日別アーカイブ: 2017年12月4日

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕菅官房長官 「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕菅官房長官 「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」

記事要約:菅官房長官が緊張が高まる朝鮮半島において「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」と述べている。こういう状況で危険だとは言えないわけだ。そんなこといったらパニックだし、北朝鮮に感づかれる。やはり、政府の避難勧告は当てにしない方が良さそうだ。

>菅氏は「平素から朝鮮半島において在留邦人の保護や退避が必要となるさまざまな状況を想定し、必要な準備・検討をしている」と語り、「韓国との間でも在韓邦人の安全確保には緊密に連携している」とも強調した。と述べた。

韓国と何かするという時点で信用できないんだよな。あの韓国が邦人の安全確保に協力するかなんてわからない。反日国家だと言うことを忘れているのか。日本で大きな地震があったとき、祝うような国だぞ。絶対、信用ならない。やはり、自主的に避難する方が良さそうな気もする。政府が何かするときは既に手遅れとかだと困るわけで。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕菅官房長官 「邦人の安全に影響ない」「韓国への渡航や退避の危険情報出す状況ではない」

菅義偉官房長官は4日の記者会見で、米共和党の重鎮議員が米国と北朝鮮の軍事衝突が近づいているとして在韓米軍将兵の家族を退避させるべきだと主張したことに関連し、「現在、ただちに邦人の安全に影響がある状況ではない」と述べた。また、韓国への渡航や退避に関する危険情報を発出する状況にはないとの認識を示した。

菅氏は「平素から朝鮮半島において在留邦人の保護や退避が必要となるさまざまな状況を想定し、必要な準備・検討をしている」と語り、「韓国との間でも在韓邦人の安全確保には緊密に連携している」とも強調した。と述べた。

米共和党の重鎮議員が米国と北朝鮮の軍事衝突が近づいているとして在韓米軍将兵の家族を退避させるべきだと主張したことに関連し、菅氏は「平素から朝鮮半島において在留邦人の保護や退避が必要となるさまざまな状況を想定し、必要な準備・検討をしている」と語った。その上で「韓国との間でも在韓邦人の安全確保には緊密に連携している」と強調した。

(http://www.sankei.com/politics/news/171204/plt1712040030-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕福岡でミサイル対応訓練 反対の市民たちが抗議「戦争の危機を高め、市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ」

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕福岡でミサイル対応訓練 反対の市民たちが抗議「戦争の危機を高め、市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ」

記事要約:何かあったときに備えて訓練するのは大事なことなのに、なぜか、それに反対する市民達が抗議するという。理由は「戦争の危機を高め、市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ」と。意味がわからない。

戦争の危機を高めているのは北朝鮮のミサイル発射や核実験。さらに木造船などだ。ミサイル対応訓練したら、戦争の危機を高めるとか、この市民団体は何考えているんだ?そもそも、憎悪を煽るだけとか言いながら、既に多くの日本人は北朝鮮に憎悪しかないんだが。管理人だって来年は良い年を過ごしたいのに、年末でもミサイルや核の脅威に怯えている毎日だ。それが今の日本の現状だ。

だいたい、福岡は韓国に近いってことを忘れているのか。難民がどっと押し寄せてくるかも知れないのに。他人事なのか。

>福岡市で1日、北朝鮮からの弾道ミサイル飛来を想定した訓練があり、市内全域で携帯電話に速報メールが配信され、ほとんどの列車が停止するなど大がかりに実施された。目立ったトラブルはなかったが、市には苦情や問い合わせなどの電話が数十件寄せられた。高島宗一郎市長は訓練後「ミサイルだけでなく地震にも、どんな行動を取るべきか日ごろから考えておいてほしい」と訴えた。

