日別アーカイブ: 2017年5月28日

韓国経済、海外帰りの光州の女性にMERS疑われる症状

韓国経済、海外帰りの光州の女性にMERS疑われる症状

記事要約:そろそろ6月に入るわけだが、管理人はこの時期から3ヶ月ほど生ものは控えている。お刺身や寿司といったものを食べてお腹を壊したくないというのが主な理由であるのだが、実際、食中毒が怖い季節、カビを生えやすいので衛生管理は十分、気をつけたいところだ。そして、韓国ではまたMERSが来ているようだ。

おいおい、またなのか。毎年、MERSや鳥インフルエンザ、口蹄疫とか、毎度出しているじゃないかと思うかもしれないが、病気は伝染するものであるので、韓国のような衛生状態が悪い国だと再び大流行する可能性がある。実際、MERSが拡大したのはサムスン病院という韓国でも医療技術が高いといわれていた病院だった。

ただ、まだ感染が決定したわけでもない。初動で食い止めてくれたらいいのだが、そこは韓国だしな。信憑性は低いといわざる得ない。

>光州(クァンジュ)に住む60代の女性が中東呼吸器症候群(MERS)が疑われる症状を示し、当局が疫学調査に乗り出した。この女性は最近イスラエルとイタリアに行ってきたという。

とりあえず、MERSかどうかは28日にわかるそうなので、もし、MERSならまた取り上げることになるだろう。読者様もこの時期は食中毒に十分を気をつけて頂きたい。暑いので水分補給も忘れずに。カロリーもある程度、取らないといけない。冷たい物は食べやすいが、肉や魚を食べないとパワーがでにくいこともある。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、海外帰りの光州の女性にMERS疑われる症状

光州(クァンジュ)に住む60代の女性が中東呼吸器症候群(MERS)が疑われる症状を示し、当局が疫学調査に乗り出した。この女性は最近イスラエルとイタリアに行ってきたという。

光州西区保健所が27日に明らかにしたところによると、同日午後2時30分ごろ60歳の女性が西区内の病院を訪れ「MERSに感染していないか検査してほしい」と要請した。Aさんはイスラエルとイタリアなどを経て前日に帰国し、その後高熱の症状を見せたという・1次検査ではA型インフルエンザの陽性反応が出た。

保健当局は1次検査結果を疾病管理本部に報告し、マニュアルに基づいて陰圧隔離病室がある光州市内の大学病院にAさんを搬送した。追加検査結果とMERS確診可否は28日午前中に出るものとみられる。

(http://japanese.joins.com/article/529/229529.html?servcode=400&sectcode=400)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、サムスン「ギャラクシーS8」 来月初旬に日本発売

韓国経済、サムスン「ギャラクシーS8」 来月初旬に日本発売

記事要約:韓国の新型スマホ「ギャラクシーS8」が来月の初旬に日本で発売されることがわかった。サムスン電子が日本で販売するのは自由だが、またサムスンロゴでも隠すつもりなんだろうか。日本の消費者が韓国製と知らずに買うというのはわりと多いんだよな。

>サムスン電子は28日、新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」シリーズを6月初旬、日本で発売すると発表した。ギャラクシーS8はブラック、グレー、ブルーの3カラー、「ギャラクシーS8プラス」はブラック、シルバーの2カラーをラインアップする。

日本でギャラクシーS8がどれだけ売れるかは知らないが、発売するなら韓国経済のニュースとしては大きいのでしっかり取り上げておきたいところだな。日本人が例の爆弾騒ぎを忘れているわけないんだが。今のところは不具合は多いが、爆発してないんだよな。でも、音が飛んだり、動画が再生できないとかあるようだし、日本でもその辺は注目だろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、サムスン「ギャラクシーS8」 来月初旬に日本発売

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は28日、新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」シリーズを6月初旬、日本で発売すると発表した。

ギャラクシーS8はブラック、グレー、ブルーの3カラー、「ギャラクシーS8プラス」はブラック、シルバーの2カラーをラインアップする。

日本向けにはワンセグやフルセグ機能、電子マネーの使用に必要な「FeliCa(フェリカ)」機能などを搭載した。

今月25日には東京・表参道にギャラクシーS8の体験ゾーン「ギャラクシー・スタジオ」をオープンした。年末までに日本全域に拡大する方針だ。

ギャラクシーS8は4月21日、韓国や米国などで発売を開始した。日本での発売は世界市場でも遅いほうになる。

米国の市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスンは今年1~3月期、日本市場で出荷台数30万台、シェア3.8%(5位)にとどまるなど、苦戦している。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/itscience/2017/05/28/0600000000AJP20170528000600882.HTML)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【北朝鮮問題】対話の試みは時間稼ぎに利用された=安倍首相

