韓国経済、〔キムチ、辛ラーメン、犬鍋など〕和牛ステーキ…日本の「おもてなし外交」 トランプ大統領が韓国に到着したら私たちは何で彼の心を溶かすのだろうか

韓国経済、〔キムチ、辛ラーメン、犬鍋など〕和牛ステーキ…日本の「おもてなし外交」 トランプ大統領が韓国に到着したら私たちは何で彼の心を溶かすのだろうか

記事要約:韓国メディアが日本のおもてなし外交に対して、トランプ大統領の訪韓したら、私たちはなんで彼の心を溶かすだろうかとか、相変わらず、意味不明な言葉を述べている。いや、トランプ大統領は観光旅行に来ているわけではない。あくまでも仕事で来ているのだから、観光や料理はメインではない。

そもそも、韓国は25年ぶりの国賓として招くのだから、当然、韓国料理でもてなすんだよな?キムチだろ?辛ラーメンだろ?それとも、代表文化である犬鍋か。お酒はトンスルか。良いじゃないか。どれも韓国らしさが伝わってくる。食べることは拒否するが。

でも、トランプ大統領は別に美食家じゃないんだよな。ハンバーガーを普通に食べているところを見ると、そこまで食事にこだわりはない。でも、ケチャップ好きというのはわりと好感が持てる。管理人はオムライスやウインナーに使うぐらいだが。昨日、トランプ大統領がハンバーガー食べてるの知って、管理人もハンバーガーを近くのマクド(家の近所にマクドしかないのが残念)で買ってきた。新作だったが、最近のハンバーガーはどんどん食べにくくなるっている気がするなあ。チーズやベーコンとか挟むのはいいのだが、口の大きさに限界があるのだから、あまり大きくしないでほしい。

>日本の安倍首相がきのうトランプ米大統領に東京都内の鉄板焼き店で和牛ステーキでもてなした。ステーキが好きなトランプ大統領のために公式晩餐とは別に用意した行事だ。油っこく巨大な米国のステーキと違い、口でそっと溶ける和牛ステーキでトランプ大統領の心を溶かそうとする「おもてなし外交」の現場だ。

美味しそうな和牛ステーキでもてなしたと。美味しいものだけ出せば外交が上手くいくなら楽だが、それはトランプ大統領に限ってはない。彼はビジネスマンだからな。忙しいビジネスマンが高級料理ばかり食べている時間はあまりなかったはずだ。

>良い味は舌だけでなく脳にも長く記憶されるという。ともかくトランプ大統領が韓国に到着したら私たちは何で彼の心を溶かすのだろうか。

そこは韓国らしさ全開で行けば良いじゃないか。日本の真似して韓牛ステーキでも振る舞うのか?それも犬肉ステーキか?さすがに毎日、ステーキ食べるのも辛いんじゃないか。色々な選択肢はあるだろう。でも、キムチはかかせない。ビビンバもごちゃ混ぜして出すべきだよな。まあ、何を出すかは楽しみにしているぞ。フランス料理とかありきたりだったら、たぶん、取り上げないからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~247回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔キムチ、辛ラーメン、犬鍋など〕和牛ステーキ…日本の「おもてなし外交」 トランプ大統領が韓国に到着したら私たちは何で彼の心を溶かすのだろうか

日本人が牛肉を食べ始めたのはわずか150年ほど前だ。その前までは仏教の影響で肉食を禁じていた。1860年代に明治時代に入り西洋の食習慣奨励とともに牛肉を許容した。この過程で外国の牛を持ち込み混血繁殖など品種改良を進めてきた。いまでは日本の牛肉を最高級ブランドに引き上げ世界の人たちの味覚を魅了している。

日本の牛肉の代名詞である和牛は日本固有の牛品種を示す言葉だ。韓国の韓牛が黄色い黄牛なのに比べて和牛は黒い黒牛が大部分だ。その中でも神戸地域で生産される神戸牛が最高に挙げられる。1983年に神戸牛流通推進協議会が設立され、科学的な品質管理で商品性を高めたという。

この牛はわらと干し草、豆・麦・小麦かすで作った特別飼料を食べて育つという。米国や欧州の肉牛と違い草は食べない。牧畜農家ごとに牛の食欲をかきたてるために音楽を流すほど心を込めて育てる。こうして時間と手間を多くかけ大量生産が難しいため価格は非常に高い。最上級肉は100グラムで1万円を上回る。

1990年代以降米国とオーストラリアで和牛とアンガス種の交配に成功した後に西洋にも神戸牛が登場した。しかし日本は自国で育った牛だけを認めている。和牛の味の秘訣は天然のマーブリングだ。赤身の間に広がる脂肪が高温で溶け驚くほど柔らかい味を出す。不飽和脂肪酸の比率が高く、オメガ3・6成分が一般の牛肉より多く健康に良い。

代表的な料理法は「焼き肉」だ。小さな網に薄く切った牛肉を1枚ずつ焼いた後、塩につけて焼いたニンニクとともに食べる。牛肉を鍋で煮て生卵と一緒に食べる「すき焼き」、沸かした出汁に浸して煮て食べる「しゃぶしゃぶ」もある。最近は「鉄板焼き」が最も人気だ。

神戸で育った日本の小説家村上春樹は和牛ステーキマニアで有名だ。彼は、「頃合のいい上等な美味い肉をさっと手際良く焼」いたシンプルこのうえないステーキに軽く塩・胡椒で味付けしたものを大事なお客と食べたいと書いている。

日本の安倍首相がきのうトランプ米大統領に東京都内の鉄板焼き店で和牛ステーキでもてなした。ステーキが好きなトランプ大統領のために公式晩餐とは別に用意した行事だ。油っこく巨大な米国のステーキと違い、口でそっと溶ける和牛ステーキでトランプ大統領の心を溶かそうとする「おもてなし外交」の現場だ。

良い味は舌だけでなく脳にも長く記憶されるという。ともかくトランプ大統領が韓国に到着したら私たちは何で彼の心を溶かすのだろうか。

(http://japanese.joins.com/article/106/235106.html?servcode=100)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
岐阜のきつね

京都は「マクド」ですよねー。

ジャック

枝葉末節ここに極まる、といったところですね。
ビジネス界で名を馳せたトランプ大統領の頑なな態度をほぐしたければ、
小手先の美食ではなく、それだけの実利を用意すれば済む話です。
無論、中国・北朝鮮への擦り寄りを経た現状でいくら前言撤回や方針転換を図ろうが、
どの道小手先にならざるを得ないのではありますが。

うわさちゃん

犬肉がある。どこかへ消えたインフル鳥の国民的チキン料理がある。オリンピックで出すことを世界的に宣言すべき。