韓国経済、韓国大統領府、韓米首脳会談議題からTHAAD外しを提案

韓国経済、韓国大統領府、韓米首脳会談議題からTHAAD外しを提案

記事要約:なんと韓国大統領府が今月末に行われる予定である「米韓首脳会談」の議題からTHAAD外しを提案しているそうだ。トランプ大統領がそれに応じるかは知らないが、管理人は別に良いと思う。

何しろ、既に韓国ではTHAAD配備は進められているわけだからな。別にそのままTHAAD配備しているなら、米国側から文句言う理由はないからな。THAAD配備費用についてはまとめて請求すればいいだけだ。

そもそも韓国政府がこの提案しても、何もかわらないんだよな。だいたいここで沈黙したら、むしろ、THAAD配備を安易に認めるということで、中国側から7月の初旬に行われる韓中首脳会談で何言われるか。好きなようにすれば良いんじゃないか。

>大統領府関係者は「THAAD配備に関連した『国内的措置』が進行中であり、これはTHAAD撤回を意味するのではないということを米国側には既に伝えた。韓米両国の安全保障当局者の間で互いに理解している事案なので、首脳会談の議題からはTHAADが外されると思う」と語った。

これ普通に読めばもう、米国側の意向に従っているので議論しなくてもいいってことだよな?つまり、THAAD配備を進めても全然問題ないという認識しか見えないんだが、中国が激おこだろうな。でも、THAAD配備の中止が公約なのに先送りしたところで、結局、蝙蝠外交の継続でしかない。

しかし、本当、文在寅大統領は問題を先送りしかしないな。まさか、5年間、これで乗り切れるとか思っているんじゃないだろうな。世の中、そんな甘くないと思うが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国大統領府、韓米首脳会談議題からTHAAD外しを提案

韓国大統領府が今月末、米国で開催される予定の韓米首脳会談で、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)を正式な議題から外す考えを米国側に伝えたことが6日、分かった。THAADのような敏感な問題で確執を深めるよりも、北朝鮮の核問題などの懸案に集中しようという趣旨だという。

大統領府関係者は「THAAD配備に関連した『国内的措置』が進行中であり、これはTHAAD撤回を意味するのではないということを米国側には既に伝えた。韓米両国の安全保障当局者の間で互いに理解している事案なので、首脳会談の議題からはTHAADが外されると思う」と語った。

これについて、米国はひとまず「理解できる」と述べたが、最終的な合意はまだだという。

これに関連して、外交消息筋は「首脳会談の議題から外されるとしても、トランプ大統領が記者会見で質問を受ければ関連発言をする可能性もあるので、それに備えている」と述べた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「THAAD問題は韓米間で緊密に協議している」という原則的な言及にとどめると言われている。

一方、訪韓中のジェームズ・シーリング米国防総省ミサイル防衛局(MDA)局長は同日、慶尚北道星州郡のTHAAD基地を訪れてレーダーや発射台などTHAAD関連装備を点検し、米軍兵士らを奨励したと在韓米軍関係者が語った。この関係者は「THAAD用地がMDA基準に合わせて造成されているかどうかを点検し、現場指揮官に問題点の有無などを尋ねた」と語った。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/07/2017060700687.html)

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
翡翠

 更新お疲れ様です。

 聞くところによると、文大統領はTHAAD設置の妥当性を再検証する必要があるとして、環境問題と絡めた調査を行い、その間は設置作業を引き延ばそうとしているとか。
 それを思うと、本文中の『THAAD配備に関連した「国内的措置」が進行中であり、これはTHAAD撤回を意味するものではない』の「国内的措置」は、アメリカに対しては「設置推進に向けた努力」として。
 中国に対しては「設置反対に向けた努力」として受け取って貰おうと考えているんじゃないか…とも思えます。

 蝙蝠の面目躍如、と言ったところでしょうか…;

捕手(日本人)

 問題を先送りにしているだけじゃどうにもならんと思うけれど、韓国人の考える事はわからんな。
こういう煮え切らない態度を続けるから、米中どちらからも信用されなくなるって指摘する奴はいないのかな。
ちょっと前に韓国のネット民が「THAAD配備を決めたのにアメリカからは何の恩恵もない」とか嘆いていたのには心底呆れた、自業自得という言葉がこれほど相応しい民族なんて他にいないと思う。

酔って候

翡翠さんの意見に賛成。
米国から、いつ北爆をやるのか情報を貰えないと、北にチクることが出来ないので、関係を破壊するわけにはいかない。かといって、宗主国様の機嫌を損ねて、限韓令が強化されても困る。といったところでしょう。

心の中では、自分の訪米中に不意打ちで北爆してくれ、と思っているのではないでしょうか。なにより自分が戦火に巻き込まれずにすみますし、北の脅威が無くなれば、米韓同盟破棄を恐れずに米国を非難しつつ中国に事大出来ます。

ぼろぼろになった北と統一を果たした後、復興費用を日米にたかりつつ、大統領権限を利用して私腹を肥やし、大統領退任後は海外へ逃亡し、不正蓄財した金で贅沢三昧、なんてバラ色の未来予想図も描けそうです。