韓国経済、〔米韓合同軍事演習中止〕「在韓米軍撤退すれば日本が最前線」 安保パニックに陥った日本

韓国経済、〔米韓合同軍事演習中止〕「在韓米軍撤退すれば日本が最前線」 安保パニックに陥った日本

記事要約:今回の「在韓米軍撤退すれば日本が最前線」となり、安保パニックに陥った日本と朝鮮日報が述べているのだが、別に日本は困ってないんだよな。そ、もそも、在韓米軍撤収フラグは既に立っていて、韓国が赤化していくことも想定内。管理人のような軍事素人でさえ、それを理解しているのだから、日本政府はそのうち韓国が切られることを想定していないはずはない。

だから、韓国との接点は毎年、希薄になっているではないか。外務省のHPを見ればわかるだろう。重要な隣国もなくなり、戦略的な価値観を有する国もなくなり、ただの韓国である。むしろ、焦っているのは朝鮮日報だよな。赤化していく韓国をとめることもできずに日本の安保がどうとかいいだす。朝鮮日報は在韓米軍撤収したら、韓国がどうなるかを速めに専門家の意見を交えて、シミュレーションした結果を公開したほうがいいとおもう。国が亡くなる前にな。

>「(在韓米軍撤退の話を聞いて)目と耳を疑った。米国自ら将棋の駒を捨てたような行動だ」(香田洋二・元自衛艦隊司令官) トランプ米大統領が在韓米軍撤退の可能性に言及して以降、日本列島が「安保パニック」に陥っている。首相官邸、外務省、防衛省、それぞれが記者会見するたびに「在韓米軍が撤退すれば日本の安全保障にも影響が出るのではないか」との質問が相次ぎ、官房長官、外相、防衛相が「米国は今すぐ撤退すると言っているわけではない」と火消しに躍起になっている。

むしろ、予想もできてない新聞社が慌ててるだけのように見えるぞ。本当に新聞記者なのか?この動きはそこまで予想外ではないだろう。時期は速まったかもしれないが、赤化すれば、在韓米軍撤収はあり得る話だ。だから、日本はしっかり韓国が赤化したときに備えての防衛力強化が必要なわけだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔米韓合同軍事演習中止〕「在韓米軍撤退すれば日本が最前線」 安保パニックに陥った日本

「ドナルド・トランプ米大統領が在韓米軍の撤退に言及したが、絶対に言ってはならないことだった。在韓米軍が撤退するということは韓国の軍事境界線が対馬海峡になるということで、日本の安全保障にとって計りしれない危機だ」(深谷隆司・元国家公安委員長)

「(在韓米軍撤退の話を聞いて)目と耳を疑った。米国自ら将棋の駒を捨てたような行動だ」(香田洋二・元自衛艦隊司令官)

トランプ米大統領が在韓米軍撤退の可能性に言及して以降、日本列島が「安保パニック」に陥っている。首相官邸、外務省、防衛省、それぞれが記者会見するたびに「在韓米軍が撤退すれば日本の安全保障にも影響が出るのではないか」との質問が相次ぎ、官房長官、外相、防衛相が「米国は今すぐ撤退すると言っているわけではない」と火消しに躍起になっている。

菅義偉官房長官は14日の定例記者会見で「米国は現時点で在韓米軍の撤退・縮小を検討しているわけではない」として「韓米同盟に基づく抑止力が、北東アジアの安全保障に不可欠な役割を果たしている」と述べた。河野太郎外相は「韓米同盟と日米同盟はアジアの平和と安定を維持してきた『公共財』だ」と述べ、小野寺五典防衛相は「在韓米軍の縮小はあってはならない」と強調した。

政界やメディア、官僚、安全保障専門家の間でも「韓米軍事演習の中止や在韓米軍の撤退はあってはならない」「中国と北朝鮮だけがホクホク顔だ」などという声が噴出している。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00004001-chosun-kr)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

8
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
7 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
8 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ボーダー

メディアは地政学などと言う便利な用語を使う。ボーダーも講座を受けた経験が有りますが「隣の国が攻めて来る」しか記憶が無い。
世界は狭くなったけど「隣の国が近所の国」になった程度で、まさかパラグアイが日本に脅威を与えるとは思えない。

韓国が全体主義化している割合は:30%
韓国が赤化している割合は:25%
韓国が社会主義化の割合は:15%
間抜け化は60%
サッカーのパラグウアイ戦結果を聞いてバイアグラを連想したボーダーの「平和ボケ化」は相当ビドイです。

ジャック

中韓お得意、相変わらずの「俺が困るのはそちらにとっても不都合」式ロジックですね。
さんざっぱら関係国を困らせてきて、恥を知れと言いたいです。

今のところ、本件について政権与党内で慌てているのが、
モリカケで一躍『小物界の大物』筆頭に躍り出た石破氏くらいだというのが、
そっくりそのまま、在韓米軍撤退に対する日本のスタンスなのではないかなと。

退職者

 韓国に駐留しているアメリカ軍の主体は歩兵・砲兵・戦車・装甲車両部隊が主体となっています。現在の近代戦に於いては、航空機・ミサイルが主体となっておりますので、近年は、大幅な削減案がアメリカ国防総省で何度か議論の対象になっていたようです。今更 トランプが撤退発言をしても さほど驚くことなないと思いますよ
 仮にアメリカ軍が、韓国から撤退した時 朝鮮半島に緊急事態が発生した場合 アメリカ本土より緊急展開部隊(イラク戦争に第一陣として参加)がグアム・沖縄を経由して、派遣されるようです。日本人の多くがあまり知らないと
思いますが、沖縄に緊急部隊用の管理倉庫群があり、弾薬、野戦用食料、戦車
・装甲車が大規模に備蓄されています。
 それと、日本にはアメリカのインド太平洋軍が横須賀に司令部があり、アメリカ航空部隊は三沢・岩国・沖縄に展開しておりますので、朝鮮日報がわめくような記事は無視をすればよいと思いますよ 朝鮮日報の記事は韓国こそ安保パニックに陥っている証拠だと思います。
 韓国軍は、朝鮮戦争の時 ソウルを直ぐに捨て敵前逃亡のように釜山に逃げ
アメリカ軍が北朝鮮軍を中国国境まで追い詰めた時 中国義勇軍の参戦でアメリカ歩兵隊を最後尾(さいこうび)において さっさと逃げた前歴がありす。
 アメリカ航空部隊の支援により、最後尾のアメリカ歩兵隊が退却できましたが、多くの死傷者を出したアメリカ軍部は、その時より韓国軍を信用しておりません。この事実は、朝鮮戦争に参加したアメリカ軍の将官が書いた手記に記載されております。
 

 

うさぴょん

退職者さま、貴重な情報をありがとうございます。たいそうお詳しいですね。

ナナシ

日本政府、特に安倍総理周辺は慌ててないと思います。
2007年1次政権時代に日米で方向性や対応策など決めてたのでは!?
両国共に準備完了してると思うがタイミングがなかったように思います。
それでこのタイミングになったのかと思ってます。

清介

朝鮮日報おかしくね?
第三国の記事なら判るけど、当事者だよね???
自由主義連盟から追い出され、お笑い韓国軍単独で自分の国を守るのだよ
中国のしもべになるのが判ってないのか?
嬉しそうに、日本が困る{笑い}
キムチ脳は理解できん

ss65

「在韓米軍撤退すれば日本が最前線」 ⇐ ビザ復活。
じゃなくて 〔米韓合同軍事演習中止〕 ⇐ こっち。
小さい演習は行う、で韓国のF35、簡単に言うと、ステレス戦闘機は隠密行動が主体なので飛行時間が長い、空中給油が無いと大幅に性能ダウンする、ま~ミサイルと燃料満タンでの戦闘機の離陸は機体の強度上出来ない、日本は空中給油機は4機、韓国は無し、検討はしてる、でも米軍に給油機の支援を受けるにしても定期的な軍事訓練が必要、買うとなればもっと大変、給油機 日本は4機じゃとても足らん、+3機予定してるしてもだ、韓国は・・・
ま~去年見たいにy基地にF16が6機、この訓練も消える訳だ、。。。

酔って候

米、合同演習中止へ最終調整 日韓防衛担当閣僚と電話会談
https://www.sankei.com/world/news/180615/wor1806150035-n1.html
> 国防総省によると、マティス氏は宋氏との会談で「米韓合同軍事演習に関する大統領の指示をどのように協力して達成するか」を話し合ったという。マティス氏は宋、小野寺両氏に対して、引き続き米韓、日米の強固な同盟関係を維持すると約束した。

米韓同盟破棄に繋がる「戦時作戦統帥権返還問題」は、盧武鉉政権の時に韓国側から提案されたものです。その後保守政権が続いたため、問題は棚上げされてきましたが、朴槿恵政権は、(政権末期こそ親米に転じましたが)離米従中が外交方針でした。現在の文在寅政権は盧武鉉政権の後継政権と言えるものです。
米軍は米韓同盟を見限ることも想定していると思います。米韓同盟破棄という事態になった場合の日米間の対応に関する協議は既に終わっているのではないでしょうか。