仏政府、富裕税復活を検討へ 「黄色いベスト」運動で要求

仏政府、富裕税復活を検討へ 「黄色いベスト」運動で要求

記事要約:1日に6記事も韓国経済関連のニュースを見ていたら、さすがに飽きると思うので今回はあのフランスの暴動についての続報だ。どうやら、完全にフランス政府は燃料税は完全撤回にして、富裕税復活を検討しているそうだ。ああ。もう、これはもう駄目だ。マクロン氏もたいしたことないな。

さっさとそんな暴徒など鎮圧すればいいのに折れてるし。これではこの先、暴動を起こせば政府の意思をねじ曲げられるということに成り、韓国のロウソクデモと何ら変わりがないんだよな。暴動で多くの被害がでているのにフランス政府は折れては駄目だった。これではもう庶民の言いなりになるしかない。

抗議するのは民主主義としていいのだが、暴動は駄目だからな。犯罪行為に恐れて法律変えようとしたら何も決まらなくなるぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

仏政府、富裕税復活を検討へ 「黄色いベスト」運動で要求

【AFP=時事】フランスで燃料税引き上げに対する抗議に端を発したデモ「黄色いベスト」運動が続く中、政府はエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)政権の発足当初に行われた税制改革で廃止した高所得者への富裕税(ISF)の復活を検討する姿勢を示している。

富裕税の復活は、数週間にわたって道路や燃料貯蔵施設を封鎖するなどしている「黄色いベスト」運動の主要な要求の一つ。

バンジャマン・グリボー(Benjamin Griveaux)政府報道官は5日、仏ラジオ局のラジオ・テレビ・ルクセンブルク(RTL)に対し「何かがうまくいかないのであれば、われわれは愚かではないので、それを変更する」「だが、今のところはまだ議論に上がっていない」と述べた。

富裕税は、マクロン氏が展開した企業・財界に寄り添った選挙運動の柱の一つとしていたもので、投資や雇用を促すものと捉えられていた。しかし批判派からは、マクロン政権は年金生活者などへの税金を引き上げた一方で、富裕層を優遇していると非難されていた。

「黄色いベスト」運動は当初、燃料税の引き上げに反対して始まったが、今では生活費の上昇に対する抗議や、地方の小都市が直面している問題をマクロン大統領が無視しているといった不満にまで膨れ上がっている。そうした中、富裕税の復活は、燃料税引き上げの中止や最低賃金の引き上げと並んで、デモ参加者の主な要求の一つとなっている。

グリボー氏はまた、政府が来年1月に予定していた燃料税引き上げを完全に撤回する可能性があることを示唆した。

【翻訳編集】AFPBB News

(http://news.livedoor.com/article/detail/15697484/)

合わせて読みたい記事

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
 
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ばいなりい

富裕層の脱税を摘発すればいいのに。
英のブレグジット、独銀行の時限爆弾、仏の暴動・・・ EUも大変ですなあ。

キジトラ

フランスが韓国化すると言う言う事ですか?へえー 又何十年も先祖帰りをするの
元に 戻らんようになりますよ 韓国みたいに標的(日本)有りますか?。

うさぴょん

暴動を起こしたら、政府は言うことを聞いてくれる?
悪い前例になると思いますけどね。
それにしても、フランスが韓国と似ているとは…。(悲しい)

zinboruto

コメントありがとうございます

どうやら装甲車配備して暴動に備えるようです。フランス政府も引いてはいけないとこまできているかな