日別アーカイブ: 2017年12月22日

韓国経済、〔何も学ばない〕開かずの自動ドアに通れない非常階段、大規模火災は「人災」=韓国ネット「逃げられない状態だったとは」「セウォル号と同じ」

韓国経済、〔何も学ばない〕開かずの自動ドアに通れない非常階段、大規模火災は「人災」=韓国ネット「逃げられない状態だったとは」「セウォル号と同じ」

記事要約:韓国ではいつもいつも何かの災害が起これば大勢の人が死ぬ。以前にも船の事故があったが現場に駆けつけるための高速艇は故障していた。今回のビル火災もそうだ。消防車は違法駐車で通れない。梯子はなぜか壊れているという。さらに開かずの自動ドアに通れない非常階段と。

嘘だろうと思うかも知れない。でも、歴史は繰り返されるのだ。なぜなら、彼らは事故からなにも学ばないのだ。何1つだ。事故が起きてすぐぐらいに記憶があるんだが、数ヶ月、半年経てばもう忘れている。彼らは災害に遭遇しようが、いつも同じ結果を味わう。

3年前のセウォル号の悲劇はまた繰り返された。そして、遺族は体育館でカラオケパーティーでもするんだろう。結局、亡くなった韓国人だけが報われないという。これがヘル朝鮮といわず、何をヘル朝鮮というのだ。他国のことだが腹が立って仕方がない。スプリンクラーでも作動していたら29人も死ななかったのだろうに。

いや、何かの防災設備が1つでもまともだったら…。なんで、韓国は全ての防災設備がまともに稼働しないんだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔何も学ばない〕開かずの自動ドアに通れない非常階段、大規模火災は「人災」=韓国ネット「逃げられない状態だったとは」「セウォル号と同じ」

2017年12月21日、韓国中部、堤川(チェチョン)市の8階建てスポーツセンターのビルで発生し少なくとも29人の死者を出した火災について、韓国・聯合ニュースが「人災」だったと22日付で報じた。

記事によると、20人が亡くなった2階サウナの出入り口自動ドアが普段から正常作動していなかったとの証言が相次いでおり、このドアの不良が被害を大きくした可能性が指摘されているという。

11月10日にこのサウナ施設を利用したAさんは、「女性用サウナ入り口の自動ドアのボタンを押してもドアが開かず、1階の受付から職員が上がってきて開けてくれた」と当時の状況を説明した。

Aさんはその時の模様を動画に残しており、動画では「自動/押してください」と書かれたボタンを押してもドアが開かない状態であったことが確認できる。

また、この施設に長く勤務した経験のあるBさんも「普段、ボタン式の自動ドアは、爪くらいの大きさの赤い印の部分を押さないと開かなかった」と話し、Aさんの証言を裏付けた。

よくこの施設を利用していたCさんは「非常階段に通じる通路にスチール棚を設置して風呂用の籠を積んでおくなど、(通路が)倉庫として使われていた」とし、「非常口がその役割を果たせず、客が避難できなかったのだろう」と指摘した。

22日には、火災時にビルのスプリンクラーが一切作動しなかった事実も明らかになった。ニューシスなどの報道によると、ビル1階のスポーツセンターロビーに設置されたスプリンクラーのアラーム弁が閉じられた状態であったことが、消防庁の資料から判明した。

スプリンクラーは通常、火災発生時にアラーム弁の圧力が下がることで配管が開かれ、作動する。今回はアラーム弁が閉じられていたため、すべての階のスプリンクラーが作動しなかったという。

また消防庁の資料で、昨年10月の調査で同ビルのスプリンクラーの正常稼働が確認されて以降、一度も消防設備の調査が行われていなかったことも分かった。

(全文は配信先で読んでください)

(https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171222/Recordchina_20171222059.html)

12月23日、午前10時~「気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)」の打ち上げがあります!

12月23日、午前10時~「気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)」の打ち上げがあります!

読者様が心配で知らせてくれたのだが、明日、「気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)」の打ち上げがある。詳しい打ち上げの時間は10時ぐらいということで、管理人も気にはしたいところであるが、仕事中である。

最悪、打ち上げ成功後のニュースや打ち上げ動画を昼食事に見つけてくることになるかもしれない。こっそりニコニコ動画にはアクセスはしておこうとはおもう。打ち上げをじっくり見たいが午前の平日、しかも、10時は厳しい。

韓国経済、文大統領「トランプ大統領から安全な五輪開催に最善を尽くして協力すると約束された。米国が平昌五輪の安全に責任を持つと確約した」

韓国経済、文大統領「トランプ大統領から安全な五輪開催に最善を尽くして協力すると約束された。米国が平昌五輪の安全に責任を持つと確約した」

記事要約:文在寅大統領が「トランプ大統領から安全な五輪開催に最善を尽くして協力すると約束された。米国が平昌五輪の安全に責任を持つと確約した」と述べている。いや、安全に責任を持つのは韓国ではないのか?米国になんで聞いているんだ?後でそんなこと言ってないとかいわれそうではあるな。

>ただ、過去の例に照らすと北朝鮮が五輪への参加意志を表明するのは大会直前になるだろうとし、「韓国も忍耐強く待つ」と述べた。北朝鮮が平昌五輪を妨害するかどうかについては、「その可能性があるとは思わない」と述べた。

文在寅大統領は大韓航空機機爆破事件を忘れたのか。それとも首謀者と繋がっていたのか。明らかにソウル五輪の妨害でのテロ工作なんだが。北朝鮮が平昌五輪を妨害する可能性はある。

>平昌五輪の安全な開催に向けどのような措置を取っているかと問われると、「まず、国連で過去最も多くの国が共同提案した五輪期間中の停戦を求める決議が採択され、韓国と米国は安全な五輪を目指し緊密に協力することにした」と説明した。

北朝鮮やテロリストが五輪だから停戦するとか、そんな考えがあるとは思えないが。

>また「トランプ大統領は(五輪に)本人が出席できない場合は高官代表団を送ることを決めている。中国も習近平国家主席の出席を真剣に検討することにしており、本人が来られない場合はやはり高官代表団を送ると約束した」と強調した。30カ国ほどの首脳または首脳クラスが平昌五輪への出席を約束しているとし、「こうした国際的な状況が平昌五輪の安全な開催を保証していると信じる」と述べた。

30カ国てどこなんだろうな。是非とも、知りたいな。トランプ大統領や習近平国家主席が行くとは思えないが。まあ、他国の首脳や首脳クラスが参加しようが、しまいがどうでもいい。管理人は安倍総理が行かなければそれでいい。

安全性に問題がないというのはどう見ても口だけなんだよな。敵国の隣で各国の首脳や首脳クラスを集める危険性というのを本当に理解しているのか。人質にされたら世界中が大パニックになるんだぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、文大統領「トランプ大統領から安全な五輪開催に最善を尽くして協力すると約束された。米国が平昌五輪の安全に責任を持つと確約した」

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米NBCテレビが22日に報じたインタビュー映像で、2018年2月からの平昌冬季五輪・パラリンピックについて「トランプ米大統領から安全な開催に最善を尽くして協力すると約束された。さらには米国が平昌五輪の安全に責任を持つという確約も受けた」と述べた。

五輪放送権を持つNBCは19日に韓国で文大統領へのインタビューを行い、その一部を20日までに報道。22日、未公開分を含めたインタビュー内容全体を公開した。

文大統領は、平昌五輪参加を巡り北朝鮮との対話や協議があったかとの問いに、国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)が参加に向け対話や説得の努力をしていると述べ、「IOCとIPCは北が五輪に参加する可能性があると信じている」と説明した。

ただ、過去の例に照らすと北朝鮮が五輪への参加意志を表明するのは大会直前になるだろうとし、「韓国も忍耐強く待つ」と述べた。北朝鮮が平昌五輪を妨害するかどうかについては、「その可能性があるとは思わない」と述べた。

