韓国経済、スマホ世界シェアAppleファーウェイに抜かれ 1位サムスン 2位ファーウェイ 3位Apple 4位5位中国企業

韓国経済、スマホ世界シェアAppleファーウェイに抜かれ 1位サムスン 2位ファーウェイ 3位Apple 4位5位中国企業

記事要約:どうやら、2018年第2四半期のスマートフォンシェアに大きな動きがあったようだ。1位のサムスン電子は変わりないが、2位のアップルが、3位のHUAWEIに抜かれて転落した。つまり、ファーウェイは1位のサムスン電子にここまで追い上げてきたことになる。目指す頂上はあと少しと。

>トップは7150万台を出荷したSamsung。Galaxy S9/S9+は通例よりも発売が遅れましたが、スマートフォン全体での市場シェアは20.9%で、がっちりと世界1位をキープしています。なお、Samsungは2018年8月9日とAppleの新iPhone発表よりも約1カ月早く、大画面フラッグシップモデルのGalaxy Note9の発売を行う見込みで、Q3以降の販売競争を乗り切る構えです。

日本ではたいして売れてないが世界ではギャラクシーシリーズは売れているからな。まだまだブランド力があるといえる。爆発するスマホから2年でここまでシェアを維持できてるのは凄いだろう。そして、アップルを抜いてついに中国勢がサムスン電子に攻勢を仕掛ける。

>Appleを抜いて2位に浮上したHuaweiは、2018年Q2で5420万台を出荷して市場シェアが15.8%と躍進し、ついにAppleを抜きました。前年同期比では40.9%の大幅アップとなり、販売は極めて好調。Mateシリーズ、Pシリーズ、Honorシリーズ、novaシリーズなどハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広いラインナップを備えるHuaweiは勢いを増しており、Samsung追撃を着々と進めています。

中国という巨大な市場。インドなどのアジアやアフリカなどの販売網拡大。後、2000万台ぐらいの差なら、来年には逆転しているかもしれないな。いよいよここまで来たか。アップルが盛り返すかは知らないが、管理人が期待しているiPhone se2が出ないとかあったしな。次のiPhone9か、なにか知らないがそれで何か面白い機能が付くといいが、まあ、既に頭打ちのような気もする。

これが各企業シェアの推移。そこまでファーウェイとアップルに差はないのか。3.7%ぐらい。これなら巻き返しは可能かもしれないな。しかし、4位にはシャオミが来ている。5位のoppoも中国系らしい。つまり、スマホのトップはもう韓国と中国、米国の3社によって争われている。でも、中国勢がトップ5に3つ入ってる時点でもう負けてるんだよな。しかし、本当にサムスン電子VSファーウェイの構図が完成したな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、スマホ世界シェアAppleファーウェイに抜かれ 1位サムスン 2位ファーウェイ 3位Apple 4位5位中国企業

調査会社のIDCが2018年第2四半期(Q2:4月から6月)における、スマートフォンの世界シェアを発表しました。中国のHuaweiが四半期ベースでAppleを抜いて世界第2位に躍り出ています。

トップは7150万台を出荷したSamsung。Galaxy S9/S9+は通例よりも発売が遅れましたが、スマートフォン全体での市場シェアは20.9%で、がっちりと世界1位をキープしています。なお、Samsungは2018年8月9日とAppleの新iPhone発表よりも約1カ月早く、大画面フラッグシップモデルのGalaxy Note9の発売を行う見込みで、Q3以降の販売競争を乗り切る構えです。

Appleを抜いて2位に浮上したHuaweiは、2018年Q2で5420万台を出荷して市場シェアが15.8%と躍進し、ついにAppleを抜きました。前年同期比では40.9%の大幅アップとなり、販売は極めて好調。Mateシリーズ、Pシリーズ、Honorシリーズ、novaシリーズなどハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広いラインナップを備えるHuaweiは勢いを増しており、Samsung追撃を着々と進めています。

3位に転落したAppleは2018年Q2の市場シェアは12.1%。前年同期比で0.7%と微増にとどまり、Huaweiに抜かれることになりました。とはいえAppleは、2018年9月には新モデルを3種類そろえると予想されているため、2018年後半に大きく巻き返すことが期待されます。なお、Appleをインド市場でSamsungをしのぐXiaomi、東南アジアやインドからアフリカへと販売網を拡大するOPPOの中国勢が追いかける展開というのは、ここ数年と同様です。

IDCによると2018年Q2の世界全体でのスマートフォン出荷台数は3億4200万台と前年同期比で1.8%減だとのこと。これで3四半期連続の減少となっており、世界的なスマートフォン市場の縮小傾向が明らかになっています。

(https://gigazine.net/news/20180801-huawei-win-apple-share/)

合わせて読みたい記事

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です)

400
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前
新しい 古い 最も評価が高い
柴犬

中国メーカーの携帯は、バックドアが仕込まれているそうなので、安くても使わない方が無難です。