韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ大統領 「ICBMは絶対に許さない。ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスを守るためなら、何でもする」

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ大統領 「ICBMは絶対に許さない。ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスを守るためなら、何でもする」

記事要約:トランプ大統領が北朝鮮が11月29日の朝、未明に行った弾道ミサイル発射実験、さらにICBMの完成と報道したことで「ICBMは絶対に許さない。ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスを守るためなら、何でもする」と述べている。アメリカが北朝鮮がICBMを完成させたかは疑問だが、技術の向上は想定以上に速いので、最悪の事態は考えておいた方がいい。

>だが、日本政府内では米国による先制攻撃への危惧がじわりと広がりつつある。
「ICBMは絶対に許さない。ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスを守るためなら、何でもする」

管理人は攻撃推奨派なのだが、日本政府が先制攻撃をしてくれとか公にはいえないので危惧なのだろう。でも、実際、北朝鮮を止める手段として圧力をかけて、厳しい経済制裁してもいつまでも挑発をし続けている。つまり、経済制裁で原油を一切、輸入させないぐらいしないと無理だ。でも、中国とロシアが必ず反対するだろう。だから、もう解決するには空爆しかない。しかも、時間も残されていない。

こんな緊張した事態なのに野党は国会で森友学園とうるさいからな。本当、日本の野党は役に立たない。だから、国会での質疑応答の時間を減らされるのだ。くだらない審議ばかりするなら、もっと減らすべきだろう。今、大事なのは明らかに森友学園ではなく、国防だからな。だいたい選挙で自民党の圧勝を見てまだやるとか、空気読めないにもほどがある。しかも、朝日新聞の捏造すら出てきたのに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

「ICBM絶対に許さない」来日時にトランプ氏

「日米双方の安全保障を脅かす核・ミサイル発射は断じて容認できない」
安倍首相は29日朝、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けたトランプ米大統領との電話会談でこう語り、圧力強化に向けて米国と共同歩調を取る考えを改めて示した。

だが、日本政府内では米国による先制攻撃への危惧がじわりと広がりつつある。
「ICBMは絶対に許さない。ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスを守るためなら、何でもする」

今月上旬に来日したトランプ氏は、首相と断続的に北朝鮮情勢について意見交換を行ったが、
その際、自らの考えをこう告げた。北朝鮮のICBMは、核弾頭を大気圏に再突入させる技術は実証されていないが、完成まで秒読み段階だ。

米国が軍事措置に踏み切れば、朝鮮半島が戦場となるだけではなく、日本も北朝鮮の報復対象になる可能性も高い。

(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171129-OYT1T50121.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ss65

ミサイルの映像と写真が出てたんでずーと見てたんだ、工場らしき所だよな、あそこはただの倉庫に見える、理由は天上クレーンの下線が無いんだ、ポリエスタースリングが細いんで、あれ?、とは思ったんだが、、俺は製造工場の設備を見ない限り自国製造とは思わない、輸入組立だと思ってる、。。。

ジャック

ティラーソン国務長官解任を検討、というかなり大きなニュースが流れましたね。

しかも後任に囁かれているのがCIA長官とのことで、
対話重視の方だっただけに、ステージが一つ、いや三つ四つは繰り上がりそうなものですが……。
ググってみると7月頃から辞任説は囁かれていたようで、いやはや、どうなることか。
個人的には好きな強面(?)と言いますか、あのニコリともしない感じが西部劇に出てきそう、というか、
古き良きアメリカの厳格なるオヤジって感じで好きなのでちょっと残念ではありますが。