中、唯一の解決策として浮上しているのが「人工降雨」だ。まず自然状態の雲に水蒸気が付着できるヨウ化銀やドライアイスといった「雨の種」をまき、水蒸気が付着し水滴が重くなると雨になって降るという仕組みで、この雨が微細粒子状物質を洗い流してくれると期待されている。国立気象科学院によると、今年9~10月ごろから本格的に実験を行う予定だという。

管理人は一応、忠告しておくが人工的に雨を降らすのは止めた方がいい。だいたいヨウ化銀やドライアイスをどれだけ使うつもりなんだ。実際、雨を降らすことで空気中にあるものが土に吸収されるので土壌汚染が深刻化しそうだが、とりあえず、焼きサバが原因だという韓国の気象庁の話に何ら信憑性はない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国で大気汚染対策に「人工雨」降らせる計画が浮上

2017年5月12日、韓国で大気汚染が大きな社会問題となる中、韓国気象庁が人工の雨を降らせてPM2.5やPM10などの微細粒子状物質の減量を図る実験を施行することが分かり、その効果に関心が集まっている。韓国・YTNが伝えた。

韓国では、中国からのスモッグに続いて最悪の黄砂が重なり、マスク着用が欠かせなくなってきている。今年1~3月の微細粒子状物質の全国平均濃度をみると、1立方メートル当たり32マイクログラムと昨年の同時期に比べて2マイクログラム高くなっており、4月には57マイクログラム、今月1~9日には98マイクログラムまで上がる結果となった。特に、ソウルや仁川(インチョン)、京畿道(キョンギド)、江原道(カンウォンド)など7カ所では、世界保健機関(WHO)の基準で「危険レベル」となる110~120マイクログラムを記録した。

中国から飛来する微細粒子状物質が50%を占めるとされる中、唯一の解決策として浮上しているのが「人工降雨」だ。まず自然状態の雲に水蒸気が付着できるヨウ化銀やドライアイスといった「雨の種」をまき、水蒸気が付着し水滴が重くなると雨になって降るという仕組みで、この雨が微細粒子状物質を洗い流してくれると期待されている。国立気象科学院によると、今年9~10月ごろから本格的に実験を行う予定だという。

実は韓国気象庁は、干ばつ対策として人工降雨実験を続けてきている。ただし人工降雨には巨額の費用がかかり、また水資源を人為的に使用することになることから、十分な検討と研究が必要になりそうだとYTNは伝えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「行うのは秋?明日にでも実験して」「人工降雨でも大型扇風機でも何でも試して。ぜんそくが再発して苦しい。学校に行く子どもたちもかわいそう」「中国に費用負担をお願いしよう」と実験に期待を寄せる声が上がる一方で、「それが土に染み込んだら、農作物を通じて口から入ることになる。もう少し根本的な解決案はないの?」「人工降雨の副作用はものすごいらしいけど、干ばつや洪水などの自然に逆らったらどうなっちゃうんだろう」とその副作用を心配する声も相次いでいる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

(http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177958)

韓国経済、民主党「THAAD配備撤回、韓国が要求すれば米国も同意するはず」

韓国経済、民主党「THAAD配備撤回、韓国が要求すれば米国も同意するはず」

記事要約:そういえばまだ解説していなかったが文在寅大統領の置かれている現状について説明したい。ご存じのとおり、韓国の大統領選挙が5月9日に行われた。そして、文在寅大統領は41%の獲得票を得て当選した。2位の洪氏が24%、3位の安氏が21%となっている。また、現段階の韓国の議員、政党別議席数はこうなっている。

■文在寅政権の議席数

与党:民主党119議席

野党:自由韓国党107議席、国民の党40議席、正しい政党は20議席

*首相の任命には過半数が必要

管理人が言いたいことは簡単だ。10年ぶりに民主党が与党となったが、はっきりいって朴槿恵前大統領の政権より脆弱な政権基盤ということになる。つまり、与党だけでは何も決められない。これで自由韓国党や国民の党と連立政権とかになれば過半数は超えるわけだが、文在寅大統領は明らかに左翼だからな。

保守派は分裂しているのでそれに乗ることはないだろう。文在寅大統領は外交だけではなく、内政でも苦しい現状に置かれているわけだ。つまり、このまま行けば盛大な足の引っ張り合いが見られるわけだ。そもそも首相や内閣のメンバーが決まるかすら怪しいんだよな。では、前置きはこれぐらいにして記事に戻ろう。

