日別アーカイブ: 2018年5月14日

韓国経済、〔なっていない〕韓国は国土は小さく、人口も少ないのに「どうやって先進国になったのか」

韓国経済、〔なっていない〕韓国は国土は小さく、人口も少ないのに「どうやって先進国になったのか」

記事要約:今更、このサイトで韓国が「先進国」であるかどうかなんて語る内容ではないと思う。だから、結論を最初に述べると韓国は国土は小さく、人口も少ないのに「どうやって先進国になったのか」の問いはそもそも「なっていない」のだから疑問も何もこたえられないんだよな。

せめて一度でもG7に入るか、それともGDP10位以下になるかどちらかではないと先進国とは認められないだろう。韓国の限界はG20だ。それ以上の上は目指せない。しかも、そのG20になれたのも、アメリカと日本の援助のおかげだからな。だいたい、日本が隣にあればどの国も韓国並みに成長するだろうに。

韓国メディアが先進国と吹聴しているだけで韓国にどこにも先進国として器が見られない。技術もない。ノーベル賞ももらえない。文化も日本の劣化コピー。歴史は万年、中国の属国。社会は中世時代に劣る。倫理観もない。政府が国家間の約束すら守らない。強姦・放火などの犯罪が絶えない。世界一の詐欺国家。裁判でも偽証だらけの国。むしろ、韓国は途上国でしかないという理由の方がたくさんある。

だから、上の質問に答える以前なんだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔なっていない〕韓国は国土は小さく、人口も少ないのに「どうやって先進国になったのか」

中国と比較すると、韓国は国土も人口も規模は非常に小さい。しかし、韓国がそれでも先進国に数えられるまでに発展できたことは中国人にとって疑問に感じられることのようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、今や発展した国家となった韓国について「ここまで経済が発展できた原因は何か」と問う記事を掲載した。

国土や人口の点では限界がある韓国。しかし記事は、「この地理的要素が韓国を短期で発展した国とした要因である」と主張した。1960年代、韓国は経済発展を遂げるために海外の支援を受ける必要があり、朴正煕(パクチョンヒ)大統領による政権下では米国に助力し、ベトナム戦争に兵士を送り出すこともしたとする一方、この時代に韓国の経済的基盤が築かれたと言えると論じた。

なぜなら、1960年頃から韓国は積極的に海外との取引を開始し、他国より労働力を抑えられることを利用して西洋諸国から資金や技術の提供を受けながら輸出型の経済を発展させたと指摘。また米国や日本からも意欲的に先端技術や経営管理の理念などを導入し、勤勉な態度でそれらを吸収していった結果、「急速な発展を遂げ、国全体の水準を向上させることができたのだ」と主張した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

(http://news.searchina.net/id/1659214?page=1)

韓国経済、〔大言壮語〕「起亜K9の技術力、ベンツ・BMWに劣らない」

韓国経済、〔大言壮語〕「起亜K9の技術力、ベンツ・BMWに劣らない」

記事要約:韓国の起亜K9の技術力は、ベンツ・BMWに劣らないとクォン副社長が述べている。まあ、管理人は車のことについてはそこまで詳しくないのだが、さすがに、起亜自動車の技術力が、ベンツ・BMWといった超一流のブランド車と劣らないといわれたら、首をかしげざる得ない。大言壮語という言葉が相応しいんじゃないか。まず、劣らないなら同数程度を売上て見ろといいたいところだからな。

>3月まで月間販売台数が47台だった「K9」も新車が発売されると1222台(4月)も売れた。クォン副社長は「結局、国内市場の需要の半分はセダンという点を考慮した」とし「起亜車ブランドが定着するにはセダンのKシリーズの販売が増えるべきという共感があった」と話した。

クォン副社長は「K9は国内大型セダンのプライド」と語った。「すでにK9はバックオーダー(入荷待ちの注文)2500台以上を確保した」とし「生産ラインを100%稼働しても月1900台しか生産できず、注文に追いつかない」と話した。<

