韓国経済、〔米韓首脳会談〕トランプ大統領「直ちにFTAの再交渉を始める」…“通商における不公正”を強く批判

韓国経済、〔米韓首脳会談〕トランプ大統領「直ちにFTAの再交渉を始める」…“通商における不公正”を強く批判

記事要約:米韓首脳会談のポイントについては先ほどの記事で触れたが、今回はその中でも米韓FTA交渉に付いてのトランプ大統領の積極性が主流となる。米韓FTAの見直しについては予想通りであったわけだが、どうやらその見直しの速さは想定外といったところだ。

>彼は首脳会談直後、ホワイトハウスのローズガーデンで開かれた共同マスコミ発表でも「(2012年韓米FTAの発効後)韓国に対する米国の貿易収支の赤字幅が110億ドルも増加した」とし、「韓米FTAは成功的とは言えない」と強く批判した。

これは酷いよな。米韓FTA発行して110億ドル赤字が増えたと。まあ、でもあれだけ有利な米韓FTAを締結してさらに赤字が増えるって、アメリカがどんぶり勘定しすぎなんじゃないのか。

>韓米FTAの再交渉が目の前の問題として現実化したことで、韓国の通商当局にも緊張が走っている。これまで通商専門家らはトランプ政権が再交渉に乗り出すとしても、来年下半期以降に始まるもの予想してきた。

米韓FTAの見直しについては最初から言及されていた。しかし、それがトランプ政権では早急に始めることに合意したことで緊張が走ったと。

>米通商当局は今年8月に北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉に突入する予定だが、同交渉は来年下半期に終わる可能性が高く、韓米FTAをめぐる再交渉はそれ以降になるものと思われてきた。

110億ドルも赤字が増えて再交渉の時期は来年の下半期以降とか、アホな予想だよな。韓国の当局は馬鹿なのか?少なくとも年内に始めるだろうに。

>トランプ政権をけん制する米議会とワシントンの主要シンクタンク及び経済団体などに対し、韓米FTAって両国に“相互互恵的”であることを説明してきたのだ。

オバマ大統領が韓国に甘くて間抜けすぎることをトランプ大統領は批判していた。当然、そんな米議会やワシントンの主要シンクタンク、経済団体などに働きかけようが米韓FTAの見直しがなくなるわけないんだよな。

>また、トランプ大統領が繰り返し言及してきた対米貿易黒字の規模をできるだけ減らす貿易収支管理を通じて、米国を“なだめる”のに力を入れてきた。実際、今年に入って米国に対する韓国の貿易収支の黒字は目に見えて減っている。1~5月までの累積対米貿易収支黒字は69億2千万ドルで、前年同期に比べ40億1千万ドルも減少した。

いや、69億ドルも黒字じゃないか。前年同期を40億ドル減らしたのでFTA見直しはやめてくださいって。あほだろう。まず、70億ドル黒字を減らしてからいえよ。

>特に、両国は公正な市場競争の環境作りに向けて、鉄鋼過剰設備の削減および非関税貿易障壁の減少を共に目指していくことにした。

ダンピングはこれからも取り締まる。後、米韓通貨スワップ協定については全く触れられてないと。蚊帳の外だな。どう見ても韓国の文在寅大統領は何しに行ったんだ?貿易黒字を減らすためだけに訪米したのかというぐらいだな。あまりにも無謀すぎるな。どう見ても、米韓FTA見直しで数十億ドルの利益は失いそうだが、その分、米国から得られるものは何もないように見えるぞ。経済対策がダメとかレベルじゃないぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔米韓首脳会談〕トランプ大統領「直ちにFTAの再交渉を始める」…“通商における不公正”を強く批判

ドナルド・トランプ米大統領が30日(米現地時間)開かれた韓米首脳会談で「私たちは韓国と直ちに(再交渉を)始める。私たちは(貿易赤字が)続くことを容認できない」として、韓米両国間の貿易不均衡を正すための韓米自由貿易協定(FTA)再交渉に着手することを事実上公式化した。

彼は首脳会談前に行った冒頭発言でも、「私たちはこれから貿易交渉を再度行う。公平な交渉になることを望んでいる。それは、双方にとって公正な交渉になるだろう」と述べ、韓米自由貿易協定(FTA)の再交渉を強く示唆した。

トランプ大統領はまた、「(韓米FTA)貿易交渉は米国にとって不当な交渉だった。しかし、これからはかなり違うだろう。私たちは米国の労働者にとっていい交渉になることを望んでいる。韓米両国にとっても互恵的であろう」と話した。

