必読!民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏ら軸か

必読!民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏ら軸か

記事要約:二重国籍、いや、三重国籍問題の疑惑が深まっていた民進党の蓮舫氏がなんと、代表から辞意を表明したようだ。後任は前原氏や枝野氏ら軸になるようだ。この動きが今後、吉とでるか、凶と出るかは知らないが、自民党にとってはありがたくないな。まあ、あんな記者会見を開いて納得しろといっても無理なのは見てのとおりだが。

でも、これでどうやって自民党の加計学園問題とかの印象操作をするつもりなのか。党首がいなくなれば追及の手も緩めざる得ないんじゃないか。しかし、管理人はこれで済ませるつもりはない。だいたい代表辞意だけではないだろ?蓮舫氏がやることは議員辞職であり、日本国民への謝罪と真相を明らかにすることである。

しかし、森友学園の籠池夫妻が国や大阪府の補助金を不正受給したとされる事件で逮捕されたと思ったらこれか。まあ、あの二人の言っていることも明らかにおかしかったからな。次は辻本議員か。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~230回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

必読!民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏ら軸か

民進党の蓮舫代表は27日、臨時役員会を開き、代表を辞任する意向を表明した。都議選で惨敗を喫し、野田佳彦幹事長の交代を含む執行部人事を行う意向だったが、批判がおさまらず、辞任は避けられないと判断したものとみられる。

昨年9月に代表に就任した蓮舫氏は、10月の衆院2補選で大敗。「提案路線」を掲げ、原発稼働を2030年にゼロにするとの目標表明を主導したが、党内外の反発を受けて断念した。都議選は地元でもあり、求心力回復の試金石だったものの、公認候補の離党が相次ぎ、安倍政権批判の受け皿ともなり得なかった。

後任選びは、昨年の代表選で敗れた保守派の前原誠司元外相と、リベラル派から待望論のある枝野幸男元官房長官らが軸になる可能性が高い。

(http://www.asahi.com/articles/ASK7W4HC9K7WUTFK02V.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
捕手(日本人)

 都議選の直後は続投する気満々だったのに、心変わりの原因はなんだろね。
三重国籍どころか四重国籍の疑いまであるらしいが、このまま有耶無耶にして逃げるつもりなのか、逃げ切れると思っているのか。
まぁ、革マル派との繋がりが疑われる枝野氏と、在日韓国人から献金を受けていた前原氏じゃ、どっちが党首になっても民進党の支持率は上がらないだろうけど、党名ロンダリングの次は党首ロンダリングか?

酔って候

辞任するべきは議員の方。党首を辞任する必要は無い。(党首が議員で無くてはならないという規則は無いはず)
実際日本共産党のように、戦後長らく党のトップが国政選挙に出馬すらしなかった例もある。(出馬するようになったのは、田中内閣時代にロッキード事件や金脈問題について野党連合するという話し合いに、のこのこ出て行った宮本議長(当時)が、議員でもないお前が何しに来た、と他の野党から参加を拒絶された為。)

一番喜んでいるのは、「ケジメを付けた」と蓮舫問題を取り上げずに済むようになった(と考える)マスコミの皆さんでしょうね。マスコミや共産党から「いい加減にしろ」と言われたのが辞任の真の理由だったりして。

kohza

党首辞めるより、議院辞めるより、先ず日本人を辞めるべき。
帰化人に選挙権与えるなんて間違っている。

管理人さんも触れていましたが、籠池逮捕直後の、辞任。仲良さそうだったし、なにか出てきそう。
つまり逃げた?

行きはよいよい

高須クリニックからの訴訟と、民間団体の二重国籍の訴訟で、
忙しくなるので辞めます、
ということでしょう。

後任は、前原、枝野の小物などどうでもよく、
辻斬氏、またはスターリン末裔疑惑ヨシフの
どちらかがふさわしいでしょう。