日別アーカイブ: 2017年12月15日

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕文大統領が講演 中国を大絶賛「中国は大国、我が国は小国」「中国の夢、全人類と一緒に見る夢になってほしい」

韓国経済、文大統領が講演 中国を大絶賛「中国は大国、我が国は小国」「中国の夢、全人類と一緒に見る夢になってほしい」

記事要約:韓国メディアが必死に中国を批判している中、当の文在寅大統領は属国の大統領という自覚があるようで、まさに朝貢の使者が中国王朝を称えるかのような演説を北京大学でしていたようだ。うん。まさに属国の代表であるな。機械翻訳なので少々読みにくいのだが、だいたい意味は通る。

>特に文大統領は演説のあちこちで、中国を「高峰」「大国」とおだて韓国を「小さな国」と呼ばながら、中国が周辺国をより広く受け入れてくれることを強調して目を引いた。

凄いな。アメリカにはこんなこと言ってないような気がするんだが。中国が韓国をより広く受け入れて欲しいというのはわかった。でも、無理だ。

>文大統領は「韓国人は今でも毎日のように、中国の文化を触れる」と「多くの少年が「三国志演義」を読んで青年たちは魯迅の「狂人日記」と「阿Q正伝」を読む」と強調した。

でも、漢字は捨てたよな?ハングルで翻訳されているようなものを読んで、中国の文化に触れるというのはな。まあ、管理人は三国志演義しか読んだことないが。狂人日記というのは魯迅の本のようだ。

>文大統領は特に、自分が「三国志演義」が好きだと明らかにし劉備が民を率いて真也から江陵に避難行くシーンを最も好み部分的に挙げた。

これから自分でやることを暗示しているのか。もっとも、民ではなくロウソクに追い詰められるのだが。

>文大統領は「敵に追われる緊迫した状況で、一日10里しか前進していないのにも民に義理を守ろうとする劉備の姿は「人が先に」という私の政治哲学通じる部分がある」と説明した。

前科者だらけの政権で人が先にね。義理を守る?日韓慰安婦合意の破棄の公約はどうした。文在寅大統領が北京大学で土下座にも等しい朝貢外交の演説をしただけではないか。最後はありもしない抗日と。うん。正直、全文、読まなくていいかも。しかし、ここまで露骨に褒められたら、興が冷めるんじゃないか。まあ、これだけやっても何の成果もなく帰国なのだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕文大統領が講演 中国を大絶賛「中国は大国、我が国は小国」「中国の夢、全人類と一緒に見る夢になってほしい」

(北京=聯合ニュース)ノヒョドンイ・サンホン記者=ムン・ジェイン大統領が15日、北京大学で、現地の学生を対象とした講演では、中国との感情的な共感を形成しようとする努力があちこちで埋めた。

普段の歴史に興味を持って深い文大統領は韓中との間の友誼を示す歴史の事例を多く引用し、若い世代が頻繁に訪れる中国のビールとつまみまで言及し、中国との距離を縮めるために心血を傾けた。

特に文大統領は演説のあちこちで、中国を「高峰」「大国」とおだて韓国を「小さな国」と呼ばながら、中国が周辺国をより広く受け入れてくれることを強調して目を引いた。

文大統領は演説序盤に韓国と北京台の縁を述べた。

文大統領は「韓国の近代史に足跡を残した人物の中、北京大学出身がある」とし「1910年代北京の史学科で数学たイユンジェ先生は日本に対抗してハングルを見て、私の国を失った暗い時代の光を明らかにした」とと述べた。

韓中関係が数千年にわたる友好親善の歴史上という点を強調して部分では、歴史的な事例が次々続いた。

北京に行ってきた後、「ブクハクウイ」を書いた18世紀の実学剥製をはじめ、同時期オムソン、ユクビ、反静菌など中国の学者らと天涯れる(天涯知己、遠く離れているが、互いに分かってくれる格別の友人)の凧を結んだという学者ホンデヨンも登場した。

文大統領は今年の夏、韓国で行われた、中国の世界的画家値万力の展示を紹介しながら、「値万力の10冊ウォンよう全集を見て、二国間の文化的・感情的な共感の深さを感じた」と述べた。

文大統領は「韓国人は今でも毎日のように、中国の文化を触れる」と「多くの少年が「三国志演義」を読んで青年たちは魯迅の「狂人日記」と「阿Q正伝」を読む」と強調した。

関羽を祀った祠堂であるソウルのドンミョ、「論語」と「孟子」、韓国でよく知られている二百と杜甫・陶淵明の試み欠かさなかった。

文大統領は特に、自分が「三国志演義」が好きだと明らかにし劉備が民を率いて真也から江陵に避難行くシーンを最も好み部分的に挙げた。

文大統領は「敵に追われる緊迫した状況で、一日10里しか前進していないのにも民に義理を守ろうとする劉備の姿は「人が先に」という私の政治哲学通じる部分がある」と説明した。

続いて「中国で韓流が流行が韓国内の「中流(中流)」は、より古く、幅が広い」とし「韓国の青年たちは、中国のゲームを楽しんでヤンコチと青島ビールを好む」と述べた。

両国が一緒に繁栄して開放的であったとき発展したという点を強調している部分では、唐と統一新羅、宋と考慮して、明と朝鮮の例を挙げた。

韓中が共有する抗日の歴史も大挙紹介された。

「尹奉吉の虹口公園義挙で韓国の抗日運動が、中国とより深く手を握るた」とした文大統領は「魯迅公園に名前を変えた虹口公園で尹奉吉を記念するために「買わさ」という小さな公園が組成されたが、全くありがたい」と話した。

壬辰倭乱の時倭軍を退けた李舜臣将軍と明陳リン都督を一緒に敬意ビジネス、陳リン将軍の子孫が韓国に住んでいるという点、中国人民ヘバングンガを作曲した韓国の音楽家鄭律成を記念する「鄭律成で」も言及された。

文大統領は「毛沢東主席が率いた大長征にも一緒にした朝鮮青年金山は「新興武官学校」の出身で、彼は沿岸から抗日軍政大学の教授を務めた中国共産党の同志」と二日前金山の孫であるゴウウォン氏に会ったも伝えた。

ソースは韓国語なので5chより記事掲載

(http://news.nate.com/view/20171215n16553?mid=n1006)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕格式・日程・内容のすべてが納得しがたい韓中首脳会談~名ばかりの「国賓」、過去の朝貢国家のように冷遇

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕格式・日程・内容のすべてが納得しがたい韓中首脳会談~名ばかりの「国賓」、過去の朝貢国家のように冷遇

記事要約:訪中している文在寅大統領が国賓なのに冷遇されていることで、韓国メディアが火病を発症しているわけだが、はっきりいって愚かすぎる。ここで中国にもっと媚びを売らないで、外交の儀礼がどうとか言い出す。

いやいや、管理人は覚えているぞ。安倍総理が朴槿恵前大統領の政権の時に韓国へ行ったときに晩餐会すら用意されずに、その辺の焼き肉屋でカルビを食べさせられたことを。自分たちのやったことを中国にやられて火病とか。では、日本の総理大臣に対する冷遇と今の文在寅大統領の訪中はどう違うのか。同じだろう。韓国に外交儀礼を語る資格などどこにもない。

韓国メディアそうだ。中国を批判して自分たちの立場をさらに悪くしようとするな。会ってもらえるだけでもありがたいという属国らしい対応をすればいいのだ。3不+1限で既に属国としか世界中で見られてないのだから。

それが冷遇とか、愚かなことで火病して本質を見極めれない。自分たちが選んだ赤化だろう?文在寅大統領は運命的なパートナーだと述べていたじゃないか。もう、中国と韓国は運命を共にするのだ。中国夢を実現させるのだ。それにはTHAADを撤去しなければいけない。さらに米韓同盟を破棄さえすれば、第2市民として手厚く奴隷という扱いで韓国の存在を認めてくれるだろう。良かったな。まさに中国夢だ。

