韓国経済、【ないというなら全部だせよ!】通商圧力レベル高める日本、「韓国政府は10年分の造船支援内訳提出せよ」

韓国経済、【ないというなら全部だせよ!】通商圧力レベル高める日本、「韓国政府は10年分の造船支援内訳提出せよ」

記事要約:韓国政府の明らかな政府支援で韓国の造船業を無理矢理、存続させていることなど周知の事実であって、今更、このサイトでそれについての真偽を語る必要はない。そして、それによって日本をはじめ、世界中の造船業に多大な損失を与えた。だから、日本はWTOに提訴する手続きをしているわけだ。

それで日本側が検証するので、「韓国政府は10年分の造船支援内訳提出せよ」ということである。圧力も何もないんだよな。むしろ、韓国の政府支援が問題視されているのだ。

> 韓国の造船産業支援を不当だとして世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを始めた日本が韓国政府に「過去10年分の詳細支援内訳を提出せよ」として圧力を強めている。大宇(デウ)造船海洋への公的資金投入など大型事業のほか小規模支援まで問題視するという意図で韓国政府の緊張感も大きくなっている。 

赤字輸出が当然で、利益度外視したダンピング政策でシェアを奪ったあげく、倒産しそうになったら国の支援で助けてもらって復活とか、あまりにも舐めすぎているからな。こんなふざけたやり方がいつまでも通じるわけないだろう。

> 日本が要求した資料は大宇造船海洋とSTX造船海洋、城東(ソンドン)造船の構造調整などよく知られた事業のほか、数千万ウォン水準の小規模金融・補助金支援と、最近設立された海洋振興公社の活動まで網羅している。日本はこうした公的資金支援が公正な国際競争を妨害し自国企業の被害を招いたと主張している。 

大宇だけでも2兆円だったか。いったい10年でどれだけ造船支援をしているのか。それは管理人も興味あるな。全部出せば4兆円ぐらいは軽く超えそうだな。

>産業通商資源部関係者は「日本が予想より広範囲に問題を提起したことは事実」としながらも、「過去の支援事業をひとつひとつ点検しているが、国際規範に外れる部分はないだろう」と強調した。

昨年、死にかけていた韓国の造船業が中国を抜いて世界シェア1位となった。いきなり、不死鳥の如く蘇ったのはどうしてなのか。それで国際規範に外れる部分はないと?あり得ないだろう。でも、ないというなら全部出せばいいじゃないか。日本はそれを検証して、WTOに提訴するだけである。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【ないというなら全部だせよ!】通商圧力レベル高める日本、「韓国政府は10年分の造船支援内訳提出せよ」

韓国の造船産業支援を不当だとして世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを始めた日本が韓国政府に「過去10年分の詳細支援内訳を提出せよ」として圧力を強めている。大宇(デウ)造船海洋への公的資金投入など大型事業のほか小規模支援まで問題視するという意図で韓国政府の緊張感も大きくなっている。 

  産業通商資源部と関連公共機関が15日に明らかにしたところによると、日本は最近韓国政府に貿易保険公社、韓国輸出入銀行、産業銀行などの造船業界支援と関連して300種類を超える質疑が盛り込まれた資料要請書を送った。 

  ある公共機関関係者は「質疑内容を見ると2008年以降に韓国メディアに出てきたり報道資料を発表した支援実績をひとつひとつ取り上げ、具体的な支援事項、審査内訳、参加金融機関などを提出せよという。資料要求が爆弾水準なので困惑している」と伝えた。 

  日本が要求した資料は大宇造船海洋とSTX造船海洋、城東(ソンドン)造船の構造調整などよく知られた事業のほか、数千万ウォン水準の小規模金融・補助金支援と、最近設立された海洋振興公社の活動まで網羅している。日本はこうした公的資金支援が公正な国際競争を妨害し自国企業の被害を招いたと主張している。 

  別の公共機関関係者は「大規模支援事業は国際規範に外れないよう格別に気を遣うが、小規模支援は注意がおろそかになるという点を狙ったようだ」と話した。検証過程でWTO規範に外れる政策が明らかになれば日本に「相殺関税」をかけなければならない。 

  このように日本が通商圧力を強めているのには複合的な理由があると分析される。産業研究院のコ・ジュンソン選任研究委員は「世界1位を奪還した韓国造船産業の足を引っ張るだけでなく、最近の強制徴用賠償判決に問題を提起する次元から通商政策を活用するようだ」と説明した。日本は昨年10月に大法院(最高裁)が「新日鉄住金は強制徴用被害者4人に1億ウォンずつ賠償せよ」という判決を確定してから1週間後にWTOへの提訴を断行した。 

  産業通商資源部関係者は「日本が予想より広範囲に問題を提起したことは事実」としながらも、「過去の支援事業をひとつひとつ点検しているが、国際規範に外れる部分はないだろう」と強調した。 

  問題は日本の通商圧力で韓国政府の産業政策に支障が生じかねないという点だ。産業通商資源部は昨年から経営難に苦しむ中小造船会社支援対策を出し追加で前受金払い戻し保証(RG)発行関連規定の改定を推進している。

船舶輸出に必須のRGは造船会社が発注元に船舶を引き渡せなければ船主から受け取った前受金を銀行が代わりに支払うことをいう。貿易保険公社はこれまでRG発行保証を保守的に運営してきたが、最近造船業支援の必要性が大きくなり輸出を活性化する方向で制度改善を検討中だ。

造船業界関係者は「日本があまりにも目を皿にして監視していて政府が制度改善を実行するのに負担になるだろう」と話した。 

(https://japanese.joins.com/article/185/249185.html?servcode=300&sectcode=300)

合わせて読みたい記事

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
退職者

韓国に対し日本側がWTOに提訴 これをEUも賛同 韓国が造船ゾンビ企業を公的資金で延命するのは韓国の勝手
しかしWTOの規則に完全に抵触するのが分かりませんか 韓国からの支援で生き延びた造船企業 それにも拘わ
らず労働組合は賃上げ闘争 完全に狂っている。日本主導のCPTPPでは厳格な知的財産権保護 企業に公的支援
をし廉価な製品を輸出する国の排除 このCPTPPは中国排除の発想から始まっているんですよ 韓国さん どう
あがいても入れませんよ 条件闘争で既に敗退 そしてCPTPPの窓口は日本政府 2国間協議の時代はもう終焉
しているのを理解できませんか 韓国さん 自慢の2国間協議で頑張って下さい もう相手にされませんから

七氏ですよ

これは本来韓国人が国に求める事だよなぁ
日本企業に悪影響が出ているので、もちろん日本政府が求めるのも解るが、血税の使い方が悪い❗️
韓国人の反応が気になる案件ですね‼️
日本に例えるならトヨタが潰れそうになった時、税金で援助していいものか?
まぁ人それぞれ意見は有ると思いますが、自分としては、最低限の援助は有りですが、賃上げとか言い出したら潰れろって思いますね
流石にあの状態で賃上げ言い出すのは、半島ならではなので、例えとしても陳腐になってしまいます

八女より

なんか遊戯王カードの説明みたいな記事ですねw

これは安倍さん韓国を殺しにきてますよ。。多分、ジンボルトさんの方が優しいって思える日も来るんじゃないですかね。。