韓国経済、〔韓国THAAD配備〕THAAD暫定配備完了に中国激しく反発

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕THAAD暫定配備完了に中国激しく反発

記事要約:読売新聞の朝刊のトップにも掲載されていたわけだが、韓国は今日、THAAD配備を完了した。数日内に稼働を始めるようだ。もちろん、中国が激しく反発している。さて、こうなってくると次なる「経済報復措置」が取られるだろう。すでに200億ドル以上の損失。まずは、中韓通貨スワップ協定の延長なしは確定だろう。後は、何をするのか。

それがどうなるか楽しみなところであるが、THAAD配備に反対しているのは中国だけではなく、ロシアもそうである。ロシアはまだそこまで露骨なことはしていないが、関係悪化は避けられない。ようやくTHAAD配備を決めても、トランプ大統領からは物乞いのようだと批判される文在寅大統領。四面楚歌であることにまだ変わりはない。ここからどのように「赤化」を行うのか。管理人は楽しみにしているぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕THAAD暫定配備完了に中国激しく反発

韓国への配備が遅れていた米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)の残る発射台4基などが7日朝、南部・慶尚北道星州(キョンサンプクトソンジュ)の用地に搬入され、予定していた6基の暫定配備が完了した。数日内に稼働を始める見通し。北朝鮮の弾道ミサイルに対抗し、日米韓の防衛協力を強化する措置だが、中国は激しく反発している。

韓国に配備されたTHAADは、1基あたり迎撃ミサイル8発を備えた発射台計6基や高性能レーダーなどで構成。射程3千キロ以下の中・短距離弾道ミサイルを高度40~150キロの空中で迎撃する。米韓は北朝鮮の脅威に限定した迎撃兵器だとしている。

4月末に装備が韓国に到着したが、用地の整備や電力供給が間に合わず、発射台2基が先行して暫定配備された。5月に誕生した文在寅(ムンジェイン)政権は当初、残る4基の追加配備に慎重な姿勢を示したが、7月28日の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)14」の発射を契機に、追加配備を認めた。

韓国国防省報道官は7日、「北…

(http://www.asahi.com/articles/ASK972PKHK97UHBI00C.html)

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ss65

うん、俺も読売新聞、今夕刊持ってる・・・で~~「約400人が車両で道路封鎖、8000人の警官隊が警備で・・27人が負傷」とある、、、? 8000人対400人って、なんかーおかしくないか、400人ってたいした列じゃないよ、一般人だったらだけど。。。