日別アーカイブ: 2018年5月24日

韓国経済、〔足元見られすぎ〕韓米首脳会談終わるや…北朝鮮「韓国記者、豊渓里に来い」

韓国経済、〔足元見られすぎ〕韓米首脳会談終わるや…北朝鮮「韓国記者、豊渓里に来い」

記事要約:北朝鮮の政治ショーである核実験施設の爆破・廃棄ツアーに韓国記者は拒否されていたわけだが、どうやら、米朝首脳会談が終わった後に、突然、韓国の訪朝を許容したようだ。しかも、なぜか、韓国記者のみに対して嫌がらせである。

>北朝鮮は唯一、韓国記者団だけに苦難を強いた。韓国記者団は中国北京(21日、当初の集合場所)→訪朝白紙後、帰国(22日)→城南ソウル空港を通じて訪朝(23日)等という日程で2日を消費した。

てか、断れよ。良いように足下見られて、それでも取材に行くとか、そんなんで韓国のジャーナリズムは貫けるのか。もう予定はないと切ればいいのに、こんな仕打ちに素直に従うから、いつまでも調子に乗せることになるのだ。別の韓国の記者がいようが、いまいが状況の変化はない。むしろ、北朝鮮にこんな仕打ちを受けてもまだ来るのか。どんなドM何だと思われるだけである。

こんなことされて韓国人は悔しくないのか。思いっきり、格下扱いされているのだぞ。ただでさえ、見学ツアーに1万ドルの費用がかかるんだろう。全部で3万ドルなんだろ?無駄な政治ショーを取材するために金払う必要なんてないだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔足元見られすぎ〕韓米首脳会談終わるや…北朝鮮「韓国記者、豊渓里に来い」

 北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)核実験場廃棄を取材する韓国記者団が23日、現場への移動を始めた。米国で開かれた韓米首脳会談が終了した直後に北朝鮮が韓国記者団の訪朝を許容しながらだ。これに先立ち、北朝鮮は18日から韓国記者団8人の名簿受付を拒否してきた。しかしこの日午前9時ごろ、南側が板門店(パンムンジョム)チャネルを通じて再び名簿を伝達するとこれを受諾した。

韓国記者団はこの日午後12時30分ごろ、京畿道城南(キョンギド・ソンナム)のソウル空港から空軍輸送機(VCN235)に搭乗して元山(ウォンサン)へ向かい、2時間後に元山の葛麻(カルマ)飛行場に到着した。北朝鮮税関員は記者団の荷物を検査した。北側関係者は特に「放射能測定器は持ってきたか」と聞いて放射能線量計を押収した。衛星電話やブルートゥースマウスなども押収して保管証を手渡しながら「帰る時に引き取りに来い」と言った。携帯電話の所持は許可した。

空港には記者団が利用した航空機の他に運航便がなく、空港内では普段着姿の人々が記者団に注目した。前日到着した外信記者も同じような経験をしたと伝えた。米CNNのウィル・リプリー記者はツイッターに「外国記者には監視人がずっと付いて回っている」と伝えた。彼らも線量計を押収された。

韓国記者団はこの日午後4時50分ごろ、記者団の宿舎でプレスセンターが用意されている葛麻ホテルに到着した。国際記者団がインターネットや電話などを利用できる空間だ。記者団は午後6時ごろにホテルを出て7時ごろ元山駅から豊渓里核実験場近隣の載徳(チェドク)駅(距離416キロ)に向かう専用列車に乗車した。

線路の状態が良くないため時速35キロ前後で移動する場合、載徳駅まで12~14時間程度かかるという。載徳駅から豊渓里核実験場までは21キロほどある。山間地域の非舗装道路を車両で約4時間移動した後、徒歩で2時間ほど移動しなければならない。記者団が核実験場に到着する時間は24日午後になるものとみられる。天候が良ければ記者団の到着時点に廃棄行事が行われる予定だ。

