韓国経済、「サムスン物産の合併で被害」米国系PEFがISD予告

韓国経済、「サムスン物産の合併で被害」米国系PEFがISD予告

記事要約:米韓FTAで紛争解決に用いられることのなったISD訴訟。既に韓国では3件ほど訴訟が起きていて、1件が韓国政府の責任という裁判結果が出ていた。後、2件は裁判中なのだが、さらに4件目のISD訴訟が起きるかも知れない。訴訟結果の内容は↓のリンクを参考にして頂きたい。

必読!韓国経済、〔訴訟合戦の始まり〕韓国政府、ISDで初めて敗訴…イラン企業に730億ウォン支払い命令

そして、4件もエリオットと同じ、プライベート・エクイティ・ファンド(PEF)である。米国系PEFのメイソンキャピタルマネジメントらしい。どうやら、このメイソンキャピタルによると、「2015年のサムスン物産と第一毛織間の合併当時、韓国政府が外国系投資家を相手に差別待遇をした」と主張しているようだ。

>メイソンキャピタルは2015年のサムスン物産と第一毛織の合併当時、サムスン物産の株式2.2%を確保した後、合併反対に声を上げた。仲裁意向書によると、メイソンキャピタルは韓国政府を相手に最小1億7500万ドルの被害補償を要求した。エリオットの要求金額6億7000万ドルに比べると相対的に少ない金額だ。

これはこの記事だけでは原因がわからないな。差別待遇というのは何をしたかが書かれていない。これでは判断できないな。イラン企業みたいな不当な扱いならすぐわかるんだがな。あまり、管理人は米国のこの手のファンドや韓国政府も信用してないからな。この件に関してはこれだけでは差別待遇したかもわからないので、何か別記事が出てくるまで待つことにする。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、「サムスン物産の合併で被害」米国系PEFがISD予告

2015年のサムスン物産と第一毛織の合併をめぐる韓国政府の決定に対し、米国の行動主義ファンドがまた攻勢に乗り出した。4月に米国系プライベート・エクイティ・ファンド(PEF)のエリオットマネジメントが法務部に投資家国家間訴訟(ISD)仲裁意向書を提出してから3カ月ぶりだ。

法務部は3日、米国系PEFのメイソンキャピタルマネジメントが先月8日に韓国政府にISD仲裁意向書を提出したと明らかにした。メイソンキャピタルはISD仲裁意向書に「2015年のサムスン物産と第一毛織間の合併当時、韓国政府が外国系投資家を相手に差別待遇をした」と主張した。

メイソンキャピタルは2015年のサムスン物産と第一毛織の合併当時、サムスン物産の株式2.2%を確保した後、合併反対に声を上げた。仲裁意向書によると、メイソンキャピタルは韓国政府を相手に最小1億7500万ドルの被害補償を要求した。エリオットの要求金額6億7000万ドルに比べると相対的に少ない金額だ。

(http://japanese.joins.com/article/887/242887.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types