韓国経済、〔ついに始まった〕日本で「駐韓大使帰国論」浮上

韓国経済、〔ついに始まった〕日本で「駐韓大使帰国論」浮上

記事要約:韓国の文在寅大統領が日韓慰安婦合意を事実上の破棄宣言したことで、日本では駐韓大使帰国論が浮上しているようだ。大使の帰国と言えば、日韓慰安婦合意から1年、釜山領事館前に新たな慰安婦像設置されたことに対して、日本政府が日韓通貨スワップ協定の再交渉中止、日韓ハイレベル協議の中断などと一緒に行った対抗措置だった。

結局、北朝鮮情勢が緊迫したことで4月に戻したわけだが、今回はその時と状況が違う。なぜなら、北朝鮮情勢は4月より、緊迫しており、年内開戦はなさそうだが、1月、2月とか噂されているほどだ。この時期に大使帰国するということは、もう、大使館などいらないてことだ。大使の帰国は国交断絶の一歩手前といわれるほど重いものである。つまり、日本はもう大使など置いておく価値も無い国だと判断したわけだ。

懸念されるのは在韓邦人避難であるが、こちらは別の国との共同でやるという案がある程度まとまっている。つまり、大使がいなくても、もう、そこまで避難に影響はないと判断したかもしれない。でも、管理人はこれでも生ぬるいと思う。もう、韓国への渡航禁止制限を出す時期だろう。そして、テロを警戒して韓国からの旅行者も制限する。日本人がどれだけ怒っているかを相手に理解させるには経済制裁しかない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ついに始まった〕日本で「駐韓大使帰国論」浮上

<慰安婦TF発表>日本で「駐韓大使帰国論」浮上
2017年12月29日13時38分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

長嶺安政駐韓日本大使

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日、韓日政府間の慰安婦合意に対する立場表明文を発表したことに関連し、長嶺安政駐韓日本大使を一時帰国させる案などが浮上していると、読売新聞が29日報じた。

同紙は、安倍晋三首相が28日、首相官邸に秋葉剛男外務審議官と金杉憲治アジア大洋州局長を呼んで対応策を協議したと伝え、このように明らかにした。

現地の報道によると、日本政府は「再交渉に応じることはできない」という立場の下、韓国側の発表内容に対応していく方針だ。外務省のある幹部は「慰安婦(被害者)に送る安倍首相の手紙などを要求するのでは」と警戒感を表した。

韓日議員連盟の日本側幹事長を務める河村建夫自民党議員も「(文大統領の発言は)とても理解できない」とし「白紙に戻すとなると日韓関係がどういう展開になるか、韓国政府も理解の上でやっていることだと思う」と不快感を表した。さらに「韓国政府内で解決しないといけない課題であり、これを日本側に持ち込むというのは筋違い」と主張した。

河野太郎外相も「韓国政府が合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となる」とし「断じて受け入れられない」という立場を維持した。

一部では韓国側が近いうちに関連対応を要求してくる可能性もあるとみていると伝えられた。

読売新聞は強硬対応をすれば韓日関係が冷え込むと懸念し、最近緊迫している北朝鮮問題をめぐり韓日協力の必要性が高まっていると指摘した。

(http://japanese.joins.com/article/020/237020.html?servcode=A00)

6
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
3 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
酔って候

北の問題がある限り、「形式的な友好関係」は続くと思います。逆に文政権は、日米が北の問題で韓国を切り捨てられない今だからこそ、無茶な手段を取っても問題無い、と考えたのかも知れません。

捕手(日本人)

 文大統領が親北派というのもあるのでしょうけど、北朝鮮の問題が片付いてしまうと、「韓国の価値が下がる」、「日米に対する発言力が低下する」と自覚しているからこそ、問題解決に非協力的で足を引っ張ろうとするのでしょう。
同盟国としてのランクを下げられたら「形式的な友好関係」のみで、しょっぱい対応しかしてもらえなくなるという所までは考えが及ばなかったみたいですけどね。
米中双方に良い顔をして利益を得ようとした蝙蝠外交の結果がコレですから、まさに自業自得としか言いようがありませんな。

キジトラ

まことに遺憾に存じます?昔 植木 等さんが歌った歌 未だに韓国に対して言っている 馬鹿なのか 日本政府は? 此の歌を歌った人は早くに亡くなっている
言い加減 韓国相手には 強く出なければいけない という事を学びなさい。

捕手(日本人)

 やっぱり2015年の日韓合意が韓国にとって最後のチャンスだった気がしますなぁ。
中国に擦り寄り、機密情報を漏らす韓国に対して、日米両政府は不信感を募らせつつも、韓国との友好関係は維持した方が良いと考えていたはず。
もし韓国が合意を忠実に守っていればアメリカからの要請(圧力)で、また通貨スワップとか日本が何かしらの経済協力をさせられていたと思われ。
すべては安倍首相の計画通りなのでしょうかね?