日別アーカイブ: 2018年7月31日

韓国経済、【シリア】安田純平さん「わたしの名前はウマルです。韓国人です。今すぐ助けて下さい」

韓国経済、【シリア】安田純平さん「わたしの名前はウマルです。韓国人です。今すぐ助けて下さい」

記事要約:日本政府から数年前からシリア情勢が悪化したことを受けて、渡航を自粛するように日本人に呼びかけていたのに、忠告も聞かずにシリアへ行ってテロリストに捕まった自称ジャーナリストがいた。

当時、日本の誰もが呆れるほどだったことを良く覚えている。だから危険だといわれた国で捕まって助けるなどという世論はなかった。それから数年後、彼は忘れられていたのだが、どうやら、韓国人であることが判明した。つまり、在日朝鮮人なのか?通名なのか。なら、日本政府に助けを求めるのではなく、韓国や北朝鮮で朝鮮語で助けてというべきではないのか。

>安田純平さんとみられる男性「わたしの名前はウマルです。韓国人です。きょうの日付は2018年7月25日、とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」

日本語で助けを求めても韓国人なら尚更、関係ないという。管理人は自業自得しかいいようがない人間は助ける必要はないと考えている。そりゃそうだ。地雷原に自ら進んで地雷を踏んだから助けてくださいとか、最初から近づかなければこんなことになってない。

そもそも、日本からシリアには直接行けなかったはずだ。それなのにわざわざ入国するとか、自分は大丈夫だとは思い込んでたのかは知らないが、日本政府も完全に無視している時点でそういうもんなんだろう。世論も付いてこないと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【シリア】安田純平さん「わたしの名前はウマルです。韓国人です。今すぐ助けて下さい」

3年前からシリアで行方不明となっているフリージャーナリストの安田純平さんとみられる男性の新たな動画が公開された。

安田純平さんとみられる男性「わたしの名前はウマルです。韓国人です。きょうの日付は2018年7月25日、とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」

安田さんとみられる男性は、男2人に銃を突き付けられ、日本語で「今すぐ助けてください」と訴えている。

安田さんは、2015年6月にシリアで行方不明となり、国際テロ組織アルカイダ系の武装組織に拘束されたとみられている。

映像は、インターネット上に公開されているが、真偽は不明。

(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180731-00397661-fnn-soci)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【ラオスのダム決壊SK建設の人災確定】現場に復旧用装備がなかったと判明=韓国ネット「安全を無視して工事?」「国の恥さらし」

韓国経済、【ラオスのダム決壊SK建設の人災確定】現場に復旧用装備がなかったと判明=韓国ネット「安全を無視して工事?」「国の恥さらし」

記事要約:手抜き工事をするような企業は普段から危機意識そのものも欠如している。これは建設現場だけではなぃのだが、なんと恐るべきことがわかった。なんとラオスのダム決壊で、現場に復旧用装備がなかったことが判明した。つまり、ダムを復旧させることすらできずに韓国人は全員逃げ出したということだ。明らかに人災確定である。最初から復旧させるつもりすらなかったわけだ。

消防署が火事の知らせを聞いて現場に駆けつけたらポンプが装備されてなかったようなものだ。道具もないのにどうやって消すんだレベルである。大丈夫だ。こんなはまだまだ序の口だ。杜撰な韓国人のことだ。もっとあり得ないことを平気でやっているだろう。

>韓国・SBSは、韓国のSK建設が建設中だったラオスのダムが決壊した事故をめぐり「事故前に沈下現象が確認された際、現場には復旧用の装備がほぼなかったという証言が出た」と報じた。

沈下が11cm確認されたのは確か4日前だった。しばらく様子見といいながら、実は復旧装備がほぼなかったと。様子見ではなく、その復旧作業そのものができなかったと。人災過ぎるだろう。

>ラオスダム建設の韓国の合弁会社は、国会報告で「ダムの沈下が確認された後に急いで復旧装備を手配した」と述べた。また、ダムの工事現場で働いていた従業員も「2013年の工事開始時から、現場には施工会社であるSK建設の装備はなかった」と話したという。

沈下現象が確認されたということは一刻を争う事態だ。急いで復旧装備を手配したといっても近くにあるはずもない。場合によって韓国から取り寄せてる必要があったかもしれない。その時点でSK建設は終わっているということだ。

そもそも、これおかしいよな。SK建設は豪雨という自然災害のために復旧作業が遅れたとかいってなかったか。でも、実際、復旧装備を取り寄せている間に何もできないのだから、まるっきり嘘ではないか。

>SK建設側は 「(発見後)直ちにラオス当局にこの事実を知らせ、 村の住民を避難させ始めた」とし 「豪雨によって補修作業が遅れ、 補助ダムが決壊する危険が高まると、 23日朝からセナムノイダムの水を放流するしかなかった」と釈明した。

中央日報の記事である。管理人は取り上げていたから覚えている。本当、韓国人はすぐに嘘を付く。とりあえず、何1つ信用できないな。では、SK建設は何をしていたんだ?まさか、全部下請けに任せて自分らは何もしてなかったのか?あり得そうだな。

>SBSが2013年にSK建設が結んだラオスダム工事の下請け契約書を確認したところ、ダム二つと補助ダム五つの大規模な工事であるにもかかわらず、下請け会社は1社だった。同社は昨年6月、請け負った土木工事とダム構造の工事を終え契約が終了したため撤収した。その際に主要な建設装備も運び出されたため、今回の緊急の状況で復旧装備がないという事態が発生したという。

いや、復旧装備というのは何かあったときのために用意しておくものだろう。もう完成するからと復旧装備を回収するのか。まあ、回収するわけないよな。

>建設業界では「大規模な工事で一括下請負が行われることは異例のこと」と指摘する声が上がっている。SBSは「大規模な工事を行っているにもかかわらず、問題発生時にすぐに投入できる装備を用意していなかった」と批判的に伝えている。

面白い事になってきたな。大規模な工事なのに全て下請けに任していたと。しかも、問題発生時の対応できる装備すら用意してないと。それで下請けにほとんどやらせて、自分たちが造りましたとホルホルしていた。最低の屑だな。

>これに対し、SK建設は「残るは仕上げの作業だけという状況だったため下請会社は撤収した」とし、「ダムの上部が流失した翌日に現地の業者に依頼してダンプトラックなど12台の装備を投入した」と説明したという。

翌日なんて遅いに決まっている。沈下現象が確認されたということはダムの決壊は間近に迫っていた。こんな対応で自然災害がどうとかいいだすのか。さすがだよな。SK建設。これも財閥搾取の構造なんだろうな。

これはセウォル号と違った酷さがあるな。一体、SK建設がどこまで酷かったか。全容解明しないとだめそうだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【ラオスのダム決壊SK建設の人災確定】現場に復旧用装備がなかったと判明=韓国ネット「安全を無視して工事?」「国の恥さらし」

2018年7月31日、韓国・SBSは、韓国のSK建設が建設中だったラオスのダムが決壊した事故をめぐり「事故前に沈下現象が確認された際、現場には復旧用の装備がほぼなかったという証言が出た」と報じた。

ラオスダム建設の韓国の合弁会社は、国会報告で「ダムの沈下が確認された後に急いで復旧装備を手配した」と述べた。また、ダムの工事現場で働いていた従業員も「2013年の工事開始時から、現場には施工会社であるSK建設の装備はなかった」と話したという。

SBSが2013年にSK建設が結んだラオスダム工事の下請け契約書を確認したところ、ダム二つと補助ダム五つの大規模な工事であるにもかかわらず、下請け会社は1社だった。同社は昨年6月、請け負った土木工事とダム構造の工事を終え契約が終了したため撤収した。その際に主要な建設装備も運び出されたため、今回の緊急の状況で復旧装備がないという事態が発生したという。

建設業界では「大規模な工事で一括下請負が行われることは異例のこと」と指摘する声が上がっている。SBSは「大規模な工事を行っているにもかかわらず、問題発生時にすぐに投入できる装備を用意していなかった」と批判的に伝えている。

これに対し、SK建設は「残るは仕上げの作業だけという状況だったため下請会社は撤収した」とし、「ダムの上部が流失した翌日に現地の業者に依頼してダンプトラックなど12台の装備を投入した」と説明したという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「安全を無視して工事するのか?」「そんな大規模な工事を一括下請負で?。国の恥さらし」「手抜き工事は韓国では通用しても外国では通用しない」「SK建設は、自然災害との理由で手抜き工事を隠すつもり?」「『受注と設計はするから、後は勝手に建設して』ということ?」「情けない。被害に遭った住民たちがかわいそう。復旧や補償がきちんと行われるか疑問」「放っておけ。SK建設が解決する問題だ。ダムの復旧に国民の税金が使われるべきでない」など、SK建設に対する厳しい声が上がっている。

(https://www.recordchina.co.jp/b629700-s0-c10-d0035.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

〔国民の敵〕「自分は18連休で台湾旅行したくせに…」安倍首相の休息を猛口撃するも盛大なブーメラン発言で批判殺到

〔国民の敵〕「自分は18連休で台湾旅行したくせに…」安倍首相の休息を猛口撃するも盛大なブーメラン発言で批判殺到

記事要約:別に安倍総理が数日休もうと、この蓮舫氏に非難される筋合いはない。管理人は維新以外の野党は国民の敵と認識している。その理由はやはり、GW前の18連休だろう。仕事をしないことを宣言する屑議員が日本人にわかりやすく否定されたという。そんな中、蓮舫氏は里帰りをしたわけだ。まあ、何か連休がどうとかで野党が与党議員を批判すれば18連休を思い出せと。管理人は言うつもりだ。

>立憲民主党の蓮舫議員(50)が28日付で自身のツイッターを更新。安倍晋三首相が30、31日の2日間、つかの間の休息をとることが決まり、首相官邸に出邸しないことになったことを受け「これはどういうことだろうか。つかの間の休息は必要と思うが、なぜ閣議をとりやめにするのか。また今接近中の台風が被害をもたらした場合に関係閣僚会議を開くのは内閣総理大臣なのに、だ。」と苦言を呈した。

野党議員は勘違いをしている。台風対策をするのは別に内閣総理大臣の仕事ではない。何かしらの被害が予想されるからと待っているとか、待機してろとか、最近の論調はおかしいのだ。豪雨で宴会していたと自民党を叩くが、別に良いではないか。仕事をしているなら。

しかも、立憲民進党も同じようにパーティーを開いていたんだろう。そういうのは日程を中止にすると、他の人間や料亭などに迷惑かかる。数人規模ではないのだから。批判はけっこうだが、災害が起こる度に座禅でも組んどけという意見には賛同しかねる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔国民の敵〕「自分は18連休で台湾旅行したくせに…」安倍首相の休息を猛口撃するも盛大なブーメラン発言で批判殺到

立憲民主党の蓮舫議員(50)が28日付で自身のツイッターを更新。安倍晋三首相が30、31日の2日間、つかの間の休息をとることが決まり、首相官邸に出邸しないことになったことを受け「これはどういうことだろうか。つかの間の休息は必要と思うが、なぜ閣議をとりやめにするのか。また今接近中の台風が被害をもたらした場合に関係閣僚会議を開くのは内閣総理大臣なのに、だ。」と苦言を呈した。

しかしこのツイートを見たユーザーからは「えぇ…あなた18連休したくせによくそんなこと言えますよね」「都内に居るなら素早い対応は、出来ますね。18連休して海外で遊んでる訳じゃなし」「お前が言うな!国会をずる休みして18連休中、台湾旅行してたくせに」「他人の休みは批判か。18連休したのは正当か。安倍政権はもうあかんと思うが政党ころころ変える党は信用出来ん」というような批判の声が殺到している。

蓮舫議員は今年のゴールデンウィークを含む期間に国会をサボって18連休をとり旅行を楽しんでいた。さらにその様子を、中国語SNS「微博」にアップしていることがバレてしまいさらに炎上してしまうという出来事があったばかり。今回このような批判の声が上がっても仕方がないのかもしれない。

(https://news-vision.jp/article/188643/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔ラオスのダム決壊〕ダム決壊の死者は27人ではなく9人 ラオス当局が修正

韓国経済、〔ラオスのダム決壊〕ダム決壊の死者は27人ではなく9人 ラオス当局が修正

記事要約:韓国のSK建設の人災であれだけの大惨事を引き越したラオスのダム決壊。原因や被害がわかるのはこれからだが、やはり、恐れていたことが出てきた。ラオスも中国と同じで社会主義国家なのだ。

中国は二桁以上の死者は出さない。さらに、ラオスの場合は二桁も出さないらしい。はあ。BBCは300人以上。知事は1126人。どう見ても10人以下ではないんだよな。だいたい死者が減るとかおかしいだろうに。これで韓国が死者数は少ないと平気で言い出すに決まっている。それとも、既に賄賂が渡っているんだろうか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ラオスのダム決壊〕ダム決壊の死者は27人ではなく9人 ラオス当局が修正

【バンコク共同】ラオス南部アタプー県当局者は29日、同県サナムサイで記者会見し、 ダム決壊による大洪水で9人の死亡が確認されたと発表した。ラオス国営メディアは 少なくとも27人が死亡したとこれまで伝えていたが、地元県が修正した。国営メディアは、 行方不明者の一部を死者と…

(https://www.nna.jp/news/show/1794409)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国軍事、〔朝鮮半島有事〕北朝鮮、1-2発のICBMを製造しているもよう=報道

韓国軍事、〔朝鮮半島有事〕北朝鮮、1-2発のICBMを製造しているもよう=報道

記事要約:どうやら、北朝鮮が1-2発のICBMを製造しているという報道がロイター通信からある。気になるので少し紹介したい。ロイターはワシントン・ポストの記事を引用しているようだ。

>同紙が情報機関に近い複数の当局者の話として伝えたところでは、米国の情報機関は、平壌郊外の山陰洞(サンウムドン)にある大規模な研究施設で、液体燃料を使用したICBMを製造している兆候を確認した

やはり、研究は普通に進んでいるわけか。米朝首脳会談なんてたいした意味はなかった。非核化なんて嘘。米国本土を狙うための時間稼ぎ。わかってはいたことであるが、これでは日本や世界の脅威は過ぎ去っていない。

ICBMに普通の弾頭を積むわけないものな。核実験をしなければセーフとかトランプ大統領が考えているなら、それは甘いと思う。ICBMの製造。核実験は繋がっている。むしろ、どちらもかかせない。

このような暴挙を見過ごすわけにも行かないと思うが、こればかりはトランプ大統領を信じるしかないからな。せいぜい、欺されないようにしてもらいたいところだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国軍事、〔朝鮮半島有事〕北朝鮮、1-2発のICBMを製造しているもよう=報道

[ワシントン 30日 ロイター] – 米紙ワシントン・ポストは30日、北朝鮮が新たな大陸間弾道ミサイル(ICBM)を1発もしくは2発、製造しているもようだと伝えた。

同紙が情報機関に近い複数の当局者の話として伝えたところでは、米国の情報機関は、平壌郊外の山陰洞(サンウムドン)にある大規模な研究施設で、液体燃料を使用したICBMを製造している兆候を確認した。

この施設は北朝鮮が米国を射程に収める最初のミサイルを製造した場所とされる。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000017-reut-kr)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔ラオスダム決壊はSK建設の人災〕韓国救援隊、被災地で医療活動「傷ついたラオス国民の心までいたわるという覚悟」

韓国救援隊、被災地で医療活動「傷ついたラオス国民の心までいたわるという覚悟」

記事要約:なんだろうな。この上から目線であり、さらに加害者という立場の韓国救援隊。一体何様かは知らないが、「傷ついたラオス国民の心までいたわるという覚悟」ではないだろう。傷つけたのは韓国のSK建設であり、同胞だろう。傷つけてしまっただろう。しかも、まるで自分たちは助けてやるという態度。

やはり、韓国人はいらんだろう。アリバイ造りにたった30人に派遣してこの上からの態度。謝罪も何もない。ラオスの人々がどう思っているかは知らないが、追い出した方が良い。

>救援隊は10日間の日程で被災者の治療や感染症予防に当たる予定だ。サナムサイには4か所の避難所があり、約3500人の被災者が身を寄せている。救援隊のノ・ドンファン医療チーム長は「傷ついたラオス国民の心までいたわるという覚悟で、救援活動を行う」と述べた。

自分たちが手抜き工事でいい加減なダムを造ったからこうなっているのだ。この韓国人は医療なので関係ないかもしれないが、どうして派遣されているかぐらいは理解しているよな。そのチームのリーダーがこんな認識なんだから。いたわるどころか。さらに傷つけるんじゃないか。

朝から不快なニュースで申し訳ないが、韓国経済関連としてもラオスダム決壊は今後の海外受注がどうなるかという非常に重要な問題が含まれているので外せない。いくら管理人が笑韓に達しているとはいえ、やはり、人の子なので感情を抑えきれないことがある。そういうときはいったん、頭を冷やしてくる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国救援隊 ラオスの被災地で医療活動へ

被災地への出発に先立ち、迅速な医療支援活動を誓う救援隊=30日、チャンパサック(聯合ニュース)

【チャンパサック聯合ニュース】ラオス南東部アッタプー県のダム決壊で被災した住民の医療支援に向かった韓国の海外緊急救援隊が30日午後、同県に入り、保健所内に診療所を開設して本格的に活動を始める。

救援隊は内科、小児科、救急医療科、耳鼻咽喉科の医療スタッフ15人と支援スタッフ5人の計20人からなる。前日午後6時ごろ、韓国軍の輸送機でラオス南部チャンパサック県の空港に到着。30日午前6時半ごろ、バスでアッタプー県のサナムサイへ出発した。

救援隊は10日間の日程で被災者の治療や感染症予防に当たる予定だ。サナムサイには4か所の避難所があり、約3500人の被災者が身を寄せている。救援隊のノ・ドンファン医療チーム長は「傷ついたラオス国民の心までいたわるという覚悟で、救援活動を行う」と述べた。

アッタプー県では韓国(SK建設、韓国西部発電)、タイ、ラオスの合弁会社が建設中だった水力発電用ダムが23日夜に決壊し、数十人が死亡、多数の行方不明者が出ている。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/30/2018073001110.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry