日別アーカイブ: 2018年8月25日

韓国経済、〔ムンジェノミクス〕文大統領、経済政策を自画自賛「正しく進んでいる」「雇用の量と質が改善した。家計所得も増えた。輸出も過去最高」

韓国経済、〔ムンジェノミクス〕文大統領、経済政策を自画自賛「正しく進んでいる」「雇用の量と質が改善した。家計所得も増えた。輸出も過去最高」

記事要約:管理人も文在寅大統領の経済対策に太鼓判を押したい気持ちで一杯だ。別に自画自賛しなくても評価は100点満点だ。「正しく進んでいる」「雇用の量と質が改善した。家計所得も増えた。輸出も過去最高」だそうだ。

つまり、自営業や零細企業の廃業なんて韓国経済にとってはどうでもいいということだ。財閥が儲かればいい。あれ?文在寅大統領て財閥キラーではなかったのか。でも、輸出も過去最高なのは明らかにサムスン電子とSKハイニックスのおかげだからな。文在寅大統領もきっと財閥潰してはいけないと思ったのだろう。

>文大統領は「最近になって経済、特に雇用に対する心配の声が多い」とし「青年と脆弱階層の職場、所得の二極化、高齢化時代の老後貧困問題は依然として解決していないのが事実」と述べた。

なるほど。その通りだ。文在寅大統領の指摘通りだが、それを解決するにはどうすればいいのかが問われている。最低賃金引き上げで大幅に雇用が悪化した気はするのは多分、気のせいだ。財閥グループの雇用は増えているしな。

>続いて「中・下層所得者の所得を増やさなければいけない。これが革新成長と共に包容的成長のための所得主導成長と公正経済がよりいっそう多様な政策手段で強化されなければいけない理由」と強調した。

やっぱりわかっているな。そうだ。所得は増やさないといけない。でも、所得が増えても物価が2倍になったらその所得は半減したようなものだが。

>雇用・分配指標の悪化で野党を中心に所得主導成長廃棄論が提起されているが、経済政策を変える考えがないことを表したのだ。 むしろ「就業者数と雇用率、勤労者の増加、自営業者の増加など、全体的に見れば雇用の量と質は改善した」とし「成長率も前政権より高くなり、全般的な家計所得も増えた。今年上半期の輸出も過去最高になった」と強調した。

自営業者て増加していたのか。ああ。確かに10件の新規オープンのうち9件は廃業するけど1件は生き残るものな。確かに増えるな。10%ものな。全体的に見るのか。一体どういう全体で見れば雇用の量と質は改善したんだろうか。成長率が高くなったり、輸出も過去最高となったのは文在寅大統領ではなく、サムスン電子が頑張ったからではないか。むしろ、サムスン電子の副会長を逮捕して邪魔していた気がするが。

いやあ。自画自賛に何の裏付けもないところが素晴らしいな。数値を見れば全て悪化しているように見えたのだが、文在寅大統領の物差しだと改善しているそうなので、このまま突き進めば良いんじゃないか。どのみち最低賃金引き上げるぐらいしか、文在寅大統領は経済対策できないようだしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔ムンジェノミクス〕文大統領、経済政策を自画自賛「正しく進んでいる」「雇用の量と質が改善した。家計所得も増えた。輸出も過去最高」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が25日、「我々は正しい経済政策基調で進んでいる」とし「政府は雇用問題と所得二極化の解消のために全力を注ぐ」と主張した。文大統領はこの日、ソウルオリンピック公園体操競技場で開かれた与党・共に民主党全党大会の映像祝辞でこのように伝えた。

文大統領は「最近になって経済、特に雇用に対する心配の声が多い」とし「青年と脆弱階層の職場、所得の二極化、高齢化時代の老後貧困問題は依然として解決していないのが事実」と述べた。

続いて「中・下層所得者の所得を増やさなければいけない。これが革新成長と共に包容的成長のための所得主導成長と公正経済がよりいっそう多様な政策手段で強化されなければいけない理由」と強調した。雇用・分配指標の悪化で野党を中心に所得主導成長廃棄論が提起されているが、経済政策を変える考えがないことを表したのだ。

