森友文章の書き換え 財務省「政治家の指示確認できず」

森友文章の書き換え 財務省「政治家の指示確認できず」

記事要約:多くの読者様もこれからどうなるか気にはなっているとおもうが、ここで書き換えを指示した政治家を確認できないという。今の財務省が政府や政治家を庇うのは難しいだろう。そもそも、それならどうして書き換えをやったのかといえば、結局、財務省の一職員の判断で削除したということになる。しかも、これ政府と財務省の関係は良くないのも見て取れる。

財務省が指示した政治家の名前をこれ以上、隠す理由はないとおもう。そもそも、原本を検察が握っているのだから、いずれ書き換えたらばれるという発想はなかったんだろうか。仮にもエリート官僚ならそれぐらい気付くと思うんだよな。ましてや、これを財務省が組織的にやっているなら、そんな間抜けなことはしないだろう。

書き換えを朝日にリークしたのは誰か知らないが、この書き換え前の文章を持っているなら、絶対に安倍総理や奥さんのことを出していただろう。つまり、朝日新聞の想定外のところでの書き換えが偶然に出てきたんじゃないか?そう考えないと辻褄があわないんだよな。朝日が突いた藪に偶然、蛇がいた。そして、その関係で自殺者が出た。結局、詐欺師に官僚も全員欺されていたんじゃないか。

財務省なら裏取りするだろうと思うかも知れないが、お役所仕事がそこまで完璧なことはない。ましてや、一職員が勝手に書き換えたり、削除してたってわかるわけないともいう。つまり、自殺したのは佐川長官の指示で書き換えた本人ということだろう。後は朝日がどこからリークしてもらったかだな。決裁文書の原本に判子を押した人たち?検察?いずれにしても関わった人間は少数だ。

安倍政権に大打撃を与えて得する勢力?政治家の指示がないのに書き換えが行われた。しかも、別に出てきてもそこまで大きな問題にはなってないことばかり。佐川長官の指示だとすれば、まさに忖度ということになるな。でも、その忖度がブーメランとなって戻ってきたと。これを狙ってやったのなら背後に相当、切れ者がいるな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

森友文章の書き換え 財務省「政治家の指示確認できず」

財務省の富山一成理財局次長は「理財局の一部職員の判断で書き換えた」と説明し、政治家の指示は確認できていないとした。

(https://this.kiji.is/345830182231786593?c=39550187727945729)

合わせて読みたい記事

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
 
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
うさぴょん

1年くらい前に、総理が「私や妻が関与していたら議員を辞職する」と発言しました。そこから、一気に話が不自然に大きくなったような気がしています。
書類に夫人の名があるのに気づいた″だれか″が書類を書き換えさせて、次々に書き換えるはめに陥ったのではないかと。
(勝手な考えに過ぎませんが)

野党は、ちょっとでも関与っぽいことが見つかったら辞職に追い込めると思って、「前代未聞のねつ造だ」「民主主義の危機だ」「国民の信頼を失った」と大はしゃぎ。
能力もなく集合離散を繰り返す野党こそが、民主主義の危機で国民の信頼を失っているんだってば!

とにかく、書き換えをやらせたのが誰なのか、はっきりしないとダメですね。
モヤモヤしたままですが、お休みなさい。

ジャック

ことの全容がまだよく分からないので一点だけ。
大好きな寺山修司の詩に、
「肖像画に/まちがって髭を描いてしまったので/仕方なく髭を生やすことにした/門番を雇ってしまったので/門を作ることにした」
なんていうのがあるのを思い出しました。
佐川氏が近畿財務局に確認を取らないまま、これ以上面倒にならないようにといい加減な国会答弁をしてしまったので、
そちらに合わせて書類を書き直した、ということなのでしょうか?
どうも、「書き直し」と「改竄」とで指す状況・内容が違っているらしい(そして本件はあくまで書き直しであって改竄ではないという)のが本当にややこしいところです。

酔って候

私は立花隆氏の、田中角栄故首相の金脈事件を扱った書物を青年時代に読んでいます(年がバレるな)が、これは、明らかに事実であれば、検察が動く事案でした。

で、今のモリカケ、これだけ騒いで、誰一人検察に告発する人が出てこない。つまり、検察が動ける事案とは言えない可能性が高い。で、これで首相を攻撃するマスメディアは、この点を完全にスルー。

スキャンダルでも良い、兎に角倒閣できれば、というマスコミの姿勢こそ、一番の問題のような気がします。米朝会談関連、ロシアの新兵器、中国の皇帝制度復活、モリカケよりも日本の未来に大きく影響する事件が周辺で起きているにもかかわらず、あえてそれらをスルーしモリカケに注力するマスコミや野党は、日本滅亡或いは中韓の属国となることを願っているようにしか思えないのですが。

マスコミはニュースが売れればそれでよいので、国民はそれが重大かどうか自ら判断する必要がある。今回の書き換えは結果として、取るに足りないことである。しかしこれは推理問題としては面白い。佐川が金額の提示も向こうからの申し出もなかったと強調した時点で、値決めをするのに値段の提示がないというのはおかしいなと思ったものだが、これを強調した時点で書き換えは完了したことを確認し、強気の発言になったものと思われる。組織的に行われたのは明らかであろうが、警察に提出したのも書き換え後の書類だったので、完全犯罪だと思っていたのだろう。完全犯罪がばれたのは、書き換え前の文書の存在を誰かが警察にリークしたのだろう。誰が支持し誰がリークしたか犯人さがしのストーリーでしばらくマスコミはさわぐだろう。麻生はここまで細かなことは知らなかったものと思われる。
野党は安倍つぶしに動くが、そこにならぶ面々は事務所経費ごまかしや国籍ごまかしの連中が並ぶので、刑事的には彼らのやった罪のほうが重い。中国・北朝鮮の動きが激しいなか、もっと建設的な政治行動をしなければ、人気はますます下がるでけだろう。