平昌五輪の安全な開催に向けどのような措置を取っているかと問われると、「まず、国連で過去最も多くの国が共同提案した五輪期間中の停戦を求める決議が採択され、韓国と米国は安全な五輪を目指し緊密に協力することにした」と説明した。

また「トランプ大統領は(五輪に)本人が出席できない場合は高官代表団を送ることを決めている。中国も習近平国家主席の出席を真剣に検討することにしており、本人が来られない場合はやはり高官代表団を送ると約束した」と強調した。30カ国ほどの首脳または首脳クラスが平昌五輪への出席を約束しているとし、「こうした国際的な状況が平昌五輪の安全な開催を保証していると信じる」と述べた。

NBCの聞き手が「それでも五輪の安全を懸念する声が消えていない」と指摘すると、文大統領は、韓国はテロの危険性が少ないとした上で「唯一の不安が南北関係によるものだが、南北関係の不安への対策は十分設けられている」と答えた。その上で「韓国の大統領として、五輪の安全性については少しも心配する必要がないと自信を持って言える」と言葉に力を込めた。

平昌五輪を通じて世界に伝えたいメッセージを問われると、「唯一の分断国で、軍事境界線からそう遠くない場所で五輪が開かれる。平昌五輪を通じ朝鮮半島の平和に対する韓国国民の強い熱望を世界の人々に伝えたい」と述べた。

www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/22/2017122201538.html

韓国経済、【在日韓国人犯罪】タクシー会社「東京エムケイ」の韓国籍社長、乗車拒否したタクシー運転手の顔に靴を投げつけ逮捕…社長辞任

韓国経済、【在日韓国人犯罪】タクシー会社「東京エムケイ」の韓国籍社長、乗車拒否したタクシー運転手の顔に靴を投げつけ逮捕…社長辞任

記事要約:管理人はタクシーはあまり使わないのでなんとも言えないが、東京エムケイの韓国籍社長が、乗車拒否したタクシー運転手の顔に靴を投げつけて逮捕された。

それで社長は辞任ということだが、なんで、タクシー会社の社長がタクシー運転手に乗車拒否されたのかが気になる。でも、当時、酔っていたそうだから、酔っ払いを相手にしたくなかったということか。

しかし、韓国人はいつもこんなんだな。これも火病だろうか。だいたい自分がタクシー会社の社長なら、タクシー運転手に乗車拒否されても、そこまで腹立つことではないんじゃないか。社員にされたかどうかは知らないが。だいたい、タクシー運転手は酔っ払いの乗車拒否は可能なのだ。社長ならタクシー業務規則ぐらい頭に入っているんじゃないのか。せっかく、運送引き受け義務を出しておく。

本来、バスやタクシーなどの運送業務をしている人間は乗車拒否をしてはいけない義務がある。ところが、それはあくまでも正当な理由がない場合である。以下の時は乗車拒否ができる。だから、災害時や緊急時にタクシーを使うときは気をつけていただきたい。

(1)天災などのやむを得ない事情で運送できないとき。

(2)申込まれた運送が認可を受けた運送約款によらないものであるとき。

(3)定員超過、客の携帯する物を車内に収容できない場合、積雪時にチェーンの準備がないなど、乗車に適した設備がないとき。

(4)有料道路の支払いを強制されるなど、特別の負担を求められたとき。

(5)善良の風俗に反する者、危険物を持ち込む者、他の客の迷惑となる恐れのある泥酔者や不潔なものに該当するとき。

(6)その他、国土交通省令で定める正当な理由がある場合。

(https://kotobank.jp/word/%E9%81%8B%E9%80%81%E5%BC%95%E5%8F%97%E7%BE%A9%E5%8B%99-1611301)

今回の場合は5に当たる。用は酔っ払いは乗車拒否できるのだ。だから、タクシー会社の社長がそれを知らないわけがない。つまり、二重の意味で辞任ということだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

 韓国経済、【在日韓国人犯罪】タクシー会社「東京エムケイ」の韓国籍社長、乗車拒否したタクシー運転手の顔に靴を投げつけ逮捕…社長辞任

タクシーの乗車を拒否されたことに腹を立て運転手を暴行したとして、警視庁愛宕署は21日、傷害の疑いで、タクシー会社「東京エムケイ」の社長で韓国籍のユ・チャンワン容疑者(54)=東京都港区=を現行犯逮捕した。

東京エムケイは「関係者に多大なご迷惑をお掛けしたことをおわびする」とコメントを出した。ユ容疑者は社長を辞任する意向を示しており、近く手続きをするという。

逮捕容疑は21日午前0時ごろ、東京都港区新橋2丁目のJR新橋駅近くの路上で、乗車を拒否した個人タクシー運転手の50代男性の胸をつかんだり、脱げた男性の靴を顔に投げつけたりして、顔面打撲などの軽傷を負わせた疑い。

愛宕署によると、ユ容疑者は当時酒に酔っており「覚えていない」と供述。 男性が取り押さえ、パトロール中の愛宕署員に引き渡した。

産経ニュース 2017.12.21 20:33

(http://www.sankei.com/affairs/news/171221/afr1712210053-n1.html)

韓国経済、〔ある意味で清々しい〕韓国団体旅行を禁止した中国山東省 「理由はない」

韓国経済、〔ある意味で清々しい〕韓国団体旅行を禁止した中国山東省 「理由はない」

記事要約:別に本当の理由を言う必要はないが、せめて、もっともらしい理由を考えたらどうなんだ。例の中国山東省が韓国団体旅行を禁止したのは「理由はない」そうだ。管理人はこの記事を見てお茶を吹きかけた。これはもうある意味で清々しさを感じるいやあ、この一文だけでご飯1杯は食べられる。

来年1月1日からの韓国団体観光全面禁止を各旅行会社に通知したが特に理由はない。

属国相手に理由すら考える必要はないということだ。口蹄疫や鳥インフルエンザなど理由を捏造することはいくらでも出来るが、それをしないということは。この先、何されても「特に理由はない」でいいということだ。これは是非とも、日本も見習うべきだな。つまり、理由は自分らで察しろである。

>特定国に対する報復性禁止は国際規範に反し、公開的にはこうした措置を取ることができないからだ。中国外務省の華春瑩報道官が20日の定例記者会見で「(観光禁止に関して)知らない」と答えたのもこうした理由のためだ。

やはり、中国はさすがだな。表向きには経済報復措置そのものを認めていないものな。なら、知らないで十分だな。何しろ、韓国はWTOになぜか提訴しなかったもんな。ほら、中国に経済報復措置を受けてるとWTOに提訴しないのか?したらどうなるかは知らないが。

>中国側の今回の禁止措置の理由はミステリーに近い。韓中首脳会談前後の両国関係改善の雰囲気とは反対の流れであるからだ。

3不+1限を守れといっているのに、韓国が守らないからだろう。ミステリーでもなんでもない。しかも、韓中首脳会談では3不を正式に文章化していない。こんなんで許されるとでも。甘い。ケーキのように考えが甘い。

>山東省旅游局の職員は旅行会社側が韓国観光を再中断する理由を尋ねると「理由はない」と答えたと、ある消息筋は伝えた。

何を言っているのかわからない。誰かポルナレフを呼んできて。もっとも、韓国メディアが原因ではないのか。例の韓国人記者が中国の警備員に暴行された事件で大いに中国を批判したからな。

>青瓦台関係者は「中国当局が団体観光を中断したというのは事実でない」とし「中国外務省報道官も事実関係を確認したはず」と話した。続いて「ただ、これまでふさがっていた観光が韓中首脳会談をきっかけに一気に再開され、中国人観光が過熱している状況という」とし「このため中国政府の立場では一部の『速度調節』はあり得るだろうとみている」と語った。

この韓国政府の殊勝な態度。韓国メディアは騒ぎすぎなんだよ。韓国政府が速度調節と謎理論を出しているのだから、それで納得しておけばいい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ある意味で清々しい〕韓国団体旅行を禁止した中国山東省 「理由はない」