新車の販売が順調で生産が追いつかない。予約も殺到しているそうだが、毎月、2500台以上を確保したわけではないだろう?新発売の商品の売れ行きはその発売した月が一番多い。その後の口コミとかで広まり売れていく可能性はあるにしても、1年のトータルで見ればそのうち数は落ち着いてくる。

しかも、新車を投入しているのは起亜車だけではないだろうに。2500台の入荷待ち注文でここまで大きなことをいえるのは凄いが、その後に恥ずかしい思いをするんじゃないか。誰もそんな事信じないんだから。

韓国GMの撤退はなんとか免れたが工場の閉鎖は決まったわけで、その関連企業のリストラは行われている。1万人は路頭に迷うだろう。韓国自動車の衰退は既に目に見えるほど顕著であり、たかが新車の売れ行きが良いぐらいでは覆せない。それなのにずいぶん、強気のようだ。

せめて、日本人が購入する性能の車を製造してから自慢した方が良いんじゃないか。ええ?そんな韓国製の車なんて一生、出てこない?まあ、無理だろうな。ブランド価値がないもんな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔大言壮語〕「起亜K9の技術力、ベンツ・BMWに劣らない」

  8日午後、朴旱雨(パク・ハンウ)起亜自動車社長の執務室。5人の代理と2人の社員が社長室に入ってきた。起亜車国内営業本部所属の職員だ。

入社6年未満の7人は朴社長に対し、企業ではなく顧客の観点で起亜車ブランドを眺めようと伝えながら、起亜車の「KIA」をひっくり返した「VIKキャンペーン」を提案した。

例えば顧客が京畿道光明市(クァンミョンシ)起亜車所下里(ソハリ)工場を見学できるプログラムを作り、SUV「スポーテージ」第1世代モデルを復元しようというアイデアだ。所下里工場は国内初の自動車工場であり、「スポーテージ」は最初のSUVだ。

7人はクォン・ヒョクホ起亜車国内営業本部長(副社長)が選抜した若い職員だ。起亜車ブランドが変わるには若い世代の積極的なアイデアが必要だという判断から、クォン副社長は3年前に個人的にこのプロジェクトに参加する職員に会いに行き、意見を聞いた。

最近、起亜車ブランドが若返ったと評価される背景にはこうした企業文化があった。起亜車の販売実績は順調だ。今年1-4月の販売台数(17万5764台)は目標(16万3000台)の111%。

秘訣を尋ねると、クォン副社長はタブレットPCを一つを取り出して「この中に入っている」と語った。営業社員に支給するタブレットPCには起亜車全車種の細部情報がある。専門用語が多いが、ほとんどすべての単語にハイパーリンクがある。

例えば「アデプティブクルーズコントロール」をクリックすると、走行速度・車間距離を自動で制御する車の動画とこれを説明するイメージの資料が登場する。用語をよく知らない消費者も理解できるようにしたのだ。

起亜車は2月に準中型セダン「K3」のフルチェンジモデルを、4月には大型セダン「K9」のフルチェンジモデルを発売した。「K3」(6925台、4月)は過去初めて準中型市場で絶対的な人気の「アバンテ」(5898台)を抜いて月間販売台数基準で同級1位になった。

3月まで月間販売台数が47台だった「K9」も新車が発売されると1222台(4月)も売れた。クォン副社長は「結局、国内市場の需要の半分はセダンという点を考慮した」とし「起亜車ブランドが定着するにはセダンのKシリーズの販売が増えるべきという共感があった」と話した。

クォン副社長は「K9は国内大型セダンのプライド」と語った。「すでにK9はバックオーダー(入荷待ちの注文)2500台以上を確保した」とし「生産ラインを100%稼働しても月1900台しか生産できず、注文に追いつかない」と話した。

こうした販売好調は起亜車の優秀な競争力を証明すると、クォン副社長は主張した。クォン副社長は「もう起亜車も技術力でメルセデスベンツやBMWなどドイツ車に決して劣らない」とし「価格と比べた心理的な満足度が最も優れた自動車ブランドとして定着している」と強調した。

(http://japanese.joins.com/article/358/241358.html?servcode=300&sectcode=320)

