日別アーカイブ: 2018年8月3日

韓国経済、【トランプ大統領】台湾の窓口機関に警護で海兵隊の派遣を要請 施設警護は「大使館扱い」を意味、中国が猛反発

韓国経済、【トランプ大統領】台湾の窓口機関に警護で海兵隊の派遣を要請 施設警護は「大使館扱い」を意味、中国が猛反発

記事要約:読者様からの情報からだが、トランプ大統領が台湾の窓口機関に警護で海兵隊の派遣を要請したそうだ。この施設警護は「大使館扱い」を意味するそうで、中国が猛反発しているとのこと。米国は台湾を中国から引きが剥がそうとかなり動きを始めている。ウイグルの強制施設の収容問題にも言及したこともあった。

また、米中貿易戦争でもやりあっている。水面下での動きが表立って出てきた恰好ともいっていいが、米国は中国と本気でやりあうかはまだまだわからない。しかし、一連の動きは南沙諸島の中国の実効支配の牽制とも取れるので、このまま中国の覇権を黙ってみていることはなさそうだ。

>今回、国務省の要請を受けて、正式に台湾派遣が決まれば、初めてであり、 トランプ政権の「強い台湾防衛意思」を象徴するエピソードになる。 トランプ氏はかねて「親・台湾」色を鮮明にしてきた。

台湾にTHAAD配備するという話しも以前にあった。第2アチソンラインを徐々に構築しようという動きかとおもわれる。その時に中国を外海に出さないようにするには台湾の場所が重要となる。台湾を味方にすることで地政学的に有利となる。

(http://wedge.ismedia.jp/mwimgs/5/e/-/img_5e4153fc11a371e36f69e8643cfd2625152507.jpg)

地図を見て頂きたいのだが、台湾がこっちに側に入っている。そして、日本のシーレーンが非常に重要な位置を占めている。これは補給路の確保でもそうだ。だから、尖閣諸島は絶対に中国に渡すわけにはいかないのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【トランプ大統領】台湾の窓口機関に警護で海兵隊の派遣を要請 施設警護は「大使館扱い」を意味、中国が猛反発

米中関係がにわかに緊張している。 ドナルド・トランプ米大統領が対中制裁関税の発動検討を発表したのに加えて、 米国務省は台湾における米国の窓口機関である「米国在台湾協会(AIT)」の警護要員として、米海兵隊に要員派遣を要請した。

中国は猛反発している。 海兵隊による施設警護は、事実上の「大使館扱い」を意味しており、 中国が唱える「1つの中国」という主張に真っ向から対立するからだ。少人数とはいえ、軍事的色合いさえ帯びている。

トランプ氏が、中国に厳しい姿勢を示しているのは、なぜか。

南シナ海で着々と軍事基地建設を進め、北朝鮮の「核・ミサイル」問題でも暗躍する中国に対して、 「決して妥協はしない」というサインを送っているのではないか。

そうだとすれば、米中関係は今後、緊張の度合いを強めざるを得ない。余波は間違いなく、朝鮮半島にも及ぶ。 東アジア情勢は一挙に不透明感が増してきた。

米国在台湾協会の海兵隊警護問題は昨年2月、元協会事務所長が米国で開かれたシンポジウムの席上 、あいさつの中で計画を明らかにしていた。

今回、国務省の要請を受けて、正式に台湾派遣が決まれば、初めてであり、 トランプ政権の「強い台湾防衛意思」を象徴するエピソードになる。 トランプ氏はかねて「親・台湾」色を鮮明にしてきた。

蔡英文総統とは大統領に当選直後、異例の電話会談をした。今年3月には、閣僚を含む米台高官の相互訪問を可能にする台湾旅行法を成立させている。

一方、中国には、けん制姿勢を崩していない。

南シナ海では5月27日、パラセル(中国名・西沙)諸島周辺で、米海軍の軍艦2隻を航行させて「航行の自由」作戦を展開した。一連の動きは、緊張が高まっていた米朝関係の陰に隠れて見えにくくなっていたが、トランプ政権は「世界の平和を乱している主敵は中国」と見定めていたのだ。

米朝関係は6月12日にシンガポールで開かれた米朝首脳会談で一段落したか、に見えた。

トランプ氏が6日後の18日、中国に対する2000億ドル(約22兆1840億円)規模の追加制裁関税の検討を発表したのは、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が会談で「非核化」を明言したのを受けて、 「正恩氏とは直接、話ができる。それなら、もう中国に遠慮する必要はない」と判断したためだ。

ところが、中国の習近平国家主席はまさに同じタイミングで、北京で正恩氏と3回目の中朝首脳会談を開いた。 「正恩氏はオレの手のひらに乗っているんだぞ」と、トランプ氏に見せつけた格好だ。

いまや、中朝両国の連携は明白である。トランプ政権は北朝鮮と中国を同時に相手にせざるを得ない展開になっている。

中国に対するトランプ政権の対決姿勢が本物であるとすれば、ようやく実務者協議が始まる米朝交渉の行方も予断を許さない。 台湾への海兵隊派遣問題は「嵐の予兆」なのだろうか。

(http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180709/soc1807090002-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔米中貿易戦争〕米の対中関税引き上げ提案、影響は軽微 大惨事にならず=ロス商務長官

韓国経済、〔米中貿易戦争〕米の対中関税引き上げ提案、影響は軽微 大惨事にならず=ロス商務長官

記事要約:まさかの界王拳4倍、2000億ドル規模の対中関税引き上げも中国にとっては影響は「軽微」とロス商務長官が述べているようだ。

>[ワシントン 2日 ロイター] – トランプ米政権が2000億ドル分の中国製品にかかる関税率を当初の10%から25%に引き上げるよう提案したことについて、ロス商務長官は2日、中国経済への影響は軽微で大惨事にはならないとの考えを示した。

2000億ドル規模の対中関税引き上げでも、中国経済への影響は軽微。しかも、金額に直せば年間500億ドル、中国経済全体の1%規模にも満たないそうだ。つまり、界王拳4倍で倒せたのはベジータぐらいで、フリーザ(中国)にはまったく通用しない。

>その上で、今は中国に態度を改めさせるため、一段と圧力をかけるべき時だとトランプ大統領は考えているとした。

さらに一段と圧力をかけるべき時と。界王拳の最大は10倍(5000億ドル規模)まで。確かに中国経済に1%のダメージでは全然足らないものな。しかし、これ最大10倍にしたところ、単純計算で2.5%ぐらいではないのか。1250億ドル。普通の国ならかなり危機的であるが、中国はこれでもびくともしない。

ダメだな。10倍界王拳だけでは倒せない。やはり、元気玉をどこからか造らないといけないのか。もう、関税の25%を一気に4倍にするとか。そういうレベルでないとダメなのか。でも、そうなると米国国民も無事では済まんだろう。

ええ?そのやりとりの間に韓国経済はどうなるかて?巨大なエネルギー同士がぶつかりあって真ん中にいればどうなるかなんてわかりきったことだ。まあ、消滅(経済破綻)するだけだ。最初からいわれていたことだが、この米中貿易戦争で疲弊するのは当事者ではなく、米中に貿易依存している国だと。その中でアジアではダントツに韓国である。

管理人はドラゴンボールで状況を説明したが、実際のところ、韓国は為す術もない。いうなればフリーザ編のヤムチャぐらいの戦闘力だ。その戦闘力では米中貿易戦争が無事終結するまで隠れているしかない。しかし、このまま続けば韓国経済成長率が2.9%どころか。2.5%以下に落ちるかも知れないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔米中貿易戦争〕米の対中関税引き上げ提案、影響は軽微 大惨事にならず=ロス商務長官

[ワシントン 2日 ロイター] – トランプ米政権が2000億ドル分の中国製品にかかる関税率を当初の10%から25%に引き上げるよう提案したことについて、ロス商務長官は2日、中国経済への影響は軽微で大惨事にはならないとの考えを示した。

長官はフォックス・ビジネスネットワークとのインタビューで「何かが急激に変わるわけではない」とした上で、金額に直せば年間500億ドルと、中国経済全体の1%の規模にも満たないと語った。

その上で、今は中国に態度を改めさせるため、一段と圧力をかけるべき時だとトランプ大統領は考えているとした。

(https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-commerce-idJPKBN1KN265)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、スマホ世界シェアAppleファーウェイに抜かれ 1位サムスン 2位ファーウェイ 3位Apple 4位5位中国企業

韓国経済、スマホ世界シェアAppleファーウェイに抜かれ 1位サムスン 2位ファーウェイ 3位Apple 4位5位中国企業

記事要約:どうやら、2018年第2四半期のスマートフォンシェアに大きな動きがあったようだ。1位のサムスン電子は変わりないが、2位のアップルが、3位のHUAWEIに抜かれて転落した。つまり、ファーウェイは1位のサムスン電子にここまで追い上げてきたことになる。目指す頂上はあと少しと。

