韓国経済、〔三跪九叩頭の礼〕韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争

[`yahoo` not found]

韓国経済、〔三跪九叩頭の礼〕韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争」

記事要約:いい加減、韓国メディアはもう韓国は中国の属国化したことを認めるべきではないか。例の3不+1限で韓国は中国の属国化を宣言した。あれから、文在寅大統領が訪中しても、朝ご飯は大衆食堂でパンと豆乳だっただろ?あの写真まだあったかな。

これが現実なんだよな。だから、次の訪中で文在寅大統領は三跪九叩頭の礼を習近平国家主席にすることになると。でないと、まだまだ韓国への中国人観光客やクルーズ船は止まったままだぞ。

>12日午後、北京人民大会堂で行われた面談で、習主席はテーブルの中央上座についた。しかし鄭室長は習主席よりも格が落ちる下座につき、外見上、習主席主宰の業務会議に参加したような格好になった。

そりゃ、中国にとっては格下扱いのだから当たり前だろ?中国は儀礼を重んじる上で、韓国は中国の属国だから、当然、下座になる。

これはマナーというか旦那さんの上司や、他にも偉い人が家に出向いたときに注意していただきたい。テーブルのどこに座ってもらうかはわりと気遣いにおいて重要なポイントになる。席順とかもそうだが、さりげない気遣いはしておくべき。相手が気付いてようが、気付いていないが、粗相のないようにするのが客をもてなすときには大事だと。マナー本に書いてあった。

後、たまに会社の上司が新人社員に取引先の人をもてなすときにお菓子を買ってきて欲しいと頼まれることもあるだろう。その時、安物の菓子を買うのはやめておくほうが無難だ。相手の好みに合わせたいところだが、基本はギフトでもらうようなそれなりの値段がするものがいる。数千円程度でいいとは思う。あまり高いと気を使わせてしまうので。何が言いたいかというと何でもマナーは大事だということ。中国はそれを知っててあえてやっているわけだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔三跪九叩頭の礼〕韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争」

中国の習近平国家主席が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と面談した際の席順が再び外交欠礼論争を呼んでいる。

12日午後、北京人民大会堂で行われた面談で、習主席はテーブルの中央上座についた。しかし鄭室長は習主席よりも格が落ちる下座につき、外見上、習主席主宰の業務会議に参加したような格好になった。

これは昨年5月、李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が特使として訪中した時と同じ席順だった。当時は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題で韓中間に葛藤があった時だったので、習主席が韓国の大統領を故意に冷遇したという指摘が出ていた。

習主席と鄭室長の面談の様子は、今月8日(現地時間)にドナルド・トランプ米国大統領と特使団が会った当時の様子とも明らかに異なっていた。ホワイトハウスのオーバルオフィスで鄭室長と会ったトランプ大統領は、鄭室長を自身と対等な位置に座らせた。文大統領と首脳会談を行った時と同じような様子だった。

また、習主席が昨年5月に日本の安倍晋三首相の親書を携えて訪中した二階俊博・自民党幹事長一行と面談した時の席順とも対照的だ。当時、習主席は二階幹事長と互いに対等な位置で向かい合って座って面談を進めた。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000007-cnippou-kr)

合わせて読みたい記事

韓国経済、〔三跪九叩頭の礼〕韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争」への2件のフィードバック

  1. THAADと言えば、報復で韓国への団体観光を禁止になっていますが、2018平昌冬季オリンピックが開かれた2月、韓国を訪れた外国人が昨年の同期間より16%減少したそうです。

    オリンピックと言うビッグイベントすら活かせない韓国って・・・。

    ちなみに今年の1月と比べると10%増加したそうなので、全くの無駄ではなかったのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)