韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕文大統領到着時に北京は空っぽ、習主席ら南京大虐殺式典へ

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕文大統領到着時に北京は空っぽ、習主席ら南京大虐殺式典へ

記事要約:いよいよ始まった文在寅大統領の訪中。もちろん、サイトでは大注目なので集中して文在寅大統領の訪中ニュースを紹介していく予定だ。

さて、韓国から中国へと出かけた文在寅大統領。トランプ大統領の訪韓で米軍基地で出迎えるサプライズという大変迷惑なことをして、トランプ大統領を激怒させたわけだが、なんと、習近平国家主席は出迎えもせずに、南京大虐殺式典に出席しているそうだ。さすが外交の天才だな。全く放置されているじゃないか。本当に国賓待遇なのか?

>中国を国賓訪問するため13日に北京首都国際空港に到着した文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、本来出迎えに来るべき韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使の姿はなかった。盧大使は文大統領の到着した時間に南京大虐殺80周年の追悼式典が行われる南京にいたのだ。

文在寅大統領は完全に放置されているわけだが、13日はなんと習主席不在の北京で在中韓国人との懇談会をしたそうだ。あれ?観光?

>中国国営の中国中央テレビ(CCTV)はこの日、文大統領の訪中を定時ニュースで毎回伝えるとともに、韓中関係の発展を望む両国の若者たちのインタビューを報じた。ただし、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に関連し「韓国が『三つのノー(THAADの追加配備をしない、米国のミサイル防衛〈MD〉に参加しない、韓米日軍事同盟はない)』の約束を今後どのように守るのかに将来の韓中関係が懸かっている」という専門家のインタビューも併せて放送した。

つまり、3不+1限を守らない場合は韓中関係はいくらでもストップすると。でも、一度、折れた中国が3不+1限だけで許してくれるわけないんだよなあ。

>中国国営英字紙・環球時報も中国の専門家らの言葉を引用し「韓国は北朝鮮核問題の解決のためにTHAADに望みを託すのではなく、中国との協力を重視すべき」「THAADの韓国配備撤回という中国の立場は変わらない。THAADの配備が完全に撤回されない限り、韓中関係の完全な回復は困難だろう」と報じた。

ほら、やはり、THAADそのものの撤去を求めているじゃないか。これはもう来年にはTHAAD撤去だな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕文大統領到着時に北京は空っぽ、習主席ら南京大虐殺式典へ

中国を国賓訪問するため13日に北京首都国際空港に到着した文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、本来出迎えに来るべき韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使の姿はなかった。盧大使は文大統領の到着した時間に南京大虐殺80周年の追悼式典が行われる南京にいたのだ。

文大統領の訪中初日となった13日、南京では習近平国家主席や中国指導部の要人たちをはじめ、盧大使ら主要国の駐中国大使約30人の出席者を迎え、追悼式典が行われた。習主席の政権2期目に入って初の追悼式典ということもあり、中国メディアも大々的に報じた。文大統領は訪中初日、習主席不在の北京で在中韓国人との懇談会に臨んだ。

中国国営の中国中央テレビ(CCTV)はこの日、文大統領の訪中を定時ニュースで毎回伝えるとともに、韓中関係の発展を望む両国の若者たちのインタビューを報じた。

ただし、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に関連し「韓国が『三つのノー(THAADの追加配備をしない、米国のミサイル防衛〈MD〉に参加しない、韓米日軍事同盟はない)』の約束を今後どのように守るのかに将来の韓中関係が懸かっている」という専門家のインタビューも併せて放送した。

中国国営英字紙・環球時報も中国の専門家らの言葉を引用し「韓国は北朝鮮核問題の解決のためにTHAADに望みを託すのではなく、中国との協力を重視すべき」「THAADの韓国配備撤回という中国の立場は変わらない。THAADの配備が完全に撤回されない限り、韓中関係の完全な回復は困難だろう」と報じた。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/13/2017121303302.html)

合わせて読みたい記事

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
 
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い

支那と朝鮮とは単なる宗主国と属国の関係ではなく「M」と「S」に近い関係と思ふ。(勿論「M」は支那、「S」は朝鮮)
この考えによればいくら論理的に考えても理解できない両国の行動が手に取るようにわかる。
支那からすれば自分の奴隷である朝鮮を亜米利加や日本鬼子が奪う構図。
朝鮮としてはご主人様の意向に逆らわれず泣く泣く鳥の籠状態に。

・・・・一夜の夢でした。

酔って候

> 盧大使は文大統領の到着した時間に南京大虐殺80周年の追悼式典が行われる南京にいたのだ。

これは文大統領の指示でしょう。南京大虐殺に共感する韓国、を演出する為の。

大統領になった時に、さっさと破棄しておけば、このような冷遇はされずにすんだでしょうに。