韓国経済、ウォンが対ドルで3日続落 北朝鮮情勢の緊迫化が影響

[`yahoo` not found]

韓国経済、ウォンが対ドルで3日続落 北朝鮮情勢の緊迫化が影響

記事要約:朝鮮半島有事でウォンが対ドルで3日連続で続落している。といっても、1140ウォンぐらいなのでたいしたことはない。韓国の為替レートは1100~1150が最も安定する。なので、この数値自体はそれほど驚くことはない。微調整介入をしてくるだろうし、ここから1200を目指すということはなさそうだ。

>北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級ミサイルに搭載可能な小型核弾頭の開発に成功した可能性があると報じられて以降、ウォン・ドル相場の終値は3日間で18.4ウォン下落したが、下落幅は次第に縮小している。前日終値比で9日は10.1ウォン安、10日は6.8ウォン安だった。

為替介入しているのは確実なので、対円ドルように108円まで下がったりはしない。ただ、朝鮮半島有事では日本は円高になるようなので、日経平均株価は下がるかもしれないというか、現に下がっている。でも、韓国経済に朝鮮半島有事が大きな影響を与えるかは、開戦しない限りはそこまで大きくはないと見ている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、ウォンが対ドルで3日続落 北朝鮮情勢の緊迫化が影響

【ソウル聯合ニュース】核・ミサイルを巡り北朝鮮と米国が対立し、情勢が緊迫化する中、11日のソウル外国為替市場でウォンの対ドル相場は3日続落した。終値は前日比1.5ウォン安の1ドル=1143.5ウォンだった。

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級ミサイルに搭載可能な小型核弾頭の開発に成功した可能性があると報じられて以降、ウォン・ドル相場の終値は3日間で18.4ウォン下落したが、下落幅は次第に縮小している。前日終値比で9日は10.1ウォン安、10日は6.8ウォン安だった。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/08/11/0500000000AJP20170811003500882.HTML)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)