中国山東省が来年1月1日からの韓国団体観光全面禁止を各旅行会社に通知したことが確認された。

複数の旅行業界消息筋によると、山東省は20日午後、青島・煙台など地域別に管内旅行会社を集めて会議を開き、「来年1月1日から韓国行きの旅行を全面禁止する」と通知した。21日午前には威海で会議が開かれ、一部の地域ではこうした方針が口頭で通知された。今回の禁止措置は期限を指定せず、別の通知があるまで続く見通しだ。

北京旅游局はすでに19日から旅行会社の団体観光承認申請を一切受け付けず、申請済みの一部の旅行会社も22日の出発分から承認を拒否された。旅行業界の関係者は「北京でも近く旅行会社を呼び集めて韓国行き旅行禁止を通知すると予想される」と話した。

韓中首脳会談をきっかけに中国人観光客の韓国旅行が正常化すると期待していた韓国国内の観光・旅行業界はまた危機に直面することになった。すでに契約した団体観光も次々とキャンセルが通知されているからだ。

中国政府は公開的には報復性禁止措置を取ったことはないという立場で一貫している。観光縮小(2016年11月)-全面禁止(今年3月)-部分解除(11月)-再禁止(12月)の全過程も対外的に公表されず非公式的に進められた。

特定国に対する報復性禁止は国際規範に反し、公開的にはこうした措置を取ることができないからだ。中国外務省の華春瑩報道官が20日の定例記者会見で「(観光禁止に関して)知らない」と答えたのもこうした理由のためだ。

中国側の今回の禁止措置の理由はミステリーに近い。韓中首脳会談前後の両国関係改善の雰囲気とは反対の流れであるからだ。

首脳会談後、韓中関係に悪影響を及ぼすほどの事件があったわけでもない。したがってTHAAD関連の「適切な処理」や「実質的措置」に圧力を加えようとする政治的な意図が込められているのか、それとも韓国とは関係のない行政的レベルの措置なのか不明だ。

山東省旅游局の職員は旅行会社側が韓国観光を再中断する理由を尋ねると「理由はない」と答えたと、ある消息筋は伝えた。

こうした状況にもかかわらず、韓国政府は全く違う発言をしている。外交部当局者は21日、「中国外交当局は関連報道について事実でないという立場を表明していて、関連動向についてより綿密に把握・分析していく」と述べた。さらに青瓦台(チョンワデ、大統領府)は各旅行会社に通知された中国側の団体観光中断措置も否認している。

青瓦台関係者は「中国当局が団体観光を中断したというのは事実でない」とし「中国外務省報道官も事実関係を確認したはず」と話した。続いて「ただ、これまでふさがっていた観光が韓中首脳会談をきっかけに一気に再開され、中国人観光が過熱している状況という」とし「このため中国政府の立場では一部の『速度調節』はあり得るだろうとみている」と語った。

(http://japanese.joins.com/article/821/236821.html?servcode=A00)

2017年韓国経済トップ10 第8位「韓国経済、「魔の壁」に阻まれ先進国の仲間入りにまた失敗」

2017年韓国経済トップ10 第8位「韓国経済、「魔の壁」に阻まれ先進国の仲間入りにまた失敗」

今日は2017年12月22日。もうすぐクリスマスである。今年のカウントダウンということで、2017年韓国経済トップ10を紹介しているわけだが、今回の記事は2017年3月31日。PV数9566となっている。

韓国経済、「魔の壁」に阻まれ先進国の仲間入りにまた失敗

この記事は経済分析が中心なのだが、今思えば、韓国経済の今年の成長予測が2.5%前後というのを大いに外した結果である。まさか、ここまでDRAM需要や原油高で成長率3%越えるとは2017年3月の時点では予想していなかったと。そういう意味では過去の記事を振り返るのも悪くない。自分の予想は何を外したか。負債と赤化は順調に推移しているのだが。やはり、サムスン電子の急成長が今年、一番の予想外といったところか。