むしろ「就業者数と雇用率、勤労者の増加、自営業者の増加など、全体的に見れば雇用の量と質は改善した」とし「成長率も前政権より高くなり、全般的な家計所得も増えた。今年上半期の輸出も過去最高になった」と強調した。

文大統領は当初、全党大会に出席することを検討していたが、台風19号の北上で政府全体レベルの非常対応体制が稼働し、映像で祝辞を述べることになった。

文大統領はこの日、「2015年、私もこの席で党を革新し、総選挙で勝利し、必ず政権交代を実現すると約束した」とし「その約束を守ったのは私ではない。同志の献身と団結の力だ」と述べ、党員を激励した。また「私は大韓民国の大統領として宣誓したその日から一瞬たりとも光化門(クァンファムン)を埋めた国民の命令を忘れたことがない」とし「その命令に従い、我々は不正の時代を追い出し、公正な国を築いている」と話した。

文大統領は新しい指導部について「わが党は一つになった時に勝利し、分裂した時に敗北した。国民が勝利する『協治』の知恵を出し合い、国民を優先して考える政治改革に率先してほしい」と呼びかけた。さらに「わが党と文在寅政権は共同運命体だ。文在寅政権がすなわち民主党政府」と強調し、「きょう選出される新しい指導部を中心にもう一度一つになろう」と主張した。

(http://japanese.joins.com/article/402/244402.html?servcode=200)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国スポーツ【アジア大会】韓国めぐるトラブル相次ぐ、国旗逆さまに掲揚、設備故障し金メダル候補敗退、敗戦で握手拒み批判

韓国スポーツ【アジア大会】韓国めぐるトラブル相次ぐ、国旗逆さまに掲揚、設備故障し金メダル候補敗退、敗戦で握手拒み批判

記事要約:日本ほどではないが、どうやら韓国という国が世界中から嫌われていることに多くのスポーツ選手が気付いているようである。韓国を巡るトラブルが相次ぐといえば、イランの無気力試合があった。どちらも韓国に当たりたくない一心でやる気のないプレーをしたことに対して、韓国が強いからと錯覚する韓国メディア。

日本のメディアがどれだけ隠蔽しようが、嫌韓が世界のスタンダードになりつつあるということだ。アジア大会でこれだということはアジアでも相当、韓国が嫌われているわけだ。もっとも、国旗が逆さまとかいっても、韓国の国旗なんて知らないからな。1回だけなら誤射だしな。

>2018年8月24日、インドネシアで開催中のアジア大会で、韓国をめぐるトラブルが相次いでいる。水泳の表彰式で国旗が逆さまに掲げられたほか、エアピストルでは金メダルの有力候補が設備故障で敗退し、フェンシング会場でも突然停電。格下のマレーシアに敗れたサッカー男子では選手が握手を拒否し、批判を招いている。

フェンシング会場の停電は韓国選手だけではないだろう。試合中ならどちらの選手にも停電はアクシデントだ。設備故障で敗退か。まあ、平昌五輪でも山の頂上で風がきつくて飛べない選手や怪我をした選手も続出したしな。それでも大会運営には「支障」」がなかったそうだし、設備故障ぐらい大目に見るべきだな。

>国旗ミスがあったのは、19日の水泳・男子100メートル背泳ぎの表彰式。韓国選手が銅メダルを獲得したが、担当者が太極旗を逆さにして掲揚してしまった。これには愛国心が強い韓国のネットユーザーから「ひどいミス」「過去最悪のアジア大会だ」「会社の体育大会でもそんな失敗はしない」「国旗を正しく掲げられない国に国際大会を開催する資格があるの?」など不満の声が続出している。

別に管理人は愛国心は強い方だが、旗が逆さまだろうが、そこまで気にしたことはないぞ。もっとも日本の旗を逆さまにあげるのはどうすればいいかわからないが。そもそも、韓国の国旗なんて上か下かなんてわかるわけがないという常識を無視している。因みに管理人も知らない。興味すらない。


>射撃男子10メートルエアピストルでは「皇帝」と称される秦鍾午が設備故障の影響で5位に終わった。秦は、これまで五輪で金メダルを4個、世界選手権で3個、ワールドカップファイナルで3個を獲得してきた第一人者。しかし、アジア大会では運に恵まれず、個人戦での金メダルは1個も獲得していなかった。