現場の便りはさらに遅く伝えられる見通しだ。写真・映像や記事などは記者団が再び元山の葛麻ホテル・プレスセンターに戻ってからでないと伝送できないためだ。

北朝鮮は唯一、韓国記者団だけに苦難を強いた。韓国記者団は中国北京(21日、当初の集合場所)→訪朝白紙後、帰国(22日)→城南ソウル空港を通じて訪朝(23日)等という日程で2日を消費した。

外交界からは北朝鮮がドナルド・トランプ大統領の発言に影響を受けたという分析が出ている。22日(米国時間)、トランプ大統領が文在寅(ムン・ジェイン)大統領との単独会談に先立ち、記者団に「思っている条件が満たされなければ(北朝鮮と)会談しない」としながら圧迫したことと関連があるということだ。

北朝鮮の「計算された駆け引き」という解釈もある。韓米合同演習や太永浩(テ・ヨンホ)元駐英国公使の出版記念会、対北ビラ散布などに対して不満を韓国側に表わす手段として記者団を利用したということだ。また、韓米首脳会談で韓国の仲裁者の役割を圧迫しようとする意図が内包されていたとの分析もある。

(http://japanese.joins.com/article/661/241661.html?servcode=500&sectcode=500&cloc=jp|main|inside_left)

韓国経済、〔米韓首脳会談〕トランプ大統領「文大統領がいて韓国は非常に幸運」

韓国経済、〔米韓首脳会談〕トランプ大統領「文大統領がいて韓国は非常に幸運」

記事要約:実質、たった21分間の首脳会談のために訪米した文在寅大統領。その文在寅大統領はトランプ大統領に「文大統領がいて韓国は非常に幸運」と褒められたようだ。良かったな。文在寅大統領。多分、管理人は皮肉だと思うが、韓国人が喜んでいるならそれでいいと思う。そもそも米朝首脳会談は終わってないのだから、評価を下すのは速くないか。

>「今、彼(文大統領)がするやり方が、我々が合意を達成できるよう本当に助けてくれている」とも言った

助けてくれるか。瀬取りしたり、裏合意して支援したり、南北合同チーム結成したことか。どれも茶番ではないか。しかし、これを褒め言葉と韓国人はきっと素直に捉えると思う。米国の大統領が文在寅大統領をベタ褒めしているとホルホルしているんじゃないか。

>これに対して文大統領は「トランプ大統領が肯定的な状況変化を導き出した。この数十年間、誰も成し遂げられなかったことをまさにトランプ大統領が成し遂げるだろうと確信している」と答えた。

確かにトランプ大統領がこれで何かをしてくれるならありがたいのだが、どうなるかは余談は許さない。アメリカが折れないのは当然だが、北朝鮮の強気な態度が取れる理由も謎だらけ。中国のお膳立てだけでここまでアメリカに盾付けるものなのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔米韓首脳会談〕トランプ大統領「文大統領がいて韓国は非常に幸運」

韓米首脳会談:トランプ大統領「文大統領がいて韓国は非常に幸運」

ドナルド・トランプ米大統領は22日(現地時間)、韓米首脳会談に先立ち行われた記者会見で、「仲介者として文在寅(ムン・ジェイン)大統領の役割をどのぐらい信頼しているか」という質問に、「非常に信頼している。彼は韓半島(朝鮮半島)にとっていいことを成し遂げるために努力している。かつて韓国には非常に(北朝鮮に対し)強硬な政権が複数あったが、今は文大統領がいる。私は文大統領が(現職)大統領であることが韓国にとっては非常に幸運だと思う」と述べた。

そして、「今、彼(文大統領)がするやり方が、我々が合意を達成できるよう本当に助けてくれている」とも言った。

これに対して文大統領は「トランプ大統領が肯定的な状況変化を導き出した。この数十年間、誰も成し遂げられなかったことをまさにトランプ大統領が成し遂げるだろうと確信している」と答えた。

トランプ大統領は「(私の言葉を)理解できるよう(文大統領に)通訳してほしい」と通訳に言った。文大統領には「私はよくやったか。これ以上うまくはやれないと思う。これを『A+(最高評価)』というのではないか」と語った。すると、文大統領は笑って握手した。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00001210-chosun-kr)

韓国経済、トランプ大統領、輸入車に通商拡大法232条検討…韓国車への打撃予想

韓国経済、トランプ大統領、輸入車に通商拡大法232条検討…韓国車への打撃予想

記事要約:これは韓国だけではないのだが、どうやらトランプ大統領は商務長官に通商拡大法232条を輸入車に適用することを検討してほしいと述べたようだ。先ほど述べたとおり、韓国だけではないので、日本のトヨタなども大きく影響を受ける。さっき、それのせいで自動車株が売られていた。

>トランプ大統領はこの日の声明で、輸入自動車が米国の国家安全保障に及ぼす影響を調査すべきだとし、このように伝えた。韓国自動車産業は対米貿易黒字の73%を占め、相当な打撃が予想される。

ただでさえ、売れなくなっているのにさらに追加で関税適用か。米韓FTAの再交渉したんじゃないのか。でも、73%の黒字は見逃せないよな。相当な打撃が予想されるか。米国の通商圧力で韓国の輸入車がピンチと。最後に現代自動車の株価はどうなのか。

まあ、さすがにこの悪材料では下がるよな。といっても、-2%ぐらいか。そこまで大きく影響してないと。具体的にどれだけの関税や輸入制限がされるかは決まってないものな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、トランプ大統領、輸入車に通商拡大法232条検討…韓国車への打撃予想

トランプ米大統領が23日(現地時間)、輸入の自動車・トラック・部品などに通商拡大法232条を適用することを検討してほしいと商務長官に指示した。

トランプ大統領はこの日の声明で、輸入自動車が米国の国家安全保障に及ぼす影響を調査すべきだとし、このように伝えた。韓国自動車産業は対米貿易黒字の73%を占め、相当な打撃が予想される。

トランプ大統領は23日午前、ツイッターで「我々の偉大な米国自動車労働者のためのビッグニュースがもうすぐ出るはず」とし「数十年間、他国にあなたたちの職場を奪われた後、あなたたちは長く待ち望んできた」とコメントしていた。

(http://japanese.joins.com/article/672/241672.html?servcode=A00&sectcode=A20&cloc=jp|main|top_news)

韓国経済、〔ムンノミクス〕不況・廃業で職失った韓国就業者、3カ月で32万人

韓国経済、〔ムンノミクス〕不況・廃業で職失った韓国就業者、3カ月で32万人

記事要約;朝鮮日報に中々手厳しい文在寅大統領の経済対策成果が出ている。タイトルに書いてあるとおり、不況・廃業で職失った韓国就業者が3カ月で32万人もいるという。これは文在寅大統領の公約81万人の公務員採用にとっては朗報ではないか。この32万人を公務員として採用すると宣言すれば支持率9割はまったなしだ。

>韓国雇用情報院は22日、今年1-3月期に雇用保険不加入となった就業者を対象にその理由を調査した結果を公表した。それによると「経営上の事情および不況による人員削減などによる退社」と「廃業・倒産」が32万2165人に上っていた。これは2014年に雇用保険不加入となった理由が「自己都合による退社」「定年」「廃業」など9項目に分類されて以来最も多い数値だ。

韓国の統計データはいまいち信用できないが、雇用保険不加入の数値ならわりとありか。今まで雇用保険に加入していた韓国人32万人が定年、廃業などの理由で不加入になったと。そして、次のデータが興味深い。

>1-3月期の間に不況や勤務していた企業が廃業したなどの理由で雇用保険不加入となった就業者の数を年ごとに見ると、2015年は28万8791人、16年29万8540人、17年30万8617人だった。つまりこれまで1万人ほどだった増加幅が今年は1万3548人と一気に30%以上も増えたのだ

2017年5月に文在寅政権が誕生した。その一年後に雇用保険不加入者は1万人から1万3千人と増えた。しかも、他国では失業率が軒並みに下がった状態である。これでは経済対策が返って逆効果だと指摘されても仕方がない。

でも、これだけ無能なのに支持率84%なんだよな。政治的パフォーマンスだけでこの高い支持率。でも、こんな有様ではそのうち急降下するだろうな。最後はロウソクデモで焼かれると。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ムンノミクス〕不況・廃業で職失った韓国就業者、3カ月で32万人

今年1-3月期の景気悪化に伴う企業の人員削減や廃業などの影響で、仕事を失った就業者の数がここ5年で最も多くなっていたことが分かった。韓国政府や識者の間では景気が下降局面に入ったかどうかで意見が分かれているが、今回の数値は景気の先行き悪化を示す指標として懸念する声が相次いでいる。

韓国雇用情報院は22日、今年1-3月期に雇用保険不加入となった就業者を対象にその理由を調査した結果を公表した。それによると「経営上の事情および不況による人員削減などによる退社」と「廃業・倒産」が32万2165人に上っていた。これは2014年に雇用保険不加入となった理由が「自己都合による退社」「定年」「廃業」など9項目に分類されて以来最も多い数値だ。

1-3月期の間に不況や勤務していた企業が廃業したなどの理由で雇用保険不加入となった就業者の数を年ごとに見ると、2015年は28万8791人、16年29万8540人、17年30万8617人だった。つまりこれまで1万人ほどだった増加幅が今年は1万3548人と一気に30%以上も増えたのだ。

今回のような結果が出た理由について雇用労働部(省に相当)の関係者は「造船や自動車など製造業の構造調整、建設景気の悪化などが一部で影響しているようだ」との見方を示した。成均館大学経済学科の趙俊模(チョ・ジュンモ)教授は「最低賃金の引き上げが低賃金労働者の雇用や雇う側の自営業者に大きな影響を及ぼしている。その結果が今回の数値だ」と分析した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052301132.html)

 

韓国経済、首脳会談前に突発的記者会見、トランプ大統領「文大統領の言葉、通訳する必要ない」~外交非礼との声も

韓国経済、首脳会談前に突発的記者会見、トランプ大統領「文大統領の言葉、通訳する必要ない」~外交非礼との声も

記事要約:アメリカにわざわざ出かけて実質21分の時間だった米韓首脳会談。しかも、トランプ大統領は文在寅大統領はどうでも良いような感じで完全に蚊帳の外という扱いのようだった。

>22日(現地時間)にワシントンのホワイトハウスで開催された文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領による韓米首脳会談で、予定になかった突然の記者会見が34分間にわたり行われた。当初、両首脳は冒頭発言の後に同席者なしで会談を行う予定だった。

この突然の記者会見も面白いな。要するに打ち合わせをさせずに文在寅大統領がどう答えるかを試したんだろうな。中々強かなやり方だと思われる。トランプ大統領はサプライズが好きとCNNが述べていた。きっと昨年だったか。トランプ大統領が訪韓したときのサプライズを真似したんじゃないか。酷いものだったからな。

韓国経済、トランプ大統領の訪韓まとめ&トランプ大統領、文大統領を痛烈批判「あいつは何を考えてるんだ?何なんだあいつは?」〔トランプ大統領の離韓後も追記〕

これだな。この記事をサイトのトップページにリンクしてあるが、既にPVが200万近いという。独島エビとか、慰安婦に突然抱きつかれるなど予定になかったことを色々入れてきたものな。きっと丁寧にお返しされたのだろう。

>しかしトランプ大統領が冒頭発言の直後、突然取材陣に質問のチャンスを与え、一問一答が長く続いた。首脳会談の開始前に何の調整もなく取材陣との質疑応答形式の会見が行われるのは極めて異例だ。このため、外交非礼と指摘する声も上がった。

朝鮮日報は愚かすぎるぞ。決まった答えの回答などトランプ大統領は求めていないのだ。トランプ大統領は知りたかったのは打ち合わせ無しでその場での文在寅大統領がどう発言するか。それの言質である。北朝鮮シンパの文在寅大統領にはちょうど良いんじゃないか。そもそも打ち合わせ通りにやるのが外交なのか?違うだろう。外交のやり方に形などない。

>トランプ大統領は文大統領が隣で見守る中、米朝首脳会談開催問題などに関する自身の考えを述べ続けた。条件が満たされなければ米朝首脳会談は実現しない可能性もある、との発言はこのときに飛び出した。この問題について調整するために行う首脳会談の前に、メディアに対して先に立場を明らかにしてしまったのだ。文大統領に直接質問を投げ掛ける場面もあった。

トランプ大統領が自由に話すことに意味がある。そもそも理解していない。この問題について調整を行う首脳会談ではないのだ。トランプ大統領は文在寅大統領に要求したのは黙ってアメリカに従えだ。勝手に瀬取りや支援などするなである。

>「北朝鮮の態度変化に対する懸念の声が出ているが、どう考えているか」との最後の質問に、文大統領が韓国語で答えると、トランプ大統領は「通訳の言葉を聞かなくてもいい。なぜなら、以前聞いたこと(答え)がはっきりしているからだ」と述べた。トランプ大統領のこの態度についても、外交非礼ではないかとの指摘がでている。しかし青瓦台(韓国大統領府)の速記録では「通訳は必要ないだろう。なぜなら、良い言葉だと思われるからだ」と異なる形で翻訳されていた。

これ面白いな。英語と韓国大統府の翻訳がかなり異なる。だいたいそれ速記ではないだろう。むしろ、改竄ではないのか。これ、米国の大統領の言葉を改竄しているのは問題ではないのか。答えははっきりしているか。外交非礼がどうとかいうなら、言葉を改竄する韓国大統領府から突っ込むべきだな。でも、さすが外交の天才だよな。これでわかるのは完全に文在寅大統領は信用されてないてことだ。朝鮮人は嘘を付くからな。トランプ大統領が欺されたことは大いにあり得る。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、首脳会談前に突発的記者会見、トランプ大統領「文大統領の言葉、通訳する必要ない」~外交非礼との声も

22日(現地時間)にワシントンのホワイトハウスで開催された文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領による韓米首脳会談で、予定になかった突然の記者会見が34分間にわたり行われた。当初、両首脳は冒頭発言の後に同席者なしで会談を行う予定だった。

しかしトランプ大統領が冒頭発言の直後、突然取材陣に質問のチャンスを与え、一問一答が長く続いた。首脳会談の開始前に何の調整もなく取材陣との質疑応答形式の会見が行われるのは極めて異例だ。このため、外交非礼と指摘する声も上がった。

トランプ大統領は文大統領が隣で見守る中、米朝首脳会談開催問題などに関する自身の考えを述べ続けた。条件が満たされなければ米朝首脳会談は実現しない可能性もある、との発言はこのときに飛び出した。この問題について調整するために行う首脳会談の前に、メディアに対して先に立場を明らかにしてしまったのだ。文大統領に直接質問を投げ掛ける場面もあった。

トランプ大統領は「仲介者として文大統領の役割をどのぐらい信頼しているか」との質問に対し「非常に信頼している。彼は韓半島(朝鮮半島)にとっていいことを成し遂げるために努力している」と述べた。これに対し文大統領は「トランプ大統領が肯定的な状況変化を導き出した」と応じた。トランプ大統領が「(私の言葉を)理解できるよう(文大統領に)通訳してほしい」と通訳者に語り掛ける場面もあった。文大統領に対しては「私はよくやったか。これ以上うまくはやれないと思う。これを『A+(最高評価)』というのではないか」と問い掛けた。これに対し、文大統領は笑顔で手を差し出して握手した。

「北朝鮮の態度変化に対する懸念の声が出ているが、どう考えているか」との最後の質問に、文大統領が韓国語で答えると、トランプ大統領は「通訳の言葉を聞かなくてもいい。なぜなら、以前聞いたこと(答え)がはっきりしているからだ」と述べた。トランプ大統領のこの態度についても、外交非礼ではないかとの指摘がでている。しかし青瓦台(韓国大統領府)の速記録では「通訳は必要ないだろう。なぜなら、良い言葉だと思われるからだ」と異なる形で翻訳されていた。

即席の質疑応答が34分間続いたため、30分の予定だった首脳会談は21分に短縮された。青瓦台の関係者は「両首脳は、話すべきことは十分に話した」とコメントした。

ワシントン= 鄭佑相(チョン・ウサン)記者 , イ・ミンソク記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓米会談でトランプ氏「文氏の言葉、通訳不要」、外交非礼との声も>

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052303562.html)