韓国メディアがどこまで中国に反抗できるかは知らないが、それもそのうち出来なくなる。中国の悪い報道は一切、禁止されるようになる。それが「赤化」というものだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕格式・日程・内容のすべてが納得しがたい韓中首脳会談~名ばかりの「国賓」、過去の朝貢国家のように冷遇

昨日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席が首脳会談を行った。多者間国際会議の途中に行われた以前の2度の会談とは違い、今回は韓国大統領の「国賓訪問」会談だった。それだけに形式と内容はいずれも両国の大きな関心事だった。

両首脳は韓半島(朝鮮半島)の平和と安定のための4大原則に合意した。
▼韓半島で戦争は絶対無用▼韓半島の非核化原則の堅持▼対話と交渉を通じた北朝鮮の非核化▼韓国と北朝鮮の関係改善だ。両国が北朝鮮の核解決の原則を明らかにしたわけだが、また別の議論の的になるおそれがあるという点で懸念もある。

もしかするとあるかもしれない米国の対北朝鮮軍事オプションや戦術核の韓国配備などに同意できないという意味として解釈される可能性があるためだ。

THAAD問題に対する見解の差も依然として縮められなかった。文大統領は「最近の苦難は相手の立場になって考える機会になった」と話したが、習主席は「今、誰もが知っている理由で中韓関係は後退を経験した」とし、韓国の責任について言及した。

習主席も「THAAD問題は韓国が適切に処理することを願う」と話した。THAADを追加配備せず、米国のミサイル防御体系(MD)に参加せず、韓米日軍事同盟を発展させないといういわゆる「3不」を韓国に対しきちんと守れと露骨に圧迫したのだ。

今回の会談は内容だけでなく格式、日程の選択などでも少なからず遺憾を残した。何より「国賓」として招いておきながら中国の態度は無礼を越え、韓国としては侮辱と感じられるほどだ。

通常、長官級が出てくる空港の出迎えを次官補級が務めたことからしてそうだ。格が下がったことも問題だが、「THAAD担当者」を送ってきたのも常識的ではない。文大統領の北京到着当日、習主席をはじめとする国家の主要指導者が南京虐殺80周年追悼式への出席を理由に北京を留守にしていたのも礼儀を欠いている。

訪中の4日間、文大統領と中国高官の食事は習主席との晩餐、重慶市党書記との昼食だけだ。名前ばかりが国賓訪問なだけで、過去の朝貢国家に対するかのように冷遇するというやり方だ。

このような「中華覇権主義」は両国の関係発展に少しも役に立たないばかりでなく、中国の国際社会でのリーダー国家としての成長においても大きな障害となるだろう。韓国の記者が中国側の警護員に集団暴行され重傷を負うというとんでもない事態まで重なった。一流国家ではあるまじきことだ。

結局、共同声明も記者会見もない会談になってしまった。このように後腐れの多い国賓訪問もないだろう。韓国が自ら招いた側面もないわけではない。年内訪中や習主席の平昌(ピョンチャン)オリンピック招請に執着し、緻密な外交折衝戦を行えなかったという見方もできる。

「覇権主義中国」の本来の姿を冷静に見きわめ、それを基盤にして外交安保戦略を立てなければならない。中国がTHAAD問題に執拗にこだわれば、恐るべき北朝鮮の核が根本の原因なのだという点を繰り返し説得しなければならない。

退くことのできない論理であり、明確な理由だ。北朝鮮の核の危機がいつか解決するとしても中国の覇権的形態は激しさを増す可能性がある。韓国の外交安保が克服しなければならない大きな試練だ。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

ソース:韓国経済新聞/中央日報日本語版<韓経:【社説】格式・日程・内容のすべてが納得しがたい韓中首脳会談>

(http://japanese.joins.com/article/571/236571.html?)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕日本選手団はチャーター機で韓国入りを計画

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕日本選手団はチャーター機で韓国入りを計画

記事要約:素直にJOCが辞退しておけば日本選手に苦労をかけないで済んだのに、馬鹿な上の決定には呆れるしかない。どうやら、平昌五輪での日本選手団はチャーター機で韓国入りを計画しているそうだ。

