韓国経済〔コインチェック】 仮想通貨の580億円巨額流出 補償のめど立たず

〔コインチェック】 仮想通貨の580億円巨額流出 補償のめど立たず

記事要約:先日、管理人は本屋さんで仮想通貨の入門書みたいな本を購入したのだが、まだ最初の部分しか読めてない。ただ思ったより、システムが複雑ということだけは理解できた。今回の取り上げた記事は、仮想通貨を扱う企業が勝手にハッキングされて、そららが流出して補填できないという最悪な事態である。

しかも、その流出額は580億円。意味のわからない桁だが580億円なんて補填できるのは大企業ぐらいだろう。こんな初めて聞いたような企業でそんな大金、貸してくれる銀行もないだろう。つまり、倒産である。そして、倒産しても払えないという。つまり、580億円の購入者は丸損ということになる。電車が止まるような事態になるかもしれないな。しかも、暴落とかはではないからな。

利用者の責任ではない。だが、どこにも580億円などあるわけもない。国が補填するような制度はない。裁判やっても払える金はわずかだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~258回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔コインチェック】 仮想通貨の580億円巨額流出 補償のめど立たず

インターネット上の仮想通貨を取り扱う取引所の「コインチェック」は、外部からの不正なアクセスで580億円相当の仮想通貨が流出したことを26日夜、明らかにしました。流出したのは顧客が預けていた資産で、会社は補償などを検討するとしていますが、具体的なめどは立っていません。

仮想通貨の取引所で国内大手のコインチェックは、26日夜、記者会見し、26日午前3時ごろも外部からの不正なアクセスによってその時点のレートで580億円に相当するNEMと呼ばれる仮想通貨が、流出したことを明らかにしました。

流出したのは顧客が預けていた資産で、会社が事態を把握したのは仮想通貨が流出してから8時間余りがたった26日午前11時半ごろでした。その後、取り扱っている仮想通貨の大半について、売買や日本円での出金を停止するなどの措置をとり、ほかの仮想通貨では流出などは起きていないということです。

会社は金融庁や警視庁に報告するとともに原因の究明や流出先の調査を進めていますが、売買や出金を再開させるめどは立っていないとしました。

会社は顧客に対し補償を含めた対応を検討しているとしていますが、補償のしかたや詳しい財務状況などを明らかにせず、具体的なめどは立っていません。

コインチェックは平成24年8月に設立され、13種類の仮想通貨を扱っています。仮想通貨を取り扱う取引所は、金融庁が利用者保護の一環として去年10月から登録制にし、コインチェックは現在、登録の審査を受けている段階だということです。

記者会見でコインチェックの和田晃一良社長は「取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と述べて陳謝しました。

インターネット上の仮想通貨は中央銀行などの管理者がいないことが最大の特徴で、買い物の支払いや送金の新たな手段として利用者が増えています。

しかし今回、巨額の仮想通貨が一度に失われるという深刻な事態が起きたことで、利用者の保護やセキュリティーの面で大きな課題があることが改めて浮き彫りになりました。

仮想通貨 流出相次ぐ

仮想通貨をめぐっては、4年前の平成26年、大手の取引所だった「マウントゴックス」で当時のレートでおよそ470億円に相当する大量のビットコインが失われ、マウントゴックスはこれをきっかけに経営破綻しました。

また今月、大阪に本社をおく仮想通貨の取引所が10人分の口座で不正な出金があったことを明らかにし、海外の取引所でも不正なアクセスによる仮想通貨の流出が起き、セキュリティーをめぐる課題が浮き彫りになっています。

投機加熱やセキュリティーに課題

仮想通貨は、インターネット上でやり取りされるデジタル通貨で、お金のように扱われています。

スマートフォンなどで手軽に利用でき、実際の店舗でも買い物の支払いなどに利用できるところが増えています。また手数料が低いとして送金の手段にも利用されています。

一方、最近では、仮想通貨そのものの価値が上がることを期待して投機目的で取り引きする利用者も多く、代表的な仮想通貨のビットコインは去年1年間におよそ20倍値上がりして、一時、1ビットコイン当たり200万円を超えました。

しかしことしに入ってから一気に半分程度まで値下がりするなど乱高下し、専門家からは投機的な取り引きが過熱していることに注意すべきという指摘も出ています。

仮想通貨は私たちがふだん使用している紙幣や硬貨と違って政府や中央銀行といった管理者がおらず、今回のような不正なアクセスによる被害などセキュリティーの確保も課題となっています。

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304731000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_021)

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
うさぴょん

スマホの画面に、「七種類の仮想通貨が取引可能、手数料無料」が出ています。仮想通貨のことはわからないけど、「タダより高いものはない」は、よくわかります。素人が手を出すとこわいものだということも。

ボーダー

3年半ほど前、マウントゴックスに残っていた資産の現金10億円と約20万ビットコインが120億→約600億円になり、債権総額456億円を返済できる。つまり、ビットコインの価値が5倍に上がったため、マウントゴックスに残っていたビットコインだけで債権総額456億円を当時のユーザーに返すことができるという、嬉しい事態が起きかけていた。(誰も損して無い事に出来るのか?)

不正アクセスで流失したんじゃ無い、社長が盗んだにも関わらず、泥沼から這い出そうと必死だったんだ。
最近は北朝鮮の国家ハッカーに70億程盗まれて、流失したと叫んでいたが、ボーダーは違うと思っている。

今回も流失だと頼りない若者経営者が言ってるが、盗み出す手口より捜査が不能になる手口に長けた・・・連中がいたのでは?
経営陣が金盗むのは簡単だ、仮想空間では優秀な日本の科学技術捜査でも手も足も出ない。

きっとこの事件を大手メディアは、何処かの圧力で鎮火させ様と働くと思う。
不正アクセスを装ったゲームコイン詐欺は、今後も出て来る。

ss65

凄い素朴な疑問、仮想通貨って、消費税かかんないの?。。。

キジトラ

新聞によると 此の会社セキュリティーが アマアマだったらしい
ボーダーさんの書かれている事が なんか近いのでは?私も同じような事を思っていました 第三者のせいかなあ?新手の詐欺と違うかな? 何て思う今日この頃。