韓国経済、仁川空港行きKTXが故障…空港鉄道1時間遅延運行 「故障原因を把握中」

韓国経済、仁川空港行きKTXが故障…空港鉄道1時間遅延運行 「故障原因を把握中」

記事要約:仁川空港行きKTXが故障して空港鉄道が1時間遅延で運行となったようだ。しかも、故障原因を把握中ということで未だにわかっていないらしい。管理人はきっとガムテープを積むのを忘れたんじゃないかとおもう。KTXが故障しても万能なガムテープさえあれば応急処置は楽勝だからな。

>31日、空港鉄道によると、この日午前8時2分ごろ、釜山駅を出発して仁川国際空港駅に向かっていたKTX102列車が原因不明の故障によってソウル恩平区(ウンピョング)デジタルメディアシティ(DMC)駅-ソウル江西区(カンソグ)金浦(キンポ)空港駅区間の線路で突然停車した。

パソコンとかもそうだが、こういうエラーって普通でるんじゃないのか。エラー003とか、そんな感じで。でも、原因不明の故障なんだ。列車システムが故障の原因を把握できていないとか致命的な欠陥だと思うんだが、それよりも、突然停車するのは怖いな。後、興味深いのがこれ。

>空港鉄道関係者は「故障したKTX列車が停車した線路は空港鉄道と信号システムを共有している区間なので、空港鉄道列車の運行も遅れた」と説明した。

なんでこれ共有しているんだろうか。線路を共有するとかならあるかもしれないが、システムだけを共有するというのも不思議だな。複雑な事をするから原因不明が発生するんじゃないか。シンプルにシステムを組まないから故障原因がいつもわからないのだ。そもそも、自己判断システムは搭載されていないのか。わからないことだらけだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~230回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、仁川空港行きKTXが故障…空港鉄道1時間遅延運行 「故障原因を把握中」

釜山(プサン)駅を出発して仁川(インチョン)国際空港駅に向かっていたKTXの列車が故障し、KTXと同じ線路を使用している空港鉄道の列車が1時間以上遅延したのち正常運行を再開した。

31日、空港鉄道によると、この日午前8時2分ごろ、釜山駅を出発して仁川国際空港駅に向かっていたKTX102列車が原因不明の故障によってソウル恩平区(ウンピョング)デジタルメディアシティ(DMC)駅-ソウル江西区(カンソグ)金浦(キンポ)空港駅区間の線路で突然停車した。

故障すぐにKORAIL(韓国鉄道公社)は乗客361人を代替バスに案内して仁川空港への移動措置を講じ、故障列車は水色(スセク)駅でに回送した。

このKTX列車は同日午前8時45分ごろに仁川空港駅に到着する予定だった。この事故でソウル駅~仁川空港駅の下り区間の空港鉄道運行が遅れ、午前9時20分から正常運行を始めた。

運行が遅延した空港鉄道下り列車は一般列車・直通列車など計15本になることが確認された。空港鉄道下り列車は6分間隔で運行しているが、この日の事故で各便10~30分程遅れた。

空港鉄道関係者は「故障したKTX列車が停車した線路は空港鉄道と信号システムを共有している区間なので、空港鉄道列車の運行も遅れた」と説明した。

(http://japanese.joins.com/article/853/231853.html)

合わせて読みたい記事

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い

原因が最期まで追究できないのが韓国クオリティ
ガムテープは修理必須物