ため息しか出ないが、上の無能だと下が苦労する典型例だな。ロシアも、アメリカも参加しないかもしれない大会に出場したところで何の意味もないというのに。JOCは日本選手や日本人観光客に何かあればちゃんと責任を取れよな。辞任ぐらいではすまさんからな。国民の大多数が反対しているのに実行しようとしているわけで。朝鮮半島有事を動向を見極めてから参加の可否を決めるでいいのに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国平昌五輪〕日本選手団はチャーター機で韓国入りを計画

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日のスポーツ議員連盟総会で、来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪で日本選手団がチャーター機を利用して韓国入りする計画を明らかにした。日本海に面した襄陽の空港を使用する。

スキーなどが行われる平昌、スケートなどの会場となる江陵は仁川国際空港やソウル郊外の金浦空港から離れている。襄陽は日本の主要空港から定期便はないものの、会場へのアクセスに優れ、移動の負担は減ることになる。

日本スポーツ振興センター(JSC)は、味の素ナショナルトレーニングセンター以外に設置する2020年東京五輪・パラリンピック期間中の調整支援拠点について検討状況を説明した。

(https://www.nikkansports.com/sports/news/201712150000365.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔呼んでないです!〕文大統領の冷遇と記者への暴行、韓国の大統領を呼びつけて行ったこの無礼な態度こそ「中国夢」だ

韓国経済、〔呼んでないです!〕文大統領の冷遇と記者への暴行、韓国の大統領を呼びつけて行ったこの無礼な態度こそ「中国夢」だ

記事要約:申し訳ない。先に謝っておく。また、タイトルの突っ込みで記事を終わらせてしまった。でも、これは突っ込むしかないだろう。文在寅大統領なんて誰も呼んでない。どう考えても忙しい年末に訪中するとか、勝手に決めて相手は仕方なく応じたんじゃないか。

そもそも無礼なのはどっちなんだ。相手の確約も得ずに訪中して韓中首脳会談を行うとか大々的にメディアに書かせて既成事実を作って、中国側が断れないようにしたのは紛れもない事実である。韓国の記者やカメラマンが暴行を受けた理由はいまいち、わからないし、韓国メディアだけの情報に信憑性はない。

>暴行を受けた記者らは血だらけになり、うち1人は目の周囲を骨折し、眼球にも出血の症状が出て倒れ、現在精密検査の結果待ちだ。韓国大統領府は被害者の同意を得て中国政府に捜査を依頼することにした。真相解明と責任者の処罰は必ず行われねばならないが、今回の事件に関してはその程度で終わらせる次元の問題ではない。

しかし、文在寅大統領がいる中でこのような暴行をするとは中国はどういうつもりなんだ。ただの躾として文在寅大統領に立場を理解させようとしたのか。しかも、この後に文在寅大統領は中国とは運命的なパートナーと首脳会談で述べているんだよな。

管理人は首脳会談で抗議するべきレベルだと思うのだが、文在寅大統領はスルーしたと。その時点で怯えた犬ではないか。もちろん、報復するよな?中国産の輸入規制ぐらいしないとこの件は収まらないんじゃないか。

>今回の文大統領の中国訪問をめぐっては中国側の意図的かつ悪意ある態度があちこちで見られる。空港で文大統領を出迎えるのは本来なら閣僚や次官であるべきだが、今回は次官補クラスの人物が出てきた。大統領府が公表した文大統領の日程には10回の食事会が予定されているが、うち中国政府関係者が同席するのはわずか2回だ。

属国をもてなす理由なんてないだろう?韓国など中国にとっては鬱陶しい存在なだけで朝鮮半島さえ手に入れたら韓国人など強制収容でもするんじゃないか。いらないものな。むしろ、忙しいところ2回もあってくださって感謝だろ?

>これでは国として最高の儀典が行われるはずの国賓接待とは到底考えられないし、大統領に随行していた記者に対する今回の暴行もその延長線上にある。韓国に何か「見せしめ」でも示そうとしたのだろうか。

3不+1限を認めた以上はもう韓国の牙を折ったということで、さらに厳しくしていくんだろうな。何しろ折れるとわかったからな。譲歩すればするほど、相手はさらに譲歩を求めてくるのが東亜外交の基本である。日本はこれに何度欺されたか。韓国も中国の属国として生きて、ちゃんとかえるときは空港で、文在寅大統領が土下座して帰ってくればいいだろう。それぐらいやってこそ属国といえる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔呼んでないです!〕文大統領の冷遇と記者への暴行、韓国の大統領を呼びつけて行ったこの無礼な態度こそ「中国夢」だ

国賓として中国を訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席した行事を取材中だった複数の韓国人記者が、中国公安(警察)の指揮下にある警備会社の警備員たちから集団で暴行を受けるというあり得ない事件が昨日発生した。現場では十数人の警備員が記者らを取り囲み、顔を殴る蹴るなど非常に悪質な暴行を行ったという。

暴行を受けた記者らは血だらけになり、うち1人は目の周囲を骨折し、眼球にも出血の症状が出て倒れ、現在精密検査の結果待ちだ。韓国大統領府は被害者の同意を得て中国政府に捜査を依頼することにした。真相解明と責任者の処罰は必ず行われねばならないが、今回の事件に関してはその程度で終わらせる次元の問題ではない。

暴行は北京市内で開催された両国の貿易振興に関する行事の進行中、現場となった会場で文大統領と共に移動していた記者らを警備員らが制止した際に起こった。取材記者と警備員とのもめ事自体はよくあることで決して珍しいことではない。しかし今回のように悪質な集団暴行は世界のどこにも見られないものだ。

暴行を受けた被害者らは取材記者の証明書を携帯していたにもかかわらず、顔面を蹴り上げられるなど非常に激しい暴行を受けた。韓国大統領府の職員らが間に入って止めようとしたが、暴行する警備員らは全く意に介さなかったという。韓国写真記者協会は声明で「大韓民国そのものが暴行を受けた」として強く抗議した。

中国外交部(省に相当)の報道官は数時間後に行われた定例会見で「韓国主催の行事だったが、中国国内で発生したため大きな関心を持っている」とコメントした。この行事は大韓貿易投資振興公社(KOTRA)主催だったが、国家の首脳が出席する場合は警備などの最終責任は会場を提供する側の国にある。

そのため今回の警備もこれを実際に担当していたのは中国側だった。ところが中国外交部報道官が口にした言葉は「謝罪」ではなく「関心」だった。米国や日本の首脳がやって来ればこのような問題が起こることなどまずあり得ないだろうが、たとえ起こったとしても中国政府はこれほど傲慢(ごうまん)な態度は取らなかっただろう。

今回の文大統領の中国訪問をめぐっては中国側の意図的かつ悪意ある態度があちこちで見られる。空港で文大統領を出迎えるのは本来なら閣僚や次官であるべきだが、今回は次官補クラスの人物が出てきた。大統領府が公表した文大統領の日程には10回の食事会が予定されているが、うち中国政府関係者が同席するのはわずか2回だ。

これでは国として最高の儀典が行われるはずの国賓接待とは到底考えられないし、大統領に随行していた記者に対する今回の暴行もその延長線上にある。韓国に何か「見せしめ」でも示そうとしたのだろうか。

中国は文大統領の訪問前から執拗(しつよう)に「THAAD(米国の高高度防衛ミサイル)『3不』合意の履行」を要求してきた。中国共産党の宣伝機関は文大統領へのインタビューをテレビなどで放映した際「3不を履行する約束とその後の対応について説明してほしい」と言葉を変えながら繰り返し質問する無礼な態度を平気で取ってきた。

韓国側がこれを受け入れなかったことが今回の暴行の起こった原因かもしれない。

もちろん韓国政府の責任も大きい。文大統領の訪中実現に全力を投入する余り、韓国の国家主権に傷を付ける「3不」という中国の餌に軽々しく飛び付いた。その後は執拗にこの3不について確認が求められ、「中国からの要求」と、「主権の侵害」という国内からの指摘に、身動きが取れなくなった。外交政策においてこれほど悲惨な状況があり得るだろうか。