それはもうピークが過ぎたんじゃないか。それだけ活躍出来るなら、次、頑張ればいいじゃないか。世界大会なんてたくさんあるしな。

>ジャカルタコンベンションセンターでは20日午前、フェンシング女子フルーレ個人の予選が行われている途中に突然停電が発生した。聯合ニュースは「フェンシングは韓国にとってメダルラッシュが期待できる種目」とした上で、「韓国人選手2人を含む選手たちは試合に集中していたが、動きを止めざるを得なかった」と伝えている。

まあ、選手は気の毒だが、アクシデントはたまに起こるからな。でも、それでも勝つのが強い選手だろう。

>17日に行われたサッカー男子の韓国対マレーシア戦で、韓国は格下に1‐2でまさかの敗戦。ショックを受けたのか、年齢制限のないA代表でも活躍する黄喜燦は試合後、相手選手との握手を拒否した。

これ、韓国選手がマレーシアに負けて腹立つのか、悪手しなかったてことか。少しわかりにくいな。でも、韓国人だしな。火病しているときにスポーツマンシップを求めるだけ無駄だ。何しろ、勝てばいきなりマウンドに太極旗を立てるような連中だからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国スポーツ【アジア大会】韓国めぐるトラブル相次ぐ、国旗逆さまに掲揚、設備故障し金メダル候補敗退、敗戦で握手拒み批判

2018年8月24日、インドネシアで開催中のアジア大会で、韓国をめぐるトラブルが相次いでいる。水泳の表彰式で国旗が逆さまに掲げられたほか、エアピストルでは金メダルの有力候補が設備故障で敗退し、フェンシング会場でも突然停電。格下のマレーシアに敗れたサッカー男子では選手が握手を拒否し、批判を招いている。

国旗ミスがあったのは、19日の水泳・男子100メートル背泳ぎの表彰式。韓国選手が銅メダルを獲得したが、担当者が太極旗を逆さにして掲揚してしまった。これには愛国心が強い韓国のネットユーザーから「ひどいミス」「過去最悪のアジア大会だ」「会社の体育大会でもそんな失敗はしない」「国旗を正しく掲げられない国に国際大会を開催する資格があるの?」など不満の声が続出している。

射撃男子10メートルエアピストルでは「皇帝」と称される秦鍾午が設備故障の影響で5位に終わった。秦は、これまで五輪で金メダルを4個、世界選手権で3個、ワールドカップファイナルで3個を獲得してきた第一人者。しかし、アジア大会では運に恵まれず、個人戦での金メダルは1個も獲得していなかった。

21日の決勝前に行われた試射では、秦の結果が画面上に表示されないまま。試射の結果は本射に向けて行う調整に非常に重要とされ、秦は運営側に対して設備の検査と試射のやり直しを要求したが、運営側は検査と試射のやり直しをせず、そのまま試合を続行した。秦のコーチは「この状況により、秦は決勝で苦しくなった。射撃やアーチェリーといった競技はメンタル面で崩れると戻すのが難しい」と話しているという。

ジャカルタコンベンションセンターでは20日午前、フェンシング女子フルーレ個人の予選が行われている途中に突然停電が発生した。聯合ニュースは「フェンシングは韓国にとってメダルラッシュが期待できる種目」とした上で、「韓国人選手2人を含む選手たちは試合に集中していたが、動きを止めざるを得なかった」と伝えている。

17日に行われたサッカー男子の韓国対マレーシア戦で、韓国は格下に1‐2でまさかの敗戦。ショックを受けたのか、年齢制限のないA代表でも活躍する黄喜燦は試合後、相手選手との握手を拒否した。

中国メディアの騰訊体育は「仮に韓国がアルゼンチンに勝利して、試合後にメッシが握手をしなかったとしたら、韓国選手はどう感じるだろうか」と黄の行動を問題視。「このような行為は、その選手の品格や所属する国のイメージにも影響する。マレーシアの選手の目に韓国チームがどう映ったかは想像に難くない」などと非難している。