韓国経済、〔ただの政治ショー〕北朝鮮の豊渓里閉鎖に日本も専門家も招請から外れる

韓国経済、〔ただの政治ショー〕北朝鮮の豊渓里閉鎖に日本も専門家も招請から外れる

記事要約:北朝鮮は豊渓里(プンゲリ)核実験場の爆発・閉鎖現場に、韓国や米国などのジャーナリストを招待(23~25日)するそうなのだが、そこには日本も専門家も招請から外れていることがわかった。

管理人はCNNを見ているのでおそらくライブ映像を視聴するとおもうが、日本が外されるのは別にいい。好きにやればいい。問題は「専門家外し」だろう。専門家を外すということはこの閉鎖はただの政治ショーだということだ。やましいことがあるんだろうな。後に再開できる程度に爆発させて閉鎖を装うということか。

>だが、北朝鮮外務省公報は「国内の報道機関はもちろん、国際記者団の現地取材活動を許容する用意がある」と明らかにするにとどまった。取材活動に関連する交通・宿舎・記者センターの用意など具体的な便宜措置まで発表した。それでも公報内容を見る限りでは、専門家の出席は排除された状態だ。

これではお話にならんだろう。さすがにトランプ大統領も欺されないよな。

>匿名を求めたある核科学者は「今後に続く査察過程を通じて、第1回~第6回の核実験過程でプルトニウムやウランをどれくらい使ったのか必ず突き止めておくべきだが、北朝鮮は実際には高濃縮ウラン弾を使ったにもかかわらずプルトニウム弾を使ったと主張することができる」とし「このような疑惑を解消するためには、実験場の閉鎖より正確な検証が先だ」と主張した。

つまり、証拠隠滅の可能性もあるのか。本当、信用できない国家だよな。しかし、これでは全く意味がない。政治ショーに付き合わされるだけ。検証ができないような核廃棄なんてあってはならないはずなんだ。なぜなら、完全非核化だからな。どう見ても、完全非核化をしようとはしていない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ただの政治ショー〕北朝鮮の豊渓里閉鎖に日本も専門家も招請から外れる

 北朝鮮が12日、豊渓里(プンゲリ)核実験場の爆発・閉鎖現場(23~25日)に韓国や米国などからジャーナリストを招待すると明らかにしたが、専門家はこの対象から外れた。国際原子力機関(IAEA)や包括的核実験禁止条約機関準備委員会(CTBTO)のような国際機構への言及もなかった。

豊渓里核実験場の閉鎖は北朝鮮の非核化の誠意を示すための初めてのイベントといえるが、専門家が外れた場合、限界があるとの指摘がある。

当初から専門家の招待は青瓦台(チョンワデ、大統領府)が強調し続けてきた事案だ。韓国の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席は先月29日、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は、北部(豊渓里)核実験場の閉鎖を5月中に実行すると述べた」とし「これを国際社会に透明に公開するために韓米の専門家とジャーナリストを北に招くと述べた」と伝えた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、今月1日、アントニオ・グテーレス国連事務総長との電話会談で「閉鎖現場に国連も同席して、廃棄を確認してほしい」と提案した。

だが、北朝鮮外務省公報は「国内の報道機関はもちろん、国際記者団の現地取材活動を許容する用意がある」と明らかにするにとどまった。取材活動に関連する交通・宿舎・記者センターの用意など具体的な便宜措置まで発表した。それでも公報内容を見る限りでは、専門家の出席は排除された状態だ。

これに対して青瓦台関係者は「北朝鮮はいろいろな事項を考慮したはずだが、最終的にどのような決定が下されるか分からない」として含みをもたせた。

北朝鮮の発表だけ見ると、事前の坑道公開など、実質的な査察活動が可能かどうかに対する言及も全くない。専門家は、核実験後に地下トンネルに残ったプルトニウムやウランなど核物質試料を採取すれば、現在残っている在庫量を推定することができるという。匿名を求めたある核科学者は「今後に続く査察過程を通じて、第1回~第6回の核実験過程でプルトニウムやウランをどれくらい使ったのか必ず突き止めておくべきだが、北朝鮮は実際には高濃縮ウラン弾を使ったにもかかわらずプルトニウム弾を使ったと主張することができる」とし「このような疑惑を解消するためには、実験場の閉鎖より正確な検証が先だ」と主張した。

