日別アーカイブ: 2018年10月21日

韓国経済、〔でも集合写真には載せて貰えない〕文大統領「欧州各国でゆるぎない支持を送ってくれた」「高まった韓国の位相を実感した」

韓国経済、〔でも集合写真には載せて貰えない〕文大統領「欧州各国でゆるぎない支持を送ってくれた」「高まった韓国の位相を実感した」

記事要約:文在寅大統領が今回の欧州歴訪の成果を強調している「欧州各国でゆるぎない支持を送ってくれた」「高まった韓国の位相を実感した」そうだ。文在寅大統領が自画自賛するのはいいのだが、それならどうして集合写真に載せて貰えないんだろうか。では、アジア・ヨーロッパ・ミーティングの集合写真(文在寅大統領の方は加工で追加されている)をご覧頂きたい。

なんと文在寅大統領だけまるで卒業アルバムでの集合写真を取るときにお休みした生徒みたいな感じである。安倍総理は真ん中近くにいるのはわかるのだが、文在寅大統領は集合写真ではこんな扱いである。これが揺るぎない支持なのか。集合写真で忘れられたり、待って貰えないほどの支持だったと。

一応、どうして集合写真にいないかの経緯は調べたのだが、どうやら集合写真の時間が延期になって、文在寅大統領は暇を持て余し、自室で別の作業をしていたそうだ。つまり、呼びに来ても貰えないという。これで韓国の位相を実感したといわれてもなあ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔でも集合写真には載せて貰えない〕文大統領「欧州各国でゆるぎない支持を送ってくれた」「高まった韓国の位相を実感した」

ムン・ジェイン大統領が7泊9日の欧州歴訪期間中に朝鮮半島の非核化と平和のための努力に支持を受けた所感を明らかにした。

文大統領は21日、SNSを介して「パリ、ローマ、ブリュッセル、コペンハーゲン、都市ごとに個性は強かったが、人類愛だけは同じように熱かった」とし
「韓半島の非核化と平和のための努力に揺るぎない支持を送ってくれた、欧州の統合の知恵も分けてくれた。それぞれの国との経済協力基盤も強固になった」と明らかにした。

続いて「私たち国民が守った民主主義をヨーロッパでは本当に尊重した」とし「高まった大韓民国の位相を実感する時間」だったと評価した。

以下略

ノーカットニュース 2018-10-21 10:32

ソースは5chより記事掲載

(https://news.nate.com/error.html)

韓国政治、文大統領、欧州歴訪終え帰国の途に~ローマ法王の訪朝を仲介したことが最大の成果

韓国政治、文大統領、欧州歴訪終え帰国の途に~ローマ法王の訪朝を仲介したことが最大の成果

記事要約:文在寅大統領の欧州歴訪。管理人もいくつか記事を取り上げたが、何か成果があったんだろうか。明らかに何もなかったのだが、韓国メディアによるとローマ法王の訪朝を仲介したことが最大の成果らしい。

ええ。でも、ローマ法王はただの社交辞令だよな。そもそも、ローマ法王が金正恩にどのような理由から会いに行くのだ。カトリックのトップが身内殺しの指導者と対談するとは思えないが。しかし、ローマ法王も見事に利用されたな。門前払いしておけば良かったのにな。

>歴訪で最も注目されたのは、法王フランシスコと会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)からの平壌招請を伝えたことだ。和解と平和の象徴である法王が事実上訪朝を受け入れたことで、文大統領の朝鮮半島の平和構想に弾みがつくとの見方が出ており、歴訪の最大の成果と評価される。 

これ事実上訪朝を受け入れたとあるが、そんなことは述べていない。行けたら行く程度である。確約したわけでもない。そもそもどうして忙しい教皇が北朝鮮にわざわざ出向かないと行けないんだ。また、北朝鮮にカトリック信者なんて存在しているのか。

>韓国と北朝鮮、米中ロを中心に協議されてきた文大統領の平和構想が欧州まで広まったことから、朝鮮半島の非核化実現に弾みがつくとみられる。 

あれだけ体よく断れて欧州で朝鮮半島の非核化実現に弾みが付くと。物は言い様だな。これを信じる韓国人がどれだけいるか知らないが、どう見ても、相手にされてなかったんだよな。でも、これで支持率爆あげとかになると面白いからな。どうなるか楽しませてもらおう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国政治、文大統領、欧州歴訪終え帰国の途に~ローマ法王の訪朝を仲介したことが最大の成果

【コペンハーゲン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日(現地時間)、9日間の欧州歴訪の日程を終え、最後の訪問地デンマーク・コペンハーゲンから帰国の途に就いた。

文大統領はフランス、イタリア、ローマ法王庁(バチカン)、ベルギー、デンマークを訪れた。今回の歴訪では北朝鮮・平壌で先月行われた3回目の南北首脳会談と韓米首脳会談を通じ進展した朝鮮半島非核化の様相を説明し、恒久的平和定着の実現に向けた韓国政府の政策と努力に対する国際社会の支持を取り付けることに重点を置いた。

歴訪で最も注目されたのは、法王フランシスコと会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)からの平壌招請を伝えたことだ。和解と平和の象徴である法王が事実上訪朝を受け入れたことで、文大統領の朝鮮半島の平和構想に弾みがつくとの見方が出ており、歴訪の最大の成果と評価される。

また、国連安全保障理事会の常任理事国であるフランスのマクロン大統領、英国のメイ首相と首脳会談を行い、北朝鮮に対する制裁緩和問題を話し合った。

文大統領は北朝鮮の非核化措置に合わせ、朝鮮戦争の終戦宣言を出すとともに、北朝鮮に対する制裁を緩和することで完全な非核化を早める構想を示した。しかし、19日に閉幕したアジア欧州会議(ASEM)首脳会合で各国の首脳は北朝鮮の核問題に対し、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を求めるにとどまり、文大統領の構想を実現するためには、より多くの努力と時間が必要との見方が出ている。

ただ、ASEM首脳会合で、朝鮮半島の非核化進展状況を説明し、これに対する欧州首脳の理解を高め、韓国政府の非核化構想に対する支持を改めて確認できたことは成果だ。

韓国と北朝鮮、米中ロを中心に協議されてきた文大統領の平和構想が欧州まで広まったことから、朝鮮半島の非核化実現に弾みがつくとみられる。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/21/2018102100372.html)

韓国社会、【ヘル朝鮮】昨年自殺試みた韓国児童451人 6年間で12倍増

韓国社会、【ヘル朝鮮】昨年自殺試みた韓国児童451人 6年間で12倍増

記事要約:昨日は少子化で教育費の予算が余っていて、ばらまきをしている自治体について紹介したが、以前に自殺する瞬間をYOUTUBEで放送していた韓国人の話題を取り上げたことがあった。自殺を止めてくれない韓国社会に対する悲惨な現実に嘆いたわけだ。

韓国経済、〔自殺を止めてくれない社会〕病める韓国社会、自殺場面まで生中継

だが、こんな悲惨な現実はさらに自殺ソングというものまででてきて、韓国社会で深刻な問題へと発展していった。

韓国社会、〔ヘル朝鮮〕「頭なんてただの飾りさ。もうサヨナラだ」~小学生の間で自殺ソングが流行、1年間で150万回再生

この2つは記事を読む前に一度は読んでおいてほしい。韓国社会、特に子供達はどうして命を絶っているんだろうか。今回はあまり、気乗りはしないのだが、残念ながら韓国で起きている全てのことはこのサイトの対象である。その問題が大きければ大きいほど取り上げざるを得ない。

>教育部が国会のパク・キョンミ議員=共に民主党=に提出した「自殺企図者報告書現況」によると、自殺を試みた児童・生徒は2011年の37人から15年には258人に増え、昨年は451人と過去最多を記録した。この統計は、学校が市・道教育庁に自主的に報告した内容なので、実際の数はこれよりはるかに多いと予想される。

自殺した児童が6年間で12倍も増えた。しかも、この数よりも本当はもっと自殺者が多いと予想されるか。

>実際に自殺した児童・生徒は11年の150人から15年には93人と徐々に減っていたが、16年に108人と増加に転じ、17年には114人と2年連続で増えた。専門家は「韓国の子どもたちは心理的災難状況に直面している」と診断する。

これは自殺ソングの影響なんだろうか。自殺するから自殺ソングが流行るのか。自殺ソングが流行ったから自殺者が増えたのか。鶏か先が、卵が先かはわからないが、とにかく、ここ2年に増えてると。

>最近の自殺企図者の最大の特徴は年齢低下だ。昨年自殺を試みた児童・生徒451人のうち、最も多いのは高校生で213人(47%)だったが、小学生が急増傾向にある。小学生の自殺企図者は11年は全くいなかったが、15年には19人に増え、昨年は36人だった。このうち、小学1-3年生は4人いた。実際に自殺した生徒も、昨年の114人のうち、小学生は5人だった。

小学生が命を失うか。やはり、ネットの影響ではないのか。韓国がどのように子供への有害になりそうなサイトの規制をしているかは知らないが、今までいなかったのがここ5年で増えているのは、明らかにネットで何らかの情報を入手したことが原因な気がする。

多くの情報にアクセスしやすくなったネット社会はそれだけ多くの情報を鵜呑みにしてしまう怖れもあるからだ。特に小学生のような低年齢層だとその影響は大きいだろう。もっとも、家庭環境が原因な可能性だってある。

>このような現象は、多くの子どもたちが小さいころから学業の負担でストレスを感じているのに、家庭不和や共働き家庭の増加で親とのコミュニケーションの時間が不足しているためと分析されている。昨年自殺を試みた児童・生徒は、その理由に「うつ・不安解消」(277人)、「怒りの解消」(125人)などを挙げた。 

子供ですら火病しているわけか。そりゃ、韓国人なら火病を発症するのに年齢なんて関係ないものな。

>特に、現在の児童・生徒たちは小さいころからスマートフォンを通じて自殺・自傷行為のコンテンツに接していることも影響しているとの指摘が多い。小学生の間では、今年初めから動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」に投稿された「頭を突っ込んで自殺しよう」という動画の「自殺ソング」が流行しており、10代の間では自傷行為の写真をソーシャル・メディアに掲載・共有する現象もある。保健福祉部と警察庁が昨年7月に2週間にわたりインターネット上の自殺関連コンテンツを監視したところ、8039件も見つかった。これは昨年同時期より38倍も多い。このうち自傷行為の写真は84%だった。 

ああ。既に管理人が指摘したことが出てきたな。やはり、ネット社会へのアクセスも原因のようだ。投稿した作品に影響を受けて、それをSNSに掲載・共有するか。見栄の文化である韓国人のことだから、インスタ好きなんだろうな。てか、自殺関連コンテンツがなんで1年でこれだけ増えてるんだよな。いきなりの児童の自殺急増に自殺関連コンテンツの倍増。確かに関連がないとは言い切れないな。

だとしたら、何者かがそういう風にしているんじゃないか。明らかに組織的な動きな気がするんだよな。さすがに1年で38倍も増えるとか異常だろう。問題は一体、誰がこんなことして利があるんだろうか。これは思ったより、闇が深いな。今後の動向には注視したい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

昨年自殺試みた韓国児童・生徒451人=6年間で12倍
小学生も36人、学業ストレス・うつ病などで

ここ数年間、自ら命を絶とうとしたり、自殺を試みようとしたりする小中高生が急増していることから、教育当局が警戒している。教育部(省に相当)は、自殺を試みる児童・生徒の心理を分析した事案報告書まで作成するなど、対策作りに着手した。

教育部が国会のパク・キョンミ議員=共に民主党=に提出した「自殺企図者報告書現況」によると、自殺を試みた児童・生徒は2011年の37人から15年には258人に増え、昨年は451人と過去最多を記録した。この統計は、学校が市・道教育庁に自主的に報告した内容なので、実際の数はこれよりはるかに多いと予想される。

実際に自殺した児童・生徒は11年の150人から15年には93人と徐々に減っていたが、16年に108人と増加に転じ、17年には114人と2年連続で増えた。専門家は「韓国の子どもたちは心理的災難状況に直面している」と診断する。

■自殺試みた小学生も数十人

翰林大学は、教育部からの依頼により2014年から児童・生徒の自殺死亡者の心理剖検(自殺した人の周りの人々からの証言や遺書などにより、自殺に至った経緯・理由の調査)をしてきた。ところが最近は児童・生徒の自殺も自殺企図も急増していることから、予防の観点から自殺企図者の家庭・学校・友人関係などを総合的に分析した報告書を出した。

最近の自殺企図者の最大の特徴は年齢低下だ。昨年自殺を試みた児童・生徒451人のうち、最も多いのは高校生で213人(47%)だったが、小学生が急増傾向にある。小学生の自殺企図者は11年は全くいなかったが、15年には19人に増え、昨年は36人だった。このうち、小学1-3年生は4人いた。実際に自殺した生徒も、昨年の114人のうち、小学生は5人だった。このような現象は、多くの子どもたちが小さいころから学業の負担でストレスを感じているのに、家庭不和や共働き家庭の増加で親とのコミュニケーションの時間が不足しているためと分析されている。昨年自殺を試みた児童・生徒は、その理由に「うつ・不安解消」(277人)、「怒りの解消」(125人)などを挙げた。

特に、現在の児童・生徒たちは小さいころからスマートフォンを通じて自殺・自傷行為のコンテンツに接していることも影響しているとの指摘が多い。小学生の間では、今年初めから動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」に投稿された「頭を突っ込んで自殺しよう」という動画の「自殺ソング」が流行しており、10代の間では自傷行為の写真をソーシャル・メディアに掲載・共有する現象もある。保健福祉部と警察庁が昨年7月に2週間にわたりインターネット上の自殺関連コンテンツを監視したところ、8039件も見つかった。これは昨年同時期より38倍も多い。このうち自傷行為の写真は84%だった。

翰林大学医学部精神科のホン・ヒョンジュ教授は「子どもたちはインターネット放送やソーシャル・メディアで自殺・自傷の写真・動画をよく目にするため、これを何ともなく思ってまねするケースもある」と話す。10代の間で自殺コンテンツが過度に拡大していることから、国会では先月、自殺コンテンツを青少年有害メディアに指定する法改正案が発議された。

■済州島はなぜ「自殺児童・生徒ゼロ地帯」?

専門家は、児童・生徒の自殺を防ぐには、不安やうつを訴える子どもを見つけたらすぐに専門のカウンセリングや治療を受けさせなければならないと話す。済州教育庁は15年から教育委員会の予算で精神科専門医を採用、学校で自傷行為や自殺未遂事件が発生した場合、直ちに学校に派遣して児童・生徒にカウンセリングや治療を受けさせている。さらに、専門医と学校教師が密に連絡を取り合い、児童・生徒を観察する。こうした努力により、済州島は3年連続で自殺者を1人も出していない「自殺ゼロ地帯」になった。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/19/2018101901580.html)

韓国経済、世界で際立つ中国株安、年初から3兆ドル超消失-フランス株式市場の時価総額を上回る規模

韓国経済、世界で際立つ中国株安、年初から3兆ドル超消失-フランス株式市場の時価総額を上回る規模

記事要約:先ほど、記事で少し触れたが中国経済についてのNEWSを見ておく。まずは今年の中国株安の話題である。年初から3兆ドル超消失。これはフランス株式市場の時価総額を上回る規模という。といっても、わかりにくいだろう。でも、こういうのはチャートを見れば一目瞭然だ。

これが1年間のチャートである。まず、米国が鉄鋼・アルミニウムに関税上乗せしたのが3月23日のこと。その頃は3200ぐらいあった。それからZTEの制裁発動でZTEは営業停止に追い込まれたが株価はむしろ、上昇していた。

ところが、米中貿易戦争が長期化、規模の拡大が見え始めた6月ぐらいから一気に売られる。そして、7月6日に米国が対中制裁関税第一弾を発動した。これが500億ドル規模だった。それから、第2弾。第3弾と次々に発動して2500億ドル規模へ。気が付くと、10月19日には2449まで下がった。つまり、ここ半年ぐらいで30%ほど下がったわけだ。

しかも、この上海総合指数は米国の制裁がさらに強まれば下げていく。このままでは上海総合指数は1年で半分ほどになってしまうかもしれない。

>中国株の下げは世界で最も大きくなっており、時価総額は今年1月から3兆ドル(約336兆円)余り減少。フランス株式市場の時価総額を上回る規模となっている。民間企業が流動性懸念に直面しているほか、対米貿易摩擦の激化で景気の先行きも悪化、人民元の下落が資本流出を促しつつある。

明らかに中国が窮地に陥ってると投資家が判断している証拠である。しかも、7月~9月の国内総生産の速報値は前年比より6.5%増という。中国の統計は信用できないので、本当に6.5%成長なんて考えている投資家はいない。だが、それでも低成長を隠し切れてないわけだ。つまり、キャピタルフライトである。30%も減少している時点でキャピタルフライトといっても何の問題もないだろう。そして、中国に輸出依存している韓国もその影響で株価を下げているわけだ。

規模は全然違うが、どこが上海総合指数と動きが似ていると感じないだろうか。それが韓国が中国に依存している証拠というわけだ。前にも述べたが、韓国経済を見る上で「KOSPI2000」というのが重要だ。今、2156まで下がってきた。後、150ほどで韓国市場は完全に停滞モードとなる。

しかし、ここ1年で高いときは2600近くあったのだ。それがトランプ大統領の鉄鋼・アルミニウムに関税を課すというNEWSが出てきて、雲行きが変化した。さらに米中貿易戦争に巻き込まれていくわけだ。

当事者でもない韓国の株価がピーク時よりも、15%近く下落していることになる。これもキャピタルフライトといえば、言えなくもないな。

では、来年はどうなるのか。おそらくKOSPIは2000以下を割ってくるだろう。なぜなら、上海総合指数はまだまだ下がりそうだからだ。米中対立の激化が解消に向かわない限り、中国から資本流出は避けられない。このまま韓国経済が中国と共倒れになるかはしらないが、中国はまだ耐えられても先に破綻するのは韓国となることはいうまでもない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、世界で際立つ中国株安、年初から3兆ドル超消失-フランス株式市場の時価総額を上回る規模

中国本土株のバブル崩壊から3年。投資家は再び大きな値下がりに動揺している。

中国株の下げは世界で最も大きくなっており、時価総額は今年1月から3兆ドル(約336兆円)余り減少。フランス株式市場の時価総額を上回る規模となっている。民間企業が流動性懸念に直面しているほか、対米貿易摩擦の激化で景気の先行きも悪化、人民元の下落が資本流出を促しつつある。

本土株の指標、上海総合指数は年初来高値から30%値下がり。水準としては2015年の株高局面から下げに転じ始めた時点からほぼ半分になった。

 

運用資産が500億ドル余りに上るCIBCプライベート・ウェルス・マネジメントのシニアバイスプレジデント、ドン・ギンベル氏は「相場反転の時期はかなり近いはずだが、正確な時期は誰にも分からない」と指摘。「私のポートフォリオのパフォーマンスも急落による著しい影響を受けており、落ち着かない状況だ。私は長い間この業界に関わっており、顧客には『良い結果を出すには乗り越えなければならない時期だ』と伝えている」と話す。

上海株は18日、14年11月以来の安値を付けた。マージンコールを巡る懸念が広がる中で、中国のテクノロジー銘柄が集まる深圳株も軟調。オフショアに上場する銘柄も例外ではなく、テンセント・ホールディングス(騰訊)やアリババ・グループ・ホールディングなど主要テクノロジー企業も上場先の香港やニューヨーク市場で売られている。

以下、省略。リンク先で確認してください。

(https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-19/PGTJGF6K512W01)

韓国経済、〔キャピタルフライト目前〕韓国銀行、基準金利年1.5%で据え置き…雇用ショックと景気低迷が足かせに

韓国経済、〔キャピタルフライト目前〕韓国銀行、基準金利年1.5%で据え置き…雇用ショックと景気低迷が足かせに

記事要約:韓国の基準金利が年1.5%で据え置きとなったようだ。管理人はそろそろあげてくると思ったのだが、雇用ショックと定期低迷が足かせになっているようだ。実際、韓国経済だけの国内事情に限定すれば、むしろ、金利を下げたいところだろう。

しかし、米国の金利が上昇していく中での新興国で起きているいわゆるドルキャリーの逆転現象。投資が新興国から米国から引き揚げられるキャピタルフライトが目前と迫っている。これは韓国も例外ではない。韓国に低金利で投資するほど魅力あるとは思えない。でも、米国は年内、おそらく12月にあげてくるだろう。このまま金利差がさらに拡大する。

今、米国の金利は2%~2.25%である。韓国が1.5%なので金利差は0.75%。なので、このまま行けば、次は1%の金利差となる。ただ、今回は凍結だったが、来月にはあげるという見方もおおいようだ。

>しかし来月の金融通貨委員会で基準金利が引き上げられると予想している。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が金融不均衡緩和に対する強い意志を表明した上に、ソウルと首都圏の不動産市場過熱にともなう政界の金利引き上げ圧力も大きくなっているためだ。 

これ数行の解説だが、中々、今後の韓国経済の動向を左右することに触れているな。基準金利の引き上げ予想。加熱した不動産市場への影響。ただ、安易な不動産規制は韓国の不動産バブルを弾けさせるかもしれない。最後に外国人の動向を見ておく。

>実際に韓国とアジアの証券市場が急落した11日の「黒い木曜日」の影響で、今月に入り17日までに外国人投資家は韓国証券市場で2兆4596億ウォンの売り越しを記録した。金融投資協会によると15日現在で外国人が保有する上場債券残高は110兆7843億ウォンで前月より1兆2777億ウォン減少した。

黒い木曜日の影響で外国人が韓国証券市場で投げ売りして、先月より、1兆2777億ウォンほど減少したと。キャピタルフライトともいえなくはないが、ただのパニック売り程度かもしれない。まあ、金額は1277億円程度だからな。

でも、KOSPIは今年の最安値を更新しているんだよな。それよりも、今日は中国経済の話題がある。昨日の読売新聞にもあったが、この1年の上海総合指数が面白いことになっている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔キャピタルフライト目前〕韓国銀行、基準金利年1.5%で据え置き…雇用ショックと景気低迷が足かせに

韓国銀行が現在年1.5%である基準金利を据え置いた。

韓国銀行金融通貨委員会は18日、ソウルの韓国銀行本館で全体会議を開き、基準金利を現水準である年1.5%で維持することに決めた。

7月と8月の金融通貨委員会で金利引き上げを主張する少数意見が相次いで登場し引き上げに向けた方向指示器は灯った。

だが1999年以降で最大を記録した失業者数など雇用ショックが続き景気鈍化の可能性が大きくなったことが金利引き上げの足かせとなった。

韓国銀行が11カ月連続で基準金利を据え置いたことで先月政策金利を引き上げた米国との金利格差は0.75%を維持することになった。

市場は今月の基準金利据え置きの可能性を高くみていた。金融投資協会が1~5日に国内債券市場専門家100人を対象にしたアンケート調査で回答者の65%が金利据え置きを予想した。

しかし来月の金融通貨委員会で基準金利が引き上げられると予想している。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が金融不均衡緩和に対する強い意志を表明した上に、ソウルと首都圏の不動産市場過熱にともなう政界の金利引き上げ圧力も大きくなっているためだ。

米国の緊縮基調強化で外国人投資家の資金離脱の兆しが可視化したのも来月の金利引き上げの可能性を高める要因だ。

実際に韓国とアジアの証券市場が急落した11日の「黒い木曜日」の影響で、今月に入り17日までに外国人投資家は韓国証券市場で2兆4596億ウォンの売り越しを記録した。

金融投資協会によると15日現在で外国人が保有する上場債券残高は110兆7843億ウォンで前月より1兆2777億ウォン減少した。

(https://japanese.joins.com/article/200/246200.html?servcode=300&sectcode=340)