翁長知事が死去

翁長知事が死去

記事要約:なんと、名護市辺野古への移設を巡り、前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回を表明していた沖縄県の知事が亡くなったそうだ。

沖縄を混乱させた張本人なのだが、死ねば人は仏だからな。ご冥福をお祈り申し上げます。

>だが、7月27日に米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回に向け、手続きを始めると表明したのを最後に、ほとんど公の場に姿を見せず。8月5日には謝花喜一郎副知事が会見し、意識混濁の状態で入院していることを明らかにしていた。

彼が死んだのでこれで承認の撤回は消えたと。次の知事はまともな良識あるものを選んでくれよ。ほとんど移転が進んでないからな。日本と米国という国家で決まったことを知事が覆していたら外交にならんからな。

翁長知事が死去

沖縄県知事の翁長雄志(おなが・たけし)さんが8日午後、死去した。知事関係者が明らかにした。67歳だった。

翁長知事は今年4月、人間ドックがきっかけで膵臓(すいぞう)に腫瘍が見付かったことを公表。同月、切除手術を受けた。浦添市内の病院を退院した5月15日に会見し、病理検査の結果、腫瘍は膵がんと診断されたことを自ら明らかにした。

同23日には、沖縄出身の歌手・安室奈美恵(40)への県民栄誉賞授与式に出席。再発や転移を押さえる治療を受けたため髪は抜け落ち、ほおもこけてやせ細っていたが、その姿を隠すこともなく、公務にまい進していた。

だが、7月27日に米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回に向け、手続きを始めると表明したのを最後に、ほとんど公の場に姿を見せず。8月5日には謝花喜一郎副知事が会見し、意識混濁の状態で入院していることを明らかにしていた。

75年3月に法大法学部を卒業した翁長知事は、85年8月に那覇市議に初当選。その後、沖縄県議(2期)、那覇市長(4期)を経て、2014年11月の県知事選に出馬。普天間飛行場の移設反対を訴え、当時の現職らを破り、初当選した。

今後は公職選挙法により、県議会議長の知事退職通知から50日以内に選挙が行われる。任期満了に伴う知事選は11月1日告示、同18日投開票が決まっていたが、前倒しされる。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000232-sph-soci)

合わせて読みたい記事

5
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です)

400
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
5 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
5 コメントしてくれた人の名前
新しい 古い 最も評価が高い
酔って候

本当は癌が分かった時点で知事職を辞し、家族とともに穏やかな日々を過ごされた方が良かったと思うのですが。本人が望まなかったのか、ALL沖縄が許さなかったのか。
ご冥福をお祈りします。

ALL沖縄は「弔い合戦」の御旗を建てて次の知事選に臨むことでしょう。
ただ、ALL沖縄も最近の膠着状態で、一時の勢いが失せてます。
展開の読み辛い知事選になりそうです。パヨクメディアは、ALL沖縄応援団を結成して、張り切って応援するのでしょうけど。

次の知事に保守派が当選したら、国としても全面支援の上、沖縄で違法な活動をやっている活動家を徹底的に取り締まるべきだと思います。

ヘッジホッグ

一体、この方は、何を目指していたのでしょうか?辺野古工事を遅らせられた、普天間の人たちは、どう思っていたのでしょうか?

ほうえさん

σ(^_^)の思想は合わないところありましたが、お悔やみ申し上げます
ちょっと話題とずれますが中央日報の記事ですが
韓経:45カ月「受注ゼロ」…現代重工業の海洋プラント工場20日から稼働中断http://s.japanese.joins.com/article/837/243837.html?servcode=300&sectcode=300

うさぴょん

翁長知事のご逝去を悼み、心からご冥福をお祈りいたします。

キジトラ

一方では 辺野古反対派が防衛省の職員に大怪我をさせて居ます
全治一ヶ月の大怪我 あいも変わらず暴れまわって居ます
何がオール沖縄じゃ 名前をオール暴力と変えろ 産経でも隅の方に小さく乗っているだけ TV局等他のマスコミは報道しないでしょうね。