〔日本の防衛〕F2戦闘機の後継機を新規開発する方針を固める 米英の既存機種の改良版では性能不足と判断

〔日本の防衛〕F2戦闘機の後継機を新規開発する方針を固める 米英の既存機種の改良版では性能不足と判断

記事要約:日本のF2戦闘機の後継機をどうするのか。話が2転、3転していてどうなるかよくわからないが、例のロッキードマーチン社との共同開発は流れた感じのようだ。

防衛については素人では判断できないのだが、どうやら、次は新規開発する方針のようだ。理由は米英の既存機種の改良版では性能不足と判断したからだという。日本はF2戦闘機の後継機でどれぐらいの性能をほしがってるんだろうな。普通に共同開発すると思っていたのでこれには驚きだ。

>防衛省は、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機を新規開発する方針を固めた。政府関係者が明らかにした。米英の3社から既存機種の能力向上型の導入を提案されていたが、コストや性能面から日本側の要求に合わないと判断した。年末に策定する次期中期防衛力整備計画に開発方針を盛り込み、外国との共同開発を視野に入れながら、エンジンなどで日本独自の技術開発も進める方向だ。

コストについては高くなるという話はあったが、それよりはおそらく性能の方が問題だったんだろうな。でも、外国との共同開発は視野に入れているのか。

>空自は現在92機のF2を保有するが、2030年代から耐用年数を超える。戦闘機の開発には10年以上かかるため、防衛省は(1)国際共同開発(2)国内開発(3)既存機の能力向上型の購入--の3案を検討してきた。今年末をめどに後継機の導入方針を定める考えだ。 

まだ正式に決まってないと。年内ということはそこまで時間は残されていないか。

>だが最新鋭のステルス性能を持つF22の改修はコストがかさみ、「米国政府による輸出禁止措置の解除の見通しについても、明確な説明がなかった」(防衛省幹部)という。他の2社の案も機体の性能が日本側の要求水準に及ばず、防衛省は既存機の能力向上型の採用を見送る方向だ。 

そりゃそうだろうな。さすがにF22の改修コストとなればどんな値段になるかわかったもんじゃない。しかも、輸出禁止措置の解除の見落としもないと。まあ、あるわけないな。いくら同盟国とはいえ、F22をそう簡単に輸出はしないだろう。そして、他の2社は性能的に難しいと。

>ただ、数兆円規模の予算がかかる戦闘機の新規開発には困難が伴う。国内の生産・整備基盤を維持したい防衛産業団体や自民党の一部では国内開発を推す声が強いが、その場合は開発費全額が日本負担となる。戦闘機の開発実績が乏しい日本企業の主導は、技術面で不安が残るのも実情だ。

はっきり言えば、日本は戦後、米国から戦闘機の開発を禁止されてきた。だから、日本は車や新幹線などの陸の乗り物に技術を注いできた。ロケットの開発ではだいぶ、遅れを取り戻しているが、実際、戦闘機の開発となれば…MRJを見る限りではまだまだ先は長いだろう。

だから、国内開発をするべきだといっても、実際、開発そのものが可能なのか。もちろん、国内生産が理想だ。理想であるのだが、現実にはコストと技術の壁が付きまとう。技術立国であっても、造ってこなかった戦闘機の開発なんて早々、できるものではない。だから、国内生産が良いという声は理解できても、それが全てとは考えてない。大事なのはF2の後継機が予定年数で開発できて、実戦配備されるかどうかだ。しかし、国内となれば開発は難航するだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕F2戦闘機の後継機を新規開発する方針を固める 米英の既存機種の改良版では性能不足と判断

防衛省は、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機を新規開発する方針を固めた。政府関係者が明らかにした。米英の3社から既存機種の能力向上型の導入を提案されていたが、コストや性能面から日本側の要求に合わないと判断した。年末に策定する次期中期防衛力整備計画に開発方針を盛り込み、外国との共同開発を視野に入れながら、エンジンなどで日本独自の技術開発も進める方向だ。【秋山信一】

空自は現在92機のF2を保有するが、2030年代から耐用年数を超える。戦闘機の開発には10年以上かかるため、防衛省は(1)国際共同開発(2)国内開発(3)既存機の能力向上型の購入--の3案を検討してきた。今年末をめどに後継機の導入方針を定める考えだ。

16~18年度には国内外の企業や米英両政府に対し、戦闘機の新規開発や既存機の改修に関する情報提供を計3回求めた。今年7月までに、米ロッキード・マーチン社がF22、米ボーイング社がF15、英BAE社がユーロファイター・タイフーンの既存機をベースに能力を向上させる改修提案を行っていた。だが最新鋭のステルス性能を持つF22の改修はコストがかさみ、「米国政府による輸出禁止措置の解除の見通しについても、明確な説明がなかった」(防衛省幹部)という。他の2社の案も機体の性能が日本側の要求水準に及ばず、防衛省は既存機の能力向上型の採用を見送る方向だ。