彼は首脳会談直後、ホワイトハウスのローズガーデンで開かれた共同マスコミ発表でも「(2012年韓米FTAの発効後)韓国に対する米国の貿易収支の赤字幅が110億ドルも増加した」とし、「韓米FTAは成功的とは言えない」と強く批判した。

トランプ大統領は特に、韓米自由貿易協定を含め、両国における貿易懸案の問題を共に解決していくことで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と合意したと強調した。

彼は「(文大統領と)米国に輸入されている韓国産の鉄鋼製品のダンピング問題をともに解決することにした」とし、「(両国が)共に努力して公正な交渉になれるよう努力することにした」と述べ、再交渉を両国の間に事実上合意されたものとして受け止めていることを覗わせた。

韓米FTAの再交渉が目の前の問題として現実化したことで、韓国の通商当局にも緊張が走っている。これまで通商専門家らはトランプ政権が再交渉に乗り出すとしても、来年下半期以降に始まるもの予想してきた。

米通商当局は今年8月に北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉に突入する予定だが、同交渉は来年下半期に終わる可能性が高く、韓米FTAをめぐる再交渉はそれ以降になるものと思われてきた。

しかし、同日、トランプ大統領が「私たちはこれから貿易交渉を再度行う」と攻勢をかけたことで、NAFTAの再交渉と韓米FTAの再交渉が同時進行される状況もあり得るとの見通しも示されている。

今年1月のトランプ政権発足以来、韓国の通商当局や貿易協会は積極的な「アウトリッチ」(out-reach)活動を展開し、韓米FTAの再交渉を避けるため、米国側を多方面から説得してきた。

トランプ政権をけん制する米議会とワシントンの主要シンクタンク及び経済団体などに対し、韓米FTAって両国に“相互互恵的”であることを説明してきたのだ。

また、トランプ大統領が繰り返し言及してきた対米貿易黒字の規模をできるだけ減らす貿易収支管理を通じて、米国を“なだめる”のに力を入れてきた。

実際、今年に入って米国に対する韓国の貿易収支の黒字は目に見えて減っている。1~5月までの累積対米貿易収支黒字は69億2千万ドルで、前年同期に比べ40億1千万ドルも減少した。

昨年の年間対米貿易収支の黒字減少額(25億6千万ドル)をすでに大きく上回っている。米国産製品の月別輸入額はトランプ大統領が当選した昨年11月以来7カ月連続で増加している。

しかし、韓国側のこのような様々な努力にもかかわらず、トランプ大統領を説得するための努力は水泡に帰した。

むしろトランプ政権が予想に反して急いで攻勢に乗り出したことで、韓国の通商当局は直ちに韓国の輸出業界の利益をでいるだけ守りながら、“新たな利益バランス”を見出さなければならない、険しい再交渉を余儀なくされることになった。

一方、今回の韓米首脳会談の共同声明で、両国は投資とビジネスの増進に向けた産業協力の対話チャンネル▽情報通信技術(ICT)など先端分野の協力に向けた高官級経済協議会▽官民合同フォーラムなどを活用し、多様かつ互恵的な経済協力の機会を発掘することにした。

特に、両国は公正な市場競争の環境作りに向けて、鉄鋼過剰設備の削減および非関税貿易障壁の減少を共に目指していくことにした。

韓国ハンギョレ新聞社

(http://japan.hani.co.kr/arti/economy/27798.html)

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
酔って候

韓国大統領府「韓米FTA再交渉に合意していない」(聯合ニュース)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/07/01/0900000000AJP20170701001100882.HTML
> 張室長は「首脳会談でトランプ大統領は大規模な貿易赤字、自動車・鉄鋼分野の貿易不均衡について問題を提起しながら一定の措置を取るか、あるいは新たな交渉を行うかを判断する必要があると述べた。これに対し文在寅(ムン・ジェイン)大統領はFTAの互恵性を強調しながら、FTA発効後の効果に関する共同調査の実施を提案した」と説明した。

実際の所どうなのでしょうね。
記者からの質問を受け付けない形式にしたことは、とりあえず韓国にとって成功と言えそうですね。
帰国後は、トランプ大統領は日本よりも韓国に先にやってくる、というのが、大きな成果として強調されるのかも知れません。
それにしても「対日最終兵器」の影の薄いこと。