10年に一度ぐらいは大きな地震が日本列島に起きているからな。ミサイル対応もそうだが、地震にも十分、注意しないといけない。でも、北朝鮮からミサイルが飛んできて着弾するまで5分ぐらい。その5分の訓練なんだろうか。市や鉄道関係者との連携も大事だよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕福岡でミサイル対応訓練 反対の市民たちが抗議「戦争の危機を高め、市民の北朝鮮への憎悪をあおるだけだ」

ミサイル対応訓練
列車一斉に停止 反対の市民団体は抗議 福岡市 /福岡

毎日新聞2017年12月2日 地方版

ミサイル訓練の放送を受け、先生の指示で校舎内で伏せる児童たち=森園道子撮影

福岡市で1日、北朝鮮からの弾道ミサイル飛来を想定した訓練があり、市内全域で携帯電話に速報メールが配信され、ほとんどの列車が停止するなど大がかりに実施された。目立ったトラブルはなかったが、市には苦情や問い合わせなどの電話が数十件寄せられた。高島宗一郎市長は訓練後「ミサイルだけでなく地震にも、どんな行動を取るべきか日ごろから考えておいてほしい」と訴えた。

訓練は市と内閣官房、総務省消防庁との共催で、携帯電話や鉄道各社も参加した。午前10時、発射を知らせ…

(https://mainichi.jp/articles/20171202/ddl/k40/040/467000c)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「平昌五輪の成功のため犬食禁止を」韓国の動物愛護団体の訴えに、ネットは反論

韓国経済、「平昌五輪の成功のため犬食禁止を」韓国の動物愛護団体の訴えに、ネットは反論

記事要約:一体何を持って平昌五輪が成功する、しないの判断基準がよくわからないが、管理人の成功基準は「赤字にならないこと」である。まあ、それが出来たら成功だろう。ええ?それが一番難しいって?いやいや、もうチケットも52%も売れたのだ。残り2ヶ月あれば、残りも裁けるから赤字なんかになるわけないよな。

だから、平昌五輪の成功のために犬食禁止をとか、韓国の動物愛護団体の訴えはナンセンスだ。なぜなら、犬食禁止しても平昌五輪は成功しないからだ。そもそも、欧米人は韓国人が犬肉を食べているから平昌五輪に来ないわけじゃないだろ?北朝鮮有事や平昌五輪の状況など見て検討しているはずだ。

しかも、韓国人が犬肉を食べるなんてそこまで認知もされていない。むしろ、こうした動物愛護団体が広報しているように思えてならない。

>「韓国は世界で唯一、1万を超える犬農場が存在する国であり、毎年約200万頭の犬たちが食用として犠牲になっている」と説明し、「動物虐待の温床である犬農場・犬市場を撤廃し、犬食を法で禁止すべき」と主張した。

広報活動ご苦労様。管理人もだいぶニュースで知るようになってきた。でも、普通に冷凍した犬肉がアイスクリームを入れるケース?に入れてあって、それを普通に取り出して韓国人が買っていくんだろう。それが日常光景ならどれだけ禁止しようが、禁酒法みたいになってしまい、裏で犬肉密輸で値段が高騰するだけじゃないか。だいたいまずければ廃れるものだしな。韓国人の口には合うんだろう。

別に良いではないか。犬や猫の肉を食べたって。それをずっと食文化として韓国人がしてきたのなら、堂々と韓国の食文化として世界中に普及させるべきだ。キムチばっかり宣伝しないで、韓国人は犬を食べています。美味しいですよ。犬鍋をどーんど広報する。それだけで韓国という名前が世界に知れ渡るだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、「平昌五輪の成功のため犬食禁止を」韓国の動物愛護団体の訴えに、ネットは反論

2017年12月2日、韓国の複数の動物保護団体が、平昌(ピョンチャン)冬季五輪成功のため犬の食用禁止を求め声を上げた。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

「全国動物保護活動家連帯」など韓国の3団体は2日、ソウル中心部の仁寺洞(インサドン)にある広場で声明を発表し、「平昌冬季五輪の成功のため、動物虐待と犬食という悪習を撤廃せねばならない」と訴えた。

「韓国は世界で唯一、1万を超える犬農場が存在する国であり、毎年約200万頭の犬たちが食用として犠牲になっている」と説明し、「動物虐待の温床である犬農場・犬市場を撤廃し、犬食を法で禁止すべき」と主張した。

さらに、およそ2カ月後に迫った平昌五輪を成功させるためには「世界の人々から非難を受けている動物虐待と犬食が終息されなければならない」とし、「犬・猫の食肉処理禁止こそが、五輪を10回行うことよりも国益および国家のイメージアップに必要だ」と訴えた。

韓国の犬食文化をめぐってはこれまでにも海外から批判や懸念が上がった例があるが、韓国国内では、犬食を古くからの文化と捉え肯定的にみる意見と、動物愛護の観点などから反対する意見の両論があり、ネット上でもたびたび議論になっている。

今回は「大会成功のためにも」と五輪を前に団体が声を上げた形だが、これを報じた記事にコメントを寄せたネットユーザーたちは

「犬肉と五輪の成功には何の関係もない」
「誰も気にしてないことをなぜわざわざ騒いで話題づくりをするのか」

と、団体の姿勢に反対のようだ。

他にも

「犬肉を食べなかったからって平昌五輪が成功するの?」
「平昌が盛り上がってないのは犬肉のせいじゃないでしょ。それより宿や飲食店、タクシーのぼったくり料金をどうにかしてみたら?」

との声や、「平昌成功のためというなら、成功しなくて結構!」と極端な意見も。

また、

「犬肉だけ禁止するのはなぜ?」
「そんなデモをしなくたって犬肉の消費は減ってるし、保護するなら鶏や豚、牛も対象にすべきでは?」
「動物保護団体じゃなくて犬猫保護団体じゃないか」

など、犬食反対への反論としてよく聞かれる指摘もやはり多数寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/b225690-s0-c50.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

猫バンバンの季節!米国ではトヨタ車からボブキャット見つかる

猫バンバンの季節!米国ではトヨタ車からボブキャット見つかる

記事要約:これは猫好きの管理人のささやかなお願いであるのだが、この寒い時期は猫がいつのまにかエンジンルームやボンネットなど車の中へと入っている可能性があるので、車で出かけるときは「猫バンバン」をしていただきたい。野良猫だろうが、猫が傷つくのを見たくない。

>朝晩の冷え込みが厳しい季節になると、猫は暖かさを求めて駐車中の車に潜り込ことが多い。気づかずに発進した場合、パニックを起こした猫が回転部分に巻き込まれたり、エアダクトに吸い込まれてしまうなどの痛ましい事故を防ごうと、乗車前にボンネットを叩いたり、車体をユサユサ揺らしたりして確認する作業のことだ。

マナーとして推奨されてはいるので知っているとはおもうのだが、何度も呼びかけることは大事だろう。ああ、北朝鮮有事がなければもっと猫ニュースを出したいのになあ。韓国経済そっちのけで猫ニュースはさすがにやらないが、たまにはこういうニュースも取り上げていく。また、どうやら米国でも猫バンバンの普及の目指しているようだ。

>「猫バンバン」は日本自動車連盟(JAF)や日産自動車が推奨するドライバーに向けて呼びかけている乗車前の新しいマナー

猫はどこにでも入るからな。管理人が見た猫ニュースだとバイクの上がお気に入りだった猫がそこに座って爪とぎするので持ち主が困ったという話し。するとバイクの持ち主はなんと座布団を敷いて爪とぎの被害を防ぎ、猫は温かいという心温まる話しだった。普通なら無理矢理、どかすところを座布団までもってきたバイクの主に温かさに全国の猫ファンは癒された。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

猫バンバンの季節!米国ではトヨタ車からボブキャット見つかる

12月に入り、本格的に寒さが厳しくなってきたが、車でのお出かけ前に忘れちゃいけないのが、エンジンルームやボンネットに潜り込んで暖をとる猫の事故を防ぐ「猫バンバン」。ところ変わって米国では、フロントグリル内に怯えたボブキャットが潜んでいた!

