必読!〔ライダイハン〕ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ

必読!〔ライダイハン〕ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ

記事要約:誰も頼んでないのに勝手にベトナム戦争に参戦して、味方の村で虐殺の限り尽くし、現地女性をレイプしまくって、韓国人兵士とベトナム女性の混血児「ライダイハン」を推算、三万人以上も生み出した。レイプの数は30万人以上ともいわれている。その韓国人がムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だと述べている。

管理人も最初はバーボンハウス、釣りだよな。さすがに極悪非道の韓国人でもいくら何でも世紀の戦争犯罪で被害者ずらするわけないと思っていた。しかし、本当だった。ちゃんとソースがあった。なんていうのか。怒りを通り越して呆れるしかない。韓国人の一部であろうが、こんな主張をして被害者になろうとするとか、世界中で嫌われるのがよくわかるな。

これは是非とも、ベトナム語に翻訳してベトナム人に知らせた方がいい。これが、韓国人だと。屑とかのレベルではない。最悪だ。こういう韓国人は人権なんて全く考えてないんだろうな。韓国軍がやったことは誰かに命令されたわけではない。

自分たちの欲望のままに何の関係もない村を襲撃して、村の女性をレイプしただけ。そんな民族が謝罪とか賠償とか言い出すのだから、滑稽とかのレベルではない。今すぐ、文在寅大統領はベトナムに謝罪と賠償するべきではないのか。ベトナム人は誇り高き民族なのでそのようなことはしないのがつけあがらせているんじゃないか。こんな韓国人もいるわけだしな。さすがにこんなふざけた主張をする韓国人がいたら殴り倒したい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

必読!〔ライダイハン〕ムン大統領の謝罪を糾弾する!韓国はベトナムから多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者だ

ムン大統領のベトナム戦争関連の謝罪を糾弾する!

ベトナム戦争は休戦協定に違反したベトコンの不法南侵で始まり、派兵された韓国軍はこのような戦争犯罪で5000人が死亡した。良民虐殺は主張に過ぎず、韓国の公式調査では確認されていない。しかも、キム・デジュン大統領が似たような謝罪をしたことがあるのに、ムン・ジェイン大統領がなぜまた謝罪をするのか?

趙甲濟/趙甲済ドットコム代表

ベトナムを国賓訪問中のムン・ジェイン大統領は23日、「韓国とベトナムが模範的な協力関係を発展させている中で、我々の心に残っている両国間の不幸な歴史について遺憾の意を表する」と述べたと報じられた。ムン大統領はこの日、ベトナム主席宮殿でチャン・ダイ・クアン・ベトナム国家主席との首脳会談の冒頭でこのように明らかにし、「両国が未来志向的な協力を促進するために一緒に力を合わせて行くことを希望する」と述べた。

ムン大統領のこのような言及は、ベトナム戦争当時、韓国軍の派兵と民間人虐殺問題などについて公に遺憾の意を明らかにしたものとメディアは分析した。ムン大統領は昨年11月、ベトナム・ホーチミン市で開催された「ホーチミン-慶州世界文化エキスポ2017」のイベントに送った映像祝辞を通じて「韓国はベトナムに心の借金を負っている」と述べている。

クアン主席は続くプライベート会談でムン大統領の過去の歴史に対する遺憾表明について「ベトナム戦争過去史に対する韓国政府の真心を高く評価する」、「過去の痛みを癒し、両国間の友好関係を強固なものにし、相互協力を強化するために、韓国政府がさらに努力するように願う」と話したという。

過恭非禮と賊反荷杖が重なった。ベトナム戦争は休戦協定に違反したベトコンの不法南侵で始まり、派兵された韓国軍はこのような戦争犯罪で5000人が死亡した。良民虐殺は主張に過ぎず、韓国の公式調査では確認されていない。しかも、キム・デジュン大統領が似たような謝罪をしたことがあるのに、ムン・ジェイン大統領がなぜまた謝罪をするのか?

これは国軍統帥権者として国軍の誇らしい海外派兵を汚す歴史自害行為である。大韓民国の国軍は自由を守るためにベトナム戦争に派兵され、国益を増進させた。ベトナムの共産化はサイゴンのティファナ政権と米国が責任を負うことであって、パク・チョンヒ政府や国軍は間違っていない。ベトナム政府も韓国政府に一度も謝罪を要求したことはない。ムン大統領はベトナムの共産化は正義で、これを阻止しようとした米国、韓国、オーストラリアなど自由陣営の努力は恥ずかしいことだと考えているようだ。そうなら、ムン・ジェイン大統領の思想を問わざるを得ない。


ベトナム駐留韓国軍司令官を務めたチェ・ミョンシン将軍が87歳を一期に死去した。ベトナム戦争に参加した韓国軍は、年間30万人だった。彼らは現在60~80代である。チェ・ミョンシン将軍と一緒に「猛虎は行く」という歌を一緒に歌った世代である。

「自由統一のために培ってきた力だからこそ、祖国の名前でどこであれ行けないか」

2001年8月23日、キム・デジュン大統領(当時)は、訪韓中のベトナムのトラン・ドゥックルオン大統領に「不幸な戦争に(韓国軍が)参戦して不本意、ベトナム国民に苦痛を与えたことについて申し訳なく思っている」と話したと報道された。事実上の謝罪をしたわけだ。その直後に会ったチェ・ミョンシン将軍が怒った場面が思い浮かぶ。

キム・デジュン大統領(当時)の発言は、正確な歴史観と合わないだけでなく、事実とも合わなかった。

まず、大韓民国が国軍をベトナム戦争に送ったのはベトナムの自由だけでなく、韓国の安保を堅固にして、韓国の体制と自由を守るためのものだった。当時、米軍は在韓米軍2個師団のうち1個師団を撤退してベトナムに送ろうとした。これを見抜いたパク・チョンヒ大統領は、在韓米軍の撤退を牽制するために戦闘師団の派遣を決めたのだ。

第二に、パク・チョンヒ政府はベトナム派兵をきっかけにして、多くの実益を手にした。ベトナム特需が起こった。ベトナムに多くの韓国企業が進出して金を儲け、米国のジョンソン政府は韓国に多くの援助を与えた。韓国の工業化に多大な貢献をしたKIST、すなわち韓国科学技術院はベトナム戦争派兵に対するジョンソンの贈り物だった。ベトナム戦争に進出した将兵たちと労働者が稼いだ金と学んだ建設技術が京釜高速道路建設に投入された。ベトナム戦線で韓進、現代のような企業が成長した。特に、建設会社がここで技術を身につけて、70年代に中東に走ることができた。

第三に、ベトナム戦争に大韓民国が派兵したのは当然のことだった。米軍は朝鮮戦争時に5万人の若者を犠牲にしながら韓国を救ってくれた。そのアメリカの派兵の依頼に、血盟である韓国が義理を守ったのだ。このおかげで韓美同盟関係はより一層厚くなった。ベトナム戦争の挑発者は17度線以北の共産ベトコンだった。彼らは国際協定を無視して、正規師団が17度線の南に下って、共産革命を狙ったゲリラ戦を主導しており、ベトナムのベトコン部隊を使った。明白な南侵であった。この侵犯行為に対して自由世界が軍隊を送ったのだ。オーストラリア、フィリピンなども派兵した。 1975年ベトナム全域が共産化され、米軍側に立った韓国は戦勝国になることはできなかったが、決して謝罪するような悪いことをしたことはない。

第四に、韓国軍は国際法に違反したベトナム共産軍から多くの苦痛を受けた。まさに我々が被害者である。彼らは戦争のルールに違反して、軍服を着ずに民間人になりすましながら、韓国軍を苦しめた。約5000人が前線で死に、1万人以上が負傷した。

私は当時、このような文章をインターネットに掲載した。

<以上の観点から、私はキム・デジュン大統領の一方的な謝罪に反対して糾弾するものである。キム・デジュン個人が謝罪することも問題だが、まして国軍の最高司令官として韓国現代史の正統性を守らなければならない大統領として、韓国の誇り高い過去を無効視する謝罪を国民と国軍の同意なしにしたということは、大きな間違いである。

彼の謝罪は、次のような問題がある。

第一に、国家元首である大統領の謝罪は、大韓民国が謝罪することである。大韓民国の歴史観は、ベトナム戦争参戦は誇るべきことだった、謝罪しなければならないことはなかった。一部のマスコミと左派が検証もされていない虐殺説を持ち出して、ベトナム派兵を罪悪視する主張を展開したが、多くの国民と国軍の考えはベトナム派兵が韓国の発展に画期的な貢献をしたというものだった。大統領がこのような歴史観を変えるためには、多くの議論や討論を経なければならず、非常に慎重に行わなければならない。キム・ヨンサム政府時代、キム・スクヒ長官がベトナム派兵に対して傭兵云々して、軍将校たちの反発で辞職したことがある。今回のキム大統領の発言が持っている重さは、キム長官と比較できない。

第二に、キム・デジュン大統領の謝罪が大韓民国のアイデンティティを揺るがしたことである。共産国家の元首にその共産国家の違法な侵略行為-革命の企図を防ぐことが間違っていたと謝罪したわけだが、それならば共産化は当然のこととみなすのか気になる。ベトナムの共産統一がベトナム人に果たして幸福をもたらしたのか、不幸をもたらしたのか、まだ速断することではない。共産化後に発生したボートピープルの悲劇は、共産統一が国民の自由を抑圧し、経済を遅れさせたことを証明する。遅れてベトナム政府が資本主義市場の論理を受け入れ、改革開放に乗り出している。キム大統領の謝罪は共産統一は善であり、これを防ごうとした自由世界の反共行動は謝罪すべき悪であるという感じを与える可能性もある。

第三に、キム大統領の謝罪は1960年代-1970年代を生きた世代から思い出を奪っていく行動だ。若者たちがベトナムに行って苦労しているので、国内にいる我々も懸命に働こうというふうに社会の雰囲気が高揚していた。戦線を持っている国はいつも緊張するものだ。我々はこの緊張を国家建設によく活用したのである。我々の胸の片隅には「勇者は何も言わずに海を渡った。自由より尊いことがあるなら話せ」という軍歌の歌詞のように、韓国ももう他の国の自由を守るほどに成長したという自負心があった。キム大統領の謝罪はこの誇らしい栄光の時代に泥を塗ることである。大統領はベトナム戦争世代の誇りと思い出を奪う資格がない人だ。

覆水盆に返らずだ。また入れるためには、新しい水を汲んで来なければならない。まず、ベトナム戦争参戦団体と除隊軍人がキム大統領の謝罪をキャンセルさせる方向で意見や行動を集めなければならならない。ベトナム戦争世代はこう叫ぶだろう。私の青春を返せ!

以下ソース

記事は5chより記事掲載

(http://www.newdaily.co.kr/site/data/html/2018/03/26/2018032600002.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

8
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
8 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
8 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
関貴弘

なあ、朝鮮人は口先だけは上手いだろう、自画自賛、天才、これが韓国、朝鮮人の本音、日本政府みたいにぺこぺこしてると舐められる、程度が違う
兵士を派兵して、その兵隊がべトコンと戦うのでなく、弱い民間人、武器も持たない、老人子供、そして抵抗出来ない女性を犯して、殺して、韓国兵は、軍人でなく、けだものだろう
下半身処理にベトナムまでいったのか、せめて性サービス代だけでも払え
日本兵はちゃんとお代は払ってる、だから慰安婦の月収は300円にもなってる、陸軍大将でも月収は150円、、2年で家が立つ
こんな考えでは、ベトナムに謝罪、賠償には程遠い、被害者はベトナムの民間人だろうが、非戦闘員に攻撃を加えてはいけないんだよ、国際法も知らないんだろう、また兵士教育も行っていたのかどうだか、
いやあ、程度の低さにびっくりだ、この民族とは絶対に仲良くはなれないわ

ゲルマニア

ライダイハン問題

プラス

夜逃げ問題。

ヤン

さすが韓国、想像をはるかに超えてきますね。

捕手(日本人)

 こうやって加害者を被害者に摩り替えようとしてくる訳ですね。
で、この記事を読んだ韓国の若者はそのまま信じてしまうと。
その結果ベトナム人から嫌われる→なぜ嫌われるのか分からない→韓国に嫉妬しているに違いないニダ→さらに嫌われる(以下ループ)
もしかしたら数年後には韓国がベトナムに対して謝罪と賠償を要求するようになるのかもしれませんなぁ。

東風

傑作な話ですね!まず、戦争で亡くなられた方々には母国で丁重に葬られ、その遺族に経済支援等をするのが通例ですよね。逆に韓国人思考でいけば、当時の北ベトナムやベトコンの死者数は 膨大であり、ナパーム弾などの非人道兵器を駆使した米・韓等の連合軍に対する死傷への謝罪や賠償要求をベトナムが言い出せば韓国はマタマタ国家破綻必至だ。そのうえ韓国の好きな戦勝国理論で行けば、韓国は米国はとともにベトナム戦争の敗戦国である。敗戦国に言い訳ができないとちみたち自身が何度も何度も戦勝国でもないくせに日本や日本人に言ってきたではないか。ダブルスタンダードまみれの卑劣な奴らだ!

ななしちゃん

はよ南朝鮮はベトナムに謝罪と賠償を求めてくれ!ww

うさぴょん

げげげっ…理解不能民族。

sk

この記事を書いた『趙甲濟』なる人名、どこかで見た気が・・・と思ったらあちらの国では著名な「保守派」ジャーナリストだそうで。

やはりあの国、右も左も斜め上過ぎて理解不能です。