【ノーベル賞】ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で

【ノーベル賞】ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で

記事要約:今年のノーベル化学賞は米英の3氏に決まったそうだ。一人目は米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド博士。二人目は米ミズーリ大学のジョージ・スミス博士。最後は英MRC分子生物学研究所のグレゴリー・ウインター博士となった。おめでとうございます。受賞の理由はたんぱく質改良手法だそうだ。うん、相変わらずわからないな。

>アーノルド氏は自然界の仕組みをまねた「指向性進化法」と呼ばれる手法を利用し、たんぱく質の一種である酵素の機能を目的に応じて高めることに成功した。バイオ燃料や医薬品の製造に活用されている。 

難しいことはわからないので、なんとも言えないのだがバイオ燃料や医薬品の製造に活用されていると。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【ノーベル賞】ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で

スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を、米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド博士、米ミズーリ大学のジョージ・スミス博士、英MRC分子生物学研究所のグレゴリー・ウインター博士の3氏に授与すると発表した。

たんぱく質を人工的に改良する手法を開発し、創薬など幅広い分野で応用が進む功績を評価した。

アーノルド氏は自然界の仕組みをまねた「指向性進化法」と呼ばれる手法を利用し、たんぱく質の一種である酵素の機能を目的に応じて高めることに成功した。バイオ燃料や医薬品の製造に活用されている。

スミス氏はたんぱく質が標的となる物質にくっつくときの作用を網羅的に調べる「ファージディスプレー」と呼ぶ手法を開発。ウインター氏がこれを医薬品などに使う抗体の作製に応用した。

授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)で、3氏が分ける。

(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36080140T01C18A0000000/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types