ただ、数兆円規模の予算がかかる戦闘機の新規開発には困難が伴う。国内の生産・整備基盤を維持したい防衛産業団体や自民党の一部では国内開発を推す声が強いが、その場合は開発費全額が日本負担となる。戦闘機の開発実績が乏しい日本企業の主導は、技術面で不安が残るのも実情だ。

防衛省は09~18年度に約1900億円をかけてエンジン・電子システムなど次期戦闘機用の技術研究を行ったが、開発した国産エンジンはまだ基本性能を確認している段階で、飛行実験のメドは立っていない。

このため政府は、戦闘機開発を検討している英国や独仏連合との国際共同開発で、開発費を分担することも模索している。だが共同開発にも開発の時期や要求性能、開発分野の分担などを巡って調整が難航するリスクがある。一方、同盟国の米国は最新鋭のF35ステルス戦闘機を本格運用し始めたばかりで、次期機種の開発計画は具体化していない。防衛省では年末に新規開発という大枠を定めた上で、共同開発か国内開発かの最終判断は先送りし、技術開発や外国との交渉を進める案が出ている。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000006-mai-pol)

合わせて読みたい記事

5
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です)

400
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
5 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
5 コメントしてくれた人の名前
新しい 古い 最も評価が高い
rune

さっさと開始するべきでしょうね。
10年で完成しないかもしれないけれど、
今始めなければ何十年経っても完成しないのですから。

酔って候

自主開発となると、心神以降続けてきた開発が生かされることになるので、良いことだと思う。開発の時間があまりないのが心配。

あとは米国の横車。日本の最新鋭戦闘機が輸出される可能性など無いが、国内生産でまかなえるとなると、米国産業が市場を一つ失うことになるので、猛然と介入してくる。時の政権が上手に捌いてくれるといいけど。

不識庵謙信

X2(心神プロジェクト)の流れをくむ第6世代のi3FIGHTERかな。
当然困難が予想されるがやってほしいと思う。
f15とf2の後継が必要で、何種類位保有するのが整備効率も含め良いのかわからないが、f35以外にもう2種として新規開発を1種持ち、更に1種必要或いは可能という感じだろうか。

幅広い能力が必要で、日本といえど経験だけでなく技術面でも不安点があるだろうが是非。

ゆめはる

日本での自主開発が良い。

米国も欧州もあまりにも戦闘機の価格が高い。
共同開発にしても法外な費用を請求される。

今まで、最もネックとなっていたハイパワースリムエンジンの開発の見込みがついたこの時が人口動態や国力からみて最後の機会と思う。

F2開発も此処を突かれて、止むを得ず共同開発となった苦い経験がある。
F2の共同開発にしても当初の約束はかなり保護にされ、当初予定より法外な開発費となり教訓だけが残った。
MRJの開発を見ているとちょっとと思う気持ちは分かるが、
ホンダは、全く見向きもされていなかったアイディアを具現化し、最高のビジネスジェット機・ホンダジェットを開発した。
ここは、日本の開発チームワークの力を信じ、乾坤一擲世界一の性能を世界一のコストパーフォーマンスで実現してほしい。

振り返ると、ゼロ戦の開発も今と同じような状況ではじまった。
当時の戦闘機の性能からは、世界が想像できないくらいの高性能を狙って開発された。そして、目標をかなりの水準で達成した。

当時より、現在の方が素材のレベル、此処の製造レベル等々で日本は世界の最高数順に位置しているので恵まれていると思う。

頑張れ日本。ガンバ日本。

ss65

この「米英の既存機種の改良版では性能不足」が気になって整理してみた、

① 日本のATD-Xの機体で、米はステルス試験の設備使用を拒否した、
② 日本は仏に頼みこんでステルス試験を行った、
③ 現在のステルス戦闘機はレーダーの種類によって映ると噂が出た、
④ F22とF35の両機ベースの開発案が出た、
⑤ 日本の「E-2C」の後続機として「E-2D」の話が出てきた、
この「E-2D」はレーダー波長が違い、ステルス戦闘機が部分的に見えるとされる、

そうすると性能不足とは、この「ステルス性能」で、米に拒否された経緯があり新規開発へと進んだ、と思えるんだよな、この「E-2D」のレーダーに映らない戦闘機、ま~想像だけど。

最近、血圧が高めでなぁ、これからお風呂にいってきまーす (^.^)/~~。。。