韓国経済、国家競争力ランキングで韓国15位…日本は5位

韓国経済、国家競争力ランキングで韓国15位…日本は5位

記事要約:最近、北朝鮮情勢の話題が多かったので、韓国経済的な話題を紹介する。それで、世界経済フォーラム(WEF)が付けている国家競争力ランキングで韓国15位となった。因みに日本は5位らしい。ただ、記事には書いてない。それで2chのスレで見つけた。まずは全体的な順位を20位まで出そう。こういうの張ってくれると調べないで済むから楽ではあるな。

1. アメリカ 85.6
2. シンガポール 83.5
3. ドイツ 82.8
4. スイス 82.6
5. 日本 82.5
6. オランダ 82.4
7. 香港 82.3
8. イギリス 82.0
9. スウェーデン 81.7
10. デンマーク 80.6
11. フィンランド 80.3
12. カナダ 79.9
13. 台湾 79.3
14. オーストラリア 78.9
15. 韓国 78.8
16. ノルウェー 78.2
17. フランス 78.0
18. ニュージーランド 77.5
19. ルクセンブルク 76.6
20. イスラエル 76.6

1位は米国。これは不動だな。2位はシンがポール。3はドイツ。4位はスイス。5位が日本。6位はオランダ。7位は香港。8位はイギリス。それで、見ていくと17位にフランス。これは意外に低いな。韓国に負けてるのか。ただ、あまり順位付けは参考にならないらしい。

>2004年29位だった韓国は2007年に11位まで上昇したが、2009年19位、2011年24位、2013年25位に下落傾向を見せ、2014~2017年には4年連続で26位にとどまった。今年のランキングを昨年と単純比較すると、11ランクも上がった。だが、WEFが4次産業革命のような経済環境の変化を考慮して評価方式を改編したため、単に時間順に比較するのは無理があるというのが企画財政部の説明だ。

いきなり韓国が11ランクも上がるわけないと。まあ、フランスが負けてるのはおかしいものな。

>WEFは基本要因・人的資源・市場・革新生態系の4大分野、12部門、98細部項目に対して統計資料および質問を通じて順位を付けた。 

けっこう、細かいところまで見ているのか。

>韓国の強みについてWEFは「これまでのマクロ健全性への管理努力、積極的な情報通信技術(ICT)およびインフラ投資・普及、革新成長の推進などに力づけられて基本要因と革新力量など主な部門で世界最高水準の競争力を備えたと評価する」と明らかにした。

これ、WEFは情報不足ではないのか。確か、韓国のICTおよびインフラ投資は遅れたという記事が先月あった。

韓国経済、〔IT強国〕韓国のインターネット速度、14段階下落した世界30位…日本は?

これを見る限りでは世界最高水準にはほど遠いんじゃないか。来年は下がるんだろうか。ただ、半導体輸出は好調なのでそれだけ見れば競争力は高いかもしれないが。

>実際、基本要因を構成する3部門のうちICTの普及とマクロ経済の安定性は1位を占めた。残りの部門であるインフラも6位と評価された。革新力量も8位と高い水準だった。細部項目の中ではインフレーション、公共部門負債の持続可能性、光ケーブルのインターネット加入者数、電力普及率などが1位になった。 

この嘘くさい説明。1位ということは米国や日本に勝ってることになるわけだが、明らかにそうではないだろう。だいたい、マクロ経済の安定性が1位とか、管理人からすればまったく信用ならんな。

>一方、WEFは独占・寡占と労働市場を韓国の弱点と指摘した。実際、12部門別ランキングのうち生産物市場(67位)の順位が一番低かった。独占・寡占の水準(93位)、関税の複雑性(85位)などが競争力の順位を下げた要因だった。労働市場分野も48位にとどまった。特に、労使間協力(124位)、リストラの費用(114位)、労働者の権利(108位)などは下位圏と評価された。

実際は財閥の搾取だものな。市場は財閥の独占。労働組合は最悪。失業者は溢れてる。自営業は壊滅状態。設備投資も振るわない。これからさらに悪化する未来しかない。でも、108位とか、124位なわけがない。もっと低いだろう。管理人は下から数えた方が速いレベルだと思う。ここまで読んで来たわけだが、信用ならんな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、国家競争力ランキングで韓国15位…日本は5位

世界経済フォーラム(WEF)が付けた国家競争力ランキングで韓国が140カ国の中で15位となった。WEFは今年から評価方式を改編した新しい指数を適用したが、これを反映すれば昨年(17位)より2ランク上昇した。

WEFはこのような内容を盛り込んだ「国家競争力評価結果」を17日(現地時間)、発表した。

2004年29位だった韓国は2007年に11位まで上昇したが、2009年19位、2011年24位、2013年25位に下落傾向を見せ、2014~2017年には4年連続で26位にとどまった。今年のランキングを昨年と単純比較すると、11ランクも上がった。だが、WEFが4次産業革命のような経済環境の変化を考慮して評価方式を改編したため、単に時間順に比較するのは無理があるというのが企画財政部の説明だ。

WEFは基本要因・人的資源・市場・革新生態系の4大分野、12部門、98細部項目に対して統計資料および質問を通じて順位を付けた。

韓国の強みについてWEFは「これまでのマクロ健全性への管理努力、積極的な情報通信技術(ICT)およびインフラ投資・普及、革新成長の推進などに力づけられて基本要因と革新力量など主な部門で世界最高水準の競争力を備えたと評価する」と明らかにした。

実際、基本要因を構成する3部門のうちICTの普及とマクロ経済の安定性は1位を占めた。残りの部門であるインフラも6位と評価された。革新力量も8位と高い水準だった。細部項目の中ではインフレーション、公共部門負債の持続可能性、光ケーブルのインターネット加入者数、電力普及率などが1位になった。

一方、WEFは独占・寡占と労働市場を韓国の弱点と指摘した。実際、12部門別ランキングのうち生産物市場(67位)の順位が一番低かった。独占・寡占の水準(93位)、関税の複雑性(85位)などが競争力の順位を下げた要因だった。労働市場分野も48位にとどまった。特に、労使間協力(124位)、リストラの費用(114位)、労働者の権利(108位)などは下位圏と評価された。

2016年ウガンダより順位が低くて衝撃を与えた金融部門は今年大きく上昇した。2017年旧指数の金融市場の成熟は74位だったが、2018年新指数の金融システムは19位に上昇した。政府関係者は「アンケート調査の比重を減らし、客観的な指標を多く反映した結果とみている」と話した。

全体140カ国の中で1位は米国だ。シンガポールとドイツがそれぞれ2、3位にのぼった。韓国の競争力はアジア諸国の中では5位、経済協力開発機構(OECD)の中では12位となった。

今回の評価について企画財政部は「韓国経済の持続可能な成長と脆弱な部門の補完に向けて所得主導成長と革新成長を両立する包容的成長が必要だ」として「所得分配や両極化問題、階層移動の断絶など、経済と社会の体質を改善する所得主導成長への努力が重要だ」と明らかにした。

また「経済・社会すべての部門を革新して生産性・効率性を高める供給の側面の革新成長も加速化する必要がある」として「規制革新の速度感・体感度を高め、生産物市場の躍動性を向上させ、革新マインドの拡散および企業家精神の高揚に重点を置いて企業の投資・雇用などを密着支援していく」と説明した。

(https://japanese.joins.com/article/138/246138.html?servcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
tetsu

正直に言って。、当てにならないのは確かでしょうね。日本の国際競争力が落ちていて、科学技術についても人材の流出、政府の科学技術関連の予算の少なさ、日本政府の対策の拙さ・・・。正直不安になります。

最近、こんなニュースをみると不安で鬱になります。

ダルマさん

日本が5位とか眉唾だろ?
もっと低いはずだww