韓国経済、〔爆発する未来しか見えない〕韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用

韓国経済、〔爆発する未来しか見えない〕韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用

記事要約:なんで韓国人は理解しないのか。あれだけサムスン電子のスマホが爆発してリチウムイオン電池は爆発する怖れがあるということ十分、知ったはずだろうに。それを韓国の潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用するとか。それはもう時限爆弾を艦内で抱えて潜行するような愚行だ。

ああ、どうせ沈んだら浮上できないのだから、どのみち潜水艦は海底に沈む運命なのか。でも、その原因をさらに増やすというのはどうなんだ。

>2018年11月20日、米国防専門誌「ディフェンス・ニュース」は、韓国防衛事業庁の発表によると、韓国は次世代潜水艦にリチウムイオン電池を搭載する予定だと伝えた。従来の鉛蓄電池と比べ潜水時間を2倍に伸ばせるという。

 伸ばせるのは良いが、リチウムイオン電池なんて必ず劣化するのだから、やはり、爆発する未来しか見えないんだよな。そもそも韓国の次世代潜水艦て潜れるのか。先日、日本の潜水艦とは比べものにならないほど差があると中国メディアに突っ込まれていた気がするが。

>記事は、「韓国防衛事業庁は、現在の通常動力型潜水艦をリチウムイオン電池に変更する方針であることを発表した。30カ月にわたる研究開発を経て、大型のリチウムイオン電池の開発に成功し、すでに技術性能評価に合格しているという」と伝えた。 

30ヶ月に渡る研究開発?アホなのか。潜水艦の運用は数年だろうに。まずはその潜水艦で運用して本当に安全なリチウムイオン電池があるかどうかの調査が先だろうに。管理人はリチウムイオン電池搭載している潜水艦なんて聞いたことないんだが。ちょっと調べてみるか。

と思ったら11月20日のニュースウィークにあった。ええと、日本の潜水艦「おうりゅう」が世界に先がけてリチウムイオン電池搭載とある。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/post-11320.php

>「そうりゅう型」へのリチウムイオンバッテリーの搭載は、当初は5番艦「ずいりゅう」(2011年進水)から予定されていたが、技術開発費不足などから、実現は7年後の11番艦まで待たなければならなかった。潜水艦というヘビーデューティーな機器に求められるリチウムイオンバッテリー技術の革新は、それだけハードルが高いものだったことが伺える。「おうりゅう」に搭載されたGSユアサ製バッテリーは画期的な安全性を実現したとされるが、スマートフォンなどの小型家電ですら最近もバッテリーの発火事故が報じられているからも、全般的には今なお発展途上の技術であるとも言えよう。

いくら日本の優れた技術でも本当に大丈夫なのか疑いたくなるな。GSユアサ製バッテリーは画期的な安全性を実現か。管理人は軍事知識は皆無なので、後は詳しい読者様にいつも通り丸投げで良さそうだな。

確かに従来の電池と比べてバッテリーの稼働時間が格段に増やせるのは軍事的な面において有利に運ぶのはわかるのだが、やはり、劣化するリチウムイオン電池が本当に安全かどうなのか。実証試験は何度も重ねているようだが。もっともサムスン電子のリチウムイオン電池は論外だが。日本の自衛官の命もかかっているので扱いは慎重に願いたいところだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔爆発する未来しか見えない〕韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用

2018年11月20日、米国防専門誌「ディフェンス・ニュース」は、韓国防衛事業庁の発表によると、韓国は次世代潜水艦にリチウムイオン電池を搭載する予定だと伝えた。従来の鉛蓄電池と比べ潜水時間を2倍に伸ばせるという。

記事は、「韓国防衛事業庁は、現在の通常動力型潜水艦をリチウムイオン電池に変更する方針であることを発表した。30カ月にわたる研究開発を経て、大型のリチウムイオン電池の開発に成功し、すでに技術性能評価に合格しているという」と伝えた。

その上で、サムスンは世界最大のスマートフォンメーカーであると紹介。スマートフォンにはリチウムイオン電池が使用されているため、サムスンは世界最大のリチウムイオン電池供給業者でもあるとした。そして「韓国は、次世代潜水艦KSS―3を建造中で、現在のところ3隻が進水したが、別の3隻の潜水艦にはリチウムイオン電池を採用する」と伝えた。

韓国防衛事業庁によると、リチウムイオン電池は値段が高いのに不安定であると考えられていたため、これまでは潜水艦に使用していなかったが、長年の研究開発によって満足できるだけの安全性を確保できるようになったという。

関係者は、「潜水艦用のリチウムイオン電池は、まず安全性が重要だ。ある程度蓄電量を減らすことでより高い安全基準を確保できた。また、新たな電池は爆発や海水、火災、及び極端な温度などの劣悪な条件でのテストも経験している」と語ったとのこと。

しかし記事は、日本の潜水艦はすでにリチウムイオン電池を採用した潜水艦を運用していることを指摘。「そうりゅう型潜水艦は、すでにGSユアサが開発したリチウムイオン電池を使用している」と紹介した。

(https://www.recordchina.co.jp/b663982-s0-c10-d0062.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

9
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
9 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
9 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
名無し

とうとう、家計債務1500超えたみたいですね

退職者

今まで韓国技術性能評価で合格した兵器の事故・故障が何度ありましたっけ・・・・お忘れの様ですな・・・
潜水艦に搭載 辞めてた方がいいですよ 日本の自衛隊が装備したものは何でも欲しがる これは新しい病気
ですなあーー遭難したアルゼンチンの潜水艦が海底900mで発見されたようです。船は水圧でバラバラになって
いたようです。この原因は中古の鉛バッテリーが原因だと言われているのをご存知ですか
ドイツから技術導入してやっとこさ1200・1800トン クラスの潜水艦を建造して不具合続きこれに懲りずに
3000トン クラスの潜水艦を建造 何を考えているのやら・・・ましてやリチウムイオンバッテリーを搭載
高温・低温・圧力変化・酸素濃度の耐久試験を正確にやったのでしょうか いつも事故の後 データー改ざん
がバレテますよね  

ばいなりい

GSユアサのリチウムイオン電池は、こうのとり6号、7号でISSへ納入済み。性能は折り紙付きです。
http://www.gs-yuasa.com/jp/newsrelease/article.php?ucode=gs180811420121_585

ゲルマニア

潜水艦じゃなくて、
大型魚雷なんじゃないすか(笑)

ミナミ

comment image

↑これは2006年に防衛省が出したユアサの試作品の画像です
おうりゅうに積まれた実物も同じ様なものでしょう

私も詳しくは無いですが、(冷却装置で?)分厚く囲う事で異常発熱等を防ぎ制御するそうです
メディアでもよく出ている、伊藤俊幸元海将は確信した口調で安全なものであると言ってました

seisuke

電池を本体内臓では無く、切り離し可能な部分に納めればいいんでは無いかい?

ダルマさん

日本の次期?次々期には全固体電池が使われるんかねぇ?ww

不識庵謙信

南朝鮮が作る潜水艦ではリチウムであれ何であれ、まあお察しだろうから論外。
日本そうりゅうのリチウムは耐衝撃もだが、塩水浸潤や自燃の予防も自動消火装置の据えつけなどでの自燃発生時の対応のしやすさなども、南朝鮮とは比較にならないだろうと思う。

そうりゅうの後継29ssとかでは燃料電池とリチウム電池組み合わせたヤツ来るかな?
コストかかりすぎなうえ、期待ほど水中持続力の向上もまだ見込めないから見送りだろうか?
ソナーや魚雷は順調で、更に強力とかなんとか。

うさぴょん

昔の映画ですが、「眼下の敵」を思い出しました。アメリカ戦艦とドイツ潜水艦が、海の上下で神経戦を繰り広げる話で、潜水艦の中にいる恐怖やストレスが心に迫ってくる映画でした。