「猫バンバン」は日本自動車連盟(JAF)や日産自動車が推奨するドライバーに向けて呼びかけている乗車前の新しいマナー。

朝晩の冷え込みが厳しい季節になると、猫は暖かさを求めて駐車中の車に潜り込ことが多い。気づかずに発進した場合、パニックを起こした猫が回転部分に巻き込まれたり、エアダクトに吸い込まれてしまうなどの痛ましい事故を防ごうと、乗車前にボンネットを叩いたり、車体をユサユサ揺らしたりして確認する作業のことだ。

感謝祭の祝日だった先月23日、米東部バージニア州リッチモンドで大学の駐車場に停めた直後のプリウスに、生きたボブキャットが潜んでいるのが見つかった。

この車の持ち主の女性はその日の朝にグロスターから出発して80キロを運転し、大学構内の駐車場に到着後、愛車のフロントグリル内に野生生物が体を縮めているのを発見。すぐにリッチモンド市の動物レスキュー隊が駆けつけ、ボブキャットを助け出し、バージニア州の野生動物病院に連れて行った。

ボブキャットはひどく興奮していて、背中に大きな切り傷を負っており、高熱を発していた。傷口からは筋肉と靭帯が露出していて、胸が強く圧迫されたせいで肺が潰れて肺挫傷を負う重傷だった。

傷を綺麗に縫合し、懸命の治療を行なった結果、心配していた失明や頭部外傷はなく、いまではかなり元気を取り戻していると言う。ボブキャットを救ったアレクサ獣医は、「感謝祭の奇跡です!順調に回復すれば、1ヵ月後には退院できるでしょう」と話している。

米国でも猫バンバンの普及を!(Richmond Animal Care and Control)

(http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22938.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕在韓米軍家族退避か?

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕在韓米軍家族退避か?

記事要約:米共和党のリンゼーグラハム上院議員が、米国と北朝鮮の軍事衝突が近づいているとの認識を示し、「在韓米軍の家族を韓国国外へ退避させ始める時が来た」と訴えた。どうやら開戦間近なようだ。在韓邦人もそろそろ引き上げるべきなのかもしれない。

>国防総省に、今後は在韓米軍の家族を韓国に送らないようにも促した。グラハム氏は「北朝鮮が、米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の技術と核兵器の結合に向け突き進むなか、軍事衝突に近づいている」と指摘。「(外交的解決の)時間はなくなりつつある」と主張した。

米国が動く準備をしている。さらに、家族を韓国に送らないように促した。時間がなくなりつつある。何度も述べているが、今、韓国に出かけることは避けた方がいい。時間がないというのが、いつかはわからないが、北朝鮮が挑発を続ける以上は米国との軍事衝突は避けられない。

12月開戦、クリスマス辺りだろうか。管理人は12月だと思っているが、とにかく邦人はお正月もあるので帰省ということで日本に戻ってきたら良いと思う。日本政府がギリギリに韓国からの渡航注意報を出すのか。これもあてにならない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕在韓米軍家族退避か?

米共和党のリンゼー・グラハム上院議員は3日のCBSニュースのインタビューで、米国と北朝鮮の軍事衝突が近づいているとの認識を示し、「在韓米軍の家族を
韓国国外へ退避させ始める時が来た」と訴えた。

国防総省に、今後は在韓米軍の家族を韓国に送らないようにも促した。

グラハム氏は「北朝鮮が、米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の技術と
核兵器の結合に向け突き進むなか、軍事衝突に近づいている」と指摘。
「(外交的解決の)時間はなくなりつつある」と主張した。

グラハム氏は軍事委員会に所属し、外交・安全保障政策のタカ派として知られている。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00050045-yom-int)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、日本食レストラン「スシ・サムライ」経営の韓人夫婦、脱税で罰金100万ドル

韓国経済、日本食レストラン「スシ・サムライ」経営の韓人夫婦、脱税で罰金100万ドル

記事要約:海外の日本食レストランを経営しているのはほとんど日本人ではない。むしろ、韓国人の方が多いんじゃないかというほど。しかも、その韓国人が日本の寿司職人に弟子入りしているわけでもない。つまり、寿司紛いの食べ物を外国人に食べさせるのだ。美味しいかどうかは知らないが。

それで、今回の記事はその韓国人夫婦が経営している日本食レストラン「スシ・サムライ」が脱税で罰金100万ドルだそうだ。つまり、1億円か。でも、今回の脱税の仕方が中々酷い。

>検察によると、「スシ・サムライ」という店を経営してきたこの夫婦は、ゼファー(zapper)と呼ばれるコンピュータプログラムを利用して、顧客の支払い記録を削除する手法で売り上げを偽った。2012~2016年の4年間では250万ドルの売上報告を怠った。

顧客の支払い記録を削除していたそうだ。これどうやって判明したんだろうな。材料の仕入れ原価とかを調べてたんだろうか。仕入れ原価と売上が極端に違えばわかるか。でも、4年で250万ドルの売上を削除していたというのは結構、儲かっていたんじゃないか。

>ビル・シュエット司法長官は、「顧客が支払った売上税を横領した疑いで、彼らに強い処罰が下された」とし、「私益のために税法に違反する行為が、厳しい結果としてかえってくることを示す事例になるだろう」と強調した。

アメリカの税率までは知らないが、250万ドルの1割程度ではないのか。25万ドルぐらいの横領になるのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

日食堂運営韓人夫婦脱税で罰金100万ドル
[LA中央日報]

日本食レストランを経営していた韓人夫婦が脱税容疑で摘発されて、およそ100万ドルに達する罰金刑が言い渡された。

連邦司法省は、ミシガン州オーチャードレイク「スシ・サムライ」日本食店オーナーの韓人チャン某(46)さん夫婦に、98万479ドルの罰金刑が下されたと明らかにした。彼らは15日の公判で、追加罰金と実刑を宣告される可能性がある。

検察によると、「スシ・サムライ」という店を経営してきたこの夫婦は、ゼファー(zapper)と呼ばれるコンピュータプログラムを利用して、顧客の支払い記録を削除する手法で売り上げを偽った。2012~2016年の4年間では250万ドルの売上報告を怠った。

今年の4月に起訴された彼らは、10月の人定尋問で64件の重罪容疑について有罪を認めた。

ビル・シュエット司法長官は、「顧客が支払った売上税を横領した疑いで、彼らに強い処罰が下された」とし、「私益のために税法に違反する行為が、厳しい結果としてかえってくることを示す事例になるだろう」と強調した。

イウス記者

(http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5836234)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕薬物違反ロシアの運命は・・・不参加なら大会に大打撃

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕薬物違反ロシアの運命は・・・不参加なら大会に大打撃

記事要約:韓国平昌五輪まで残り2ヶ月。今、管理人の大きな注目は北朝鮮とロシアが参加するかどうか。特にロシアは例の国家ぐるみドーピングで重い制裁が科せられる恐れがある。IOCがどのような判断を下すかは今週中に判明するようだが、仮に不参加ならレベルの低い五輪になることは間違いない。それだけロシアは冬のスポーツにおいて重要な国である。

>一部では今回のIOC理事会でロシアの五輪出場禁止という初の重懲戒が下されるとの見方もある。昨年のリオ夏季五輪の際にはロシアへの懲戒が手ぬるいとの批判が出たため、今回IOCは強硬措置を取るのではないかというわけだ。

