イプシロン4号機、すべての衛星の軌道投入に成功。JAXA理事長「大きな成果」

イプシロン4号機、すべての衛星の軌道投入に成功。JAXA理事長「大きな成果」

記事要約:管理人が10時前にニコニコ生放送で打ち上げを見ていたら、天気が快晴といってよく、まさに絶好のロケット日よりという感じだった。それで打ち上げは無事に成功したのだが、どうやら打ち上げで山火事が発生した可能性があるそうだ。

最もすぐに火は消されたので大きな問題があったわけではないが、ロケットを打ち上げる時は煙と共に凄い炎が上がるのは見ての通りだ。おめでとうございます。

もう、日本の打ち上げは非常に安定しているので打ち上げがあればほぼ成功すると過言ではない。だから、安心してみていられる。でも、今回は一度に7つという複数の衛星を打ち上げているという。

打ち上げ動画を用意したのでそれを見て欲しい。後、気になるのはこれだ。

>イプシロン4号機で打ち上げられた流れ星を作り出す衛星「ALE-1」を開発した東京のベンチャー企業の岡島礼奈社長は、 「会社のメンバーと一緒に打ち上げを見ている間、何もない状態からいろいろな人に支えられてここまで来たことを実感し、ことばにできない感動が込み上げてきました」と話していました。 

これ面白そうだな。流れ星を創り出す衛星か。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

イプシロン4号機、すべての衛星の軌道投入に成功。JAXA理事長「大きな成果」

民間企業や大学などが開発した7基の小型衛星が搭載された日本のロケット「イプシロン」の4号機が、18日午前9時50分、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。ロケットは搭載したすべての衛星を予定された軌道に投入し、打ち上げは成功しました。 

「イプシロン」4号機は18日午前9時50分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、大きな音を立てて発射台を離れました。 

1段目や2段目を切り離して上昇を続け、打ち上げからおよそ51分後に高度514キロで、最も大きな衛星を分離しました。 

その後、6基の超小型衛星も順番に予定の軌道に投入し、打ち上げは成功しました。 

「イプシロン」は、活用が広がる小型の人工衛星を低コストで打ち上げることを目標に、JAXA=宇宙航空研究開発機構が開発し、6年前に初号機が打ち上げられました。 

4号機は、全長26メートル、打ち上げにかかる費用はおよそ55億円で、民生品を活用した通信装置やカメラなどが宇宙空間で使えるか実験するための衛星や、 ベンチャー企業が企画した人工的に流れ星を作り出す衛星など、合わせて7基の小型衛星が搭載されました。 

今回の打ち上げでは、民間の宇宙開発を促進するため、JAXAが打ち上げコストを負担することになっていて、「イプシロン」としては初めて、 複数の衛星を同時に打ち上げました。 

JAXA理事長「大きな成果」 

「イプシロン」4号機に搭載されたすべての衛星が、正常に分離されたことを受けて、JAXAの山川宏理事長は「打ち上げと衛星の分離に成功し、大変ほっとしている。 

先進的な技術を持ちながらも、宇宙空間での実験の場がなかった企業などに、機会を提供できたのは大きな成果だ。一度の打ち上げで、 多数の衛星を軌道に載せることができるロケットは効率的で、今後、衛星産業の国際競争力の強化や、民間の宇宙利用の拡大につながることを期待したい」と話しました。 

見物に訪れた人たちは 

「イプシロン」の発射場からおよそ3キロ離れた鹿児島県肝付町内のロケット見学場には、早朝から観光客など大勢の人たちが集まり、 ロケットが打ち上がると大きな歓声や拍手がわき起こっていました。 

宮崎県から来た小学3年の男の子は「ロケットは打ち上がったら、すぐにどこかに行ってしまいました。とてもきれいで、朝2時に起きたかいがありました」と話していました。 

鹿児島県志布志市から訪れた20代の女性は「ゴゴゴという音が鳴りながら、ロケットがまっすぐ上昇していく様子がすごかったです」と話していました。 

静岡県から観光で訪れた80代の男性は「打ち上げのときに放たれた赤い光が最高でした。あっという間に空に上がりましたが、1分くらいはっきりと見続けられました」と話していました。 

見学場では、地元の人たちで結成された「内之浦創星会」のメンバーが、夜明け前から集まり、訪れた人たちに食べ物や土産物を販売する出店や地元を紹介するブースなどを設けました。 

村岡知行会長は「寒い中、多くの方が来ているので、温かいものを用意しました。打ち上げの時以外でもロケットを生かした町作りで地域経済に貢献したいです」と話していました。 

「感動が込み上げてきた」 

イプシロン4号機で打ち上げられた流れ星を作り出す衛星「ALE-1」を開発した東京のベンチャー企業の岡島礼奈社長は、 「会社のメンバーと一緒に打ち上げを見ている間、何もない状態からいろいろな人に支えられてここまで来たことを実感し、ことばにできない感動が込み上げてきました」と話していました。 

衛星は18日から数日かけて正常に作動しているか確認するということで、来年、広島県を中心とする中国・四国地方の上空で流れ星を人工的に出現させる計画だということです。 

岡島社長は「これからが本番なので気を引き締めたい。みんなが楽しんで空を見上げるようなものを作りたい」と話していました。 

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782191000.html)

合わせて読みたい記事

8
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
5 コメント一覧
3 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
7 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
退職者

見事でしたね!イプシロン打ち上げ費用が格安なのが魅力 これから多くの国・企業からの依頼が望め
ますね しかしながら7基の小型衛星を軌道に投入できる技術はあっぱれです。お見事 そして日本国産
の小型弾頭ミサイルはいつでも出来ますよとアピールできたのも結果往来 ^¥^
韓国さん もうロケット開発諦めたら もう遅すぎますよ まだ韓国愚民たちは政府が言った月面探査
を信じているのでしょうか まあーーー「イワシの頭も信心から」といいますから 爆笑

オバマ

うれしい限りです。9時50分の打ち上げ成功、そして、ただ今の衛星の軌道投入成功。日々の努力の賜物、そして、効果的な政策による支援。後は、駄目なものは駄目とかでなく、政策論で規制(武器輸出禁止とか憲法論議とか)を考えて行きたいですね。周辺国は韓国以外皆、弾道ミサイルを持ってますので。

塩さば

「韓国型」、いえ「純韓国産」ロケットは何時成功するんでしょうか?教えて下さい。(^o^)v

Strange stranger

本当はわかってるくせにィ…
言うのも聞くのも無駄ですよ。今回のレーダーの件で痛い程わかったでしょう。証拠付きで100%クロだって言っても、自分たちがシロだと大声で言えばシロになる国です。ロケットだって中身がどこ製だろうが、大声で国産だと宣言すれば国産になっちゃうんですよ。

塩さば

じゃ、せめて盛大な花火でも見せて貰いたいですね。

Strange stranger

その時は製造元に、謝罪と賠償を要求するんでしょうね。事前に「国産」だと喧伝していたとしても。

うさぴょん

やりましたね。大成功!おめでとうございます!

ダルマさん

ロケットという名の大陸間弾道弾の完成ww