韓国経済、〔大歓迎〕日本の嫌韓、そのまま放っておこう~経済力も軍事力も落ちる一方の日本、嫌韓は自害行為

[`yahoo` not found]

韓国経済、〔大歓迎〕日本の嫌韓、そのまま放っておこう~経済力も軍事力も落ちる一方の日本、嫌韓は自害行為

記事要約:元オーストラリアの大使の癖にこの程度の認識しかできてないから、韓国は国際社会で孤立するのだ。世界中から韓国が嫌われている事実を無視するんじゃない。アジア大会を見ただろ?イランにあれだけ嫌われていただろう。でも、そこに気付かないから、まったく頓珍漢なことしか述べない。

>以前、某日刊紙に「日本の嫌韓、このまま放っておいてはいけない」というコラムが掲載された。このコラムによれば、日本の嫌韓の雰囲気は1990年代初め、慰安婦問題が台頭してから順次広がり始め、今は非常に憂慮すべき状態だと説明する。そして日本の嫌韓の雰囲気をそのまま黙認すれば、今後、関東大地震当時の朝鮮人大虐殺と同じ様な事がまた起きるかも知れないとまで言う。

そうやって捏造記事に欺されている時点でお話にならんだろうに。朝鮮人虐殺などしてない。災害時の火事場泥棒をしようとした犯罪者を処分しただけに過ぎない。そういう輩がいた当時の新聞も残っている。

>日本経済は1990年代から長期沈滞に入り今は世界3位の経済規模まで落ちて4位のドイツとも大差ない状況に至った。このような現象は一時的ではなく、これからずっと落ちていき、近い将来、インドにも遅れをとるだろうという展望も出ている。世界第2位の中国との格差は一層広がり、現在の中国経済の1/3水準に留まっている。

経済すら理解できてない。いいか。世界3位の国である日本と、世界15位の国の韓国とはGDPが3倍以上が離れている国として維持している。20年の長期停滞があったにも関わらずだ。それがどれだけ大変かを理解してないと。日本の技術をパクって経済成長した韓国はそれ以上は上にはいけてないだろう。それは韓国の限界がそこなのだ。

そもそも、インドも中国も日本とは比べものにならないほど広いではないか。発展していけばGDPでぬかれるのは当たり前だろうに。


>しかし、筆者は日本の経済力と軍事力が過去の日本が享受した時期とますます遠ざかる現象をいい気味だと考えてこれを指摘しようと思うのではない。日本が嫌韓を克服できなければ結局、世界に立つ場所を失うことになる自害的な結果になる点を指摘しようと思うからだ。

そっくりそのまま返そう。まず、毎日、自然と息を吐くような反日をやめるべきだろうに。韓国人が嫌われている理由は星の数ほどあるが、日本を見たらすぐに火病するからだ。多くの日本人は韓国人とは一生、関わりたくないのだ。嫌韓とかはではない。韓国離れが実態なのだ。

>現在の世界が一時的に非自由主義国家(例えば、ロシア、トルコ、フィリピン、中国など)の登場で自由主義の衰退を憂慮するが、これは一時的な現象であり、世界は再び自由主義精神が一層広がると思う。人類の発展を様々に説明できるが、自由主義的精神が広がることが全人類の利益を極大化するからだ。これはヘーゲル哲学が主張するところでもある。

自由主義精神が広がるといいながら、赤化しようとしている文在寅大統領や韓国に意見はないのか。このままだと数年で韓国は完全に赤化するぞ。

>日本が過去の歴史に対し十分に反省していないという認識はただ韓国人だけではない。西欧先進社会では全部そのように認識している。特に、慰安婦問題は日本が国際社会で顔を上げることもできない致命的な恥ずかしい過去の歴史だ。これを継続否認する限り、日本は国際社会から常に片隅に追い込まれる他ない。

いや、韓国人だけだろう。韓国人だけが慰安婦像を造ってるのだから。最も裏には中国政府のプロパガンダもあるだろうが。恥ずかしい過去なのはむしろ、韓国人だ。自分たちは売春婦だったと世界中に公言しているわけだからな。普通、そういうことはしないがな。

>そこに嫌韓の雰囲気が日本で広がれば、これは日本が自ら自害する行為となる。西欧先進国家では人種嫌悪、女性嫌悪など特定の理由で嫌いだと表現すること、すなわちhate speechは法で禁じている。日本でもこれを憂慮する声もあるというが、大きく効果がない形だ。私たちは日本の自害行為を防ぐために私たち自ら努力する必要はない。日本が自害するように放っておこうというのが筆者の意見だ。

韓国を嫌う。韓国人を嫌うのは感情の問題であってヘイトスピーチではない。嫌いな人間とは付き合いたくない。誰にだってある感情だ。人権嫌悪とかではない。韓国人がろくなことしないから嫌いなのだ。それがヘイトスピーチというなら、世の中、綺麗事でしか語れないつまらない世界が誕生するだけである。だが、ヘイトスピーチにしようが、しまいが、韓国人が嫌われていく事実は変わらないのだ。なぜなら、嫌われることを率先してするからだ。それで嫌うなといわれても困る。

>日本の経済がまた回復するというが、日本が再び世界第2位の経済大国にのぼることは容易ではないだろう。日本の軍事力も核を持てない限り、そして国連憲章上戦犯国として記録されている以上、日本が韓半島に再侵攻する可能性は非常に低い。侵攻するといっても1910年当時の様に韓国を支配することはないと断言できる。

そもそも、本当に中国が第2位かどうかが疑わしいのだが、統計も嘘だらけだしな。日本は朝鮮半島などいらんよ。韓国なんていらない。ああ。でも、竹島は返してもらうがな。

>私たちは日本の嫌韓を憂慮するのではなく、私たちが国際社会にどのように寄与するのかを悩もう。国際社会が直面したグローバルな挑戦に対し韓国がきちんと寄与していこう。気候変化問題、開発途上国に対する人道的支援、難民問題に対する寄与など韓国が国際社会で模範国家として席を占めることが日本の嫌韓に対応するより先であろう。

確かに建設的な意見であるな。でも、それができないから韓国人は嫌われるのだ。しかし、これが元オーストラリアの大使とか。韓国人には嫌韓というものが、自分たちに原因があることを何1つ理解してないことには驚きであるな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~282回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔大歓迎〕日本の嫌韓、そのまま放っておこう~経済力も軍事力も落ちる一方の日本、嫌韓は自害行為

以前、某日刊紙に「日本の嫌韓、このまま放っておいてはいけない」というコラムが掲載された。このコラムによれば、日本の嫌韓の雰囲気は1990年代初め、慰安婦問題が台頭してから順次広がり始め、今は非常に憂慮すべき状態だと説明する。そして日本の嫌韓の雰囲気をそのまま黙認すれば、今後、関東大地震当時の朝鮮人大虐殺と同じ様な事がまた起きるかも知れないとまで言う。

筆者は少し違う意見だ。日本の嫌韓現象は望ましくなくて遺憾ではあるが、そのまま放ってお方がむしろ良いと思う。

日本経済は1990年代から長期沈滞に入り今は世界3位の経済規模まで落ちて4位のドイツとも大差ない状況に至った。このような現象は一時的ではなく、これからずっと落ちていき、近い将来、インドにも遅れをとるだろうという展望も出ている。世界第2位の中国との格差は一層広がり、現在の中国経済の1/3水準に留まっている。

そして国連憲章に出ているようにまだ第二次世界大戦の戦犯国家だから正常な国家の軍事力を持つのは難しい。日本の安倍総理が憲法を修正して正常国家になろうとしているが、そんなに簡単ではないだろう。

しかし、筆者は日本の経済力と軍事力が過去の日本が享受した時期とますます遠ざかる現象をいい気味だと考えてこれを指摘しようと思うのではない。日本が嫌韓を克服できなければ結局、世界に立つ場所を失うことになる自害的な結果になる点を指摘しようと思うからだ。

現在の世界が一時的に非自由主義国家(例えば、ロシア、トルコ、フィリピン、中国など)の登場で自由主義の衰退を憂慮するが、これは一時的な現象であり、世界は再び自由主義精神が一層広がると思う。人類の発展を様々に説明できるが、自由主義的精神が広がることが全人類の利益を極大化するからだ。これはヘーゲル哲学が主張するところでもある。

自由主義精神が世界的に完全に定着していないといっても現在の国際社会で人権の保障と増進は誰にでも当然の普遍的価値として受け入れられていることは否認できないだろう。

日本が過去の歴史に対し十分に反省していないという認識はただ韓国人だけではない。西欧先進社会では全部そのように認識している。特に、慰安婦問題は日本が国際社会で顔を上げることもできない致命的な恥ずかしい過去の歴史だ。これを継続否認する限り、日本は国際社会から常に片隅に追い込まれる他ない。

そこに嫌韓の雰囲気が日本で広がれば、これは日本が自ら自害する行為となる。西欧先進国家では人種嫌悪、女性嫌悪など特定の理由で嫌いだと表現すること、すなわちhate speechは法で禁じている。日本でもこれを憂慮する声もあるというが、大きく効果がない形だ。私たちは日本の自害行為を防ぐために私たち自ら努力する必要はない。日本が自害するように放っておこうというのが筆者の意見だ。

もちろん、日本の嫌韓の雰囲気がより一層広がることもあるだろう。日本が過去の栄華を再確認しながら現在を嘆き、そのしこりができていく心理状態を嫌韓で解こうと考えるからだ。日本の経済がまた回復するというが、日本が再び世界第2位の経済大国にのぼることは容易ではないだろう。日本の軍事力も核を持てない限り、そして国連憲章上戦犯国として記録されている以上、日本が韓半島に再侵攻する可能性は非常に低い。侵攻するといっても1910年当時の様に韓国を支配することはないと断言できる。

私たちは日本の嫌韓を憂慮するのでなく、私たちの経済の未来成長潜在力を拡張して強化するための多角的な努力をしていかなければならない。
(中略:私たちが日本の嫌韓を憂慮する前にすべきことリスト)

私たちは日本の嫌韓を憂慮するのではなく、私たちが国際社会にどのように寄与するのかを悩もう。国際社会が直面したグローバルな挑戦に対し韓国がきちんと寄与していこう。気候変化問題、開発途上国に対する人道的支援、難民問題に対する寄与など韓国が国際社会で模範国家として席を占めることが日本の嫌韓に対応するより先であろう。

日本の嫌韓?そのまま放っておこう。

キム・ポンヒョン/16回外交官試験合格、元オーストラリア大使、国立外交院兼任教授、済州大学招聘教授

(http://www.ijejutoday.com/news/articleView.html?idxno=211239)

合わせて読みたい記事

韓国経済、〔大歓迎〕日本の嫌韓、そのまま放っておこう~経済力も軍事力も落ちる一方の日本、嫌韓は自害行為」への14件のフィードバック

  1. >日本の嫌韓の雰囲気は1990年代初め、慰安婦問題が台頭してから順次広がり始め

    むしろ逆。韓国側が世代を経て、

    ① 日本統治の実情を知る人が減り、もはや消えた
    ② 高度経済成長と日本の相対的停滞、および韓民族優越主義教育により、若い世代に至る程、より夜郎自大化して行った
    ③ 従北左派による反日煽動とそれの公教育化が、元々の小中華思想にマッチし完全に煽動される

    こうした(従北左派と北朝鮮には計算された)連鎖により、
    正に1990年頃からモンスター反日国家・国民化して行ったのが韓国だろう
    もちろん元々反日国家であったが、こんな常時発狂・攻撃的・組織的ではなかったと思う
    嫌韓は韓国の発狂へのリアクションでしかない

    1. 少し違うと思う。
      小生は70年代~90年代に韓国と関わって来て、ソウル滞在中は戦前に日本の大学を卒業した元教師が会社の通訳として居ました。
      其の通訳がガリガリの〝日帝極悪論者”で、曰く「日本ほど残酷な植民地政策をした国は無い」「日帝が韓国人を人間扱いしなかったから、今の韓国人に衛生観念が出来ていない」「日帝が全てを奪った」ともう、反論の余地が無くタダ大人しく聞いてるだけでした。(ネットで実態を知った今は腸が煮えくり返る程ですが)

  2. > 私たちが国際社会にどのように寄与するのかを悩もう。

    そう思うならラオスやカンボジアへきちんと補償しようと提言すべきだろう。自分達は常に。同情されなければならない被害者ニダ、と叫びながら、他国へ迷惑を掛けたときに。責任逃れに終始するから信用されないのだ。大使までやっていた人間がこの程度だ。

  3. 国際社会うんぬんは、売春婦輸出や買春ツアーをやめて、人権侵害とミサイルで世界中に迷惑かけてる隣国を押さえてから。でも、日本以上に高齢化が早く、経済基盤の弱い韓国の凋落が先ですね。

  4. 日本と韓国の距離はこれから一層広がりそうですね。
    とても良い兆候です。
    この人の言っていることは愚かだけど、非常に望ましい結果につながりそうです。
    この人を応援しましょう。

  5. 昨晩からどうコメントしようか迷っていたのですが、実際のところ「世界から見た日本」ってどうなのでしょうか?

    福島の原発や、科学技術の遅れ、高齢化など、日本が笑われる要素がある一方で、凄いと感じる要素もある。そのあたりがなかなかわからないです。

    1. コメントありがとうございます。

      管理人はそういう評価よりは自分たちが住みやすい国かどうかとおもうんです。そして、それを考えると外国人が明らかに増えていて、住みにくく感じております。街を歩いていて中国語や韓国語なんてきいたら、ここは本当に日本かと疑いたくなる。観光に来るだけならまだしも、近くに引っ越されてきたらたまったもんじゃないでいしょうね。日本語通じるならまだましですが。我々が住みやすい国を造るのが1番であって、外国人が住みやすい国を造る必要性はないんです。なぜなら、日本なのですから。だいたい、日本人に住みやすい場所は外国人も住みやすいんです。だから、観光に外国人が来る。

      1. まとまりのない質問だったかもしれませんが、答えていただきありがとうございます。

        確かに、最近外国人の犯罪も増えてきているみたいなので、私たち日本人が暮らしやすいが一番なのでしょう。

        とはいっても、最近は別の不安(台風や地震)もありますが。

        少しほっとしました。ありがとうございます。

  6. >朝鮮人虐殺などしてない。災害時の火事場泥棒をしようとした犯罪者を処分しただけに過ぎない。そういう輩がいた当時の新聞も残っている。

    神奈川県央民ですが朝鮮人が襲ってくるとの噂で、村々の女性子供は全て裏山の茂みに三日間潜んで居たそうです。男達は村に残り見張り番。
    当時、朝鮮人といえばそれだけ残虐非道な人非人と認識されてたという事でしょう。
    中国には日本人残留孤児は生き残ったが、朝鮮半島には一人の残留孤児も生き残れなかったというだけで朝鮮人の本質が判るというもの。ベトナム戦争で米軍が前線で戦ってる時、鬼の居ぬ間のナンとやらでベトナムの村々をレイプ目的で襲い、子供までレイプしまくり痕を残さぬよう村を焼き払ってた。ある時、まだレイプ殺人の真っ最中に米軍が帰還して、居残った韓国軍の有り得ない鬼畜な所業が初めてバレた。
    また、韓国軍はベトナム戦争孤児の女児のみ拾い上げて韓国軍兵舎で飼い、子供を軍の共用性奴隷とした事は大手汚鮮メディアでは絶対報じないだろう。

  7. この人を悪く言ってはいけない。
    この人はとても良い事を言っている。
    たしかに要因分析は無茶苦茶だ。
    しかし、その素晴らしい結論から見れば取るに足らない。

    ・途上国への継続的な経済支援
    ・経済難民の積極的な受け入れ
    ・先進国が二の足を踏む低炭素技術の開発と途上国への技術供与
    ・そして、日本を放って置くこと

    むしろ我々はこの人が大統領になる様に支援するべきだ。

    ただ、同時にこの人は韓国には何もする力(能力・技術・資金)が無いことに、最後になって気付くことになる。

    不思議なことに我々は最初からそれに気づいている。

    1. > ・経済難民の積極的な受け入れ

      ついに北欧にもあの波が。

      「反移民」の極右政党に勢い=9日、スウェーデン総選挙
      http://www.afpbb.com/articles/-/3188928?cx_part=latest
      > 移民や難民に寛容な国として知られるスウェーデンで9日、総選挙(一院制、定数349)が行われる。世論調査によれば、「反移民」を掲げる極右政党スウェーデン民主党が勢力を伸ばし、新政権の行方を左右する可能性が高い。欧州各地で強まる既存政党離れと右派増長の波は、北欧の人道大国にも押し寄せている。

      難民受け入れを宣言すれば、殺到されるかも。
      でもまあ、EU諸国からは感謝されそう。

  8. > 韓国が国際社会で模範国家として席を占めることが日本の嫌韓に対応するより先であろう。

    いや、それより優先すべき事があるじゃないか。

    北朝鮮「危機に直面する韓国経済、南北経済協力こそ生きる道」
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/07/2018090701158.html
    > 北朝鮮の対外宣伝メディア「メアリ」は「南朝鮮では、経済状況や民生がますます悪化するのを見て各階層の不満が高まり、現政権勢力も危機に陥っている。南朝鮮各界では、危機克服の出口は北南関係を改善して民族経済を発展させるほかに道はないということについて、意見がまとまっている」と伝えた。

    兄の国である北の正恩王様が、このように仰っておられる。「国際社会で模範国家として席を占めること」よりも兄の国の要望に応えることこそが最優先課題であろう。

  9. 「激しい批判をする野党の後ろにも国民はいる」。総裁選出馬を決めた石破茂が語る国会・憲法・沖縄
    https://hbol.jp/174352

    このインタビュアーは例の菅野完。米国で女性に対する暴行罪で起訴された後、保釈後に逃亡した男。日本帰国後も、別の女性に暴行歴がある。

    この男を有り難がるのはパヨク勢力。石破氏、自民党総裁は無理なので立憲民主党の党首狙いに切り替えた模様。

    竹下派も石破派も総裁戦後に空中分解かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)