文大統領に対する中国の冷遇と記者に対する集団暴行は偶然でもなければ偶発的に起こった事件でもない。中国という国の傲慢で暴力的な本性と韓国政府の屈辱的な態度、無理な首脳会談の推進といった要因が複雑に絡み合って起こった事件だ。

中国の習近平・国家主席は2カ月前に行われた中国共産党大会で2期目をスタートさせたが、その際「中華民族の偉大なる復興の時代を切り開く」とした上でこれを「中国夢」と呼んだ。今回中国が韓国の大統領を呼びつけて行ったこの無礼な態度こそ、この「中国夢」の本質に他ならない。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/15/2017121500897.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕韓国大統領夫妻が北京のファストフード店で朝ごはん、流行の「あれ」にもチャレンジ―中国メディア

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕韓国大統領夫妻が北京のファストフード店で朝ごはん、流行の「あれ」にもチャレンジ―中国メディア

記事要約:文在寅大統領の訪中していて、昨日、中韓首脳会談が行われたわけだが、韓国側の話しか書いてないので、はっきりいってタイトルで掲載するレベルではない。管理人の言及で十分だ。いつもの蝙蝠外交だからな。

>中国を国賓訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日午後、北京の人民大会堂で習近平国家主席と首脳会談を行い、「両国は共同繁栄の道を共に歩き、朝鮮半島や北東アジア、世界の平和と繁栄のために協力していくべき運命的なパートナーだと信じている」と述べた。

文在寅大統領は「両国は共同繁栄の道を共に歩き、朝鮮半島や北東アジア、世界の平和と繁栄のために協力していくべき運命的なパートナーだと信じている」と述べている。でも、中国の習近平国家主席が何をしたのか。何を述べたのかは何も書いてないのだ。

運命的なパートナーなら中国の嫌がることするな。今すぐTHAAD撤去を署名で確約しろとか、習近平国家主席は述べたんじゃないか。管理人なら絶対そういう。まさか、首脳会談でさらに蝙蝠するだけとか。そりゃ、朝食は一般食堂でパンと豆乳だけにはなるわな。

でも、まさか。管理人は首脳会談の内容より、朝食の方が興味深く取り上げることになるとは思いもしなかった。まさにサプライズだ。もう少し、中身のある首脳会談を期待したんだが。決して管理人がお腹が空いているからではない。

ただの蝙蝠外交、日本を批判することしか出来ない告げ口外交という情けないレベルである。これが外交の天才らしい。何一つ成果もないのに外交の天才だからなあ。

>記事によると、大統領夫妻が訪れたのは北京の宿泊先近くにある店で、地元市民らに交じって油条(中国風揚げパン)、小籠包(ショーロンポー)、豆乳といった中国の伝統的な朝ごはんを味わった。

伝統的な朝ご飯ね。国賓だよな?なんで普通はVIPならルームサービスではないのか?とりあえず、2日目の朝食も気になるぞ。てか、なんでレコードチャイナは中国側の情報を書いてないんだ。絶対、他にも色々知ってそうだよな。

>韓国大統領府は「中国の日常の朝を体験し、店内にいる北京市民と世間話をすることで中国の人々との距離を縮めた」と説明。韓国・中央日報によると、夫妻は中国社会に急速に浸透するモバイル決済を試してみたかったそうだが、中国の銀行口座を持っていなかったためやむなく同行した大使館職員のスマホを借りて支払いを終えたという。

なんだろうな。両親とスーパーに買い物へ行くと、最近、セルフレジが増えてきて、やたらとお金を入れたがるの似ているな。お金を入れてお釣りが出てくるだけでそんなに面白いとは思えないのだが、文在寅大統領も新しいことが好きなんじゃないのか。でも、やりたいなら中国の銀行口座ぐらい事前に用意しておけと。ああ、作らせてもらえないかもしれんな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔文在寅大統領の訪中〕韓国大統領夫妻が北京のファストフード店で朝ごはん、流行の「あれ」にもチャレンジ―中国メディア

