韓国政治、〔南北首脳会談〕米議員、南北首脳カーパレードに「非常に当惑」

韓国政治、〔南北首脳会談〕米議員、南北首脳カーパレードに「非常に当惑」

記事要約:南北首脳会談について、昨日、少し触れたがまったく意味のない停戦協定の延長みたいな宣言をしただけで、何1つ非核化が進んでなかった。文在寅大統領の自画自賛を見せつけられて世界中の人間が当惑していたと思うが、どうやら米議員もそうらしい。

>米国議会内の代表的な北朝鮮強硬派であるリンジー・グラハム共和党上院議員が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の平壌(ピョンヤン)会談に対して「非常に当惑する」と述べて強く批判した。 

本当、意味がわからないからな。文在寅大統領は世界中が懸念していることは平和協定の締結ではないことぐらい理解しているはずだとおもうが、まさか、非核化に何1つ言及してないのかというぐらい何も進展がなかった。それで、どうせ裏では大量の支援を約束させられているわけだ。完全に利用されているわけだが、問題は文在寅大統領が北朝鮮シンパなので、むしろ、彼にとっては望ましい展開なわけだ。

>共和党の重鎮であるグラハム議員は18日(現地時間)、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送とのインタビューで、平壌で開かれた第3回南北首脳会談に対して「非常に当惑する(I’m very upset about that)」とし、北朝鮮と国際社会に「交錯したメッセージを与えていると考える(I think it is sending a mixed message)」と述べた。 

英語でupsetというのは非常に翻訳しにくい単語である。他動詞で意味は色々ある。怒っている。悲しんでいるなどだ。この場合、どれが当てはまるかは微妙だが、管理人は苛立っているように捉えた。当惑するというか。怒っているんじゃないか。悲しんでいるかもしれないが。とにかく良い感情を抱いてないと。

>グラハム議員はまた「我々は国連がより厳格なやり方で(北朝鮮)制裁を強化しようと努力している。(南北首脳会談は)最大の圧迫を適用しようとする我々の努力を損なっていると考える」と主張した。 

非核化するのが目的だったはずなのに、やっていることは50年前と同じ停戦協定みたいな話だったからな。そこには核放棄なんて何1つない。ミサイル発射しなければ平和になるわけではないだろう。完全な核放棄が先なのはいうまでもない。なぜなら、核のテロリストへの拡散を恐れているわけだからな。

 >また「北朝鮮はミサイルと核装備テストを中断する間、非核化に向かって進まなかった」と主張した

米朝首脳会談が6月12日だったか。もう3ヶ月以上経過したわけだが、非核化は何の進展もないからな。予想通りとはいえ、くだらない南北の茶番ばかり見せつけられて辟易している。しかし、北朝鮮が核放棄するわけないというのは十分、米国も理解したんじゃないか。トランプ大統領はそろそろ韓国ごと経済制裁を強めるべきだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~282回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国政治、〔南北首脳会談〕米議員、南北首脳カーパレードに「非常に当惑」

米国議会内の代表的な北朝鮮強硬派であるリンジー・グラハム共和党上院議員が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の平壌(ピョンヤン)会談に対して「非常に当惑する」と述べて強く批判した。

共和党の重鎮であるグラハム議員は18日(現地時間)、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送とのインタビューで、平壌で開かれた第3回南北首脳会談に対して「非常に当惑する(I’m very upset about that)」とし、北朝鮮と国際社会に「交錯したメッセージを与えていると考える(I think it is sending a mixed message)」と述べた。

グラハム議員はまた「我々は国連がより厳格なやり方で(北朝鮮)制裁を強化しようと努力している。(南北首脳会談は)最大の圧迫を適用しようとする我々の努力を損なっていると考える」と主張した。

グラハム議員はこの日、自身のツイッターに文在寅大統領が平壌を訪問して北朝鮮住民から熱烈な歓迎を受けたというFOX(フォックス)ニュースの報道をリンクして、「私は韓国(大統領)の今回の訪問が北朝鮮体制に最大の圧迫を加えようとするマイク・ポンペオ国務長官とニッキー・ヘイリー国連駐在米国大使の努力を損なうことにならないか懸念している」とコメントした。

また「北朝鮮はミサイルと核装備テストを中断する間、非核化に向かって進まなかった」と主張した。

グラハム議員は、文大統領の場合は名前を言及しないで韓国(South Korea)と表現し、最大限の圧迫政策に対してもドナルド・トランプ米国大統領ではなくポンペオ長官とヘイリー大使に言及した。

(https://japanese.joins.com/article/328/245328.html?servcode=500&sectcode=500)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
退職者

 黒電話あたま小僧の小間使い文さん いったい北朝鮮に何しに行ったの?黒電話あたま小僧のご機嫌伺いですか 北朝鮮が核放棄などするわけないでしょ 核があるお陰で米トランプ爺と直接会談できたわけだし・・・・国民に腹いっぱい飯も食わせることが出来ない最貧国が核を持つことによって、国際的に何枚もの交渉カードを持ち、大きな顔をできるのも核のお陰 小学生でも解る理屈
 黒電話あたま小僧が核を放棄するなど100%ありませんよ 自殺した廬武鉉(ノムヒョン)大統領がやった北朝鮮支援 南朝鮮人の血税を貢いだ愚かな政策 文さん また それを繰り返すんですか・・・南朝鮮人は本当に懲りない面々 本当のバカかもしれませんね

うさぴょん

「非常に当惑している」
 ↓
「なにやってんだ?!こいつら(怒)」ですね
なんぼくまとめて制裁措置。