日別アーカイブ: 2018年6月23日

韓国社会〔サッカーワールドカップロシア杯〕韓国 VS メキシコ まもなく(0時)キックオフ!

韓国社会〔サッカーワールドカップロシア杯〕韓国 VS メキシコ まもなく(0時)キックオフ!

記事要約:さて、明日はお休みということで管理人は夜更かしして、韓国とメキシコの試合を観戦しようとおもう。理想としては3点ほど韓国が点を入れられて、完膚なきまでに叩きのめされるのを期待するのだが、ドイツに勝ったメキシコと韓国はどう戦うのか。注目だろう。一部の日本人に限定されるが。

試合は0時からなので、まだ、1時間ほどあるのだが、お菓子と飲み物を用意するなら、トルティーヤやぶりとーといったメキシコ料理を食べて応援するのもいい。なければドンタコスだ。ドンタコスそのものをスーパーで見かけないかもしれないが。今からタコスを探すのは難しい。まあ、ピザを注文してそこにトッピングにあの辛い調味料。名前が出てこないが、それをかけるのもいいかもしれない。ああ。タバスコだ。タバスコもメキシコが発祥だったはず。ええと、調べてみたら

>タバスコは、メキシコ・タバスコ州原産のキダチトウガラシの一品種チレ・タバスコを使った辛味調味料である。アメリカ合衆国ルイジアナ州エイブリー島に本社を置くマキルヘニー社 の創業者が1865年に考案し、現在も同社が商標権を持つアメリカの調味料である。

タバスコというのはメキシコキダチトウガラシの1品種から造られているそうだ。なので、これかけてもメキシコ応援にはなるんじゃないかな。アメリカに本社があるらしいが。

ということで、点が入ればサイトで追記ということで知らせていこうと思うのだが、皆さんも楽しんでいただきたい。試合は地上波でやるので、見るのはそこまでむずかしくないとおもう。

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

カレーの作り置き注意 「ウエルシュ菌」増殖で食中毒の恐れ

カレーの作り置き注意 「ウエルシュ菌」増殖で食中毒の恐れ

記事要約:管理人は毎年、6月~9月の中旬ぐらいまで、お寿司を食べに行かない。刺身を食べない。つまり、生ものは避けている。これはいつも家族にも注意しているんだが、食中毒の季節でもあり、夏にもなれば冷たい物を食べたくなるわけだが、必ず火を通したものを食べるように言っている。それで、今回の記事はその食中毒にかかわるもので、消費者庁がカレーの作り置きに注意とのこと。

昔から、一晩寝かしたカレーは美味しいといわれているが、実際のところ、食中毒にもなりやすいということで、注意していただきたい。

>梅雨時は食中毒が増加傾向にあることから、消費者庁はカレーや煮物などの煮込み料理を作り置きすると「ウエルシュ菌」が増え、食中毒になる恐れがあるとして注意を呼び掛けている。 同庁によると、ウエルシュ菌は100度の熱を加えても完全に死滅させるのは難しい。

つい、たくさん作って明日食べようという家庭も多いとはおもうが、今の梅雨時は食中毒が怖いのでやめたほうがいい。カレーそのものは夏に食べても美味しいんだが。まあ、食べたければ少量にするとか。レトルトカレーでもいいとおもう。コンビニのカレーというのもありだ。物が腐りやすい季節なので気を付けたい。

他にもおかきなどをパッケージから開けて、1日放置すると、もう、湿っていたりする。レトルトご飯も開けてないから大丈夫だとおもえば、少しでも中に空気が入るとカビが生えたりするので要注意だ。だから、管理人はレトルトのご飯は冷蔵庫に入れている。

>消費者庁は食中毒を防ぐためのポイントとして、(1)食べ切れる量を作る(2)保存時は小分けして冷却する(3)再加熱する場合はよくかき混ぜて全体を十分に加熱する-を挙げた。

これは電子レンジで温めるとかはダメということなんだろうか。カレーを温めるときは良くかき混ぜると。何にせよ。食中毒になると物凄くつらいので注意してほしい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

カレーの作り置き注意 「ウエルシュ菌」増殖で食中毒の恐れ

梅雨時は食中毒が増加傾向にあることから、消費者庁はカレーや煮物などの煮込み料理を作り置きすると「ウエルシュ菌」が増え、食中毒になる恐れがあるとして注意を呼び掛けている。 同庁によると、ウエルシュ菌は100度の熱を加えても完全に死滅させるのは難しい。

作った煮込み料理を室温で冷ましていると、酸素が少ない鍋底などで増殖する。
ウエルシュ菌は下痢や腹痛などを引き起こすという。

厚生労働省の統計では、同菌による食中毒の発生は2016年に31件で1411人、17年には27件の1220人に上る。 両年ともノロウイルス、カンピロバクターに次いで患者数が多い。

消費者庁は食中毒を防ぐためのポイントとして、(1)食べ切れる量を作る(2)保存時は小分けして冷却する(3)再加熱する場合はよくかき混ぜて全体を十分に加熱する-を挙げた。

大阪北部地震のような災害現場で被災者に対する炊き出しをする際も、カレーなどを作る場合は注意が必要だと指摘。消費者庁の岡村和美長官は「加熱調理しても食中毒になる恐れがあり、消費者にあまり知られていない」として、注意を促した。

時事通信社 2018年6月23日 15時29分

(https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062300353)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

記事要約:管理人は買い物と市場調査を兼ねて、毎週、何件かのスーパーでの商品販売価格をチェックしている。昨年は台風やらの影響で野菜の価格が高騰していた。特にキャベツや白菜は高かったのだが、今はだいぶ値段が元に戻っている。それと、今、安いのはトマトだな。美味しいトマトが安いのはありがたい。

トマトは熱してトマトスープにして飲んだ方が美容や健康には良いそうなので、トマトジュースより、トマトスープをお勧めしたい。サンドイッチに入れても美味しい。で、何の話だったか。ああ。そうだ。韓国の郡山で生産されたキャベツが日本に輸出して、毎週10トンほど販売するそうだ。しかも、25日に東京に到着するので、それから店頭に並ぶまで数日てところだ。

おそらくイオン辺りで販売するのではないか?もし、イオンに買い物行く人がいれば注意していただきたい。原産国の確認はしていると思うのだが、韓国産のキャベツが日本に輸出されてはいってくると。

>重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

韓国産でなければ味見していいんだが、韓国産というだけで購入対象にはならない。せっかくの国産のキャベツが安いのに、なんで韓国産のキャベツを食べないといけないのだ。なので、トンカツ屋さんなどでキャベツを大盛りで出すところは注意。コンビニもそうだが、どこで加工されて使われるかはわかりにくいので、注意していただきたい。管理人は国内農家を応援する意味も含めて国産野菜を推奨したい。

魚や果物まで国産にこだわるのは難しいのだが、せめて野菜ぐらいは安全なものを食べたい。管理人は肉と野菜は国産と決めている。果物を国産限定にするとバナナとかまずないので難しい。魚は鮭が好きなのだが、北海道産の鮭より、チリ産のほうが味が好みだ。アメリカ産はあまりおいしくない。でも、最近は、チリ産の鮭も高くなっているんだよな。前は98円だったのに、今は128円するのだ。なんと3割ぐらい一気に上がった。これも鮭の人気が高まっているそうだが。鮭好きには死活問題だ。

とまあ、主婦みたいな文章になっているが、市場価格を見ておくのは面白いので、普段、買い物を奥さんに任せきりの旦那様も、たまにスーパーに出かけてみてほしい。思わぬ発見があるかもしれない。

>群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

買う、買わないは消費者が唯一選択できる個人の自由なので、それに関して何かいうつもりはないのだが、韓国産を口にしたくない消費者も中にはいるということだ。だから、上のような塩漬け白菜、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなども注意していただきたい。

パプリカは切られて便利な野菜パックの中に入っている。原産国に韓国と書いてあるので、管理人は買わない。ホウレンソウは普通に国産が売られている。サンチュ、ケールはあまり見たことないな。まあ、普段、食べないからな。

後、韓国産の食品は割とこうして取り上げているのだが、もう一つのジャンルとしては、韓国の化粧品関連も気になってはいる。韓国の化粧品関連は年々、伸びている。日本での売上も上がっているようなので、これについても少しずつ記事を増やしていきたいところだ。ただ、食品はわかるが、化粧品の知識はほとんどないからな。プラセンタ100とか、たまに通販で出てくるが、さっぱりわからないしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

【群山聯合ニュース】韓国南西部・全羅北道群山市の農業技術センターは22日、同地の小玉キャベツを日本に輸出したと明らかにした。

キャベツは25日に東京に到着し、毎週約10トンが若者や単身世帯向けに販売される見通しだ。

重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

群山市の関係者は「日本人の消費トレンドに合わせて小玉キャベツを供給するため、昨年から契約栽培を始めた」とし、「来年には栽培面積を30ヘクタールに広げ、毎週40トン程度を輸出する計画だ」と伝えた。

群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2018/06/22/0500000000AJP20180622003600882.HTML)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国とロシアが自由貿易圏の設立に関する共同声明に署名

韓国経済、韓国とロシアが自由貿易圏の設立に関する共同声明に署名

記事要約:ジャンル分けしようとして、こういう記事に当たると、これは外交なのか、経済なのか、どっちだと思ってしまう。韓国がロシアと何かするなら外交なのだが、自由貿易圏の設立に関する共同声明に署名ということで経済的な話題だ。まあ、分からないときは韓国経済にしとこう。

さて、韓国とロシアの動きは数年前というか。朴槿恵政権時代から色々と出てきた。おそらく、この先、ロシアとのFTAでもする布石ではないかとおもう。ロシアは資源国なので韓国にとって必要な原油や天然ガスといった資源輸入が拡大すれば、中東への依存も減る。

ロシアは極東を開発に投資してくれたり、資源を購入してくれる客は欲しい。GDPの規模では韓国の方がロシアより上になっている。でも、全然、上のようには思えないけどな。しかし、ロシアは経済的にはまだまだ復活したとはいえない。数年前、ロシアはクリミア侵攻したことで、各国から経済制裁を受けている。

プーチン大統領が外交で割とおとなしいのも、内政が中々うまく行ってないためだとおもうんだよな。ここ数年でロシアのプーチン大統領が目立った発言して取り上げた記憶はほとんどない。

どうだろう。もう少し邪推するとアメリカ陣営から抜けた後に赤化したとき、ロシアに媚びいるための政略ともいえる。中国とロシアが手を組むかは知らないが、韓国にとっては歴史上、避けては通れない国である。ただ単に何も考えていない、蝙蝠、いや、バランス外交かもしれないが。

他にもロシアから韓国までに鉄道でも通したいとか。韓国は北や中国の言いなりなので、北朝鮮がOKすれば南北鉄道は造られて、それが中国とロシアにつながれば陸路して巨大な運送ルートが出来上がる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国とロシアが自由貿易圏の設立に関する共同声明に署名

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とプーチン大統領がモスクワで開いた首脳会談を受け、両国は自由貿易圏の設立に関する共同声明に署名した。

さらに、ロシア経済発展省と韓国の科学技術情報通信部が、 第4児産業革命に向けた露韓イノベーションプラットフォーム設立における協力に関する覚書にも署名。

さらに露韓地域間協力フォーラムの設立に対するロシア経済発展省と
韓国外務省のあいだの相互理解に関する覚書にも署名した。

(https://jp.sputniknews.com/business/201806225027176/?utm_source=short_direct&utm_medium=short_url&utm_content=hRp5&utm_campaign=URL_shortening)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国社会、〔韓国サッカーロシア杯〕「韓国は3戦全敗」と前代表監督が断言、韓国ネット「分かってるから。もう言わないで…」

韓国社会、〔韓国サッカーロシア杯〕「韓国は3戦全敗」と前代表監督が断言、韓国ネット「分かってるから。もう言わないで…」

記事要約:今日は23日なので韓国とメキシコの対戦は明日ということになる。あのドイツを破ったメキシコと韓国が激突する。この時点で勝てる気がしないと誰もが思うんじゃないか。別にサッカーに詳しくなくても、ドイツが負けたという時点で、メキシコが強いことはわかる。だから、韓国の前監督が3戦全敗と予想するのはわかるのだが…今、いうことなんだろうか。

>記事によると、17年6月まで韓国の代表監督を務めたウリ・シュティーリケ氏はドイツメディアの取材に「現監督はソン・フンミンの存在感を引き出していない」と話し、グループリーグ3戦全敗を「断言」したという。

ソン・フンミンといわれても、誰かわからないのだが、サッカーは11人でやるもんだろう?一人強い選手がいるだけで勝てるほど甘くないだろう。メッシみたいなスーパープレイヤーなら別だが。マラドーナと同じで、10年に一人か、100年に一人ぐらいの超逸材だろう。野球で言えばイチロー選手みたいなもんだろう。違うと突っ込まれても困るが。

野球で思い出したが、管理人は最近、ネットフィリクスでメジャーセカンドを見て楽しんでいる。前作のメジャーは全部見たので、続編は面白いかどうか、不安だったのだが、わりと面白いな。まだ小学生の話だが、主人公が親父とは全然違うなと。本当にあれでメジャーに行くんだろうか。話がずれてきたな。

ついでに読んだサッカー漫画などを引き出しが出てきたので触れておくと、管理人が最近、読んだのはDAYSだ。あれも中々面白い。確かアニメも途中までやっていた。管理人はスポーツ漫画、料理漫画などはわりと読んでいる。では、記事に戻る。

>記事は「韓国サッカーに自信たっぷりの韓国のネットユーザーも『全敗という事態に直面してしまう』との認識を持っている」と指摘し、ネット上には「分かってるから。もう言わないで…」

確か韓国世論では38%は突破できると考えていたので、3人に2人は無理だと思っているわけだ。管理人も3連敗して終わりだと思う。でも、抽選時から死のリーグとかいわれていたし、元々、絶望的だったではないか。一矢報いるなら1点でも取ればいい。取れるならな。スウェーデン戦で有効シュートもないようでは、1点すら厳しいだろうが。ただ、1点も取れずに負けてもミサイル撃てとか火病はしないでくれよ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国社会、〔韓国サッカーロシア杯〕「韓国は3戦全敗」と前代表監督が断言、韓国ネット「分かってるから。もう言わないで…」

2018年6月19日、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で黒星スタートとなった韓国代表について、環球網は「前代表監督が3戦全敗を断言」と報じた。

グループFの韓国は18日の初戦でスウェーデンに0-1で敗れており、23日の第2戦は格上のメキシコとぶつかる。そして次に待ち受けているのは前大会王者ドイツとの戦いだ。

記事によると、17年6月まで韓国の代表監督を務めたウリ・シュティーリケ氏はドイツメディアの取材に「現監督はソン・フンミンの存在感を引き出していない」と話し、グループリーグ3戦全敗を「断言」したという。

記事は「韓国サッカーに自信たっぷりの韓国のネットユーザーも『全敗という事態に直面してしまう』との認識を持っている」と指摘し、ネット上には「分かってるから。もう言わないで…」

「(それは)事実です」「発言は間違っていないと思うけど、シュティーリケ氏から聞くような話ではないと思う」などのコメントが寄せられていることを伝えた。(翻訳・編集/野谷)

(https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_618234/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

小惑星探査機「はやぶさ2」、リュウグウまで残り38キロ!220~100kmの距離から見たリュウグウ

小惑星探査機「はやぶさ2」、リュウグウまで残り38キロ!220~100kmの距離から見たリュウグウ

記事要約:最近、管理人は毎日、はやぶさ2が目的地「リュウグウ」に到着するかをチェックしている。ええと。到着というのが0キロ(着陸)を指すのかと思っていたのだが、どうやら20キロまで行けば一応、到着ということになるらしい。現在、6月までのスケジュール表はこんな感じだ。

今、6月23日、残り38キロを切った。それで、次は6月27日前後に小惑星「リュウグウ」到着ということで、これが高度20㎞らしい。ここでケーキを買って、皆で祝えばいいのかな?さすがにタッチダウンまでは長いもんな。うん。なので、小惑星到着、ケーキと飲み物を用意してもらうということで。

これなら、日本とセネガル戦が開始の25日0時以降ぐらいだろうか。28日23時のポーランド戦の前かもしれない。日本戦と時期が重なるので、管理人が忘れている場合はサイトでコメントいただきたい。まあ、大丈夫だとは思うのだが、どうせなら、日本がセネガルに勝ってグループリーグ1位突破が確定した後、はやぶさ2が到着という二重に嬉しいニュースが出てくればいいな。

もう到着は確実だが、到着してからが本番だからな。砂や岩を持ち帰れるかどうかも注目したい。さて、最新のリュウグウの画像も見てほしい。

■220~100kmの距離から見たリュウグウ

■明暗強調版

(http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180621je/index.html)

写真の詳しい解説はリンク先で見てもらえばいいのだが、これ大きさ補正をしていないそうだ。つまり、近づいていくほど大きく撮れている?でも、だいぶ、形がはっきりしてきたな。しかも、クレーターのようなものも見えるな。ということは他の小惑星や小さな隕石とぶつかったことがあるてことか。

いやあ、見ているだけで興味深い。こういう勉強を子供の時にやりたかったな。ぜひとも、小学校の先生は子供たちにプリントでも何でもいいので教えてあげて欲しい。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国社会、米国で売春容疑で韓人(コリアン)捕まる(写真あります)

韓国社会、米国で売春容疑で韓人(コリアン)捕まる(写真あります)

記事要約:記事のジャンル分けということで韓国人による犯罪や事故などのニュースは韓国社会に分類する。そして、その第一弾がいつもの米国で売春容疑で韓人(コリアン)が捕まるだ。

それで写真をどうしようかなと。朝から、こんな写真を見せていいのかどうか。記事を読みながら数分ほど悩んだのだが、「リンク」ならいいよな。閲覧は「自己責任」だしな。

リンク先の閲覧で受けた精神的なものは当サイトは一切責任を負わないのでご注意ください。管理人がリンクを張らないと読者様がわざわざリンク先をコメントで張ってしまうので、いらぬ手間をかけさせるわけにもいかないしな。

(キム・ミスク(左)、チョン・ミヨン(右) )

うん。それについてはとやかくいわない。さて、ニュースに戻ろう。

>ホール郡保安局のドン・スカリア報道官は21日、報道資料を通じ、ブフォードに住むチョン・ミヨン(50歳)とキム・ミスク(46歳)を売春店運営容疑で逮捕したと明らかにした。キムは類似性行為、無免許マッサージの容疑も受けている

韓国人が米国でマッサージ店などを経営するとなぜか、売春場所になっているんだよな。これも氷山の一角である。しかも、当然、無免許である。この逮捕も住民が違法行為が行われるという申告からだそうだ。さらに、4000ドル、1000ドルの保釈金を払って解放されたらしい。わりと保釈金が安い気がするな。

しかし、韓国人はどうしてアメリカまで遠征して売春しようとするのか。国内に仕事がないから?なんだろうか。確かに不景気になればそういう仕事も増えるというのもあるが、景気が良くても、似たような事件は過去にいくつも起きているからな。

ああ、のちの強制連行や慰安婦としてのネタ作りなのかもしれない。アメリカも気を付けた方がいい。そのうちアメリカ人に奴隷にされたとか言い出し、慰安婦像を立てられるぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国社会、米国で売春容疑で韓人(コリアン)捕まる(写真あります)

ホール郡のマッサージ店で、韓人(コリアン)2人が売春容疑で逮捕された。

ホール郡保安局のドン・スカリア報道官は21日、報道資料を通じ、ブフォードに住むチョン・ミヨン(50歳)とキム・ミスク(46歳)を売春店運営容疑で逮捕したと明らかにした。キムは類似性行為、無免許マッサージの容疑も受けている。

スカリア報道官は、ゲインズビル・ダウンタウン近郊のジョン・モロー・パークウェイにあるマッサージ店で、違法行為が行われているという申告を受けて取り締まりを実施したと明らかにした。

キムとチョンはそれぞれ4000ドル、1000ドルの保釈金を払って釈放された。

ソース:米州中央日報(韓国語)

ソースは5chより記事掲載

(http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6313814)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国の対米投資が9割減、米中貿易摩擦は戦争へ?

韓国経済、中国の対米投資が9割減、米中貿易摩擦は戦争へ?

記事要約:先日辺りから、500億ドル、600億ドル規模での米中貿易戦争が開始されているわけだが、どうやら、中国の対米投資が9割減という。米中の摩擦は世界経済、しいては韓国経済にも大きく影響するので、韓国経済の一範囲として扱うわけだが、対米投資9割減というのは中々、インパクトがある数値だ。

寝る前に数値が出てくる経済記事ではあるのだが、明日起きて読んでもらえればいい。朝に取り上げると間違いなく寝ぼけた管理人はまともな突っ込みができそうにないからな。

>データを公表したのは、中国企業の投資動向専門の米調査会社ロジウム・グループだ。 その最新の統計によれば、今年1~5月に中国が行った対米投資はわずか18億ドル。前年同期から92%も落ち込んだ、と米CNNMoneyは報じている。半期では過去7年で最低の水準だ。

18億ドル。つまり、1900億円か。これで92%減なのか。かなりの投資規模だが、わずかと述べているからな。全体的ならわずかなのか。確かに中国の2017年の貿易総額は4兆1050億ドル(約438兆円)だからな。これはアメリカを抜いて首位である。そこから考えたら18億ドルなんてわずかか。つまり、中国は、今年はアメリカにほとんど投資していない。それで対米投資が減少した原因が次である。

>中国の対米投資が減少に転じたのは2017年。米中双方における規制強化が原因だ、とロジウム・グループは分析する。中国は対外投資を抑制し、アメリカも中国企業よる企業買収への監視を強化した。

つまり、トランプ政権になって貿易の規制が強化されたと。では、オバマ政権ではどうだったのか。中国の対米投資額は2016年はだと460億ドルと史上最高を記録していたようだ。これではっきりわかるな。オバマ前大統領が中国にとって都合が良い米国の大統領だったと。

これでトランプ大統領ではなくて、ヒラリー氏が次の大統領だったら、対米投資が倍増していたんだろうな。内部から乗っ取り作戦が成功する前にアメリカ人に見抜かれたわけだが。どのみち中国とアメリカは対立する運命にある。独裁国家、ダンピング輸出、知的財産権の侵害を続ける中国と仲良くできるはずないだろう。

>それが2017年には290億ドルに落ち込み、今年は5月末時点でわずか18億ドルにとどまっている。 ドナルド・トランプ政権は6月18日にも、2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を課すと発表、 中国側も直ちに同額の関税で報復を誓ったばかりだ。その数日前には、 500億ドルの中国製品に25%の追加関税をかけるとして、中国も報復に出たばかり。 米中の貿易摩擦は激化こそすれ、沈静化する気配はない。

米中貿易戦争は日経平均が下がるので、正直迷惑であるのだが、他国のことを批判しても、それを受け入れるかといえば、そうでもないしな。G7でトランプ大統領と他の国が対立した構図となっても、トランプ大統領は鉄鋼・アルミニウムの関税をやめるようなことはなかった。

>4月にホワイトハウスでトランプと会談した米アップルのティム・クックCEOは、
貿易戦争が取り返しのつかないほどエスカレートしたり、中国から輸入する部品のコストが上がってiPhoneが値上がりするようなことはないだろう、と楽観的な見方を示した。

これはクック氏は楽観的すぎないか。ZTEの制裁でもわかるように中国はアメリカの技術に依存している。それがなければスマホが造れないからZTEは営業停止にまで追い込まれた。まあ、制裁は解除されそうだが、問題は中国に勝ち目がないてことではないのか。

アイフォーンが値上がり以前にXの高さはおかしいだろう。で、SE2は出ないとか読者様が教えてくれたのだが、本当なのか。まあ、どうせ秋には新作出すだろうし、それ次第かな。

>「(貿易戦争に)勝者はいない。どちらも負ける」、とクックはCNNの番組で語った。 「負けが分かりきっているのだから、米中両国は問題を解決できるはずだ」

中国の一方的譲歩で終わりそうだが、まあ、やりあってどうなるかの結果を見てから双方が交渉すればいいんじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

■報復関税合戦で2大経済大国間の取引が収縮すれば、世界経済にも悪影響は避けられない

米中貿易戦争の懸念が高まる中、中国の対米直接投資が激減している。

今年5月末までに中国企業が行った工場用地取得や企業買収などの対米投資は、昨年同期比で大幅に落ち込んだ。世界の2大経済大国である米中両国の貿易関係が急激に悪化したことが背景にある、と専門家は指摘する。

データを公表したのは、中国企業の投資動向専門の米調査会社ロジウム・グループだ。 その最新の統計によれば、今年1~5月に中国が行った対米投資はわずか18億ドル。前年同期から92%も落ち込んだ、と米CNNMoneyは報じている。半期では過去7年で最低の水準だ。

中国の対米投資が減少に転じたのは2017年。米中双方における規制強化が原因だ、
とロジウム・グループは分析する。中国は対外投資を抑制し、アメリカも中国企業よる企業買収への監視を強化した。

中国の対米投資額は、バラク・オバマ前米大統領の任期の最終年だった2016年に460億ドルと史上最高を記録した。

それが2017年には290億ドルに落ち込み、今年は5月末時点でわずか18億ドルにとどまっている。 ドナルド・トランプ政権は6月18日にも、2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を課すと発表、 中国側も直ちに同額の関税で報復を誓ったばかりだ。その数日前には、 500億ドルの中国製品に25%の追加関税をかけるとして、中国も報復に出たばかり。 米中の貿易摩擦は激化こそすれ、沈静化する気配はない。

■世界経済にも悪影響

「貿易戦争」の始まりは、トランプ政権が3月に中国製の鉄鋼とアルミに追加関税を課し、中国もお返しをしたこと。以来、米中の報復合戦が繰り返されるたび、世界の株式市場は動揺してきた。

貿易をめぐる米中対立は、石油市場からハイテク産業に至るまで、幅広い産業に悪影響を及ぼしている。

特に後者への打撃は深刻だ。中国の通信機器大手の中興通訊(ZTE)は、
アメリカの部品の輸入禁止などの制裁措置を受け、操業停止に追い込まれた(その後トランプは態度を変え、制裁を緩和する姿勢を見せている)。

4月にホワイトハウスでトランプと会談した米アップルのティム・クックCEOは、
貿易戦争が取り返しのつかないほどエスカレートしたり、中国から輸入する部品のコストが上がってiPhoneが値上がりするようなことはないだろう、と楽観的な見方を示した。

「(貿易戦争に)勝者はいない。どちらも負ける」、とクックはCNNの番組で語った。 「負けが分かりきっているのだから、米中両国は問題を解決できるはずだ」

(https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10434.php)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry