韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国が米に「強烈な不満」 次の火種は台湾問題 米国が戦闘機製品台湾に売った件

韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国が米に「強烈な不満」 次の火種は台湾問題 米国が戦闘機製品台湾に売った件

記事要約:米中貿易戦争が米中の覇権戦争に移り変わってきているわけだが、それがいつ米中戦争になってしまうのかは誰にもわからない。ただ、一つだけいえることは今の中国が世界の覇権を握れば暗黒の世紀が到来するということだ。

これは誇張でも何でもない。中国は日本や米国、欧州といった民主主義国家の最大の脅威になりえる国である。そこでは言論の自由が許されず、常に誰かや監視カメラに監視されている社会。まさにオーウェルのビッグブラザーのような世界が誕生する。

実際、中国の監視社会はそこまで来ているのだ。ネットの検閲だけではいざ知らず、習近平国家主席に批判的な言動の人間が行方不明にもなっている。そういう意味では、今、中国を世界が協力して封じ込めないとこの先の10年、20年後は今の世界と比べ物にならない地獄が待っているかもしれない。これは、現実的にあり得てしまうのだ。荒唐無稽な発想ではない。そして、それをずっと管理人は防衛の基本として考えている。

日本の防衛力強化や外交政策は中国に対抗してである。目先の北朝鮮だけではない。もちろん、外交努力で争わない方法を模索するのは悪くない。だが、実際、民主主義と共産主義はあいなれない水と油のようなものである。正論を述べたり、政府批判もできない世の中なんてまっぴらごめんである。

そして、いつかは我々もその民主主義を守るために闘う時が来るかもしれないてことだ。闘うといっても、何も武器を使うだけではない。こういう言論を書くことだって、小さな闘いともいえるんじゃないか。なぜなら、言論の自由はまずは出版社や新聞といったメディアから抑圧されていくからな。ネットだとツイッターやライン、FBなどのSNS、インターネットツールだろうか。もっとも抑圧しようが人の口は塞げないのだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔米中貿易戦争〕中国が米に「強烈な不満」 次の火種は台湾問題 米国が戦闘機製品台湾に売った件

アメリカのトランプ政権が台湾に武器を売却する方針を決めたことに対し、中国政府は「強烈な不満と断固とした反対を表明する」と強く反発しました。

トランプ政権は台湾に戦闘機の部品など、約370億円分を売却する方針を議会に通知したと明らかにしました。中国外務省は会見で「強烈な不満と断固とした反対を表明する」と述べ、方針の撤回を求めてアメリカ側に厳正な抗議を行ったことを明らかにしました。

また、台湾への武器売却は国際法に違反するとしたうえで、台湾は中国の領土であり、外部からの干渉に反対すると強調しました。中国側は米中の貿易戦争が激しさを増すなか、トランプ政権があえて中国が神経をとがらす台湾問題を持ち出したと捉えていて、米中の対立が多方面に飛び火する形となっています。

(https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000136987.html)

5
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
5 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
退職者

 中国人は自分たちの祖国を異常だと理解しているが、公安警察・武力警察が反政府警戒人物と判断すれば、逮捕令状なしに拘束され裁判なしに数か月~数年も監禁されることを熟知しているので、声を上げれない悲哀に満ちた漢民族たち
 中国社会では現金が要らない社会 スマホで決済ができる素晴らしい国だと中国政府は自慢している。笑わせるな!中国紙幣の印刷技術が低くニセ札が横行し国内に蔓延し手の打ちようが無くなった。そして日本のように定期的に古い紙幣を新札に交換することもしないので、紙幣が汚れ自動販売機に使えない
そこで中国政府が国民をスマホ決済に誘導 それをすることによって国民の銀行口座の監視 使い道を監視する見事な監視システムの構築に成功
 この結果 裕福層はどんどんと国外に脱出 米・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド しかも移民先で地元民とのトラブルが頻発 高額な住宅の取得によって地価の上昇それによって各国の政府は中国人の移民規制を言い出した。もう既にニュージーランドでは外国人による土地の購入を規制しています。ターゲットは中国人 どこへ行っても厄介者
 中国の経済発展を引っ張った鄧小平 この一族は日本のOECDの援助資金を利用して建設会社を設立し大儲け この一族は中国を棄て オーストラリアに移民 

 これが中国共産党の本当の顔 国民のことなんか無視 共産党幹部が権力で経済を支配し 儲けて 国外脱出

たろうちゃん

日本政府はどうするのかね?台湾とも尖閣諸島の領有については多少の軋轢はあるが、大陸と比較すればその脅威は問題外だ。それよりも国民同士のメンタルは同調しているし、価値観も特亜3国とは比べようがないくらい共有している。また石油などの輸入のシーレーンとしても重要だ。アメリカと一緒に台湾を守るのかそれとも日和見に徹するのか、日本の覚悟がためされる。

清介

どうでしょう、中国は基本へたれ国家と思っていますので、弱い相手にはめっぽう強いが、いざガチンコでやり合うと、仲間割れで大騒ぎ、と言うのが過去の歴史では無いでしょうか、多分、国が大きすぎてまとまらないので、強がりも今だけでしょう、駆け引きに長けたトランプにボロクソにやられる姿が目に浮かびますね、しかし、中国は日本の事を良く研究して、憲法を改正させない為の日中友好を演出しているのを、バカメディアは中国が日本と本気で友好を考えていると思っているのがびっくり、

清介

沖縄の方が読んでいるかもで、すいません、もう一つ、沖縄の選挙ですが、沖縄の方、米軍基地が無くなり、中国に占領されれば、同化政策でチベット、ウイグルの様に、大勢、中国人が来て住み、沖縄人は大陸に連行され、洗脳教育を受け大変な事になるとどうして考えないのでしょうか?チベット、ウイグルは人ごとだと思っているのでしょうか?
その甘い考えが今日の混乱を招いているのだと思います、

不識庵謙信

ブッシュ政権時米国が台湾に対して約束した武器輸出プログラム(駆逐艦4隻、対潜哨戒機12機、通常動力潜水艦8隻)は中国の執拗な妨害にあい、結局まだ潜水艦の約束は履行されていない。蒼龍型の購入や台湾自主開発の話もあったと思うが、今回トランプ政権での武器輸出には魚雷も含まれてて興味深い。もっとも台湾海軍強化の優先順位は知らないが。

台湾の印・豪国との接近は日・米並みには流石に進まないが(特に豪国とは)それなりに効果はある。
米国と印国の方向性の擦り合わせは既に完了している感はある(この件は安倍外交の寄与が大きい)。こうしてみると、日本(安倍)の役割が多種で大きすぎるという気もする。

結局中国に侵略された後フィリピンも米軍再駐留したが、台湾に米軍基地ができると中国の太平洋進出は今より更に無理ゲーになる。更に台湾が日本程でなくても自前で一定規模の海軍力確保し強化すると、香港は勿論上海や広州や或いは5戦区(かつての7軍区)毎の動揺抑えられるかな?