2008年の寧辺(ヨンビョン)冷却塔爆破当時は、北核問題の解決のために膝を突き合わせた6カ国協議参加国の報道機関が現場を取材した。しかし、今回は韓国・米国・中国・ロシア・英国のメディアに限定した。2008年と違い、日本が外れて英国が入った。

英国は国連安保理常任理事国であるうえ核保有国であり、北朝鮮と外交関係も結んでいる。国連制裁の解除のためには安保理常任理事国の役割が重要で、経済が開放されれば欧州国家との関係が重要だという判断が反映されたとみられている。日本が外れたのは、これまで「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」による解決を強調し、最大限の圧迫を続けてきたことへの反感の可能性もあるが、中・長期的には、日朝首脳会談をめぐって日本の機先を制するための措置だという見方もある。

(http://japanese.joins.com/article/335/241335.html?servcode=500&sectcode=500&cloc=jp|article|ichioshi)

韓国経済、トランプ政権、北朝鮮に「体制保証」と「経済支援」の用意提示 完全非核化が条件 北朝鮮メディア「満足な合意をした」

韓国経済、トランプ政権、北朝鮮に「体制保証」と「経済支援」の用意提示 完全非核化が条件 北朝鮮メディア「満足な合意をした」

記事要約:6月12日、シンガポールで開催される米朝首脳会談。アメリカは完全非核化を条件に交渉として「体制保証」と「経済支援」の用意を掲示しているようだ。まず、核兵器を開発して金がないから経済支援しろというのはおかしい。

トランプ大統領の述べる完全非核化には核兵器研究者の国外追放。実験データの破毀なども含まれてるが、管理人は全く信用していない。同じ事が過去にあったが北朝鮮は全て裏切ってきた。だから経済制裁はそのまま続ける。信用できない相手と交渉するときは折れる必要はない。経済制裁を維持しているだけで相手は勝手に干からびる。

>ポンペオ国務長官と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は11日、ワシントンで会談し、6月12日にシンガポールで開く米朝首脳会談を巡り協議した。ポンペオ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮の非核化に「しっかりした検証計画が必要」と強調。康氏も「北朝鮮が目に見えて意味のある行動を取らない限り制裁は残る」と指摘した。

これがどこまで信用できるかなんだよな。しっかりとした検証計画はIAEAの査察だけではたりんだろうな。まずは北朝鮮全域の調査でもやるべきなんだよな。どこに地下核施設が隠されているかわかったものではない。

非核化のプロセスがどうなっていくかは知らないが、素人では判断できないからな。北朝鮮が核ミサイルをどれだけ持っているかもわからんしな。完全非核化するのに何年かかるかもわからん。管理人はトランプ大統領の最初任期までの完全非核化ではないかと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、トランプ政権、北朝鮮に「体制保証」と「経済支援」の用意提示 完全非核化が条件 北朝鮮メディア「満足な合意をした」

【ワシントン=永沢毅、ソウル=恩地洋介】トランプ米政権が北朝鮮の完全な非核化を条件に、北朝鮮側に体制保証や経済支援の用意がある考えを伝えていたことが明らかになった。北朝鮮側も一定の評価をしているもようだ。北朝鮮が支援を先取りしないように、核査察受け入れなど厳格な非核化の検証計画を条件にする方向だ。

ポンペオ国務長官と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は11日、ワシントンで会談し、6月12日にシンガポールで開く米朝首脳会談を巡り協議した。ポンペオ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮の非核化に「しっかりした検証計画が必要」と強調。康氏も「北朝鮮が目に見えて意味のある行動を取らない限り制裁は残る」と指摘した。

ポンペオ氏は9日に平壌で金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談した際、「米国が与えられる体制保証」について話したと明らかにした。「北朝鮮の繁栄に向けた支援の用意がある」とも表明。経済制裁緩和やエネルギー支援などが含まれる可能性がある。

