韓国経済、〔台湾にもTHAAD配備しよう〕米、台湾にミサイル売却へ=トランプ政権下初、中国の反発必至

[`yahoo` not found]

韓国経済、〔台湾にもTHAAD配備しよう〕米、台湾にミサイル売却へ=トランプ政権下初、中国の反発必至

記事要約:最近、中国がインドを挑発したり、南シナ海の実効支配を加速させているわけだが、米国が台湾にミサイルを売却しようとしていることがわかった。あまりにも韓国が使えないのでトランプ大統領は別の手を持ってきた感じじゃないだろうか。

管理人は台湾に在台湾米軍を置いてTHAAD配備するほうがこの先、中国を警戒するには良いと思う。そして、韓国からTHAAD配備を中止にして台湾に在韓米軍を引っ越しさせる。でも、これでわかったことは中国の100日猶予は失敗するとトランプ大統領は見ているということ。韓国はいらない子と。何しろ米韓首脳会談が行われる今日に台湾にミサイル売却だものな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔台湾にもTHAAD配備しよう〕米、台湾にミサイル売却へ=トランプ政権下初、中国の反発必至

トランプ米政権は29日、高速対レーダーミサイル(AGM88)や海上配備型迎撃ミサイル(SM2)の部品な総額約14億ドル(約1570億円)相当の武器を台湾に売却すると議会に通知した台湾への武器売却はトランプ政権で初めて。

中国政府が反発するのは必至で核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対処をめぐり、中国との協力関係に影響を及ぼす可能性がある。

(http://www.jiji.com/jc/article?k=2017063000300&g=use)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)