>トップは7150万台を出荷したSamsung。Galaxy S9/S9+は通例よりも発売が遅れましたが、スマートフォン全体での市場シェアは20.9%で、がっちりと世界1位をキープしています。なお、Samsungは2018年8月9日とAppleの新iPhone発表よりも約1カ月早く、大画面フラッグシップモデルのGalaxy Note9の発売を行う見込みで、Q3以降の販売競争を乗り切る構えです。

日本ではたいして売れてないが世界ではギャラクシーシリーズは売れているからな。まだまだブランド力があるといえる。爆発するスマホから2年でここまでシェアを維持できてるのは凄いだろう。そして、アップルを抜いてついに中国勢がサムスン電子に攻勢を仕掛ける。

>Appleを抜いて2位に浮上したHuaweiは、2018年Q2で5420万台を出荷して市場シェアが15.8%と躍進し、ついにAppleを抜きました。前年同期比では40.9%の大幅アップとなり、販売は極めて好調。Mateシリーズ、Pシリーズ、Honorシリーズ、novaシリーズなどハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広いラインナップを備えるHuaweiは勢いを増しており、Samsung追撃を着々と進めています。

中国という巨大な市場。インドなどのアジアやアフリカなどの販売網拡大。後、2000万台ぐらいの差なら、来年には逆転しているかもしれないな。いよいよここまで来たか。アップルが盛り返すかは知らないが、管理人が期待しているiPhone se2が出ないとかあったしな。次のiPhone9か、なにか知らないがそれで何か面白い機能が付くといいが、まあ、既に頭打ちのような気もする。

これが各企業シェアの推移。そこまでファーウェイとアップルに差はないのか。3.7%ぐらい。これなら巻き返しは可能かもしれないな。しかし、4位にはシャオミが来ている。5位のoppoも中国系らしい。つまり、スマホのトップはもう韓国と中国、米国の3社によって争われている。でも、中国勢がトップ5に3つ入ってる時点でもう負けてるんだよな。しかし、本当にサムスン電子VSファーウェイの構図が完成したな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、スマホ世界シェアAppleファーウェイに抜かれ 1位サムスン 2位ファーウェイ 3位Apple 4位5位中国企業

調査会社のIDCが2018年第2四半期(Q2:4月から6月)における、スマートフォンの世界シェアを発表しました。中国のHuaweiが四半期ベースでAppleを抜いて世界第2位に躍り出ています。

トップは7150万台を出荷したSamsung。Galaxy S9/S9+は通例よりも発売が遅れましたが、スマートフォン全体での市場シェアは20.9%で、がっちりと世界1位をキープしています。なお、Samsungは2018年8月9日とAppleの新iPhone発表よりも約1カ月早く、大画面フラッグシップモデルのGalaxy Note9の発売を行う見込みで、Q3以降の販売競争を乗り切る構えです。

Appleを抜いて2位に浮上したHuaweiは、2018年Q2で5420万台を出荷して市場シェアが15.8%と躍進し、ついにAppleを抜きました。前年同期比では40.9%の大幅アップとなり、販売は極めて好調。Mateシリーズ、Pシリーズ、Honorシリーズ、novaシリーズなどハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広いラインナップを備えるHuaweiは勢いを増しており、Samsung追撃を着々と進めています。

3位に転落したAppleは2018年Q2の市場シェアは12.1%。前年同期比で0.7%と微増にとどまり、Huaweiに抜かれることになりました。とはいえAppleは、2018年9月には新モデルを3種類そろえると予想されているため、2018年後半に大きく巻き返すことが期待されます。なお、Appleをインド市場でSamsungをしのぐXiaomi、東南アジアやインドからアフリカへと販売網を拡大するOPPOの中国勢が追いかける展開というのは、ここ数年と同様です。

IDCによると2018年Q2の世界全体でのスマートフォン出荷台数は3億4200万台と前年同期比で1.8%減だとのこと。これで3四半期連続の減少となっており、世界的なスマートフォン市場の縮小傾向が明らかになっています。

(https://gigazine.net/news/20180801-huawei-win-apple-share/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔車まで火病〕「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災