2017年12月14日、前日に初の中国訪問をスタートさせた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの日朝、夫人とともに中華系ファストフードチェーン「永和豆漿」の店舗に姿を見せた。観察者網が伝えた。

記事によると、大統領夫妻が訪れたのは北京の宿泊先近くにある店で、地元市民らに交じって油条(中国風揚げパン)、小籠包(ショーロンポー)、豆乳といった中国の伝統的な朝ごはんを味わった。

韓国大統領府は「中国の日常の朝を体験し、店内にいる北京市民と世間話をすることで中国の人々との距離を縮めた」と説明。韓国・中央日報によると、夫妻は中国社会に急速に浸透するモバイル決済を試してみたかったそうだが、中国の銀行口座を持っていなかったためやむなく同行した大使館職員のスマホを借りて支払いを終えたという。

(https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171214/Recordchina_20171214063.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔ウィーン条約違反〕<徴用工像> 来年3月、日本大使館前に設置へ…韓国市民団体

韓国経済、〔ウィーン条約違反〕<徴用工像> 来年3月、日本大使館前に設置へ…韓国市民団体

記事要約:韓国の市民団体がまた徴用工像を来年3月にソウルの日本大使館前に設置しようとしているようだ。ウィーン条約違反だと何度も述べてもわからない愚かな行為である。日本政府もそろそろ大使館や領事館を引き上げたほうがいいのではないか。ついでに韓国とも断交すればいい。

毎回、くだらない像を建てて、日本人を怒らせていることに全然気付いてないからな。しかも、これも日韓基本条約で解決済みという。

>「痛恨の壁」と題されたこの像は、ソウルの日本大使館のほか、南部プサン(釜山)にある日本総領事館の前に設置されている少女像を作った韓国人が制作にあたっており、高さが4メートルで、4人の徴用工が嘆く姿を表現しているということです。

これを見ればわかる通り、新しいビジネスである。こいつらどれだけ儲けようとしているのか。そもそも、NHKはなんで少女像とか述べているのだ。慰安婦像だろう。日本政府が正式に述べているのにNHKは慰安婦像となぜ、言わないのか。

だいたい、朝鮮半島有事が迫っているのに良くそんなプロパガンダを毎回、やっているよな。韓国人は当事者なのに状況を理解してないようだが、そんなに米国は待ってくれないと思うぞ。しかも、もうすぐ日韓慰安婦合意から2年だと述べているのにな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ウィーン条約違反〕<徴用工像> 来年3月、日本大使館前に設置へ…韓国市民団体

太平洋戦争中に日本の炭鉱や工場などで過酷な労働を強いられたとする韓国の徴用工の問題をめぐって、ソウルで14日、シンポジウムが開かれ、主催した市民団体は、来年3月、日本大使館の前にこの問題を象徴する像を新たに設置すると発表しました。
韓国では、太平洋戦争中に徴用工として日本の炭鉱や工場などで過酷な労働を強いられたとする元労働者やその遺族が、日本企業に対して損害賠償を求める訴えを相次いで起こしています。

その関係者らでつくる市民団体が、14日、ソウルでシンポジウムを開き、与党の国会議員や大学教授も出席しました。

この中で、市民団体は来年、日本の植民地支配からの独立を目指す運動が始まった日にあたる3月1日に、ソウルの日本大使館の前にある、慰安婦問題を象徴する少女像の隣に、徴用工の問題を象徴する像を新たに設置すると発表しました。

「痛恨の壁」と題されたこの像は、ソウルの日本大使館のほか、南部プサン(釜山)にある日本総領事館の前に設置されている少女像を作った韓国人が制作にあたっており、高さが4メートルで、4人の徴用工が嘆く姿を表現しているということです。

市民団体は当初、この像をことし8月に設置するとしていましたが、制作作業が予定よりも遅れたと説明しています。徴用工の問題について、日本政府は1965年の日韓請求権・経済協力協定によって、「完全かつ最終的に解決済みだ」としており、この問題を象徴する像が設置されれば、日韓間の新たな火種となりそうです。

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011259071000.html?utm_int=news_contents_news-main_007)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry