韓国経済、〔韓国離れがさらに加速〕日本外務省ホームページ「韓国は最も重要な隣国」削除

韓国経済、〔韓国離れがさらに加速〕日本外務省ホームページ「韓国は最も重要な隣国」削除

記事要約:どれだけ韓国メディアが日本の外務省を見張っているのか知らないが、外務省が韓国に関する記述から「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」という表現を削除したと、東亜日報が16日に報じたそうだ。

国というのはだいたい1年ごとに各国の関係についての何かの変化を出してくるのだが、今回のはわりと露骨だな。しかも、あの韓国贔屓の外務省だ。さすが日本の官僚も韓国とは付き合えないことをようやく悟ったのか。もっと早く気付いてくれと突っ込みたいが、今からでも遅くはない。どんどんやればいい。国民は大歓迎だ。約束を守れない国が最も重要な隣国なわけがない。

>同紙によると、外務省は最近、ホームページに掲載した「両国関係」という文書で、韓国について特に修飾語なく「日韓の間に困難な問題が起きるとしても、各分野で未来志向の協力を進めていくことが重要」と記述した。

これから修飾するときは「地図上の隣国」でいいな。未来志向で協力ね。約束を守れとストレートに書いておけばいいのに。「価値観を共有する」→削除、戦略的利益を共有する」→削除。そのうち、韓国に関する記述も削除でも良さそうだな。

それで5月に釜山領事館前に設置予定の徴用工像はどうなったんだ?日本政府は設置に反対していたはずだが、まさか、このまま押し切られるのか。慰安婦像みたいに。そうなるともう領事館の閉鎖でいいな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

[? 中央日報日本語版] 外務省が韓国に関する記述から「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」という表現を削除したと、東亜日報が16日報じた。

同紙によると、外務省は最近、ホームページに掲載した「両国関係」という文書で、韓国について特に修飾語なく「日韓の間に困難な問題が起きるとしても、各分野で未来志向の協力を進めていくことが重要」と記述した。

安倍首相は今年の施政演説で韓国について「最も重要な隣国」という修飾語を付けなかった。外務省の今回の記述削除はこうした安倍首相の施政演説を反映したものという分析が出ている。

これは昨年末に文在寅(ムン・ジェイン)政権が2015年末の韓日慰安婦合意を「誤った合意」と規定し、日本政府と摩擦が生じたことによる結果とみられる。

(http://japanese.joins.com/article/562/240562.html?servcode=A00)

合わせて読みたい記事

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
 
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
東風

外交辞令等を勘案してもこれでは、韓国については、「忌まわしい隣国」か「価値にないうっとうしい隣国」に位置づけのような感じでしょうか?
我が国に嫌われていることが全く分からず、TPPに入ってやるニダ⇒締結国の11か国:韓国はおよびでない!!と・・・