韓国経済、【北朝鮮問題】対話の試みは時間稼ぎに利用された=安倍首相

記事要約:安倍総理がG7で北朝鮮との対話の試みは「時間稼ぎ」に利用されたという見解を述べた。全くもってその通りだと思う。というより、管理人は潜水艦弾道ミサイルが実用化の話が出てきてからずっとそう述べていたわけだが、ICBMが完成される前に北朝鮮の無力化を世界でやるしかない。

文在寅大統領は未だに対話とか開城工業団地の再開をしようとしているが、対話や融和策はただの時間稼ぎにしかなってないのはもう誰が見ても明らかだろう。脅してもダメなら被害が大きくならないうちに叩くしかない。つまり、中国も韓国も使えないってことだ。北朝鮮にいいように利用されて結局、尻尾を噛まれているだけという。

米中首脳会談からの猶予は100日ということだが、7月にトランプ大統領は動くのか。でも、このまま動かないと本当にICBMがトランプ政権で完成させてしまうことになりかねない。そうなってからでは本土も狙われる。被害はさらに拡大する。やはり、今だろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【北朝鮮問題】対話の試みは時間稼ぎに利用された=安倍首相

[タオルミナ(イタリア)/東京 27日 ロイター] – 安倍晋三首相は27日、主要7カ国(G7)首脳会議のため訪れていたイタリア南部シチリア島タオルミナで記者会見し、北朝鮮問題を巡って模索してきた対話の試みは「時間稼ぎに利用されてしまった」と述べた。そのうえで「G7が北朝鮮に圧力をかけるという点で結束できたことは極めて意義がある」と指摘した。

首相は発言の多くを北朝鮮情勢に割き、サミットでの最優先課題として議論したことを強調。「もはやこの問題は東アジアにとどまらない。世界全体の脅威だ」と述べ、G7が主導して対処する必要があるとの認識を示した。

焦点のひとつだった貿易については、首脳宣言に「保護主義と闘う」と明記されたことを踏まえ、「自由貿易によってもたらされるダイナミズムは、産業革命がそうであったように、世界の平和と繁栄の礎となるはずだ」と語った。

内政関係では「教育や社会保障に大胆に投資することであらゆる人にチャンスを作る」と述べ、6月に策定する新たな成長戦略でこうした方針を示すと明らかにした。

学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題を巡る対応に関しても問われたが、国会の会期延長も含め明言しなかった。

(http://jp.reuters.com/article/abe-g-idJPKBN18N0ZG?il=0)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【日韓慰安婦合意】<国連グテレス事務総長>安倍晋三首相との会談で慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」

韓国経済、【日韓慰安婦合意】<国連グテレス事務総長>安倍晋三首相との会談で慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」

記事要約:安倍総理と国連のグテレス事務総長がタオルミナ市内対談した。その対談内容は日韓慰安婦合意にも触れており、国連事務総長グテレスは合意に「賛意」「歓迎」したという。つまり、左翼が日韓慰安婦合意は国連の拷問禁止委員会で再交渉を促されたというので国連が韓国を味方にしたという嘘を根底的に覆したことになる。

>グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。

国連の総意は日韓慰安婦合意を歓迎と。金をもらって個人的な活動している国連特別報告者のケナタッチ氏の主張はどうでもいいと。これはテレビで報道されるかわからないが、かなり重要なニュースだと思われるので知らせておいた。左翼が「国連ガー」とかいっても、事務総長も合意に歓迎していると知らせるだけで終了するな。

だいたい国連事務総長ならあの世界大統領である韓国の潘君が歓迎していたのだ。日韓慰安婦合意で国連がどうとか言い出すほうがおかしい。だから、韓国側に残された選択肢は日韓慰安婦合意の一方的な破棄しかない。ほら、さっさとやってどうぞ。

日韓慰安婦合意は最初から世界中のメディアやアメリカに大きく報道されて歓迎されたものだ。その記事はずっとネットに残っているわけだから、この合意を覆すのは日韓基本条約やアジア通貨基金とかどうとかより、よほど難しい。

つまり、今回の日本政府は二国間合意の前に「外堀」を埋めるところから始めていたと。だから、世界中のメディアはほとんど日韓慰安婦合意の破棄や再交渉については触れてないだろう。既に終わったことにされているからな。慰安婦問題は日韓慰安婦合意で終了した。それを気づかないで無駄に騒いでる韓国人はそろそろ国際社会の常識を理解するべきだな。国際社会の常識では、二国間の合意とロウソクデモのどちらが上なのかをな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【日韓慰安婦合意】<国連グテレス事務総長>安倍晋三首相との会談で慰安婦の日韓合意に「賛意」「歓迎」

安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日夜)、タオルミナ市内で国連のグテレス事務総長と会談し、慰安婦問題に関する日韓合意について日韓双方が履行することの重要性を強調した。

グテレス氏は合意に「賛意」と「歓迎」を表明した。首相がグテレス氏と会談するのは今年1月の事務総長就任後、初めて。

首相は、日本政府が国際組織犯罪防止条約締結に向け「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を目指していることを説明。

グテレス氏は改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏について

「特別報告者は国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と述べた。

核・ミサイル開発を進める北朝鮮も話題となり、首相は北朝鮮に影響力を持つ中国をはじめ関係諸国による圧力強化の必要性を強調した。

グテレス氏は北朝鮮の行動を非難した上で「北朝鮮に対して圧力を強化するためのツールを国連安全保障理事会は有している。

今後、関係国との間でも北朝鮮問題を真剣に取り上げる」と応じた。

2017年5月27日 22時13分 産経新聞

(http://news.livedoor.com/article/detail/13122121/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕ICBM迎撃実験 30日に実施へ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕ICBM迎撃実験 30日に実施へ

記事要約:昨日、米空母のドナルド・レーガン、カール・ビンソンに続いて3隻めのニミッツが西太平洋に派遣されることを伝えたが、さらに米国は30日にICBMの迎撃実験を行うことがわかった。

北朝鮮が今日、またミサイル発射する可能性は高いわけだが、とりあえず、今のところはそのニュースは出てきていない。しかし、午前中だと思われていた北朝鮮のミサイル発射は午後にも先週行われたことで一日中油断はできなくなっている。

でも、日本人からすればJアラートも鳴るかわからないし、中々対策といっても難しいわけだが、とりあえず、朝鮮半島有事について頭の片隅にも置いといてほしい。普段通りの行動で良いと思うが、気づいているか、気づいてないかではその時の対応と冷静さを取り戻す時間が異なる。

人間は予期せぬ出来事には慌ててしまうが、予期できたことは驚いてもそのうち適切な行動ができるようになる。でも、警報なったら地下に逃げる。窓際に近づかないとか、非常食や水の確保とか、そんなレベルだしなあ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕ICBM迎撃実験 30日に実施へ

北朝鮮がアメリカ本土に届くICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を進める中、アメリカ国防総省は、ICBMを迎撃ミサイルで撃ち落とすための実験を、来週実施すると発表しました。

アメリカ国防総省の発表によりますと、今月30日、太平洋のマーシャル諸島の基地からICBMに見立てた訓練用のミサイルを発射し、西部カリフォルニア州にある地上配備型の迎撃ミサイルを使って太平洋の上空で撃ち落とす計画だということです。

アメリカ本土を守る地上配備型の迎撃ミサイルによる迎撃実験は3年ぶりで、1999年以来これまでに17回実施され、9回成功していますが、8回は迎撃に失敗しています。

国防総省としては、北朝鮮がICBMの開発を進める中、実験を行うことで、ミサイル防衛システムの精度を向上させたい狙いもあると見られます。

国防総省のミサイル防衛局の報道官は、NHKの取材に対して「これまでは中距離や長距離弾道ミサイルを想定した実験だった。今回初めてICBMを想定した迎撃実験を行う」と話しています。

アメリカ政府は、ICBMの開発を進める北朝鮮を警戒し、アメリカ本土を守るミサイル防衛システムを強化する方針で、年内に迎撃ミサイル8基を新たにアラスカ州に配備し、合わせて迎撃ミサイル44基の体制にする計画です。

(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170527/k10010997061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry