韓国経済、〔朝鮮半島有事〕米CIAが警告「北のICBM開発阻止、リミットまで3カ月」

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕米CIAが警告「北のICBM開発阻止、リミットまで3カ月」

記事要約:米CIAが北のICBM開発阻止のリミットは3ヶ月だと述べている。2017年12月6日。その3ヶ月ということは2018年3月ということになる。でも、3ヶ月もかかるとは思えないんだよな。

管理人は年内だと思われる。北のICBM開発速度は予想外の速さなので、悠長に3ヶ月とかいってたら、米国が射程に収まり、核弾頭を乗せてミサイルが開発完了とか報道されるだろう。だいたい、ぎりぎりまで待つ理由もない。ただ、ここに来てアメリカがイスラエルの首都を「エルサレム」と認定してしまった。中東諸国から反発必至。いきなりの中東戦争フラグである。

トランプ大統領の公約ではあったが、2面作戦とか大丈夫なのか。なにするかはアメリカの自由だが、いきなり、中東諸国に全体に喧嘩を売るのは北朝鮮有事が終わってからで良かったような。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕米CIAが警告「北のICBM開発阻止、リミットまで3カ月」

米CIAが警告「北のICBM開発阻止、リミットまで3カ月」
米コロンビア大学の教授、英ガーディアン紙に寄稿
「ジョン・ボルトン元国連大使が証言」

米国中央情報局(CIA)が、ドナルド・トランプ大統領に「北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)プログラム開発を中止させるために行動できる時間は3カ月しか残っていない」と報告していたことが分かった。

米コロンビア大学のマーク・セドン客員教授(元国連事務総長スピーチライター)が4日(現地時間)、英ガーディアン紙への寄稿記事で明らかにした。セドン教授によると、先週米国のジョン・ボルトン元国連大使がロンドンを訪れ、英議会下院(庶民院)の議員と対面した。

その席でボルトン元国連大使は「CIA首脳部はドナルド・トランプ大統領に、北朝鮮のICBMプログラム開発を中止させられるリミットまで3カ月しか残っていない」と告げたという。

またセドン教授は「ボルトン元大使の訪問が公式なものなのか非公式なものなのかは分からないが、彼によると、(CIA首脳部は)3カ月たったら北朝鮮はワシントンDCを含む米国の諸都市を核ミサイルで攻撃できる能力を有するようになるだろう、とトランプ大統領に告げた」と記した。

さらにセドン教授は「数日前に韓国の板門店を訪れた米国の軍事関係者も、欧州議会の議員に同様の内容を語った」「3カ月という『デッドライン』は(来年3月になったら)先制攻撃(があること)を意味する」と続けた。

このほか、最近浮上した国務長官の交代説に関して、セドン教授は「強硬派のマイケル・ポンペオCIA長官が国務長官のポストに移ったら、朝米の膠着(こうちゃく)状態は一段と深刻になる」という見方を示した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/06/2017120601293.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
雲のシュウザ

管理人さん、おはようございます。

>なにするかはアメリカの自由だが、いきなり、中東諸国に全体に喧嘩を売るのは北朝鮮有事が終わってからで良かったような。

トランプ大統領は、北朝鮮を支援しているのに
中東諸国が関与していると考えていうるのではと?
何の根拠もありませんが、自分の考えです。
米国に敵対する勢力を一掃するのかと。

うわさちゃん

アメちゃんは北朝鮮とのにらみ合いで韓国と日本から、軍事費・武器輸出で稼いできている。そろそろ別の場所に目をつけたのだろう。イスラエルは経済的に余裕がでてきたので、援助しても見返りがあると考え始めたのだろう。
しかし、ロシアや中国は闇ルートでこの地域に武器を売りまくっている。世界平和は人道主義だけで成り立っているのではない。裏の経済・軍需産業の力が大きい。北朝鮮問題は解決させず、だらだらと継続させるだろう。日本にとっては武器購入の押し付けが少し軽減されるかもしれないので、あまりけちをつけることもないだろう。

ss65

この3か月の根拠がよく分からないんだが?、米軍家族の避難はまだの様な気がするんだが、おそらく・・・年末と年明けで人が動く、クリスマスの辺りから開始の感じと思う、うん、今のy基地北の軍機の訓練が夜明け前と・・・!、いや書かない方がいい、書ける事は避難開始の時間帯だな、恐らくは無人機が夜間上を飛び回り、輸送機が夜明けの少し前に出発だな、それっぽい。。。