12日付の韓国紙・朝鮮日報は米朝協議に通じた関係者の話として、ポンペオ氏が体制保証と制裁緩和、経済支援をまとめた「包括的パッケージ」を北朝鮮に提示したと報じた。日米韓と欧州連合(EU)が役割を分担して支援する方法にも言及したという。

北朝鮮メディアはポンペオ氏の訪朝後、金正恩氏が「満足な合意をした」「新たな代案を高く評価した」などと伝えている。この「新たな代案」に北朝鮮が望む体制保証や制裁緩和の道筋が含まれていた公算が大きい。

1994年の米朝枠組み合意や2005年の6カ国協議共同声明は、いずれも非核化や経済支援を約束。北朝鮮は非核化を履行しないまま重油の提供を受けた。ポンペオ氏が「検証計画」の必要性を訴えたのは同じ失敗を繰り返さないためだ。

韓国政府高官は12日、ポンペオ氏の発言に関し「長期的ビジョンの提示であり、当面の具体的措置を指しているわけではない」との見方を示した。

2018/5/12 19:51 (2018/5/12 20:39更新)

(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3043245012052018MM8000/)

韓国経済、イスタンブール空港でアシアナ航空機が滑走路移動中に他の航空機と接触→火災発生

韓国経済、イスタンブール空港でアシアナ航空機が滑走路移動中に他の航空機と接触→火災発生

記事要約:昨日もトルコの話題を取り上げた記憶があるのだが、今回は航空機事故である。イスタンブール空港でアシアナ航空機が滑走路移動中に他の航空機と接触して火災が発生した。かなり状況は酷い。動画があるのでどんな感じか確認してほしい。なんていうか。酒でも飲んで運転していたんじゃないかというレベルぐらい酷い。ああ。そうか。きっと移動中に旭日旗でも見えて火病したんだろう。

■Asiana A330’un THY uçağını kuyruğuna çarpma anı – Asiana’s A330 hit THY’s tail real time

幸い乗客に怪我などはなかったが、何をしたらこんな事故が起きるのかが理解できない。移動した先に飛行機はすぐ見えるのだから当たるなんて誰でもわかることだ。普通は回避できるような気がする。なのにこの言い分である。だいたい、接触というより、激突ではないのか。

>事故に遭ったトルコ航空機は、並んで停まっている他の航空機よりも移動経路側に突き出ているような様子である。

確かにそうは見えるが、停止しているのだから見ればわかるよな。それなのにどうして回避しないんだ?

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、イスタンブール空港でアシアナ航空機が滑走路移動中に他の航空機と接触→火災発生

アシアナ航空機がトルコのイスタンブール空港で、他の航空機に衝突して火災が発生した。

今のところ人命被害は報告されていないが、航空便の欠航によって乗客が不便を強いられた。

13日の午後5時30分(現地時間)、イスタンブール・アタテュルク国際空港を出発してソウル(仁川)に向かう予定だったアシアナ航空OZ552便・エアバスA330が滑走路を移動する際、主翼でトルコ航空のエアバスA321の尾翼に接触して通過した。

この事故でトルコ航空機の尾翼のスタビライザー(均衡を取る垂直の翼)が、完全に曲がって折れて火災が発生した。

火災は空港の消防当局によって鎮火した。

アシアナ航空航空機も破損したとハベルトルコ(Haber Turk)など、トルコのメディアが報道した。

トルコのメディアが公開した事故映像を見ると、アシアナ航空機が移動中に停止状態と見られるトルコ航空機の尾翼に接触して通過したように見える。

事故に遭ったトルコ航空機は、並んで停まっている他の航空機よりも移動経路側に突き出ているような様子である。

今回の事故による人命被害は分からないが、航空便取り消しで航空便の欠航によって乗客が不便を強いられた。

イスタンブール旅行業界のある関係者は、「トルコに住む韓人(コリアン)の一部は一旦帰った」と話した。

ソース:NAVER/イスタンブール=聯合ニュース(韓国語)

ソースは5chより記事掲載

(https://www.naver.com/notfound.html)