もちろん、管理人は不正が発覚したロシアが出場禁止処分が妥当だと思う。どのような理由があるにせよ国家がドーピングに加担していたことは許されるものではない。だから、ロシアの出場禁止でもいいだろう。もちろん、東京五輪でもそのように判断しても仕方がないだろう。まあ、どこまで制裁するかのさじ加減はあるにせよ、やったことに対する重い制裁を科さなければ五輪がドーピングだらけになる。

ただ、IOC組織も腐りきっているからな。ロシアが参加しなければロシアのテレビも放送しないと述べているし、ロシア人はまず平昌五輪には来ない。数億円、または数十億円の収入が消えるわけだ。IOCにとってはそれほど痛くはないが、韓国の平昌五輪の運営にはただでさえ、前評判は過去最悪なのにロシアも不参加となれば手痛い打撃では済まない。まあ、ロシアのせいにはできるが。

>ロシアが不参加となれば、平昌にとっても大きな悪材料だ。すでに北米アイスホッケーリーグ(NHL)の選手らが平昌五輪への不参加を決めている状況で、冬季五輪のほとんどの種目に強いロシアまでもが出場しないとなれば、平昌五輪は低レベルの物足りない五輪という不名誉な見方をされる恐れがある。

管理人はロシアのフィギュアスケートの選手、2年連続で制覇中のエフゲーニャ・メドヴェージェワが参加しないとなれば、フィギュアスケート世界ではノーカンみたいなものだと思ってる。いくら日本勢が頑張ってメダルを取っても、真の女王と競えてない時点で世界の評価は変わらない。そういう意味ではせっかく華が見られなくなるのはとても残念だ。どうなるかは今週中にわかる。ロシアのいない大会でメダルを取っても、選手には心残りがあるだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕薬物違反ロシアの運命は・・・不参加なら大会に大打撃

冬季スポーツの強豪国ロシアは果たして平昌五輪の舞台に立てるのだろうか。

国際オリンピック委員会(IOC)は5日から3日間、スイス・ローザンヌで理事会を開き、 「国家ぐるみのドーピング」疑惑が持たれているロシアに対する懲戒レベルを決定する。

IOC理事会はIOCの重大懸案を話し合う機構で、トーマス・バッハ会長をはじめ16人で構成される。IOC理事会で下される決定は総会での投票にかけられるが、結果が覆る可能性はほとんどないため、ロシアの運命は事実上、今回の理事会で決まる。

一部では今回のIOC理事会でロシアの五輪出場禁止という初の重懲戒が下されるとの見方もある。昨年のリオ夏季五輪の際にはロシアへの懲戒が手ぬるいとの批判が出たため、今回IOCは強硬措置を取るのではないかというわけだ。

リオ五輪の際、IOCはロシアの全面出場禁止を検討したものの、最終的には各競技の国際連盟に全ての判断をゆだねた。結局ロシアはリオ五輪で陸上・重量挙げだけが出場禁止の懲戒処分を受け、それ以外の種目の選手たちは出場した。バッハ会長は自国ドイツのメディアから「プーチンのプードル」と揶揄された。

IOCはこれを意識したのか、ソチ五輪で薬物不正が明らかになったロシア選手のメダル11個を剥奪するなど、最近相次いで懲戒処分を発表し、ロシアに圧力をかけている。しかしロシアの全面的な出場禁止はIOCにとっても大きな痛手だ。

冬季スポーツに占めるロシアの存在の大きさを無視することはできないからだ。

ロシアが不参加となれば、平昌にとっても大きな悪材料だ。すでに北米アイスホッケーリーグ(NHL)の選手らが平昌五輪への不参加を決めている状況で、冬季五輪のほとんどの種目に強いロシアまでもが出場しないとなれば、平昌五輪は低レベルの物足りない五輪という不名誉な見方をされる恐れがある。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/03/2017120301667.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry