韓国経済、〔朝鮮半島有事〕元在韓米軍司令官ら「北攻撃に韓国の同意は不要」 文大統領の発言とは真逆

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕元在韓米軍司令官ら「北攻撃に韓国の同意は不要」 文大統領の発言とは真逆

記事要約:元在韓米軍司令官らが「北攻撃に韓国の同意は不要」と述べていることがわかった。先日、文在寅大統領は韓国の同意無しに軍隊を動かすことはできないとか、意味不明なことを述べていたのを真っ向から否定されたわけだ。

そりゃ、米国には在韓米軍以外の軍隊が日本やグアムなどにあるし。緊急時の統帥権も米軍にあるわけだから当然のことだが、文在寅大統領は無駄に勘違いしているわけだ。そもそも、韓国軍は足手まといだから、むしろ、動かさない方が作戦をスムーズに遂行できそうなんだよな。

>「北朝鮮が米国本土を攻撃すると威嚇していることに対し、(米側が)軍事的対応に出る場合、在韓米軍の運用には米韓双方の承認が必要だが、仮に(韓国が)拒否した場合、米国は国際法に従い、韓国に駐屯していない(オフショア)軍事資産によって北朝鮮を攻撃することができ、これには韓国の承認・協力を必要としない」との考えを示した。

なるほど。韓国が拒否しようが、しまいが米軍側の軍事的対応に変化はないと。そもそも、拒否するのか?同盟国なのに?拒否した瞬間、逆に韓国がアメリから攻められるな。これは。

>ベル元司令官は米国本土とハワイ、アラスカ、グアム、北朝鮮周辺の黄海上にある米軍の資産などに言及し「日本やオーストラリアなど米国のほかの同盟国も韓国の承認を得ずに作戦に参加することができる」と述べた。

他の国も韓国の承認などいらないと。これ完全に例のコリア・パッシングではないのか。完全に韓国なんてどうでもいいと述べているんだが。まあ、わかっていたことだ。米本土が狙われているなら、明らかに「自衛」だものな。韓国の文在寅大統領は就任100日で韓国人から外交が評価されていると聞くが、蝙蝠外交を続けて、自分たちで責任は取らないのに、戦争させないとか、意味不明なことだけを国内向けにアピールしているだけなんだよな。誰も韓国のことなんて見てもいないというのに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕元在韓米軍司令官ら「北攻撃に韓国の同意は不要」 文大統領の発言とは真逆

元在韓米軍司令官をはじめとする米国の韓半島(朝鮮半島)軍事専門家らが「在韓米軍以外の軍事資産を用いて米国が北朝鮮を攻撃する際、韓国の同意は必要ない」との立場を明らかにしていることが分かった。米国のラジオ放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が23日、報じた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日の「光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)」式典のあいさつで「韓半島での軍事行動について決定することができるのは大韓民国だけであり、誰も大韓民国の同意なしに軍事行動を決めることはできない」と述べたが、この発言とは正反対の意見だ。

2006年から08年にかけて在韓米軍司令官を務めたバーウェル・ベル氏は

「北朝鮮が米国本土を攻撃すると威嚇していることに対し、(米側が)軍事的対応に出る場合、在韓米軍の運用には米韓双方の承認が必要だが、仮に(韓国が)拒否した場合、米国は国際法に従い、韓国に駐屯していない(オフショア)軍事資産によって北朝鮮を攻撃することができ、これには韓国の承認・協力を必要としない」との考えを示した。

「北朝鮮が米国本土を攻撃すると威嚇していることに対し、(米側が)軍事的対応に出る場合、在韓米軍の運用には米韓双方の承認が必要だが、仮に(韓国が)拒否した場合、米国は国際法に従い、韓国に駐屯していない(オフショア)軍事資産によって北朝鮮を攻撃することができ、これには韓国の承認・協力を必要としない」との考えを示した。

ベル元司令官は米国本土とハワイ、アラスカ、グアム、北朝鮮周辺の黄海上にある米軍の資産などに言及し「日本やオーストラリアなど米国のほかの同盟国も韓国の承認を得ずに作戦に参加することができる」と述べた。

11年から13年まで在韓米軍司令官を務めたジェームズ・サーマン氏も「北朝鮮が延坪島を砲撃した場合に韓国が反撃し、自らを守る権利を持つのと同様に、われわれも自分自身を守る権利を持っている」として「誰からも承認を得る必要がない」と主張した。

在韓米軍特殊戦司令部出身でジョージタウン大学戦略安全保障研究センターのデービッド・マクスウェル副所長は

「米国憲法には、自国の防衛に必要な措置を取る際、同盟の承認を得なければならないという条項はない」として「北朝鮮が米国の領土を攻撃するとみられる場合、国家と国民を防衛する必要があると判断されれば、米国は韓国が反対したとしても行動するだろう」と述べた。

米国ランド研究所のブルース・ベネット上級研究員も「米国は軍事行動について韓国と協議するだろうが、韓国の完全な同意を得るための十分な時間があるのか疑わしい」と述べた。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/23/2017082303471.html)

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
うわさちゃん

韓国は完全に北朝鮮の人質に取られている。首都を敵陣近くにおいて、いつでも北のミサイル猛攻の全面にさらしている。本来ならアメリカは核施設へのピンポイント攻撃で北を黙らせることができるのだが、ソウルの人質がいるからそれが出来ない。平和的解決というが、北朝鮮は贋金経済で回っているから、資本主義
社会と仲良く出来ない。中国もロシアも今の北朝鮮の体制を必要としており、アメリカも軍事費確保のために、韓国の今の状態を継続する必要があり、大きな変革は求めていない。資本も人質状態の国に入ってこなくなるだろうし、従って韓国はこのままじんわりと没落してゆくのみである。