>韓国大統領選に勝利した「共に民主党」の高高度防衛ミサイル(THAAD)対策特別委員会は12日、韓国国防部を筆頭とする政府機関に対し、違法なTHAAD配備を即刻中止するよう要求した。

文在寅大統領が所属する民主党はTHAAD配備について撤回しろと。トランプ大統領も要求すれば同意すると述べている。なるほど。いいんじゃないか。是非とも、民主党には頑張ってもらいたい。

>朴槿恵前政権は議会審議を経ずに違法に配備を決定したとして、まずは議会で審議することを求めている。

何で議会に通す必要があるのか?外交するのは議会じゃないぞ。大統領や大臣や官僚の仕事だ。

>米韓同盟がなければ、米国は太平洋における一勢力でしかない。韓国は大国ではないが、中等強国としての自信を示し、堂々と対米関係を処理するべきだと提言した。

はあ?だよな。そんな米韓同盟なくても世界経済第3位の日本との日米同盟があるんだが。世界1位の経済力の米国と日本がいるので別に破棄しても構わないぞ。むしろ、韓国が邪魔だからさっさと赤化してほしい。このように見当外れなことを述べている。

米韓同盟はともかく、THAAD配備は中止の要求はするべきだ。これは韓国経済を見る立場からもいえる。中国に完全に無視されたら韓国経済は瓦解するからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、民主党「THAAD配備撤回、韓国が要求すれば米国も同意するはず」

2017年5月13日、多維網は記事「THAAD撤回を要求すれば米国も同意するはずだ」を掲載した。

韓国大統領選に勝利した「共に民主党」の高高度防衛ミサイル(THAAD)対策特別委員会は12日、韓国国防部を筆頭とする政府機関に対し、違法なTHAAD配備を即刻中止するよう要求した。

朴槿恵前政権は議会審議を経ずに違法に配備を決定したとして、まずは議会で審議することを求めている。

米国防研究院東アジア責任研究院の呉恭壇(音訳)博士は、韓国紙ハンギョレの取材に応じ、THAAD配備の撤回を申し出れば米国も応じるはずとの認識を示した。

米韓同盟がなければ、米国は太平洋における一勢力でしかない。韓国は大国ではないが、中等強国としての自信を示し、堂々と対米関係を処理するべきだと提言した。

韓国国内には米国の要求にはすべて応えるべきだとの考えもあるようだが、呉博士は間違った考えだと一蹴する。小国であってもプライドを見せるべきであり、要求すべきことは堂々と要求するべきだと指摘している。

(http://www.recordchina.co.jp/b178111-s0-c10.html)

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕NPT62カ国「北朝鮮の核・ミサイル完全放棄」声明採択=「声明を出して言うことを聞く相手か」―韓国ネッ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕NPT62カ国「北朝鮮の核・ミサイル完全放棄」声明採択=「声明を出して言うことを聞く相手か」―韓国ネット

記事要約:北朝鮮が国際社会で非難決議や核・ミサイル完全放棄を訴えても素直に聞けばこのようなことにはなってないわけだが、国際社会の世論を1つにするにはこういう声明を採択するのは重要なことだ。少しずつ外堀を埋めていって空爆やら北朝鮮を潰すことに世界が良しとすればその後の対応がスムーズに行く。

もっとも、既に世界中から北朝鮮ミサイルや核は脅威だという認識だからこそ62カ国も集まってこのような声明を出しているわけだが。しかし、我々は北朝鮮を孤立させるだけではもう不十分なのだ。北朝鮮から危険な玩具を取り上げなければいけない段階にまで来ている。

だいたい、放棄させたければ1年で日本・米国・中国・ロシア・韓国に6兆円ずつ払えとか言っている時点で脅迫である。それで3年以内に廃棄とか、北朝鮮が約束なんて守るはずもなく。時間稼ぎに使われて、さらに新型ミサイルの開発資金に回される。30兆円も払うぐらいならその30兆円分のミサイルを撃ち込むべきだろう。

テロリストとは交渉しない。このようなビジネスを一度でも認めたら、世界中のテロ組織が同じことを繰り返す。そうなれば我先へと核を入手して大国を脅すだろう。現実的にもう核兵器の技術そのものは過去の遺物である。先進国以外でも核開発しようとすればそれほど時間はかからないだろう。だからこそテロリストや北朝鮮とは絶対に交渉してはいけないのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕NPT62カ国「北朝鮮の核・ミサイル完全放棄」声明採択=「声明を出して言うことを聞く相手か」―韓国ネット

2017年5月12日、韓国・ニュース1によると、日米韓仏など62カ国が11日(現地時間)、北朝鮮の核実験と弾道ミサイル開発の「完全放棄」を促す内容の声明を採択した。

この声明は、「2020年核不拡散条約(NPT)再検討会議」に向けオーストリアのウィーンで開かれてた第1回準備委員会で、韓国とフランスが共同で提出して採択された。声明は、北朝鮮による核・ミサイル開発は国連安全保障理事会決議に違反しているとして強く非難する一方で、北朝鮮のNPT復帰と国際原子力機関(IAEA)の査察受け入れを促している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「声明を出して言うことを聞く相手か」「北朝鮮は核とミサイルの開発を諦めないだろう」「もっと強力な対応を望む」「北朝鮮の非核化ができないなら、韓国にも核を配備すべき」「北朝鮮にこのまま核の保有を許したら、他の国まで核保有に動き出して収拾がつかなくなる」など、声明だけでは不十分とする意見が多く寄せられた。

その一方で、「全世界が北朝鮮を制裁し、孤立させてどうするのだ?」とする意見もあった。

また、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮に融和政策をとろうとしているぞ」「金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の10年間、北朝鮮と対話をして現金や物資を支援したけど、その支援が韓国を火の海にするという核兵器とミサイルとなって帰ってきた」など、北朝鮮に融和的な革新政権への批判の声もあった。

(http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178138)

韓国経済、〔こなくて結構〕日米中との電話会談を終えた文在寅大統領、日本訪問はいつ?=「無理に日本に行く必要はないと思うが」―韓国ネット

韓国経済、〔こなくて結構〕日米中との電話会談を終えた文在寅大統領、日本訪問はいつ?=「無理に日本に行く必要はないと思うが」―韓国ネット

記事要約:文在寅大統領が日本に行く必要はないと韓国ネットが述べているようだが、むしろ、来たら過去に我が国の固有の領土である竹島へと不法侵入した事実があるので逮捕を要求する。管理人は間違いなく官邸にメールするつもりだからな。その時は協力してもらうと思うが、とりあえず、別に来なくていい。朴槿恵前大統領も来なかったのだから日本に韓国の大統領が来なくても何ら問題はないことは4年で証明されている。

つまり、韓国ネットと日本人の意見は一致していることになる。そもそも、国家間の合意すら守れない民族と話しあうことなどないんだよな。さっさと慰安婦像の撤去をしろというだけなら電話会談のみでいい。なんなら文書で送りつけるだけでいいんじゃないか。

その前に韓国の文在寅大統領は米中とのTHAAD配備の問題で呼び出させられているだろう。どっちをとるかは知らないが、蝙蝠外交はさらに韓国の立場を悪化させるだけ。早く決断した方がいいんじゃないか。米中もいつまでも待ってくれるほどお人好しではないとおもう。今は文在寅大統領の情報収集の最中だと思われるので飴をちらつかせたりしているわけだが、それが鞭に変更される日はそれほど遠くないだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

 人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔こなくて結構〕日米中との電話会談を終えた文在寅大統領、日本訪問はいつ?=「無理に日本に行く必要はないと思うが」―韓国ネット

2017年5月13日、韓国・国民日報によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日米中首脳との電話会談を終え、今後の首脳外交の行方に注目が集まっている。

文大統領は、早ければ来月中に米国を訪問し、トランプ大統領と会談を行うものとみられており、米韓自由貿易協定(FTA)、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の再交渉と費用負担問題、ならびに米韓同盟の強化と今後の発展方案などが重要な懸案として浮上する見込みだ。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席との首脳会談も早急に行われるものと予想されており、昨年、韓国政府がTHAADの配備を決定した後、中韓両国の交流が事実上中断しているだけに、これを修復するのが文政権の大きな課題になる。

記事は、日本との関係が最も問題になると指摘している。朴槿恵(パク・クネ)前政権当時、安倍首相との日韓首脳会談は行われたが、韓国大統領の日本訪問は実現していない。今年下半期、日中韓3カ国首脳会議が開催される場合、文大統領の日本訪問が実現する可能性があるが、慰安婦問題をめぐる日韓合意など両国が抱える問題が拡大すると訪日は相当期間遅れるとみられている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「徹底的な実利外交を望む」「外国との関係も重要だが、まず国内問題を解決してくれ」「米中とはてんびん外交を行って、米国からは最大限の譲歩を引き出し、日露とは経済交流程度で良い」「公言した通り金正恩(キム・ジョンウン)にも会うのか?」「問題を抱えて無理に日本に行く必要はないと思うが」など、新大統領の政治手腕への期待と不安の声が寄せられた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

(http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177872)