韓国経済、【日韓外相会談】安倍首相の平昌出席「難しい」 日本側が「駆け引き」

韓国経済、【日韓外相会談】安倍首相の平昌出席「難しい」 日本側が「駆け引き」

記事要約:先日の日韓外相会談で、平昌五輪の安倍総理の出席が難しいと河野太郎外務大臣が応えたようだ。というより、日本人全員が反対するので行くわけもないんだよな。関係がどうとかではない。あんな寒いところに日本の首相を行かせるわけには行かない。しかも、北朝鮮の近く。何かあったら困るからな。もちろん、日本人も平昌五輪に行くことはオススメしない。

北朝鮮の工作員は海を隔てた日本にも木造船でやってくるぐらいだ。韓国にはもっと潜んでいるというか、韓国の半分は乗っ取られている状態だ。統一教会、挺身隊、労働組合などの組織はほとんど北関係。その数は200以上という。下手すれば100万人では済まないかもしれない。そもそも北も南も同じ朝鮮人。信用には値しない。

>日韓合意では、両国は慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった。だが、文政権は外相直属の有識者らのチームで合意の経緯などを検証する作業を開始。この日の会談でも、合意の着実な履行を求める河野氏に対して康氏は明確に回答せず、検証結果を27日に公表すると伝えた。

履行しないなら日本は経済制裁をするだけである。大使召還が北朝鮮有事の関係でできなくても、韓国を締め上げる方法はいくらでもある。日韓慰安婦合意の検証結果がどんなものであろうが、合意したことに変わりはないからな。前政権を否定して前に進めると思っているのか。後退にしかならないだろう。しかも、不可逆、最終的に解決とある。

>関係筋によると、河野氏の会談での発言は、韓国政府が日韓合意を否定する方向に転じれば日本の対韓感情が悪化し、首相の訪韓が難しくなるとの認識を伝えたものだという。ただ2020年の東京五輪には韓国の協力も必要で、「現時点では首相は参加しないとも伝えていない」(日本外務省関係者)としている。

韓国との協力など一切いらない。そもそも、日本人は東京五輪の招致を韓国が最後まで邪魔したことを忘れていない。むしろ、日本から韓国は参加しないでほしいと要請するべきである。協力などいらない。平昌五輪に協力もしない。お互いウィンウィン関係でよかったではないか。

韓国とは一切関わるな。さっさと国交断絶して在日朝鮮人を返還する。これが2018年で10年目となる管理人のサイトが出した結論である。最も10年前と何も変化してないが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【日韓外相会談】安倍首相の平昌出席「難しい」 日本側が「駆け引き」

19日にあった河野太郎外相と韓国の康京和(カンギョンファ)外相との会談で、来年2月の韓国・平昌冬季五輪への安倍晋三首相の出席をめぐって日本側が韓国側を牽制(けんせい)する一幕があった。日本政府は慰安婦問題で韓国政府の対応に不信感を募らせており、外交的な「駆け引き」を仕掛けた格好だ。

複数の日韓関係筋が明らかにした。康氏が会談で「首相を平昌で歓迎したい」との文在寅(ムンジェイン)大統領のメッセージを伝えると、河野氏は文政権が2015年末の日韓合意に反する動きを見せていることに触れ、「このままでは(参加は)難しい」と伝えた。

日韓合意では、両国は慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった。だが、文政権は外相直属の有識者らのチームで合意の経緯などを検証する作業を開始。この日の会談でも、合意の着実な履行を求める河野氏に対して康氏は明確に回答せず、検証結果を27日に公表すると伝えた。

関係筋によると、河野氏の会談での発言は、韓国政府が日韓合意を否定する方向に転じれば日本の対韓感情が悪化し、首相の訪韓が難しくなるとの認識を伝えたものだという。ただ2020年の東京五輪には韓国の協力も必要で、「現時点では首相は参加しないとも伝えていない」(日本外務省関係者)としている。

康氏は20日、韓国記者団と懇談し、検証結果公表後に学者や元慰安婦らの意見を聴取し、政府としての対応を時間をかけて決める考えを明らかにした。日本政府はこうした文政権の対応を見極めつつ、平昌五輪への首相出席の是非を判断する方針だ。

(https://www.asahi.com/articles/ASKDN5HKCKDNUTFK00V.html)