(https://www.recordchina.co.jp/b637575-s0-c50-d0059.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国軍事【F-22】日本への技術供与を検討する米国に韓国メディアが注目 韓国ネット「韓国に技術提供したら数日後には金正恩の机の上に」

韓国軍事【F-22】日本への技術供与を検討する米国に韓国メディアが注目 韓国ネット「韓国に技術提供したら数日後には金正恩の机の上に」

記事要約:このロッキードマーチン社が日本で新型次世代戦闘機を開発するというニュースは既に昨日、紹介したわけだが、今回はその記事の補足として韓国人の反応である。韓国人がこのニュースを知ってどういう感想を述べているのか。

>日本経済新聞は23日付の記事で、米ロッキード・マーチン社が、同社のF-22を主体とする新型戦闘機の開発・製造において、日本の分担比率を50%以上とする案を提示したと伝えた。

まあ、日経新聞のいうことは飛ばしかもしれないので、まだ確実とは言えないが、韓国がスルーされていることに韓国メディアは気にくわない。

>これについて韓国・中央日報は24日、「米国が北朝鮮との非核化交渉を理由に米韓合同演習を全面中止する中、日米同盟は強化される動きが相次いでいる」と報じた。

米国はもう、北朝鮮支援しか考えてない韓国を見捨てる段階に入っている。米韓合同軍事演習の全面中止は費用だけの問題ではない。なら、次はどうするかだが、もちろん、日米同盟強化と台湾へのアプローチである。新型次世代戦闘機の日本の分担比率50%以上というのもその動きだろう。

>記事は、「ロッキード・マーチンの提案が実現した場合、日本は米国の最新戦闘機の技術を共有することになり、日米同盟は一段階アップグレードされる見込みだ」とし、「米国の莫大な対日貿易赤字を改善すると同時に、日本の防衛産業が拡大するという効果もある。このような『一石三鳥』の効果をもたらすという点で、今回の提案は積極的に検討される可能性が大きい」と予想している。

どこまで上手くいくかは知らないが防衛産業の拡大はこちらとしては願ったり、叶ったりだ。中国の横暴ぶりは止まらないからな。では、韓国人の感想を見ていこう。

>「もし米国がわが国に最新の軍事技術を提供したら、親北朝鮮政権を通じて北朝鮮、ひいては中国やロシアにまでそれが渡ってしまうかもしれないのだから当然のことだ」
「韓国に技術提供したら数日後には金正恩(キム・ジョンウン)の机の上に置いてあるからね(笑)」

皮肉で述べていることだが、わりと本気でありそうなんだよな。韓国はそこら中に北朝鮮のスパイだらけだしな。

>「文在寅政権のせいで軍事力まで落ちてしまう」
「日本は第二次世界大戦の時から航空機技術に秀でていたが、韓国はいまだによちよち歩きだ」

何言っているんだ。一体、何に使うかわからない韓国の次世代戦闘機「KFX」や離陸後、5秒でプロペラが飛んでいく世界最強ヘリ「スリオン」があるじゃないか。KFXにも半ステルス性能があるとか、ないとか。でも、4つの核心技術の技術提供は拒否されていると記事にも書いてある。

>だが結局米国は、位相配列(AESA)レーダーシステム、赤外線捜索追尾システム(IRST)、電子光学標的追跡装備(EOTGP)、電子戦・ジャマー統合技術の、4つの核心技術の移転を拒否した。

これ代用品を開発するとか述べていたが、結局、完成したんだろうか。というより、この4つがないとステルス性能なんてあるわけないよな。で、F35Bを売ってもらえるのか。F-22でこの扱いなのだから、明らかに無理ぽいけどな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国軍事【F-22】日本への技術供与を検討する米国に韓国メディアが注目 韓国ネット「韓国に技術提供したら数日後には金正恩の机の上に」

日本の次期戦闘機をめぐり、米国のステルス戦闘機F-22に日本が改良を加えて次世代ステルス戦闘機として運用する計画が浮上していることについて、韓国メディアも大きな関心を寄せている。

日本経済新聞は23日付の記事で、米ロッキード・マーチン社が、同社のF-22を主体とする新型戦闘機の開発・製造において、日本の分担比率を50%以上とする案を提示したと伝えた。

これについて韓国・中央日報は24日、「米国が北朝鮮との非核化交渉を理由に米韓合同演習を全面中止する中、日米同盟は強化される動きが相次いでいる」と報じた。

記事はF-22を、「2006年の模擬空中戦で、1機の損失も出さずにF-15、F-16、FA-18戦闘機144機を撃墜するという記録を打ち立てた最強の戦闘機だ」とし、「北朝鮮首脳部が最も恐れている兵器」と紹介している。

これまで米国政府は、F-22の技術移転はもちろん完成品の販売まで禁止しており、韓国をはじめとする同盟国にF-22を販売したことはなかった。今回はそれを日本に解禁したことになり、韓国軍の消息筋は、「(韓国)空軍の一部ではF-22の導入を希望していたが、米国の法律で2018年まで海外販売が禁止されている上、高い価格などもあって考えも及ばなかった事案だ」と語った。

米国のこのような対日アプローチについて、「韓国への先端技術移転に消極的であったことと対照的だ」との指摘も出ているという。韓国がF-35を導入する際、米国は当初、韓国が開発を進めるステルス戦闘機KFXのために25の分野の技術を移転するとしていた。

だが結局米国は、位相配列(AESA)レーダーシステム、赤外線捜索追尾システム(IRST)、電子光学標的追跡装備(EOTGP)、電子戦・ジャマー統合技術の、4つの核心技術の移転を拒否した。

記事は、「ロッキード・マーチンの提案が実現した場合、日本は米国の最新戦闘機の技術を共有することになり、日米同盟は一段階アップグレードされる見込みだ」とし、「米国の莫大な対日貿易赤字を改善すると同時に、日本の防衛産業が拡大するという効果もある。このような『一石三鳥』の効果をもたらすという点で、今回の提案は積極的に検討される可能性が大きい」と予想している。

韓国のネット上では、

「もし米国がわが国に最新の軍事技術を提供したら、親北朝鮮政権を通じて北朝鮮、ひいては中国やロシアにまでそれが渡ってしまうかもしれないのだから当然のことだ」
「韓国に技術提供したら数日後には金正恩(キム・ジョンウン)の机の上に置いてあるからね(笑)」

など、親北朝鮮政策を続ける文在寅(ムン・ジェイン)政権を非難したり揶揄(やゆ)したりする声が多く聞かれた。

中には

「文在寅政権のせいで軍事力まで落ちてしまう」
「日本は第二次世界大戦の時から航空機技術に秀でていたが、韓国はいまだによちよち歩きだ」

と、自国の軍事力や技術を案ずる声も見られた。

(https://www.recordchina.co.jp/b637590-s0-c10-d0058.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、米国務省、南北の連絡事務所設置に「制裁違反を検討」

韓国経済、米国務省、南北の連絡事務所設置に「制裁違反を検討」

記事要約:米国務省が南北の連絡事務所設置に「制裁違反を検討」しているようだ。既に韓国から軽油やニッケルなどの禁輸品を拠出して、北朝鮮支援していたことは明らかなわけで、この南北の連絡事務所もそういう不正に利用される怖れがあるというか、メインはそれだろう。

>トランプ米大統領が、「北朝鮮に対する追加制裁は北朝鮮の非核化を促進するため」と明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「韓半島主人論」を通じて南北関係の改善による非核化促進の意思を強調したのとは明らかに温度差がある。

温度差があるというか。文在寅大統領は非核化なんて本気で考えてない。支援すれば相手が譲歩するなんて考えはまさに太陽政策そのものだ。ああ。当時の側近でしたか。

>米財務省の追加制裁を言及し、制裁に非難攻勢を注いでいる北朝鮮に、非核化後の制裁緩和の原則を強調したのだ。米国務省は同日、開城南北連絡事務所の制裁違反の可能性を否定しなかった。ナウアート国務省報道官は、「連絡事務所の運営のための韓国の石油と電力の供給は制裁違反ではないのか」という質問に、「全てのことを検討している」と明らかにした。

明らかに制裁違反だ。どうして韓国側が石油や電力を供給しないといけないんだ。そもそも、連絡事務所なんていらんだろうに。

>そして、「文大統領は先日、南北関係の改善が核問題の解決より先ではないということが自分の見解と立場だと述べた」と強調した。これに対して、大統領府関係者は、「開城連絡事務所は米国の承認を受けなければならない問題ではない」とし、強行の意思を明らかにした。

事務所作るのは米の許可はいらないが、その運営に北朝鮮に石油やら電力を供給するのは制裁違反である。どうしてもというなら電気も原油もなしで「設置」すればいいではないか。最初からないものだしな。

>大統領府は、27日頃に予定されたポンペオ米国務長官とスティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表の訪朝で、核施設リストの提出と終戦宣言の締結に突破口が見出されることを期待している。金宜謙(キム・ウィギョム)大統領府報道官は、「今回の訪朝にいつよりも重きが置かれている」と話した。

これ、確か読者様から、トランプ大統領がポンペオ米国務長官の訪朝を見送ると述べていたNEWSがあった。どうやら中国との貿易問題での関連悪化が原因らしい。なので、その訪朝を取りやめたと。つまり、突破口も何も韓国にとっては最悪な展開を迎えたと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、米国務省、南北の連絡事務所設置に「制裁違反を検討」

トランプ米大統領が、「北朝鮮に対する追加制裁は北朝鮮の非核化を促進するため」と明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「韓半島主人論」を通じて南北関係の改善による非核化促進の意思を強調したのとは明らかに温度差がある。

米国務省は開城(ケソン)南北連絡事務所の設置について、「制裁違反かどうか検討する」と明らかにした。

トランプ氏は23日(現地時間)、FOXニュースとのインタビューで、「私たちは北朝鮮に対して非常に重い制裁を課している」とし、「私たちは追加で(制裁を)さらに課した。北朝鮮が早く動くことを望むため」と話した。

米財務省の追加制裁を言及し、制裁に非難攻勢を注いでいる北朝鮮に、非核化後の制裁緩和の原則を強調したのだ。

米国務省は同日、開城南北連絡事務所の制裁違反の可能性を否定しなかった。ナウアート国務省報道官は、「連絡事務所の運営のための韓国の石油と電力の供給は制裁違反ではないのか」という質問に、「全てのことを検討している」と明らかにした。

そして、「文大統領は先日、南北関係の改善が核問題の解決より先ではないということが自分の見解と立場だと述べた」と強調した。これに対して、大統領府関係者は、「開城連絡事務所は米国の承認を受けなければならない問題ではない」とし、強行の意思を明らかにした。

大統領府は、27日頃に予定されたポンペオ米国務長官とスティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表の訪朝で、核施設リストの提出と終戦宣言の締結に突破口が見出されることを期待している。金宜謙(キム・ウィギョム)大統領府報道官は、「今回の訪朝にいつよりも重きが置かれている」と話した。

(http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1439101/1)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、OECD加盟国で出生率最下位…唯一の「超少子化国」

韓国経済、OECD加盟国で出生率最下位…唯一の「超少子化国」

記事要約:先進国でもない韓国がOECD加盟国で出生率最下位となったそうだ。おめでとうございます。しかも、その出生率はなんと1.17だ。平均は1.68なので韓国がどれだけ低いかがよくわかる。さらに韓国だけが「超少子化国」に分類されたという。

>22日、韓国統計庁が発表した「2017年出生統計」によれば、韓国は合計特殊出生率1.17人で最下位を記録した。OECD加盟国36カ国の合計特殊出生率の平均は1.68人で、韓国より0.51人高かった。

国はヘル朝鮮だし、経済の先行きは真っ暗、子供を育てる環境もない。そもそも、自分たちだけが食べていくのが精一杯。なんとか産めても1人ぐらい。それに並行して医療技術の進歩で高齢者はどんどん増えてくるので、超高齢化社会も同時に迫ってくる。ぶっちゃければこれだけでも韓国において死亡フラグである。出生率を上げようにも不況にこれから直面するのだから、むしろ、下がる一方だ。

>一方、OECD加盟国のうち出生率が最も高い国はイスラエルで3.11人だった。続いてメキシコ(2.18人)、トルコ(2.11人)、アイルランド(1.91人)の順だった。 日本は1.44人で、OECD36カ国の中で29位の合計特殊出生率を記録した

韓国メディアに日本より上か、下かの物差ししかないので、何故か、最後に日本が取り上げられている。日本の場合は出生率をあげるにはやはり、ベビーブームみたいなイベントを起こす必要がある。

ただ、今の時代は昔とは違い、相当、アクションに対するデメリットが大きくなっている。これはただの一例だが、学生が下駄箱に好きな子にラブレターでも置いたら、数時間後にラインなどSNS内で回されているという。こういうのが普通にあるそうなので、実際、行動したらとんでもない結果になるというリスクだけが高い。さらに、恋愛のコスパが悪いという話もあった。

管理人は個人の自由については言及しないが、現実社会における情報配信するツールを一般人が持つことで移り変わるものについてはある程度、チェックしている。出生率をあげるにはまず景気を良くすることは大前提だが、それだけはダメだ。子供を産んでお金を与えるというのも、望まれない子供が増えてくるだけ。

養育費をただにしたところで、子供を育てるにはお金と時間がかかる。しかも、子供を持つ親は何かと心配することが多い。育児ノイローゼが虐待に繋がることだってある。

とまあ、否定的なことしか書いてないが、むしろ、否定的なことしかないんだよな。人間というのは見れるものに限界があるのだ。昔のように親などが一緒に住むような家庭、3世帯家族よりは、核家族化が進んでいる。これは社会学を学べば習う項目だが、高度経済成長期において都市への人口が集中すると、土地が空いているわけでもないので核家族化が増大した。

すると、共働きの夫婦だと子供を見てくれる人がいない。当然、ここで保育所や幼稚園などの施設が足りないという問題も出てくるが、管理人は待機児童という呼び方はあまり好きではない。なぜなら、児童が待機しているわけではないからな。

それはいいとしては子供を見る大人がいないというのは実に問題なのだ。なら、ベビーシッターを外国のように雇うのか。それは日本ではあまり普及していない。金持ちならできるかも知れないが、見てもらうだけでもお金は発生する。複数の子供を育てる環境を実現させるというのは実は社会において非常に難しいのだ。

先進国で出生率が下がるというのはそれだけ時間に余裕がないてことだ。これもホワイトカラー、いわゆるサラリーマンの増加も原因とか、そういうのも絡んでくる。家で農業やっていればある程度は子供は見られるが、働きに出ていたら見れないわけだ。出生率の低下は国家において深刻な悩みだ。なら、ここで移民がどうとかが出てくる。

しかし、移民を受け入れたところで上記の問題が解決するかというと、何も解決しないんだよな。そもそも、この発端は複数の子供を安全に育てることが難しいにある。良い解決策があればいいのだが思いつかないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、OECD加盟国で出生率最下位…唯一の「超少子化国」

韓国の出生率がOECD加盟国の中で最下位であることが分かった。

22日、韓国統計庁が発表した「2017年出生統計」によれば、韓国は合計特殊出生率1.17人で最下位を記録した。OECD加盟国36カ国の合計特殊出生率の平均は1.68人で、韓国より0.51人高かった。

通常、合計特殊出生率が1.3人未満になると「超少子化国」に分類するが、韓国の次に出生率が低い国はイタリア(1.34人)、スペイン(1.34人)、ポーランド(1.36人)となり、韓国が唯一の「超少子化国」になった。

一方、OECD加盟国のうち出生率が最も高い国はイスラエルで3.11人だった。続いてメキシコ(2.18人)、トルコ(2.11人)、アイルランド(1.91人)の順だった。 日本は1.44人で、OECD36カ国の中で29位の合計特殊出生率を記録した

(http://japanese.joins.com/article/283/244283.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

必読!韓国経済、朝日新聞が慰安婦報道取り下げ英文記事の検索回避の設定について言い訳

必読!韓国経済、朝日新聞が慰安婦報道取り下げ英文記事の検索回避の設定について言い訳

記事要約:朝日新聞が屑なのは今更いうまでもないが、ネット上において検索できない記事に存在価値はない。ローカルとかそういうのは一切関係ない。なぜなら、それを閲覧することができないからだ。なんと、朝日新聞が慰安婦報道取り下げた英文記事2本をネットで検索できないように設定していたそうだ。そして、朝日新聞の言い訳がもっと意味不明だ。

>朝日新聞の慰安婦問題にからむ英語版記事2本がインターネットで検索できないような設定になっていたことが分かった。朝日新聞広報部は産経新聞の取材に対し、「記事を最終確認するため社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にした。その際に2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」と説明し、24日までに設定を解除した。

いや、その言い訳もおかしいだろう。なんで社内のみで閲覧できる状態で「配信」というのだ。そもそも社内だけに閲覧できる状態にするのにタグがいらない。しかも、そのタグだけがなぜか4年も放置されていたと。それでばれたら設定解除の作業が漏れていた。

明らかに意図的なんだよな。管理人は言いたいことは明らかに報道機関ではない。スポーツ紙やゴシップ紙でもそんなことしないだろう。つまり、朝日新聞はそれ以下であり、さっさと倒産しろということだ。そもそもタグで検索はじくようにするなんて普通は考えないんだよな。

ネットにおいて検索というのはその記事に到達する地図みたいなものだ。地図がなければそこにたどり着けない。それが地図から見えない設定にしていた。社内でクラッキングしたらようやく見つかるレベルだったと。しかし、これよく発見できたな。関係ないタグを入れて検索の窓を広げるというのはたまにあるんだが、まさか、逆を朝日新聞がやっていたとか。それもなぜか朝日新聞に都合の悪い記事だけを。しかし、こんな子供レベルの言い訳で済むと思っているんだろうか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

必読!韓国経済、朝日新聞が慰安婦報道取り下げ英文記事の検索回避の設定について言い訳

朝日新聞の慰安婦問題にからむ英語版記事2本がインターネットで検索できないような設定になっていたことが分かった。朝日新聞広報部は産経新聞の取材に対し、「記事を最終確認するため社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にした。その際に2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまった」と説明し、24日までに設定を解除した。

検索できない設定となっていたのは、平成26年8月5日付朝刊に特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載された記事の英訳版2本。1つは朝鮮半島で女性を強制連行したと虚偽証言した吉田清治氏を取り上げた記事を取り消した記事。もう1つは、「女子挺身(ていしん)隊」と「慰安婦」の混同を認めたことを伝えた記事だった。いずれも朝日新聞デジタルのウェブサイトに26年8月22日午前10時にアップされていた。

ところが、この2本の記事には、グーグルなどの検索エンジンの動きを制御し、利用者が特定ウェブページを訪問することを防ぐようにする「noindex」「nofollow」「noarchive」という3つの「メタタグ」が埋め込まれていた。

メタタグは、ウェブページの情報を検索エンジンに提供するキーワードで、検索しにくくしたり、逆に検索されやすくしたりすることができる。通常のウェブページ上では表示されず、第三者がメタタグを書き加えることもできない。

一方、「慰安婦問題を考える」に掲載された記事のうち、旧日本軍による「強制性」があったとの見解を示す記事にはメタタグは埋め込まれておらず、ネット検索が可能な状態だった。

メタタグが埋め込まれたことが発覚するきっかけを作ったのは、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏だった。

ギルバート氏らは7月、朝日新聞の英語版記事で「forced to provide sex(性行為を強制された)」という表現が使用されていることについて「慰安婦強制連行・性奴隷説を流布するような内容だ」として表現修正を求めるとともに、「吉田証言」に関する記事を撤回したことを英文で告知するよう申し入れた。

これに対し、朝日は修正については「応じられない」と回答。英文による告知に関しては「2014年8月5日付記事の英訳版は『朝日新聞デジタル』で2014年8月22日に掲載し、現在も下記のURLで全文閲覧できます」と反論していた。

ギルバート氏はURLを確認したが、検索エンジンで問題の記事を検索しても見つからなかった。この経緯を動画などで明かしたところ、視聴者の指摘により、メタタグの存在が分かったという。

朝日新聞広報部の回答「2014年8月22日に慰安婦関連の英語記事を複数本、デジタル編集部が配信しました。公開前に記事を最終確認するため、いったん社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にしました。その際、2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまいました。現在は修正してあります」

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000616-san-pol)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry