韓国経済、〔謎の木造船〕漂流の木造船 “10人確認” 未明に無人島から移動 北朝鮮船と判明

韓国経済、〔謎の木造船〕漂流の木造船 “10人確認” 未明に無人島から移動 北朝鮮船と判明

記事要約:大方の予想通り、木造船は北朝鮮船だったようだ。しかも、また漂流している木造船を海上をパトロールしていた警察のヘリが見つけたらしい。しかし、これ日本海を全て監視するとなると厳しいな。絶対、人出が足りない。木造船なのでレーダーに映らないのも狙ってやっていそうなんだよな。

なら、脱北者より工作員ではないのか?どちらにせよ。数日で相次いで不審船が日本海を漂流して日本の領土に流れ着いている。こうなってくると漁業組合も中心に不審な船を見かけたら即連絡したり、海の監視が必要になるな。24時間態勢で全ての沿岸を見守るのは実質、不可能だ。漁村以外や無人島などに上陸されたら、見つけるのは困難。海が荒れたら船は来れないが、それだと漁ができないという。

報道が氷山の一角なのは言うまでもない。毎日、何十人、何百人もの工作員が日本へ流れ着いて闇に消えているとしたら、とんでもないことだからな。

さらに朝の未明には北朝鮮が弾道ミサイルを発射して、12時半にはアメリカ大陸全土に届く新型ミサイルを開発したと報道した。北朝鮮がミサイル発射したことで経済制裁もそこまで効果があったわけではなかったと。次の緊急安保理でどうするのか。

既に時間は余り残されていない。管理人は空爆して制空権を確保した後、速攻、陸上に降りて、要地を抑える短期決戦しかないと考えているが、それだとソウルは火の海になるだろう。日本にも何発かのミサイルが飛んでくる恐れもある。でも、犠牲なくしてこの先の平和を守れないのもまた現実である。米国全土を射程におさめたICBMに核弾頭が積まれたら、世界中のほとんど国が「射程範囲」ということだ。1万キロだからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔謎の木造船〕漂流の木造船 “10人確認” 未明に無人島から移動 北朝鮮船と判明

北海道松前町沖で11月29日朝、複数の人が乗った国籍不明の木造船が漂流しているのを、海上保安庁の巡視船が確認しました。

船員の数は10人、国籍は北朝鮮であることが新たにわかりました。海上保安庁は今後、船の立ち入り検査を行う予定です。

記者:「木造船です。数人の船員が確認できます」

29日午前9時30分ごろ、松前町沖約10キロの海上で、海上保安庁の航空機が国籍不明の木造船を発見しました。

海上保安庁によりますと、28日午後2時すぎ、松前小島の周辺をパトロールしていた警察のヘリコプターが、島に不審な木造船が接岸しているのを発見しました。

島には外国人らしき人物、少なくとも2人が上陸し、さらに、船に5人がいるのが確認されたということです。その後の海保の調べで、木造船の船員は10人であることがわかりました。国籍は北朝鮮と判明しました。

漂着していた不審な木造船は29日未明、松前小島から沖に出て、松前町の沖、約10キロ付近に漂流しているのを海上保安庁の航空機や巡視船が見つけました。

海上保安庁は今後、船を立ち入り検査する方針です。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000006-hokkaibunv-hok)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ボーダー

核の強国と豪語しているので、お粗末なボロ船でテロリストが日本へ上陸したとは思えないが、漁船としても哀れさを誘う。
日本の離島や漁村と言えども、それなりに立派な暮らしをしておられる。

GPSはおろか魚探も無さそうな、コンパス程度が頼りの哀愁漂う北朝鮮の漁師や軍人は何を思うだろうか?
自国の漁場を中共に売り渡した罪深い体制だが、人民に責任は無さそうに思えてならない。

命がけで寒くて遠い日本海に出てゆく彼らと家族を思うと、涙が少し出た。