韓国経済、韓国副首相「雇用不振、最低賃金の影響でない」

韓国経済、韓国副首相「雇用不振、最低賃金の影響でない」

記事要約:韓国の副首相が「雇用不振、最低賃金の影響でない」と述べているようだ。確かに管理人は最低賃金だけの影響とは考えてない。ただ、卵が先か。鶏が先かの議論なら答えはでている。

最初に雇用不振があった。その後、最低賃金を大幅に引き上げたことで雇用不振が加速した。そういう順番である。先に雇用不振があったことはサムスン電子以外の企業の酷い決算を見れば誰でもわかることだ。

だから、最低賃金が影響して雇用不振になったというのは半分正解であり、半分、不正解となる。しかも、まだ終わっていない。最低賃金1万ウォンまで残り、2500ウォンほどあるわけだ。それに公務員81万人の採用もある。

> 金副首相は「補正予算案が速やかに審議に入り、早期に通過してこそ、雇用問題の解決につながるだろう」と強調した。

補正予算が可決しようが、しまいが、上のような公約がある限り、雇用不振はさらに激しくなる。でも、約束を守らない場合はロウソクが待っているからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国副首相「雇用不振、最低賃金の影響でない」

金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官が16日、「2、3月の雇用不振を最低賃金引き上げの影響とみるのは難しい」と述べた。

金副首相はこの日午前、政府ソウル庁舎で開かれた経済長官会議の冒頭発言で「2、3月の就業者増加幅が10万人台に縮小し、青年層の雇用が悪化するなど雇用状況が良くない」とし「これは(大幅に増加した)前年同期との比較、造船・自動車業種などの構造調整に起因するものであり、最低賃金引き上げの影響と見るのは難しい」と述べた。

金副首相は「補正予算案が速やかに審議に入り、早期に通過してこそ、雇用問題の解決につながるだろう」と強調した。

(http://japanese.joins.com/article/585/240585.html?servcode=300&sectcode=300)

合わせて読みたい記事

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
捕手(日本人)

 文政権って少数与党でしたよね、補正予算案通るのかしらん?