韓国経済、〔車まで火病〕「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災

記事要約:火病というのは世界で韓国人だけが持つ米国の医学学会でも認められた特有の精神病なのだが、管理人はその定義はなにも「韓国人」だけではないのではないか。つまり、韓国人が造るものは「火病」が発生するのではないかと、近年、考えている。

例えば、2年ほど前にサムスン電子がギャラクシーで爆発事故を起こした。だが、スマホだけではない。冷蔵庫も爆発するし、洗濯機ですらそうだ。

韓国人が造った家電が爆発する。つまり、韓国人が作る物には爆発する何かが自然と含まれているのではないか。そう考えるように至った。

今回の車関連もそうだ。数年前に運転席にあるハンドルを爆発させていたことがある。嘘だと思うかも知れないが、管理人はソースのない情報を述べるときはソースがないと前置きするので本当である。これらの様々な爆発する物に共通するものとは何か。それは、韓国人が造った製品であることだ。もう、知らずの内に韓国人は製品を爆発させるパワーに目覚めている怖れがある。

だから、管理人の説は荒唐無稽ではないのだ。ちゃんと事実に基づいての推察であることが理解されるだろう。いや、それで納得されても困るのだが。

>BMWグループコリア傘下ブランド「BMWミニ」の自動車で火災が発生していたことが最近、明らかになった。韓国国内でBMWブランドのディーゼル車に火災が発生した事例は多いが、BMWブランドのガソリン車で火災が発生したことが伝えられたのは今回が初めて。BMWグループコリアがBMW5シリーズなど主要車種欠陥調査を進行中という状況で確認された。

しかし、あのBMWでも韓国人が加わると車を爆発させてしまうのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔車まで火病〕「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災

BMWグループコリア傘下ブランド「BMWミニ」の自動車で火災が発生していたことが最近、明らかになった。韓国国内でBMWブランドのディーゼル車に火災が発生した事例は多いが、BMWブランドのガソリン車で火災が発生したことが伝えられたのは今回が初めて。BMWグループコリアがBMW5シリーズなど主要車種欠陥調査を進行中という状況で確認された。

ソウル江南(カンナム)消防署永東119安全センターによると、先月4日午後2時ごろ、ソウル江南区狎鴎亭洞(アプクジョンドン)島山大路交差点付近を走るBMWミニの自動車で火災が発生した。当時、島山公園交差点から乙支(ウルチ)病院交差点方向に走行していた赤のミニから煙が上がった。江南消防署側は「消防車が現場に到着した時、車がかなり燃えていて、すぐに鎮火した」とし「人命被害はなかった」と説明した。

江南消防署火災現場調査書によると、この車はBMWのディーラー、ドイツモータース江南(カンナム)展示場が所有する法人の車両。現場調査書には「ミニクーパーのバッテリーとエンジン部が発火した」と記録されている。火災の原因についてBMWグループコリアは「車が全損し、火災の原因は分からない状況」とし「この車は顧客試乗用として運行していた車」と話した。

現在リコール中のBMW車との関連についてBMWグループコリアは「構造的に完全に違う車であり、BMW火災事件とは関係ない」と主張した。

これでBMWグループコリアの車両火災は計29件となった。2日午前11時47分にも江原道嶺東(ヨンドン)高速道路江陵(カンヌン)方面104キロ地点でBMW520d乗用車のエンジンルームで火災が発生した。

一方、BMWグループコリアは先月26日、42車種・10万6317台をリコールした。現在、該当車種を対象に緊急安全診断を実施中であり、今月中旬から部品交換を本格的に進める予定だ。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<「燃える車」汚名のBMW、今度はミニクーパーで火災=韓国>

(http://japanese.joins.com/article/701/243701.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国社会、韓国の歴代大統領が悲惨な末路をたどるのは「風水的」に良くないから?執務室移転へ

韓国社会、韓国の歴代大統領が悲惨な末路をたどるのは「風水的」に良くないから?執務室移転へ

記事要約:韓国の大統領府である青瓦台が移転を検討しているらしい。移転するのは自由だが、その理由がどうやら風水的な問題だそうだ。何をわけのわからないことを述べているのだと思うかも知れないが、韓国はわりと迷信深い。

未だに日帝に各地域に刺された杭が韓国の運気を奪っているとかわけのわからないことを言い出すからな。ただの測量用に設置した杭なのにな。つまり、歴代大統領がろくな最期を迎えない全ての原因は「風水」だったのだ。いや。管理人が述べているわけではない。ちゃんとそう書いてある。

>記事は「李承晩氏から始まった歴代韓国大統領でよい終わりを迎えたケースは少なく、韓国国内では青瓦台の風水に問題があるとの意見が出ている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領執務室を光化門へ移転させることを選挙公約の1つに掲げていたが、青瓦台は1日、移転プロジェクトへの着手をすでに開始したことを明らかにした」と伝えた。

実は風水というものをわりと信じている。ええ?そうなんだと思うかも知れないが、管理人は京都が実に風水的な理由によって建設された都だということをオカルトで読んだことがある。四方の門は聖獣に守られている。方角に位置する風位的なことを知っている読者様もいるだろう。江戸城もそうなのだが、そして、京都というのはわりと災害から守られているのだ。

何しろ、風水とはオカルトめいただけではなく、そもそも、中国の土木技術が原点となっているところがあるからだ。風水は中国で生まれて龍脈という大地の流れから気というものが土地をに張り巡らしている。今はこのような場所をラッキースポット、パワースポットとか呼んでいるんだろうか。そして、だいたいその辺に神社があるんだよな。

だから、絶対ではないのだが引っ越しするときは風位的なことも考慮したほうがいい。わりと風水的に最悪な場所では事故が起きていたりするからな。これは統計でも証明されている。近くに神社がある物件は事故やらが少ないという報告があるのだ。何故なのかといわれてもわからないが、我々の知っている知識が絶対ではないということ。

世界は運によって左右されるのだから、運が良くなる場所だってあるかもしれない。だから、日本では神仏に何かするのは罰当たりだといわれるわけだ。そして、今、日本の仏像を破壊したり、対馬の仏像を盗んだ韓国はとにかく運に恵まれない。自業自得なことは大いにあるが、不運であることはこのサイトにいればわかるだろう。

管理人はリアリストであるが、霊やオカルトの世界を信じてないわけではない。これは管理人が読んだゼロという美術漫画に書いてあったことだが、まだ、我々は霊やオカルトの世界には付いて何も知らない。昔からあるものを科学だけが真実として切り捨てるのは過去の歴史を否定する。そうではない。目に見えないものだってあるかもしれない。というより、そういうのがあったほうが「面白い」だろう。それが管理人の見解である。

朝から暑いから管理人がわけのわからないことを言い出したと思うかもしれないが、怖れをなくした人類が行き着く先が宗教戦争なのだ。毎年、神社に初詣といいながら日本人はどうして行くんだろうか。それは、やはり、神社の神様に祈ることで運をわけて欲しい。願いを叶えて欲しいと思うから。つまり、それは目に見えない何かを信じているわけだ。日本には八百万の神がいる。そういった神様の像に怖れを知らずに破壊する韓国人が天罰を受けているのが今の流れかも知れない。

因みに管理人は毎年、伏見稲荷神社に初詣に行って交通安全のお守りを購入している。それをいつも財布に入れているのだが、おかげさまで交通事故には遭っていない。それがお守り効果なのかと考えるのは自由だが、管理人はあるとおもっている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国社会、韓国の歴代大統領が悲惨な末路をたどるのは「風水的」に良くないから?執務室移転へ

2018年8月2日、環球網は、韓国大統領府の青瓦台が風水に問題があるとして、大統領の執務室を移転する見込みだと報じた。

記事は「李承晩氏から始まった歴代韓国大統領でよい終わりを迎えたケースは少なく、韓国国内では青瓦台の風水に問題があるとの意見が出ている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領執務室を光化門へ移転させることを選挙公約の1つに掲げていたが、青瓦台は1日、移転プロジェクトへの着手をすでに開始したことを明らかにした」と伝えた。

韓国・聯合ニュースは1日、「青瓦台は移転プロジェクトのために、すでに移転に関する各種の処理を行う『光化門大統領時代委員会』を立ち上げ、来年の政府予算で移転に必要な費用を提出し、来年に正式に移転開始する目標だ」と報じた。

一方で、青瓦台はどのタイミングで移転をするかについては固く口を閉ざしており「この問題に言及するには時期尚早」とするのみだという。青瓦台はまた「経費節約、政府の資源の合理的な利用のため、大統領の執務ビルを新たに建てることはなく、政府中央庁舎など光化門周辺の建築が移転先の候補になる」としているが、専門家からは、警備や安全保障など複雑な要因により、光化門にある韓国政府中央庁舎への移転は簡単ではないとの指摘も出ている。

青瓦台の移転に対して韓国のネット上では賛否両論あるようだ。賛成派は「より市民に近くなる」との見方を示す一方、反対派は「移転は税金の無駄遣い。仮に移転するとしても移転委員会など立ち上げる必要はない」としている。(翻訳・編集/川尻)

(https://www.recordchina.co.jp/b630451-s0-c10-d0135.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国「対抗措置」も具体策なく「持久戦」の声も

韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国「対抗措置」も具体策なく「持久戦」の声も

記事要約:米中貿易戦争が長期化する恐れがり、規模も2000億ドル規模になるのが9月末だとトランプ大統領が述べて日経平均や上海総合指数が下落した、米中貿易戦争で中国関連株が売られている。そうした動きが今後、韓国経済にどう影響していくのか。

米韓FTA再交渉がどうとかでも、2000億ドル規模にはならんしな。韓国のTHAAD配備で中国が1年ほど制裁していた損失もだいたい100億ドルぐらいだった。明らかに一桁規模が異なる。直接、韓国に数千億ドルの被害がでるわけではないが、米中依存している韓国にとってはどちらも貿易も減少すれば、その分、韓国がダメージを食らう。この前、ドラゴンボールに例えて喜んでくれたかは微妙だが、今度は「綱引きだ」

米中が綱引きをしていて、互いに関税強化という力を込めるわけだ。すると、綱の真ん中にある「赤い印」の部分が力の強い方に引っ張られる。この赤い印が韓国なのだ。今までバランス良く米中から貿易黒字を稼いでいたのに力を強さによってそれが減少していくと。そして、この綱引きに勝つのは貿易赤字が多い米国なのでそのまま綱を引っ張られて全員転けてしまう。韓国は米国側に引っ張られて中国からの輸入が激減して、輸出が減少する。

>米国が2千億ドル相当の中国製品に対する追加関税の税率を25%に引き上げる方針を示したことに対し、中国商務省は2日、「国家の尊厳と人民の利益を守るため、対抗措置をとらざるを得ない」との報道官談話を発表した。ただ、具体的な報復措置には触れなかった。交渉による解決にめどが立たない中で、中国は自国経済への影響を慎重に見極める。

これそもそも勝負になってないんだよな。米国は2000億ドルの関税を強化しても残り3000億ドルある。だが、昨年、中国が米国に輸入した総額は1539億ドルに過ぎない。つまり、中国は最大で1500億ドル規模が限界なのだ。だから、互いにやり合えば中国は弾がないのだから負けるのは必至。

しかし、ここで妥協すれば今後、10年の覇権はない。もっとも、米中貿易戦争ではなく、中国が覇権を握ることはないんだが。共産主義国家では世界のリーダーにはなれない。なぜなら、言論の自由がないからだ。チベットやウイグルを抑圧するような国である。天安門事件からやっていることは大して変わらないからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国「対抗措置」も具体策なく「持久戦」の声も

【北京=西見由章】米国が2千億ドル相当の中国製品に対する追加関税の税率を25%に引き上げる方針を示したことに対し、中国商務省は2日、「国家の尊厳と人民の利益を守るため、対抗措置をとらざるを得ない」との報道官談話を発表した。ただ、具体的な報復措置には触れなかった。交渉による解決にめどが立たない中で、中国は自国経済への影響を慎重に見極める。

声明は、制裁の一方で米国が中国との交渉を再開する姿勢を示していることにも言及し、「硬軟織り交ぜた策略を弄しているが、何の役にも立たない」と批判。中国は一貫して対話による解決を主張しているとしつつ、「平等な立場と約束の実行」が前提だと強調した。

これまで中国は米国の対中制裁に対して同規模の報復措置で応じてきたが、今回は有効打がない。というのも、米国が課す関税対象の総額は2500億ドルとなるが、昨年、中国が輸入した米国製品の総額は1539億ドルにとどまっているためだ。一方で、米国への妥協は「今後数十年の中米関係における立ち位置を誤る」(中国紙・環球時報)との警戒感も強い。

中国はトランプ米政権への対抗策を見いだせず、敵失を待つ受け身の立場に追い込まれている。ただ、米国の対中制裁は自国の農家や産業、消費者も打撃を受けることから、影響が深刻化するのを待つ「持久戦」(同紙)に持ち込むべきだとの声も出ている。

(https://www.sankei.com/world/news/180802/wor1808020037-n1.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry