韓国経済、(韓国からGM撤退危機)GM本社 全世界のGMに「韓国出張禁止令」 韓国GM労組組合員が鉄パイプを持って社長室に集まり暴れ回ったことから

韓国経済、(韓国からGM撤退危機)GM本社 全世界のGMに「韓国出張禁止令」 韓国GM労組組合員が鉄パイプを持って社長室に集まり暴れ回ったことから

記事要約:GM本社が全世界のGMに「韓国出張禁止令」を出していたことがわかった。これは既に紹介した韓国GM労組組合員約50人が鉄パイプを持って社長室に集まり、椅子や机などを壊したことへの対処である。さらに、20日までに韓国GM労使が自助案に合意しなければ法定管理(企業再建手続き)を申請すると事実上の「最後通告」を出した。

クムホタイヤ、STX造船は最後の最後に労使が折れて法定管理申請は免れたが、韓国GMの方はどうか。でも、この事件はかなりGM本社に大きなショックを与えたようで韓国とは付き合わない方が良いと改めて感じたのだろうな。

これは自助案に労使が合意しても、そのうち韓国から撤退するな。さすがに鉄パイプで殴り込みなんて先進国では想像も付かなかっただろうしな。でも、こんなの序の口なんだよな。彼らは工場占拠とか普通にやってくるからな。

>GMの「出張禁止令」は該当国の騒擾やテロなどにより役員社員の安全が脅かされる際に取る措置だ。今回のように労組の暴力行為が発端になったのは極めて異例だ。GM本社最高経営陣が文明国では考えることも難しい「鉄パイプでの暴力」に少なくない衝撃を受けたという傍証だ。

韓国なんかに工場建てるからこうなる。是非とも、GMは世界中の経営者に伝えるべきだな。外資は近寄ってもろくなことにならないと。韓国の自業自得である。これでも逮捕されてないんだからな。

>労使が強硬対立に進み韓国GM問題が破局に突き進むことにならないかとの懸念が大きくなっている。交渉デッドラインの20日を超えれば、現在としては法定管理は避けられない状況だ。 この場合韓国GM役員社員だけでなく協力業者の労働者、地域の商人ら約30万人の雇用が脅威を受けることになる。部品生態系が崩れ自動車産業全般がぐらつく可能性も排除することはできない。

韓国出張禁止令が出たのだから、もう、交渉もなにもないよな。労使が合意しなければ破産申請。30万人の雇用に影響を受けるが労使からすればどうでもいいことだろう。自分の給料の方が大事だもんな。

>そうでなくても硬直した労働規制に、ことあるごとにストと暴力デモを日常的に行う労組が猛威を振るう国に、どの国の企業が簡単に投資を決定するだろか。「ある雇用」も追い出しているところに「新たな雇用」ができるわけはない。鉄パイプが乱舞する暴力行為が消えなければ「コリアディスカウント解消」も空念仏になるほかない。

これは良い宣伝になったな。経営者には社長への暴力事件が効果あるのか。そもそも、管理人からすればそんな国で起業する方が悪いとしかいいようがないがな。コリアリスクを甘く見すぎだと思われる。何しろ、ほとんどが火病持ちというとんでもない民族だからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、(韓国からGM撤退危機)GM本社 全世界のGMに「韓国出張禁止令」 韓国GM労組組合員が鉄パイプを持って社長室に集まり暴れ回ったことから

米ゼネラルモーターズ(GM)本社がこのほど全世界の役員社員に対し、安全を理由に「韓国出張禁止令」を下した。合わせて20日までに韓国GM労使が自助案に合意しなければ法定管理(企業再建手続き)を申請すると事実上の「最後通告」をした。

韓国GM労組の組合員が成果給を払わないという理由で鉄パイプを持って社長室に集まり什器を破壊するなど暴れ回ったことからGM本社も強硬対応に出たものだ。

GMの「出張禁止令」は該当国の騒擾やテロなどにより役員社員の安全が脅かされる際に取る措置だ。今回のように労組の暴力行為が発端になったのは極めて異例だ。GM本社最高経営陣が文明国では考えることも難しい「鉄パイプでの暴力」に少なくない衝撃を受けたという傍証だ。

GMの「出張禁止令」と「法定管理示唆」が労組を圧迫し韓国政府と韓国GMの2番目の大株主である産業銀行から最大限の支援を引き出そうとする戦略という分析もある。

だが会社が危機にさらされても既得権を放棄しようとは考えない「貴族労組」の暴力行為が口実を与えたという点は否定しがたい。この過程で韓国の強硬路線労組の素顔が世界にそのままさらされた。

労使が強硬対立に進み韓国GM問題が破局に突き進むことにならないかとの懸念が大きくなっている。交渉デッドラインの20日を超えれば、現在としては法定管理は避けられない状況だ。

この場合韓国GM役員社員だけでなく協力業者の労働者、地域の商人ら約30万人の雇用が脅威を受けることになる。部品生態系が崩れ自動車産業全般がぐらつく可能性も排除することはできない。

さらに大きな問題はその後遺症は自動車産業だけに限定されないという点だ。「鉄パイプ暴力」は今後外国人直接投資誘致に大きな障害物になる公算が大きい。

そうでなくても硬直した労働規制に、ことあるごとにストと暴力デモを日常的に行う労組が猛威を振るう国に、どの国の企業が簡単に投資を決定するだろか。「ある雇用」も追い出しているところに「新たな雇用」ができるわけはない。鉄パイプが乱舞する暴力行為が消えなければ「コリアディスカウント解消」も空念仏になるほかない。

(http://japanese.joins.com/article/572/240572.html?servcode=100)

合わせて読みたい記事

6
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
 
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
6 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
6 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ふつうの日本人

馬鹿とゴキブリ韓国(ゴキ韓)に、つけるクスリは無い。

行きはよいよい

近い将来、GMの韓国撤退の理由として、「韓国GM労組組合員が鉄パイプを持って社長室に集まり暴れ回ったこと」とされるのではないか・・・「これで出張が困難になり、再建も困難になった」となるかも。責任を擦り付けるこの手の手法は、アメリカ人のほうが上手なような気がするので。

捕手(日本人)

 この件も、外務省のホームページから「最も重要な隣国」が削除された件も、相手の嫌がる事をして距離を置かれているだけ、断じて韓国に嫉妬しているわけではない。
どうにも韓国人は、目の前の事しか考えていないというか、自分の行動の結果どうなるか、相手がどんな反応をするか、そういう事を考察する能力が欠如しているとしか思えない。
ヘーベイスピリット号原油流出事故のときもそう。
一審の判決で、なんの過失もないタンカー側に事故の責任をすべて押し付けた結果、世界中の保険会社から総スカンくらって、インドの船員組合からは韓国行きの船の乗船をボイコットされる始末。
ローンスターのKEB売却を阻止しようとした結果、「OINK」という用語が誕生し、欧米の投資家にコリアンリスクを広く認識させ、投資資金が流失。
アメリカから最新兵器を売ってもらえないのも分解して技術を盗もうとした前科があるから。
通貨スワップを締結してもらえないのも為替介入に利用した前科があるから。
そもそも韓国GMが経営危機に陥っているのも、生産性が低いくせに賃上げ要求ばかりしてくる労働貴族が原因のひとつ。
このGMの前例を見て、韓国からの撤退を考える外資系企業は益々増えるだろうよ。
すべて自業自得、どうして過去の失敗から学習しようとしないのか。

あるある

彼らの中には、失敗という認識がないからですよ。脳内変換で、何でも勝てばホルホルなんですよ。

ボーダー

日本は穏やかな国になった。

かつては国会前で米ヨコセだの安保反対だの、三里塚闘争とかも過激にやったもんだとボーダーの舎弟頭は言っていた。
法政大学出身だが学生運動をしない大学だったらしく、東大まで行って暴れたもんだとか嘘も交えて話した事が有る。

鉄パイプで暴れまわった時代が懐かしい・・・とか、最近は妄想に磨きがかかっている。
妄想癖で鉄パイプ好きなジジイは、今もボーダーの舎弟頭だ、困ったもんだ。

うさぴょん

(誤)価値観を共有する、最も重要な隣国
(正)最も迷惑な地図上の隣国
中国、北朝鮮、ロシアも、迷惑な地図上の隣国です。お隣さんに恵まれない国、日本。
早く台湾を正式な国家と認めて、きずなを深めましょう。